Home > 2019年04月12日

2019年04月12日 Archive

ゴーグルが大事なのはわかるけど、何が良いだろうか?100%編

発売開始から大好評の100%ゴーグル
デザインのクールさと種類の豊富さで多くのライダーから支持されています。

カラーモデルの豊富さから自分のスタイルに合わせやすいのと、日本人の顔にもフィットする柔軟なフレームが受け入れられたのでしょう。
100%はその他、視界の広さとオプションの多さもアドバンテージになります。

まずはモデルの種類から
rc19sp01[1]
最上級モデルのRACECRAFT
これはアウトリガーストラップを採用しています。
アウトリガータイプはゴーグルのフレームを横から引くのではなく、前から押さえるようにするためにフィット感が高いのが特徴です。ただ開口部分は狭いのでメガネとの併用が難しいと思います。
またこのアウトリガーが邪魔になって後述するようにロールオフシステムが取り付け出来ません。

ac19sp01[1]
次にミドルモデルのACCURI
ベーシックなストラップシステムを採用していて肌触りもよくコストパフォーマンスの高いモデルです。
小振りなメガネでしたら併用も可能ですが、メガネユーザー用もラインナップされています。
一目で100%と分かるフレームデザインも人気の秘密でしょうか。

17fast03[1]
最後に入門モデルのSTRATA
レンズは上位2機種と同じ物を使用していながら当店実売で4000円を切るコストパフォーマンスの高さが特徴です。
フレームの造形の簡略化とスポンジ部分などにコストカットが見て取れますが、使ってみれば100%らしい安心の視界と装着感を提供してくれます。

■オプショナルの豊富さ
lens_tana[1]
レンズはスタンダードなクリアとカラーレンズの他にミラーレンズやダブルレンズなど様々なシチュエーションに対応するものが用意されています。
レンズの曇りづらさではariete>>PROGRIP>100%という感じですが、お求めやすい価格なので頻繁に替えることでいつもすっきりした視界が確保出来るのはアドバンテージでもあります。

18fastfc[1]
また昨年進化したFORECASTというロールオフシステムは従来の別付けフレーム方式からレンズ直付けに変更されてより広い視界を提供してくれるようになりました。ゴーグルとセットになっているモデルが格安なのも特徴です。またPROGRIPと同様にロールオフ用のレンズにダブルレンズがラインナップされたのもエンデューロライダーには朗報でした。
ただし残念ながらRACECRAFTモデルはその特徴的なアウトリガーフレームが災いしてロールオフユニットが装着出来ません。
そのためティアオフ禁止のレースが多いエンデューロではACCURIかSTRATAがお勧めです。

■最後に
個人的にはストラップのカラフルさも100%ゴーグルの魅力だと思っています。
最近メッキロゴもラインナップされていてこの部分で選ぶのもアリかと思うほどです。
実際100%もそれを見越してパッケージの裏側を一部透明にしてストラップのデザインを見せるようにしています。これは当店扱いだと100%だけです。それくらいストラップにもこだわっているんですよね。
実際ライディング写真などを見るとフレームの形状よりもストラップの方が目立ちますのでこれは正しい選択だと思います。

あまりに色数が多いので詳しくはこちらをご覧ください!>>>>

Index of all entries

Home > 2019年04月12日


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top