Home > 2018年08月30日

2018年08月30日 Archive

店長の夏休み そのⅢ

 信州マウンテンパークで走り終えた後は糸魚川市に向けて移動します。
17日は丸々観光に当てられるのでまずは朝から蟹が食べられるという道の駅にて仮眠することにしました。

ちなみに今回の日誌は店長の夏休みの宿題的な旅行絵日記なのでバイクネタを期待する方はブラウザをそっと閉じてください。(陳謝)

2018-08-16 (1)
移動中は雨
でも週末は天気が良くなりそうです。

2018-08-16 (2)
急いで移動して夕飯は糸魚川市内で寿司でも食べるかと思っていたんですが、21:00にはお目当ての寿司屋はおろか他の食堂も全て終っていました。
仕方が無いのでコインランドリーでウエアを洗うついでに隣のラーメン屋で夕食を取りました。
普通に美味しかったけどコレジャナイって胃袋が言っているような気がしました。(苦笑)

2018-08-16 (3)
そしてお目当ての蟹が食べられる道の駅に到着。

2018-08-16 (4)
強風の中回らない風力発電の塔を見上げながら倒れなきゃいいなと思いながら就寝。
その数日後他の場所ではありますが風車が倒れる事故を見てちょっと身震いしました。

2018-08-16 (5)
金曜の朝は雨も上がってとても良い天気です。

2018-08-16 (6)
ただ風が強いので車が薄っすら白くなっていました。
帰ったら洗わなくちゃ…。

2018-08-16 (7)
ここが蟹を売っているエリアです。
たくさんのお店が並んでいるので何処で買うか凄く悩みます。
押しの強い売り子のおばさんを受け流すテクニックが必要になります。(笑)

2018-08-16 (8)
観光地だからちょっと高いなと思いましたが1,500円の蟹を買ったら2杯おまけがついてきて計3杯。
朝から食うにはちょっと量が多すぎました。食べてる最中に甲羅酒を飲みたくなって仕方が無かったんですが、さすがにここでジエンドになるのは避けなければなりませ ん。

2018-08-16 (9)
食後はここに向かいます。
石にはあまり興味が無かったんですが、糸魚川といえば小松左京の日本沈没を思い浮かべる人なのでフォッサマグナという名称に惹かれました。

2018-08-16 (10)
そこで知ったのですが、糸魚川はヒスイの産地として名を馳せているんですね。
失礼ながら全く知りませんでした。道理でヒスイの名を冠した施設や土地があるわけです。(気づけよ、私)

2018-08-16 (11) 2018-08-16 (12)
ミュージアムはまずヒスイの歴史から始まります。
縄文時代から奈良時代まで多く利用されていたヒスイが突然歴史から姿を消し、近年まで日本に産地はないと思われていたことなど興味深い物語にどんどん引きこまれま した。
酔ったときなど長々語りそうな自分が怖いです。(笑)

2018-08-16 (13)
目的のフォッサマグナの解説もCGを用いて分かり易かったです。
不勉強だったために糸魚川-静岡構造線が西端で東端に柏崎-千葉構造線があるというのを知りませんでした。もっとも東端に関してはいまだに諸説あるようですが。
フォッサマグナの成り立ちもこんな事理科の授業で習ったかなという内容でドキドキしながら見ていました。
 
2018-08-16 (15)2018-08-16 (16)
化石などもこれでもかというくらい全世界からコレクションされていて見ていて飽きません。
蟹なんて彫刻のようです。

2018-08-16 (17)2018-08-16 (18)
可視光以外を当てると発光する蛍光石や結晶化する不思議な石などもありました。

2018-08-16 (19)
ダイヤの原石ってこんなのなんだ。
この中に砂粒ほどのダイヤが入っているようです。

2018-08-16 (20)
そんな感じで午前中をミュージアムで過ごしてしまいました。
もう歩きつかれてヘロヘロです。これで入館料が5百円は安いです。

2018-08-16 (21)
その後昼食を何処で食うか放浪していたら糸魚川駅の繁華街にファンフェスのポスターが!
凄いですね~。

2018-08-16 (23)
道の駅でもらったガイドにあった店で海鮮丼を選びました。
ガイドってのは…w
美味しかったけど、味噌汁が一番旨かったのにはちょっと驚き。さすが紅ズワイガニの本場です。

2018-08-16 (24)
食事後はフォッサマグナパークなるところに行こうと思ったらなにやら見覚えのある場所に。
確かこの辺りの踏み切り越えたらシーサイドバレーじゃなかったでしょうかね。(汗)
しかしさすが本数の少ない路線です。ってなぜかダイヤがパークの参道内にありました。

2018-08-16 (25)
フォッサマグナパークは構造線を直に見ることが出来ます。
あれ?これってシーサイドバレーに行く際に川向こうに見えるアレか?!
随分見落としていたもんです。

2018-08-16 (26)
参道をずっと行くと枕状溶岩を見ることが出来るんですが、下からだと良く分かりませんでした。

2018-08-16 (27)
ガイドを見てやっとおぼろげに分かる程度です。

2018-08-16 (28)
ここの参道は構造線を堺に西と東で違う身近な物をクイズにしていました。
うちは関東なんですが、おむずびもおにぎりも両方言うなぁと不思議な気分になったりしました。
元々大西ってのは奈良の方らしくて昔ROOTSって映画が流行った時に祖先が奈良でお坊さんやってたことまで追いかけたことがありますからそのせいかな。

なんて観光をしながら(途中買い物もしましたけど)夕方にはシーサイドバレーに入ってテントを設営をしました。
次の日からはファンライドフェスティバルに突入です。

Index of all entries

Home > 2018年08月30日


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top