Home > 2019年04月11日

2019年04月11日 Archive

ゴーグルが大事なのはわかるけど、何が良いだろうか?PROGRIP編

昨日は曇らないゴーグルで有名なarieteを御紹介しましたが、今晩はarieteが登場するまで曇らないゴーグルの代名詞だったPROGRIPです。

とは言うものの、別に曇らない性能が落ちたわけではなく、単純にミリタリースペックのarieteの方が曇らないだけの話です。
で、PROGRIPがarieteよりも優れているのは広い視界。
フレームの柔軟さでフィット感も高く、視界が広いために多くのエンデューロライダーをファンに持っています。
この視界の広さはロールオフと組み合わせた際にも際立っていて、コンディションが悪くなった時でも普段と変わらない視界を確保してくれます。
店長はロールオフが必要になった時はPROGRIPを好んで使っています。
ハイスピードの場合は視野の狭さはそれほど気にならないのですが、コンディションが悪かったりテクニカルなコースだったりしてアベレージが下がるとこの視野の広さが結構気になりますから。
ロールオフ用のダブルレンズがあるのもチョイスする一因です。

3318_tana[1]
こちらは新しく出たVISTAとロールオフのセットモデルです。
近年どんどんフィルムの上下幅が大きくなっていますが、これはとうとう50mm(スタンダードは31mm)というびっくりサイズです。
お陰でVISTAゴーグルはレンズも専用設計になっています。今までモデルが変わってもレンズが共通だったPROGRIPからするとそれぐらい視野の確保を積極的に行っている証拠でもあります。

pg3308_tana[1]
こちらはそれまで最大幅を誇っていたロールオフユニットとのセットモデルです。
フィルムの幅は39mmです。店長は悪天候の時は主にこれを使用しています。

3400M_YELLOW[1]
最近当店の赤札ページでリーズナブルなPROGRIPゴーグルも御紹介しておりますので是非お試しください。
ただこのモデルはダブルレンズの装着に難があるのでシングルレンズ使用が前提になります。

PROGRIPゴーグルについて詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

特価の赤札市はこちらです。>>>>

Index of all entries

Home > 2019年04月11日


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top