Home > 2019年03月

2019年03月 Archive

ゴーグルは大事にしましょう。

レース会場でレンズについての質問も結構いただきます。

何色がこのコースに合っているだろうか?

そんな時、私の拙い経験とゴーグルメーカーの推奨を元にアドバイスをさせていただきますが、レース本番でのトライはあまりお勧めしていません。その人の年齢や目の状態で合う合わないがあるからです。

ゴーグルレンズの色はシチュエーションに合わせて使うことで路面の状態を正確に把握する事が出来るようになりますから是非色々試していただきたいものです。

そしてそういったことに神経を配るようになると欲しくなるのがゴーグルケースです。
様々なレンズを装着したゴーグルやロールオフなど、レース参戦をするようになると複数のゴーグルが必要になってきます。
しかしそれをギアバッグに放り込んでおくと破損しやすくなりますので専用のケースは是非お勧めしたいアイテムです。

GOGGLEBAG[1]
長い間欠品が続いていた100%のゴーグルケースに新色が加わりました。
少量入荷なので是非ご検討ください。

100%ゴーグルケースについてはこちらをご覧ください。>>>

JIMMY TECH製品入荷しました。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2019-03-28 Thu 14:28:15
  • ガード
バイク乗りの三種の神器の一つと言われるカーボンパーツ。
そのオフロード用カーボンパーツで有名なJIMMY TECH製品が入荷しました。

という日誌書いている間にカーボンライトシェルのKTM用が欠品してしまったんですが…。(すみません)

現在在庫しているのは以下の通りです。

■カーボンライトシェル
 ライトユニットを外したライトカウルの穴を埋めるカバーです。

beta[1]
カーボンライトシェル Beta用

sherco1[1]
同じくSHERCO用

husq17[1]
17以降のHusqvarna用

fusa[1]
フサベル/フリーライド(旧)用

■カーボンクラッチカバーガード
 オリジナルのクラッチカバーに貼り付けるタイプのガードです。

cc250ktm[1]
KTM 250EXC 2017-用

cc150ktm[1]
KTM 125/150 2017-用

■チャンバーガード
 付属のベルトでチャンバーに装着するガードです。

yz125_pipe[1]
カーボンチャンバーガード Beta Xtrainer用

xtrainer_pipe[1]
カーボンチャンバーガード YAMAHA YZ125/125X 用

在庫の無い物も2~3週間で入荷しますのでお気軽にお申し付けください。
ここに無い物も製作可能なものがございますのでお気軽にご相談ください。

JIMMY TECH製品についてはこちらをご覧ください。>>>>

JEC開幕と今年のISDE、それにJNCC鈴蘭受付開始 をさらっとご報告

2019-03-23.jpg
先週末は広島で開幕した全日本エンデューロ選手権(JEC)に選手として参加してきました。
活躍が期待されているIAルーキーである飯塚翼選手や保坂修一選手など楽しみが一杯のシーズンです。

結果などはJEC-PROのサイトでご覧いただくことが出来ると思いますが、個人的な感想としては悪コンディションで辛かったです。(苦笑)

2019-03-24.jpg
さて、そのライダーズミーティングにて今年のISDEトロフィーチームの発表がありました。
参戦ライダーは以下の通り(敬称略)
・前橋孝洋
・釘村忠
・渡辺学
・横澤拓夢
実力者揃いの陣容にちょっと鳥肌が立ってしまいます。これから色々と動くようですのでしっかりと応援していきたいと思います。


さて、本日はJNCC鈴蘭大会の受付開始です。>>>>
開催日の4月28日はゴールデンウィーク初日ですので家族旅行も兼ねて是非ご参加ください。

エムシーギアもお邪魔致します!

チェーンの交換

  • Posted by: MC GEAR
  • 2019-03-21 Thu 16:30:35
  • 駆動系
2019-03-21 12.41.47
今週末のJEC開幕戦に酔った勢いでエントリーしてしまい色々ハードなスケジュールで準備をしております店長です。
本日はお休み(といいつつ営業中ですが…)なのでレースに向けて二次減速比を変えるためにスプロケットとチェーンを交換しました。2T増やすのでチェーンの長さが足りなくなるんですよね。でもそれで2コマ長くすると今度はスイングアームが1cmほど後に下がってしまって操縦安定性も変わってきそうな気がします。以前メーカーの人に半コマってバイク用のチェーンにもあるのかって聞いたら一般には流通しないけど有るには有るって話でした。恐らく特殊な世界でのみ使われるんでしょうね。これも本当は半コマが欲しかったところです。

スプロケットは安心安全のISAスプロケットです。
耐久性も高く、精度の高さから駆動ロスもないという理想のスプロケットです。これがあるせいで他のスプロケットをあまり扱いたくなくなるくらい高精度の良いアイテムなんですよね。

2019-03-21 12.41.29
チェーン交換にはRKのGC520MXUというのを使用したんですが、これの付属が何故かクリップタイプなんですよね。うっかりしていてカシメのコマを買うのを忘れていました。(個人的にはカシメ信者)
そこでクリップを飛ばしづらいように内側に配置しました。極稀にではありますが、引っ掛けたりして飛ばしちゃうのを見たことがありますので念のためです。本当はカシメがお勧めです。

RKチェーンについてはこちらをご覧ください。>>>>

ISAスプロケットについてはこちらをご覧ください。>>>>

欠品情報(すみません)


結構大量に在庫をしているんですが、またもメーカー欠品になってしまい当方の在庫も底を突いてしまいました。
すみません。

T.S.K.タイヤレバーは口コミで話題になるほどの優れたタイヤレバーです。
これがあればサクサクタイヤ交換が出来るという魔法の…。すみません。ちょっと言い過ぎました。でもさくっとリムとタイヤの間に入ってくれるので無理強いしない分ミスも減るという理想的なレバーです。

タイヤ交換の方法は様々なのですが、基本的にタイヤとリムの間にスムーズに入るレバーというのはどんな方法であってもストレス無く作業するための必須アイテムです。それがこれです。

現在ゴールデンウィーク前には入荷予定になっていますので少々お待ちくださいますようお願い申し上げます。

T.S.K.タイヤレバーについてはこちらをご覧ください。>>>>>

TUBLISSに付属しているガイドプレートはお勧めです。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2019-03-19 Tue 23:56:26
  • タイヤ

TUBLISS COREに付属しているガイドプレートはTUBLISS装着時だけではなくてチューブタイプの交換時にも有効です。
特にリムロック(ビードストッパー)を複数付けている場合はお勧めです。


<これがガイドプレートです。>
というのもTUBLISSを装着したリムの場合はリムからはみ出た分が邪魔になって通常のタイヤ交換のように片側ずつビードを通すわけにはいきませんので最初にタイヤの中にリムを落としこみます。
その際にこのガイドプレートを使用してタイヤの中にリムを落としこみやすくします。


このようにタイヤの中にリムが全て入った状態になります。
あとは両面のビードをリムにはめていけば良いわけです。

リムロックを複数付けている場合も同様に作業することで簡単にタイヤを装着することが出来ます。
ちなみにタイヤを外す際も両面のビードをリムから外してタイヤの中に落としこんでからだと外しやすくなります。

基本的にはTUBLISS装着の手順と同じですのでこちらをご覧ください。3:30くらいからタイヤ装着の様子が写っています。


TUBLISS COREをすでに使用したことがある方はこのガイドプレートをお持ちでしょう。使ったことが無い方にもこのプレートだけ別売りしておりますのでタイヤ交換で苦労している方は是非使ってみてください。

TUBLISS本体及び補修パーツはこちらをご覧ください。>>>>

ところで補修パーツについてですが、TUBLISSに装着されているビードストッパー形状のパーツのみ別売りがありません。
ネジの破損などで使用できなくなると補修が出来なくなりますので御注意ください。
現在このリムロック部分はインナーチューブにエアを入れてから締めこむように説明書が書き換えられています。(以前は最初に締めこんでからエアを入れていました)ネジやこのリムロックに装着されているトライアングルラバーの破損を防ぐためだと思われます。破損を防ぐためにもこの手順をお守りください。

今週の予定について

hiroshima-960x300.jpg
今週末の日曜(3月24日)からいよいよ全日本エンデューロ選手権が開幕します。
実は店長がこれに参戦するために22日から25日まで事務所を空けてしまいます。
そのため21日(木)は祝日ですが出来る限り出荷作業を行うつもりでおります。お急ぎの場合はお早めにお申し込みください。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

現在オンタイムエンデューロにあると便利なタイムカードホルダーはブルーのみ若干数在庫しております。
会場での受け渡しも可能ですのでお気軽にお申し込みください。


タイムカードホルダーについてはこちらをご覧ください。>>>

ソールの一部剥がれなどに

定期的にソール剥がれについてのご相談をいただくんですが、レース直前などで修理工場に預ける事件的余裕が無い場合などにはこんな方法もお勧めしています。

大抵はつま先かかかとのどちらかから剥がれ始めるのですが、これを貼り直すのはちょっと厄介です。
一部だけだからとそこに接着剤を押し込んで付けたくなるのですが、接着面の汚れがしっかり取れませんし接着剤の一番強力な貼り方は生乾きになった段階で圧着する方法だからです。
工場でソールを貼る場合はサンダーで面を荒らしてからヒーターで暖めて作業を行います。その状態で両面に接着剤を塗布し、生乾きになった状態でプレス機に掛けて圧着します。
日本の修理工場で剥がれを直す場合も一度全部剥がしてから再度同じ工程で貼り直します。
なのでちゃんとした靴用のプレス機をもっていないユーザーの場合はそれほど強力な接着は見込めないでしょう。
その場合はガエルネなどのブーツのコバ(本体の外側に張り出している部分)にソールの底面から木ネジなどを打ち込むと良いでしょう。応急処置ではありますが、ただ単に接着するだけよりも格段に強くなります。接着剤はよく見るボンドG17で充分でしょう。



ただしこれをしてしまった場合は工場に出し直してもソール貼りなおしよりもソール交換をした方が良いと思います。
もともと手順としては同じですから、折角なので新品ソールに換えてしまいましょう。

ブーツの修理はガエルネの場合はジャペックスサービスセンターへ、その他はMTXRepairさんがお勧めです。
MTXRepairさんはこちらをご覧ください。>>>>

2019 MFJ 東日本エンデューロ選手権 第一戦の受付開始


2019METZELER 東日本エンデューロ選手権第1戦及び2019Lites!KYT HELMET in 日野カントリーオフロードランド、2019Muc-offエンデューロアカデミーのエントリー受付が開始されました。

詳しくはこちらのページをご覧ください。>>>>

どれも日野カントリーオフロードランドで行われます。
アカデミーが4月13日(土)開催、Lites!と東日本エンデューロ選手権は4月14日(日)の開催になります。

土曜開催のアカデミーでは初めてハードエンデューロクラスを設けています。
店長としては昔の名だたるエンデューロ大会って今思うとハードエンデューロっぽい物も多かったように思います。
近年ハードエンデューロの活気が出ていますが、MFJエンデューロもそちらの方向に舵をきるのでしょうか?確かにエンデューロ人気の高まりが顕著なので走り応えのあるコースという設定も面白いのかも知れません。

日曜は午前中にLites!を、午後に東日本エンデューロ選手権を開催します。

Lites!はオンタイム体験的なレースですのでタイヤの規制はありません。ライセンスも必要ありませんが、参加費の他にスポーツ安全保険の加入が必要です。
テスト1.2km、ルート3kmのコースを予定しているようです。

午後は東日本エンデューロ選手権が開催されます。
こちらは全日本エンデューロのエリア戦になりますのでMFJのライセンスが必要になります。
タイヤ規制はこちらもありません。
テスト、ルート共に距離は未発表です。今年は走り応えがあるコースにするというディレクターからの発表がありましたので楽しみにしましょう。

今年はジュニアクラスの新設などもあって色々楽しみです。
まずは今月23日の全日本エンデューロ選手権開幕を楽しみにしています。

なお、カードホルダーはブルーのみ若干数あります。
有ると便利なアイテムですので参戦をお考えの方はお早めに!

カードホルダーはこちらをご覧ください。>>>

今週末はSE-E第一戦にお邪魔します。

キャプチャ
今週末は今年から始まるSuper Enduro East Area Championshipの開幕戦 HINO HARD ENDURO(春の陣)にて出店を致します。
いつものように色々な用品とKYTヘルメットを持参しますのでお気軽にお立ち寄りください。
今回モーションプロの輸入元であるヤザワさんからご協賛いただいたものがあるので先着10名のご利用者にプレゼントをしようと思っております。
詳細は現地でご確認ください。

HINO HARD ENDURO(春の陣)の詳細はこちらをご覧ください。>>>>

オンタイムエンデューロに必要な物は?

出店をしているとこの質問を受ける時があります。
オンタイムエンデューロに出たことが無い人には異質なものというイメージが付いているのかも知れませんね。

基本的にオフロードバイクを使う競技なのでライダーの装備品に大きな違いはありません。
マシンも国際AやBなら独自のモデファイもあるでしょうけど、基本的な部分でのクロスカントリーレースとの違いはありません。
ただ一つ、時計とタイムカードホルダーは有った方が良いでしょう。
時計はタイムチェックがあるので重要です。携行する腕時計とパドックに置く置時計があるとベストです。どちらも電波時計だと最高ですが、1日でそんなに狂わないので普通の時計でも充分です。最終的にチェックポイントの直前に大き目の時計があるのでそれに従ってチェックカードの提出を行いますのでおおよその時間が分かれば大丈夫です。
そのチェックカードを入れるホルダーは落したり無くしたりしないようにすればジャケットのポケットやウエストバッグでも良いのですが、専用品はストレス無く扱えますのでお勧めです。

cardholder_tana[1]
■トレックフィールド 「イヒつまみ?」付きカードホルダー>>>>
現在ブルーは在庫がございます。

あとはトラブルに対応するための携行工具などが挙げられますが、全日本エンデューロでも日高以外は1周の長さもそれほどではないのでパドックまで帰り着けばちゃんとした工具で修理も出来ますから保険的な意味で簡単な工具を携行するだけで充分だと思います。

携行工具についてはMotionproがお勧めです。>>>>
当店では扱っていませんが、レザーマンツールのような多用途折りたたみナイフでも充分な場合が多いです。
私は小さなTレンチと車両に応じたソケット、それにドライバーを持つ程度です。タイラップに助けられたという話も良く聞きますのでこれもお勧めです。

※補足
レギュレーションでタイヤはブロック高が13mm以下のFIMタイヤに限られており、ヘルメットもMFJ公認が必要です。
KYTヘルメットはMFJ公認なので安心してお使いいただけます!

オンタイムエンデューロだからと言って難しく考えずに楽しみましょう!!

フィルターボックスの掃除の必需品

毎回ではなくてもエアクリーナーボックスの中を綺麗に洗いたい!って衝動は誰にでもありますよね。
そんな時に必要なのがエアフィルターを外した後に蓋をするためのカバーです。
ところがこのカバーって各車種対応で買い換えたらまた買いなおさなきゃならないのが通常です。

そんな時に便利なのがACERBISのUNIKO フィルターカバーは汎用のフィルターカバーです。

製品についてはこちらをご覧ください。>>>>

uniko_tana[1]
ac11585-02[1]
これはフィルターを支えているフレームを利用したカバーです。

ac11585-01[1]
こんな風にフレームに被せて使います。
比較的厚いラバー製ですが、それなりに伸びますので大きめのフレームでも使用可能です。
厚めなので洗車機での清掃にも対応しそうです。(実際には直接カバーに掛けない方が無難ですが)

2019-01-30 (1)
どんな大きさなのって気になるところですが、KTMのエアフィルターフレームにも使用可能なので大抵のフレームには装着可能なはずです。
これはSHERCOのフレームです。UNIKO フィルターカバーは新品を下ろしています。

2019-01-30 (2)
カバーよりもフレームが大きいので本当に入るのか不安になるサイズですが、実際には問題なく装着出来ました。
馴染むまで少し置いておくといいでしょう。

2019-01-30 (3)
裏側はこんな感じです。縁が太く丸くなっているのでボックスとの密着度は高そうです。
ちなみにSHERCOの場合はセンターにボックスへの固定ボルトが通るので穴あけが必要になります。
ですから買い替えなどでKTMなどのようにセンターに穴が必要でないフレームに装着する場合はこの穴を何かで埋めてあげる必要があります。シリコンなどが適当でしょう。

これでエアクリーナーボックスも綺麗さっぱりして気持ちよく走り出せますね!

2019MFJ全日本エンデューロ選手権 ジュニア・承認クラスのエントリーは本日より!

  • Posted by: MC GEAR
  • 2019-03-08 Fri 10:57:13
  • 未分類
MG_7523.jpg
昨日は確定申告の書類とにらめっこしながら寝落ちした店長です。(滝汗)
そして本日からJNCC開幕戦に向けて移動を開始いたします。ああ、間に合うんだろうか。

さて、そんな店長も参戦するMFJ全日本エンデューロ選手権の受付が第二ステージに入りました。
承認クラスと、今年から開催されるジュニアクラスのエントリー受付が本日20:00から開始されます。

ジュニアクラスはNBと同じ設定ですが、運転免許が取得出来ない年齢のライダーも参戦出来るクラスです。
モトクロスのジュニアライセンスを持っている人などが参戦出来るようになるので面白い展開になりそうです。

エントリーについてはこちらをご覧ください。>>>>

以下はすでに受付を締め切った全日本クラスのエントリー状況です。>>>>

IA 23名
チャンピオンの前橋選手は手術後だからか不参加ですね。
注目はIA一年目の飯塚翼、保坂修一(よしかず)両選手でしょうか。
その他久しぶりに参戦する小菅浩司選手にも注目です。

IB 34名
激戦区のこのクラスはベテランが気を吐いているのが注目ポイントです。
安喰選手や田中選手、神馬選手などに若手がどう絡むかが楽しみです。

ウイメンズ 2名
菅原選手と増田選手のみですが、Betaに乗り換えた増田選手の走りに注目です。
そう言えば菅原選手は先日地元のラジオ番組に出演なさってましたね。KYTヘルメット持参でアピールしてくれていました。(youtubeで拝見しました)

NA 17名
ちょっと人数が少なくなってしまい、完走するとポイントゲット?
集計で有名なwakita softの脇田さんがこのクラスに参戦しています。
このクラス唯一の女性ライダー菅原選手にも注目です!

NB 35名
この大会で一番多いクラスです。(承認・ジュニア除く)
rider編集長 三上選手がCRF450Lで参戦しています。また自走でしょうか。(凄いですね~)
女性ライダーもこのクラスに参戦している人が数名いらっしゃいます。
店長もこのクラスで頑張ってます。実はテージャスを走るのは初めてなので(何度か行っているんですけど)楽しく走れると良いなと思っております。

天気が良いことを願っております。(切実)

今週末はJNCC開幕戦にて出展予定です。

2_20190306210024367.jpg

長かったような短かったようなシーズンオフも終り、今週末から2019年JNCCが始まります!
エムシーギアは今年もKYTヘルメットとコラボしての出店を致します。
宜しくお願い致します!

久しぶりなので出店側も忘れ物が心配ですが、参加される方も色々忘れ物が多い開幕戦です。
出発前のチェックをお忘れなく!
また現地は今のところ日曜が雨模様の予報になっています。
雨対策もお忘れなく!!

では皆様にお会い出来るのを楽しみにしております!

■ご案内
 今期よりカード決済も可能になるPayPayのご利用が可能になりました。
 お気軽にお申し付けください。

JNCC 第2戦 ビックディア広島 受付開始です。

レースシーズンも始まって色々慌しくなってきました。
昨日は今年から始まったSE-Eの第2戦の御紹介でしたが、今日はJNCC 第2戦の御紹介です。

JNCC ビックディア広島は4月7日開催となっており、本日より受付を開始しています。(最近17時からの開始になっています。)

ビックディア広島は広島のテージャスランチにて開催される広大な牧草地を利用したクロスカントリーレースです。
実は店長は何度も行っているのに走ったことがありません。(汗)
でもスタート位置が道路より少し低い場所にあるので激しい1コーナーの争いを俯瞰で見ることが出来ます。
これは結構興奮物です。

詳しくはJNCCのサイトをチェックしてください!>>>>

と御紹介しておいて何ですが、今年もエムシーギアの出店は致しません。
流石に遠過ぎて…。すみません。

53055656_991952881000784_7639599019638915072_o.jpg

SE-E第2戦 SHIRAI DRAGON RIDE 受付は本日20:00から

  • Posted by: MC GEAR
  • 2019-03-04 Mon 19:04:55
  • 未分類
dragon-ride-1024x769.jpg
Super Enduro East Area Championship(SE-E)の第2戦 SHIRAI DRAGON RIDEの受付は本日20:00から開始されます。

開催日は4月7日(日)場所は茨城県のオフロードパークShiraiです。

セクショントライとエムストリームクロスの組み合わせで勝敗を競うレースです。
セクショントライはトライアル的な減点方式で争われ、エクストリームクロスは5台同時スタートでタイムアタックをするようです。

詳しい競技方法はこちらのページをご覧ください。(公式サイト)>>>>

シリーズ戦には二つのクラスがありますが、このレースはSE-1と呼ばれる上級クラスのみ開催されます。

エントリーはこちらから(3月4日20:00にエントリーフォームが開きます。)>>>>>

最近ハードエンデューロはプラチナチケット化しているので参加希望の方はお早めにお申し込みください!

モーションプロ価格改定

  • Posted by: MC GEAR
  • 2019-03-01 Fri 23:58:53
  • 工具
MPOvalNewQTCのコピー

当店創業時から取り扱いをさせていただいているモーションプロ製品の価格が改訂されました。

通常海外のメーカーは毎年値上げをするところが多いのですが、モーションプロも同様だったのを輸入元さんがそれを吸収していたようです。そのためここ数年大きな変動は無かったのですが、今年等々吸収しきれなくなったアイテムが出たり戦略的に安くするアイテムがいくつか(というかたくさん)出てきました。
当店としては在庫もたくさんしているモーションプロ製品なので正直値下げの分は保留したいくらいなんですが、そこはたくさんの方にモーションプロを使っていただきたいので全て改訂いたしました。

宜しくお願い致します!

モーションプロ製品についてはこちらをご覧ください。>>>>

Index of all entries

Home > 2019年03月


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top