Home > 2018年08月

2018年08月 Archive

店長の夏休み その4

 店長の夏休みも最後のミッションに掛かります。

8月17日の観光を終えてシーサイドバレーに移動しました。

2018-08-17 (1)
18日からのイベントに備えてテントを張ります。
ここはアスファルトなのでペグが打てずウエイト代わりの水タンクを用意しています。
タンクは結構嵩張るので持って来るのが面倒だったんですが、事務局に相談すると現地でウエイトを借りることが出来たそうです。
どうでも良い話ですけどちょっと悔しかった。(苦笑)

2018-08-17 (2)
22時の段階で気温は19度。
涼しくて凄しやすい天候です。この前の晩は寒くて凍えるほどだったそうです。

2018-08-18 (1)
明けて土曜のイベント開催日は天候もよく絶好のオフライド日和でした。
出店は最近のJNCCより多いんじゃないだろうかという26社(だったかな)です。
こちらはJNCCなどのオフロードイベントによく出店するチームが並んでいます。

2018-08-18 (2)
反対側はロード関係での出店業者が並びます。
なぜかBONSAI MOTOさんはこちらに並んでいました。(撮影時には未着)

2018-08-18 (3)
大会主催の一人 和田氏がかいかいを宣言します。
もう一人の主催 原田氏はコース整備に行ってしまい不在でした。どちらもオレンジフェスティバル(オレフェス)の関係者でした。

2018-08-18 (4)
糸魚川市の観光課の方も挨拶に来てくれました。
宿泊施設を利用してくれる参加者も多かったらしくとても良い関係を築けそうなお話でした。
長く続けるためにはそういったWINWIN関係も必要ですよね。

2018-08-18 (5)
イベント中に行われるミニイベントの引率をしてくれる各ライダー。
久しぶりに田中太一選手にお会いしました。

2018-08-18 (6)
個人的にちょっと気になったランブレッタのバイク
ごついタイヤにアンダーガードやハンドガードとオフロードを意識した改造が施されています。

2018-08-18 (7)
右サイドにはスペアタイヤ風折り畳みテーブルが装備されていました。
メットインなので収納力も高くこんなので旅をするのも良いなと思わされます。

2018-08-18 (8)
JNCCで活躍している神馬選手が被っているKYTヘルメットにもピンストライプを施してくれるサンコンサインズさんも出店していました。

2018-08-18 (10)
ピンストキーホルダーを会場価格で提供してくれたりと大忙しだったようです。

2018-08-18 (9)
土曜も少しだけ店長も走らせていただきました。
ここは絶景なんですよね!
レースだけじゃ勿体無いくらいです。


ほんの一部ですがこんな感じでフリーライドします。
気持ちよいツーリングが出来ましたよ!

2018-08-18 (11)
土曜の晩はWELCOMEパーティーが行われました。
これでもか!ってくらい食べ物が出たんですが、あっという間に無くなって主催者側も驚いてました。(笑)
新潟って塩にぎりが美味しいんですよね。

2018-08-18 (12)
出店業者さん達と楽しく飲ませていただきました。
ここはお風呂もあるし宿泊施設も会場内にあるのでこういったイベントには最適ですね。

楽しかったのですが翌朝も早いので早々に退散して就寝しました。

2018-08-19 (1)
翌日も良い天気です。
夜の気温も徐々に上昇して前夜は少し蒸すくらいでしたが、下界に比べれば涼しいものです。

2018-08-19 (2)
言い忘れましたが今回はヘルメット屋さんに徹しました。

2018-08-19 (3) 
たくさんの方に興味を持っていただけて有意義な展示でした。

2018-08-19 (5) 
土日とも昼休みには全ライダーがパドックに戻って昼休みを取ります。
その間大会事務局のある広場でバイクスタントが繰り広げられました。
YOUTUBEなどでは見たことがありますが、こんな間近で見るのは初めてです。


二人乗りどころか二人呼んでスタントというのはあまり無いそうです。
なかなか見ることが出来ないショーに観客も大興奮でした。


最後は主催者の和田氏を乗せての三人乗り。
確かにお尻が痛いだろうなぁ。

2018-08-19 (4)
車両はこんな感じです。
ハンドル廻りも色んなものがついていてどのキャリパーが何のためについているか想像もつきませんでした。
凄いですね。

2018-08-19 (6)
日曜の午後は少し長い時間掛けてコースを一周しました。
田中太一選手がスクールを受け持っています。彼がこういうのをやっているのを初めて見ました。


その後は石戸谷選手の地獄めぐりツアーに同行してハードなツーリングを拝見しました。(見るだけ)
そこでは岩の上を横転したバイクが滑り落ちるガリガリ!という音はハードエンデューロの日常音とか、下は天国ここは地獄など数々の名言と共に普段見たことが無いくらい嬉しそうな顔を見せていただきました。

2018-08-19 (7)
会場に戻るとさっきみんなを湧かせたバイクのリアタイヤがバーンナウトしすぎてパンクしていました。
お疲れ様です。

とこんな感じで各々が各々の楽しみのために自由に走り回るイベントでした。
とても楽しく何処でも笑顔が絶えないこういったフリーライドイベントがこれから増えていくことを願っております。

これにて店長の夏休みは全行程を終了いたしました。
そして明けた月曜には目が回るような忙しい日々が待ち受けていました。これだけ楽しんだんですから仕方が無いですね。

店長の夏休み そのⅢ

 信州マウンテンパークで走り終えた後は糸魚川市に向けて移動します。
17日は丸々観光に当てられるのでまずは朝から蟹が食べられるという道の駅にて仮眠することにしました。

ちなみに今回の日誌は店長の夏休みの宿題的な旅行絵日記なのでバイクネタを期待する方はブラウザをそっと閉じてください。(陳謝)

2018-08-16 (1)
移動中は雨
でも週末は天気が良くなりそうです。

2018-08-16 (2)
急いで移動して夕飯は糸魚川市内で寿司でも食べるかと思っていたんですが、21:00にはお目当ての寿司屋はおろか他の食堂も全て終っていました。
仕方が無いのでコインランドリーでウエアを洗うついでに隣のラーメン屋で夕食を取りました。
普通に美味しかったけどコレジャナイって胃袋が言っているような気がしました。(苦笑)

2018-08-16 (3)
そしてお目当ての蟹が食べられる道の駅に到着。

2018-08-16 (4)
強風の中回らない風力発電の塔を見上げながら倒れなきゃいいなと思いながら就寝。
その数日後他の場所ではありますが風車が倒れる事故を見てちょっと身震いしました。

2018-08-16 (5)
金曜の朝は雨も上がってとても良い天気です。

2018-08-16 (6)
ただ風が強いので車が薄っすら白くなっていました。
帰ったら洗わなくちゃ…。

2018-08-16 (7)
ここが蟹を売っているエリアです。
たくさんのお店が並んでいるので何処で買うか凄く悩みます。
押しの強い売り子のおばさんを受け流すテクニックが必要になります。(笑)

2018-08-16 (8)
観光地だからちょっと高いなと思いましたが1,500円の蟹を買ったら2杯おまけがついてきて計3杯。
朝から食うにはちょっと量が多すぎました。食べてる最中に甲羅酒を飲みたくなって仕方が無かったんですが、さすがにここでジエンドになるのは避けなければなりませ ん。

2018-08-16 (9)
食後はここに向かいます。
石にはあまり興味が無かったんですが、糸魚川といえば小松左京の日本沈没を思い浮かべる人なのでフォッサマグナという名称に惹かれました。

2018-08-16 (10)
そこで知ったのですが、糸魚川はヒスイの産地として名を馳せているんですね。
失礼ながら全く知りませんでした。道理でヒスイの名を冠した施設や土地があるわけです。(気づけよ、私)

2018-08-16 (11) 2018-08-16 (12)
ミュージアムはまずヒスイの歴史から始まります。
縄文時代から奈良時代まで多く利用されていたヒスイが突然歴史から姿を消し、近年まで日本に産地はないと思われていたことなど興味深い物語にどんどん引きこまれま した。
酔ったときなど長々語りそうな自分が怖いです。(笑)

2018-08-16 (13)
目的のフォッサマグナの解説もCGを用いて分かり易かったです。
不勉強だったために糸魚川-静岡構造線が西端で東端に柏崎-千葉構造線があるというのを知りませんでした。もっとも東端に関してはいまだに諸説あるようですが。
フォッサマグナの成り立ちもこんな事理科の授業で習ったかなという内容でドキドキしながら見ていました。
 
2018-08-16 (15)2018-08-16 (16)
化石などもこれでもかというくらい全世界からコレクションされていて見ていて飽きません。
蟹なんて彫刻のようです。

2018-08-16 (17)2018-08-16 (18)
可視光以外を当てると発光する蛍光石や結晶化する不思議な石などもありました。

2018-08-16 (19)
ダイヤの原石ってこんなのなんだ。
この中に砂粒ほどのダイヤが入っているようです。

2018-08-16 (20)
そんな感じで午前中をミュージアムで過ごしてしまいました。
もう歩きつかれてヘロヘロです。これで入館料が5百円は安いです。

2018-08-16 (21)
その後昼食を何処で食うか放浪していたら糸魚川駅の繁華街にファンフェスのポスターが!
凄いですね~。

2018-08-16 (23)
道の駅でもらったガイドにあった店で海鮮丼を選びました。
ガイドってのは…w
美味しかったけど、味噌汁が一番旨かったのにはちょっと驚き。さすが紅ズワイガニの本場です。

2018-08-16 (24)
食事後はフォッサマグナパークなるところに行こうと思ったらなにやら見覚えのある場所に。
確かこの辺りの踏み切り越えたらシーサイドバレーじゃなかったでしょうかね。(汗)
しかしさすが本数の少ない路線です。ってなぜかダイヤがパークの参道内にありました。

2018-08-16 (25)
フォッサマグナパークは構造線を直に見ることが出来ます。
あれ?これってシーサイドバレーに行く際に川向こうに見えるアレか?!
随分見落としていたもんです。

2018-08-16 (26)
参道をずっと行くと枕状溶岩を見ることが出来るんですが、下からだと良く分かりませんでした。

2018-08-16 (27)
ガイドを見てやっとおぼろげに分かる程度です。

2018-08-16 (28)
ここの参道は構造線を堺に西と東で違う身近な物をクイズにしていました。
うちは関東なんですが、おむずびもおにぎりも両方言うなぁと不思議な気分になったりしました。
元々大西ってのは奈良の方らしくて昔ROOTSって映画が流行った時に祖先が奈良でお坊さんやってたことまで追いかけたことがありますからそのせいかな。

なんて観光をしながら(途中買い物もしましたけど)夕方にはシーサイドバレーに入ってテントを設営をしました。
次の日からはファンライドフェスティバルに突入です。

100%ゴーグル2018秋モデル発売!

大人気の100%ゴーグルに2018年秋モデルが追加されました。
100%ゴーグルはそのデザインと視界の広さで多くのライダーを魅了しているゴーグルです。
今回はベースとなるゴーグルに加えてお求めやすいロールオフユニットとのセットも充実しています。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

rcp.jpg
■レースクラフト プラス
ポリカーボネート素材で放出形成されたカーブ型のレンズは、ライディングに必要な視界と安全性をさらに確保します。
フレームフォームは4層構造にすることで、吸汗力がさらに向上。
アウトリガーを備えた100%のハイエンドモデルです。

rc.jpg
■レースクラフト
今回はカラー追加のみですが、ラインナップ最上級のゴーグルになります。

ac.jpg
■アキュリ
同じくカラー追加ですが、例年に比べると少し大人しめのカラーリングでヘルメットとの相性も良さそうです。

18fastfc[1]
■ストラータ フォアキャスト
FORECASTロールオフシステムSTRATAに施したモデルです。
リーズナブルな価格で45mm幅のロールオフを体験していただけます。

18fastro[1]
■ストラータロールオフ
好評のSTRATA ロールオフモデルがカラーチェンジしました。
といってもストラップ部分のみで他に変更はありません。

店長の夏休み その2

当初ほうのきからそのまま長野に居付く予定だったんですが、お仕事も残っていたのでとりあえず帰宅してから改めてファンライドフェスティバルに向かうことにしました。
日野カントリーオフロードランドで遊ぶ予定が寸前で立ち消えたので急遽信州マウンテンパークで遊ばせてもらうことにしました。
事前にスポーツ安全保険に加入が必要だったので伺うのは8月16日になりました。
ここはコースが長くなって更に楽しくなったという情報を得ていたのでわくわくしながら現地を目指します。

2018-08-16.jpg

前夜が大嵐だったのでどうしたもんだろうって感じだったんですが、とりあえず走り始めれば雨はあまり気にならない感じのコースでした。
新設部分もガレ場もあって山ツーリングしているような気分にさせてくれるコースです。
そう言えば関東にも色々コースはあるんですが、ガレ場がこんな風に続くところはあまり無いんですよね。
何とか時間を作って年内にもう一度行きたいと思いました。


ほぼ初めてなので道に迷いながらダラダラ走っています。コースの雰囲気はお分かりいただけると思いますのでお暇な時にでもどうぞ。

信州マウンテンパークはこちらをご覧ください。>>>
12月に入ると霜でぐちゃぐちゃになるんですよねとおっしゃってましたし、4月までは雪で閉ざされているそうです。
つまり安全保険の更新をせず気持ちよく走れるのは11月くらいまでとか。もっとも霜くらいだったら勝沼でも経験しているのであまり気にしないと思いますがね。

ちなみに通常営業の際はパドックでの車中泊が出来ないと思いますのでご注意ください。(入り口に鍵が掛かってました)

店長の夏休み その一

今年は8月11日から事務所を閉めたのですが、その初日から出店でした。

2018-08-11 (1)
いわゆる世間一般に夏休み初日の前夜から移動を開始したんですが、いつもよりも夜中の渋滞が酷くて驚きました。
どこのウマシカが考えたのか知らないけど、このお盆は11日と12日は休日割引の適用外だったので10日の夜から混んでしまったんじゃないかと思いました。
お陰で予定を大幅に遅れてWEXほうのきの会場であるほうのき平スキー場に到着しました。

2018-08-11 (2)
明けた土曜の朝はどんよりして涼しかったです。ほうのきは標高も高いので凄しやすいのが良いところです。(私は極端に暑いのに弱いからですが)
もっとも今年は酷暑のせいか日中は例年ほど涼しくはありませんでした。

2018-08-11 (3)
今年も出店仲間のMC-Japan(農産部)さんで美味しいとうもろこしを購入させていただきました。
この後3週間続けて週末になると各会場でお会いする事になります。(ラッキー商会さんも)


2018-08-11 (5)
JNCCほうのきには諸事情で伺えなかったので珍しくWEXに出店させていただいたのですが、これが本戦並みに参加者も多くて驚きました。
来年はWEX-Wも少し追いかけるかな~と思わされました。

2018-08-11 (6)
JNCCでは珍しく主催者提供の花火大会が行われました。
しかし明るすぎません?w
もっとも子供達は大手を振って火遊び出来る貴重な体験なので明るさなんて気にしていなかったようです。
ずっと石をあぶってる子も居たし。w

2018-08-12 (1)
金曜夜の渋滞で精根尽き果てていたので土曜の夜は気が付いたら寝てました。
ということでどんよりした雲で覆われたほうのきの朝です。

2018-08-12 (2)
しかしそこそこ気温も上がる予定なのでこれまた無料のロックアイスが配布されました。
たくさんありましたけどあっという間に無くなってしまいましたね。

2018-08-12 (3)
WEXはパドック割もスムーズだったようです。
土曜はちょっとエントラントが少なかったように思ったんですが、当然ながら日曜の朝には満杯になっていました。

2018-08-12 (4)
ほうのきはパドックからレースが少し見えるので楽しかったです。
クラスによっては下り始めで立ち止まってしまう人もいたりとWEXらしい感じにほっこりしています。

2018-08-12 (5)
そんなほっこりした雰囲気の中で気を吐くライダーが一人。
どこかで見たことがあるライダーですよね。

2018-08-12 (6)
ただのコスプレライダーかと思いきやちゃんと表彰もされる実力派です。
JNCCでは見ることが叶わない光景です。(確かコスプレ禁止)
表彰式での歯に衣着せぬコメントもある意味WEXならではという感じでした。さすがダークヒーロー。w

そんな感じでレース自体は大きな波乱もなく終りました。

2018-08-12 (7)
レースはつつがなく終わりましたが、帰路で単独事故渋滞があったり安房トンネル入り口での渋滞があったりしたので30年ぶりくらいに旧道を通りました。
カーナビアプリを見ていると目が廻りそうなくらいの九十九折れ道路でしたが、木陰も多くて気持ちよい道路でした。少し得した気分です。
まあ、渋滞していなければ絶対に通らない道でしたので渋滞様様ですね。夏休みという心の余裕もありましたけど。

つづく

■おまけ
2018-08-11 (4)
STEALTHのFFハンドガード(プロトタイプ)が小池田車についているのを発見。
何度転倒しても特に歪まなかったそうです。JNCCチャンプのお墨付きです。

プログリップゴーグルの攻勢が止まりません。

先日PG3201ATZAKIゴーグルのデリバリーが始まったばかりですが、今度はオールニューのVISTAシリーズのデリバリーも始まりました。

プログリップゴーグルは長い間レンズが共通だったのですが、このVISTAからレンズも一新されました。
ノーズ部分のレンズを広くすることでより幅広のロールオフユニットを装着することが出来るようになっています。

今までも広い視野を持っていたプログリップゴーグルなのですが、マッドコンディションでの視界確保が更に出来るようになりました。50mm幅のフィルムは凄いです。

そんなALL NEWのVISTAはシャープなフォルムで最新ヘルメットとの融和性もばっちりです。
今回デリバリーされたのはクリアレンズの4色とミラーレンズを組み合わせた5色です。
少々価格も高くなりますが、ミラーレンズ仕様はアウトリガー部分が色分けされていて個性を主張してくれますのでお勧め。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

3303vc_tana[1]
■PG3303VC VISTA LINEゴーグル

3303vm_tana[1]
■PG3303VM VISTA LINE ミラーゴーグル

シートのアンコ抜きの次は脚を短くするか足を長くするか。

大多数のジャパニーズオフロードライダーが気にするのは乗車時の足付きなんじゃないでしょうか。

足付きの良さは安心感に繋がるので多少のデメリットを感じてもそれを求めてマシンをいじったりするわけです。
代表的なのはシートのアンコ抜きですよね。クッションを削って足付きを良くするのは真っ先に手を加える部分でしょう。
その次にフロントフォークの突き出しを多くしてリアのイニシャルを抜くことで足付きを良くします。最後にリンクやサスペンションユニットに手を加えて脚を短くすることで主だったマシン側の加工は終了でしょう。
ここら辺は使い方とバランスを取りながらの加工になります。

中にはマシンのサスペンションに手を加えるのを嫌がったり更なる足付きの良さを獲得するためにブーツに加工を施す場合も見受けられるようになりました。
厚底ブーツです。
難所系ハードエンデューロでは足付き最優先という場合もあるようで何名か厚底にしているのを見たことがあります。
ユーザーの方曰くシフト操作やブレーキ操作に慣れが必要だけど足が地面に届いてしかもちゃんと力が掛けられるというメリットのほうが大きいそうです。


現在当店経由での修理や加工は受け付けることが出来ませんが、以下のお店で相談に乗ってくれるはずです。
お悩みの方はご相談ください。

■MTXREPAIR>>>

今週末は爺が岳で行われる10耐にて出店です。

5_201808222312176a1.jpg
昨年から始まったJNCCの長時間耐久レース。
その2回目が今週末行われます。
本家モトパワーさんと違うのは途中から6時間耐久のスタートがある事でしょうか。

実は私もモトパワーさんの8耐は何度か参戦したことがあるのですが、あれの難しいところはライダー交代したばかりの元気な人と、交代直前のヘロヘロな人が混走することだと思うんです。ですから6耐スタート直後はそういった元気の良いライダーがたくさん雪崩れ込んできますので10耐に出る人は気をつけましょう。場合によってはこの時に合わせてライダー交代するのも手かも知れません。(全く同時だと混乱するので6耐スタートの直前が一番良いかな。)

ということで今回もKYTヘルメットの展示試着にサマーセールの最終受付を行います。
10耐で受け取りたいという方もご相談ください。

宜しくお願い致します!

チーズナッツハンティングは9月22日から24日に開催されるオフロードパーティーです。

ここ数年あそばせていただいている(出店メインではなくてエンデューロ参戦で)チーズナッハンティングが今年も開催されます。、
まだ募集は開始されていませんが、例年笑顔満載のイベントなので今年もたくさんの皆さんにお会い出来ると思っています。

2018.jpg

連休交えての3daysイベントですが、飽きる暇が無い楽しいイベントでした。
まだ主催者とは全然やり取りしていないんですが、許可を得られれば出店も、得られなくても参加で現地にお邪魔する予定です。
お会いする皆様宜しくお願い致します!!

チーズナッツパークのサイトはこちら>>>

本日より通常営業です。

2018-08-18 14.49.08
夏休みはWEXほうのき出店から始まって昨日のFUN RIDE FESTIVAL出店で終了しました。

FUN RIDE FESTIVALでは皆さんの走行時間に一緒に走らせていただきました。(写真はその時のもの)
景色も良くてコースもバラエティーに富んでいてレースだけでは味わえなかったとても素晴らしいイベントでした。
たくさんの笑顔に会うことが出来ました。
来年は同じ場所での開催に向けて鋭意努力中だそうです。今のところ糸魚川市の後援も受けられそうなのですが、ゲレンデの芝の育成を考えて開催時期を5月から6月に変えることになりそうだとか。
開催が決まったらまたこの日誌でも御紹介しようと思っております。
お楽しみに。

夏休み中の出店などについてはまたの機会に御紹介したいと思います。

2018-08-19 12.48.56
エクストリームライドはなかなか見る機会が無かったんですが、目の当たりにすると迫力ですね。
もう来年が楽しみです。

今週末はFun Ride Festival 2018に伺います。

8月18日-19日に糸魚川シーサイドバレーで行われるFun Ride Festival 2018にてKYTヘルメットの展示試着、それにサマーセールの受付を行いに伺います。

シーサイドバレーというと日本海を望めるロケーションが有名ですが、レース中だとなかなかそういった景色を満喫するまでには至らないんですよね。それをフリーライドイベントでとことん満喫しちゃおうというのが今回のイベントです。
オフロードライダーなら誰でも知っているようなゲストとの交流も図れますし、前夜祭も盛り上がりそうです。
スタントライダーの木下真輔氏のショーも企画されているなど盛りだくさんです。

行った事のある方ならご存知かと思いますが、パドックと走る場所が離れているので店長も上のエリアに行く予定です。
そのため出店エリアを開ける時間が多くなると思いますのでご容赦ください。
今回ヘルメット以外は持っていきませんが、何か必要なものがあれば持参致しますのでお気軽にお申し付けください。
といいつつ明日15日の午後には出発してしまうのでお早めにお申し付けください。(告知が遅くてすみません)

すでに結構な人数がエントリーしているようです。楽しい夏のひと時を皆さんと楽しみたいと思っております。
参加者の皆様宜しくお願い致します!

詳細はこちらをご覧ください。>>>

30571856_1223360917794207_3098001726406393856_n.jpg

※現在当店は夏期休業中となっております。
 ご注文等への対応は20日からとなりますのでご容赦ください。

11日より夏休みをいただきます!

今年は本当に暑いですね。
皆さん体調はいかがでしょうか?
今週は気温の寒暖(暖というより暑ですが)が激しかったので夏休み前に体調を崩されている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。くれぐれも体調にお気を付けください。

さて当店は明日11日から19日まで夏休みをいただきます。
店長はこれから海抜1,250mにあるパドックへ移動を開始します。
そう、WEXほうのき大会で出店をさせていただくためです。お仕事といいつつ、ライダーの皆さんにお会いするのは休暇みたいなものなのでとても楽しみです。

ところでこの週末は高速道路の休日割引が適用されません。
お役所の人が机の上で考えたとしか思えないんですが、昨日と本日が休日割引の適用になっています。
遠出される方はお気を付けください。3割引きは結構大きいですからね。

1_201808102120368de.jpg


では皆さん熱中症にはお気を付けください!!

PROGRIP 新製品入荷 その2

立て続けに入荷の案内が来て少し混乱気味の店長です。
昨日ご紹介したEXワイドロールオフゴーグルと一緒にエントリーモデルのPG3201が入荷しました。

3201ac_tana.jpg
■PG3201 ATZAKIゴーグル
定価 税別3,800円とお求めやすい価格なのにチープな感じが全くしません。
視界の広さとフィット感の良さは今までのプログリップゴーグルと共通です。

3201am_tana.jpg
■PG3201 ATZAKIミラーゴーグル
ミラーレンズが標準装備のPG3201です。定価4,900円(税別)で、3,700円するミラーレンズ単体が装備されているのを考えると超お得なゴーグルです。
クリアレンズ装備のPG3201のストラップが共通の白なのに対して各色に応じたカラーストラップが装着されているのを考えるとお洒落ライダー垂涎ではないでしょうか。

PG3201シリーズについてはこちらをご覧ください。>>>

実は休み明けにその3がある予定です。(苦笑)

PROGRIPの新しいロールオフ登場

ワイドロールオフの先駆けとも言えるプログリップから更にワイドなロールオフが登場しました。

3318_tana.jpg
■PG3318 VISTA ROLLOFF ゴーグル
 定価:¥17,064 MC GEAR価格 ¥16,210

今までのプログリップワイドのフィルム幅が39mmだったのに対してVISTA ROLLOFFは50mmと更にワイドになりました。
価格も抑えられていてこれからのエンデューロシーンを塗り替えるゴーグルになりそうです。

まずは今週末のWEXほうのきにて展示を致しますので是非ご覧ください。

PG3318についてはこちらをご覧ください。>>>

ハンドガードの役割

エンデューロ用のマシン作りというとまずはハンドガードを付ける事から始める人がほとんどではないでしょうか。
海外メーカーのマシンなどは買い足さなくても付いているのがあるくらい重要なパーツでしょう。
JNCCではハンドガードの装着を義務付けているくらいです。

元々はラリーなどで障害物や前車の飛び石から手を守るために装着され始めたものですが、今では転倒時に操作系を守るアイテムとしての認識も高くなっています。
またいかにもエンデューロマシンというルックス面でも欠かせないアイテムです。

そのハンドガードは大まかに分けてオープンエンドタイプとクローズエンドがあります。

オープンタイプは主にモトクロスで飛び石や泥の付着から操作系や手を守るために装着される、バーエンドとガードが結合されていない物を指します。
クローズタイプは強度を確保するためにバーエンド部分とガードが結合された物で樹脂製と金属製の2種類があります。

ここでは主にエンデューロで使用されているクローズエンドタイプについてご紹介します。

16508_tana[1]
当店扱いの樹脂製クローズエンドハンドガードで一番人気はACERBISのTRI FITハンドガードです。
樹脂製の良いところは例えばウッズなどで立木にぶつかった際にその衝撃をハンドガードの柔軟さで和らげてくれることです。
またその軽さも大きな武器になります。
反面強度は金属製に劣ります。しかしこのTRI FITハンドガードは転倒時の衝撃をクランプが回ってくれることで受け流してくれます。しかしそうなるとレバーが剥き出しになってしまって保護されません。そのため当店ではARCレバーのような折れづらい物の同時装着をお勧めしています。
ちなみに店長はこの組み合わせですが、走行時の転倒での破損はほぼありません。ただし立ちごけなどの横から加わる衝撃には弱いので注意が必要です。(私はそういった時は出来るだけこらえるようにしています。苦笑)

TRI FITハンドガードについてはこちらをご覧ください。>>>

stealth_ff.jpg
金属製クロースエンドハンドガードはSTEALTHの最新ハンドガード“FF ハンドガード”をお勧めしています。
金属製ハンドガードの利点は強固な防御力でレバーなどの操作系をしっかり守ることです。そのためにはしっかりとフィッティングさせないとずれやすくなります。このFFハンドガードはそのフィッティングを容易にして操作系の破損を防ごうというコンセプトで設計されています。特にハンドルの形状からフィッティングが難しいテーパーバーも加工を出来るだけしないでも付くようになっています。(ハンドルの幅や曲がりによっては多少の加工が必要な場合もあります)
逆に弱点はその重量でしょう。アルミやジュラルミンなど軽量な金属を使ってはいますが、ハンドルの一番外側に装着するものなので樹脂製や何も装着しないことに比べると軽快感に欠けるのは致し方がありません。ただそれを補って余りある安心感を提供してくれます。

STEALTH FFハンドガードについてはこちらをご覧ください。>>>

このように軽さと最低限のガードを重視する人には樹脂製ハンドガードがお勧めです。
またどんな転倒からも操作系を守りたい人には金属製ハンドガードがお勧めです。

樹脂製クローズエンドと同じく樹脂製が多いオープンエンドは、これを見ると同じような物ではないかと思われるでしょう。
しかしクローズエンドである事に意味があるのです。
転倒した際に柔らかい土や泥にハンドルが刺さってしまうのをクローズエンドでは防ぐもしくは軽減することが出来ます。
これを掘り出して引き抜くのは結構疲れてしまうんですよね。それにオープンエンドだと立木にハンドルを当てた際にそのまま障害物とハンドルバーに手が挟まれて怪我をする場合があります。クローズエンドはそこまで歪まない強度がありますので怪我を回避出来るのです。

このようなことを踏まえて使用するシチュエーションやご自分のライディングスタイルでお選びください!

夏期休業のお知らせ

週末の度に出店やレース参戦で忙しくていつの間にやら8月に入ってしまいました。
暑さにやられてたわけじゃないんですが、当店のお休みの告知をしていませんでした。すみません。

当店は8月11日(土)より8月19日(日)まで夏期休業とさせていただきます。

その間もオンラインショップでお買い物をお楽しみいただけますが、発送やお問い合わせへの回答は8月20日以降となりますのでご了承ください。

なお、8月11-12日はWEXほうのき大会にて出店予定です。
また8月18-19日は糸魚川シーサイドバレーにて行われるFun Ride Festival 2018に出店を致します。
宜しくお願い致します。

summerv.jpg

Muc-off エンデューロアカデミー、Lites! KYT HELMET、2018東日本エンデューロ選手権 第4戦

 8月4日
土曜は日野カントリーオフロードランドで行われた2018Muc-off エンデューロアカデミーに参加してきました。
これはエンデューロライダーのための MX トレーニングと称して、テストタイムの短縮が一番の課題になるオンタイムエンデューロに参加するにあたってエンデューロライダーが一番足りないMXの走りを勉強しようとい うスクールです。

2018-08-04 (2)
今回は鈴木健二校長が不在なので渡會修也教頭(って受講者に言われてた)が座学を担当してくれました。
SNSで盛り上がってたスタンドの掛け方からレクチャーが始まります。

内容は是非受講してね。毎回ためになるお話が聞けます。

2018-08-04 (5)
講師は渡會修也教頭(KAWASAKI)、畑尾樹璃選手(HONDA)、釘村忠選手(HONDA)のお三方でした。
中島敬則氏(YAMAHA)は都合により欠席です。

私が参加した中級クラスはコーナリングや轍の走り方、ジャンプの仕方など実践的なテクニックを一日中みっしりと仕込まれました。
私は最後のクラスの後半でくらくらして熱中症対策のプールに逃げ込んだほどです。

個人的には釘忠さんの轍の上りが凄く為になりました。今まで何度かあそこは走っているのですが、加速の仕方やバランスの取り方、それに安定させるコツなど分かり易 く教えてくれて翌日にも生かすことが出来ました。
私は何度もアカデミーを受講していますが、毎回何かしらを得ることが出来て本当に有り難いスクールだと実感しています。

その後は汗を流して少しだけ宴会に参加してからパドック泊して翌日に備えます。
金曜の夜は涼しいほどだったらしいのですが、土曜の晩は少し蒸し暑さも感じました。明けがたは涼しかったけど。
今回はそれほど酷くなかったけど真夏のレースでは車中泊も考えものですね。

そして明けた8月5日
2018-08-05 (1)
日曜は朝からそこそこの気温になってきました。元々酷暑で有名な群馬のコースですのでこれからが思いやられる気温です。

38469405_2147881985467959_4541130035150454784_n[1]
そんな中、私は午前に行われる2018 Lites! KYT HELMETに参戦しました。
前日のアカデミーでちょっと熱中症気味だったのでこれまた思いやられます。ホント歳食うと暑さに弱くなります。(涙)

2018-08-05 (2)
ライダースミーティングの際に簡単なルールの説明がありましたが、今回はLites!なのに完全オンタイム制です。

実は私も正確に簡易と完全(本式)という表現の使い分けがどう為されているのか知らないのですが概ねこんな感じだと思います。

簡易 :スタートとゴールの時間だけ決められていて周回毎のタイムコントロールはない。しかもゴールも早着有りがほとんどなので、結局規定時間内であれば周回の配 分はライダー次第

完全 :スタートとゴールの時間の他に周回毎やレースによってはその中間地点でのタイムコントロールがあるレース。大きなミスやトラブルがあると取り返せない場合 が多い。

たぶん皆さんもこんなイメージだと思います。そして今回は周回毎のタイムコントロールが必要な完全オンタイムになります。
まずは車検を受けてパルクフェルメにマシンを預けるところからレースは始まります。

そして各周に1箇所あるテストのタイムを合算して順位を競うわけです。

2018-08-04 (1)
今回は酷暑が予想されるのでこんなプールも用意されました。
熱中症には経口補水液だけでは駄目で全身を水に浸からせるのが一番だそうです。
今年の酷暑を鑑みてJNCCなどでも用意されていました。これからはこれが主流になるんでしょうね。

2018-08-05 (4)
で、その酷暑のレースを制した人達です。おめでとうございます!!

2018-08-05 (6)
今回もヘルメットが2ヶ副賞として配られました。
気に入っていただけたようで私も嬉しかったです。
即席のフィッティングも行ってこれからこのヘルメットで活躍してくれることでしょう。

2018-08-05 (5)
表彰式の合間にISDE(インターナショナルシックスデイズエンデューロ)に参戦するライダーへの募金の呼びかけがありました。
今年も頑張って欲しいものです。

2018-08-05 (3)
午後は2018東日本エンデューロ選手権 第4戦が開催されます。
ここ日野カントリーオフロードランド独自の変則的開催です。

他の大会よりも開催時間が短くなるのですが、ことこの大会に関しては熱中症予防のためには最適なスケジュールだと思いました。

2018-08-05 (7)
皆さん意気揚々とスタートしていきました。
私はちょっとくらくらしてきたのでブースで寝込んでました。
扇風機に当たって何とか復活いたしましたが、やっぱり夏は嫌いです(苦笑)

2018-08-05 (8)
今回IAクラスは章典外なので参加者は少なかったのですが、ISDEに行くゼッケン22番の後藤選手にゼッケン1番の釘村選手が周回毎にアドバイスをしていました。
さすがチャンピオンは違うなぁと感心してみていました。
後藤君頑張ってくださいね!!

こんな感じで2018 Lites! KYT HELMETと2018東日本エンデューロ選手権 第4戦が終了しました。
皆さん酷暑の中お疲れ様でした。

次回は2018 Lites! KYT HELMETは10月14日の成田MXP、2018東日本エンデューロ選手権 は11月24-25日の菅生になります。
ちょっと長めのインターバルを挟みますがまた皆さんにお会い出来るのを楽しみにしております!

No-Toilのスーパーフローフィルター入荷!

sff01[1]
スーパーフローフィルターはバックファイヤー対策のために金属メッシュが装着されているノーマルのエアフィルターケージを、フィルターエレメントを難燃性のものにすることでメッシュを廃して吸気抵抗を減らすアイテムです。
特にWR250R/Xのユーザーの方に好まれており、当店でも大量に在庫をしているものの頻繁に欠品してしまうという人気アイテムでもあります。
そのWR250R/X用のスーパーフローフィルターが再入荷しました。
ご予約をいただいている方には順次発送をしておりますので到着まで少々お待ちください。

スーパーフローフィルターについてはこちらをご覧ください。>>>

9月30日開催のJNCCシーサイドバレーは今年が最後のようです。


2013年4月開催のWEXから親しまれたシーサイドバレー糸魚川のコースが今年一杯となったそうです。
同年からJNCCも開催されるようになりましたので6回目で一度終了ということになります。

ここはパドックがアスファルトで快適なのと洗車場が完備されていたり、温泉がパドックのすぐ近くにあるなど快適な週末を過ごすことが出来る場所でした。
コースもとても景色が良くて(レース中は見ている余裕ありませんが)WEXで参戦させていただいた時も気持ちよく走らせていただきました。残念ですがスキー場側の以降とあっては致し方がありません。

今年が最後になるJNCC シーサイドバレーは8月28日からエントリー受付開始です。
お忘れなく!!

8時間パワーエンデューロ

 7月29日開催の8Hパワーエンデューロにて出店をしてきました。
ここでの開催は数年前に津南が流れた時に急遽ここに変更されてから2回目になります。

2018-07-28 (1)
土曜の朝に現地入りした段階でもう場所取りが始まっていました。
聞くと結構大所帯のところが多くて一団体で10チーム以上というのが数件ありました。
凄いですね~!

2018-07-28 (2)
土曜は台風が大幅に西にずれたために特に雨にも降られず、それどころかここ数週間雨が降っていないために埃が凄くて大変でした。

2018-07-29 (1)
パワーエンデューロというとてっぺーちゃん(中尾省吾氏)。
今年も8時間しゃべり続けてくれました。

2018-07-29 (2)
昨年一年お休みだったけどやはりこの人が出てこないと8耐じゃないですよね。
(元)モトパワーレーシングの小林社長です。
色々あったようですが、今はお元気でした。

2018-07-29 (3)
前日から降り始めた雨でコンディションは…パワーエンデューロらしいコンディションになりました。はい。

2018-07-29 (4)
参加チームは153 ライダーは300人越えです。
パドックも満杯です。

2018-07-29 (5)
ここはルマン式スタートなのでマシンを並べるのも大変です。

2018-07-29 (6)
一組目は第一コーナー直前に位置します。
すなわちいきなり上り坂です。雨なのに。


スタートは途中まで順調でしたが、ミスしたマシンが出ると大渋滞になるんですよね、ここは。

2018-07-29 (7)
400マルチで参戦する猛者も。
重くて大変だったことでしょう。

2018-07-29 (8)
コース設定も結構ハードだったらしくて渋滞が酷くなったのと怪我人が出たために一旦中断して仕切りなおします。
もう20年くらいこのレースを見守っていますが、たまにある事なのでこういうハードなところがパワーエンデューロという気がしてしまいます。

2018-07-29 (9)
再スタート直後にまた1コーナーの上りで渋滞が始まってしまいました。
雨で滑るから仕方が無いんですが、落着いて行けば大丈夫なはずなんですよね。
実際再スタート前は渋滞せず流れていましたから。

2018-07-29 (10)
ちなみにこのレースは日産の協賛を得ています。
ここ数年のお付き合いというのが凄いですよね。
オグショーさんのベッドキット付きがディーラーで買えるそうです。

2018-07-29 (11)
上の画像では影が出来るほど晴れていますが、またこんな風に雨が降ってきたりして。
猫の目のような天気とはこういうのを言うんでしょうか。もっともほとんど降ってばかりでしたけど。

2018-07-29 (12)
そろそろ8時間経過という時点で計測前の直線にチェッカー待ち渋滞が出来ていました。
昔は結構こういうのを見た気がするんですが、最近ここまで長いチェッカー待ちはなかなかお目にかかれません。

2018-07-29 (13)
そして感動のゴール!
皆さんお疲れ様でした!

2018-07-29 (14)
来年も考えているそうなので是非また元気な姿を見せて欲しいものです。
さて今度は何処でやるのかな?

Index of all entries

Home > 2018年08月


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top