Home > 2018年06月13日

2018年06月13日 Archive

フォークゲイター再掲

ac16976[1]
ネオプレーン製のフォークゲイターは倒立サスの作動面に異物などが混入しないように覆うものです。
ACERBISのフォークゲイターはベルクロで留めるので装着も簡単です。

ただし50Φの円柱に巻きつけることが出来るサイズなのでアウターチューブが太い物にはちょっと装着しづらい場合があります。
ちなみにフォークガードが1周している以前のKTMではネオプレーンの厚さも関係して装着が出来ませんでした。
フォークガードとアウターチューブのクリアランスが少ない場合は装着困難な場合がありますのでご注意ください。
YZ系は問題なく装着出来ました。

2018-06-13 14.52.092018-06-13 14.51.51
で、フォークガードが1周するタイプでクリアランスも少ないために本来装着が難しい2015モデルのKTM200EXCではこんな風に使用しています。
フロントフォークの三叉間に装着して転倒などでの傷付きを防止(もしくは軽減)します。

詳しくはこちらをご覧ください>>>

Index of all entries

Home > 2018年06月13日


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top