Home > 2017年11月

2017年11月 Archive

100% ACCURI FORECAST 入荷しました。



先日から予約を承っておりましたACCURIのロールオフ付きであるACCURI FORECASTが入荷しました。
もうちょっと早ければSUGO 2DAYSでテストも出来たんですけどね。でもハードエンデューロがいくつかあるのでそれには間に合いました。

元々100%にはFORECASTという別売のロールオフユニットがあります。それの利点はゴーグル内の容積が増えるのでレンズが若干ですが曇りづらくなることとゴーグルフレームの前方に装着するためにトップモデルのRACECRAFTにも装着可能なことです。
ただそのためにFORACASTはそれ自体にフレームを持っているためにゴーグルの前にはみ出ており、それによって若干ですが視界が狭くなってしまいます。また当然その分重くもなります。

今回のACCURI FORECASTは直接レンズに取り付けるタイプなので視界の広さはそのままですし、若干ですが軽く仕上げることが出来ます。その代わりこれに装着されているユニットはRACECRAFTには流用出来ません。

2017-11-30 15.06.36
左が別売のFORECAST装着をしたACCURI 右がACCURI FORECASTです。
重さは左が230g 右が220gになります。
意外に差が無いのはFORECASTのフレームが軽いのとACCURI FORECASTは部品点数が少し多いからです。
しかし顔に触れる部分なので10gの差は結構大きく感じました。

2017-11-30 15.13.55
別売FORECASTのキャニスターは専用レンズに2本のビスで固定されています。
ACCURI FORECASTはゴーグルレンズに専用のベースを介して2本のビスで装着します。
キャニスター本体は共通でした。
ですのでキャニスターカバーは共通ですが、カラーが違います。

このタイプに取り付け可能な別売のダブルレンズも登場しました。
激しいシチュエーションでの使用に最適なダブルレンズ+ロールオフでどんな状況でも視界をクリーンに保つことが出来ます!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

今までのFORECASTはフレーム全体を覆い隠してしまうのでせっかくの100%ゴーグルの魅力が半減してしまいましたが、このタイプのユニットが別売されるとフレームのカラフルさを楽しみつつロールオフも使用出来るようになります。別売ユニットは未発売ですが、発売され次第ご紹介させていただきます。

大人気イベント「Beta Off Road Party 2017」の受け付けは本日20:00から開始!

20161126_1f77e6.jpg
今週末に成田MXPで行われる大試乗会やその翌週のHINO HARD ENDUROでも試乗が出来るBetaですが、その翌週12月17日に茨城県桜川市にあるオフロードパークSHIRAIにてBeta Off Road Party 2017開催してその場でも試乗が出来ます。
毎週関東まで来ていただきありがとうございます。

イベントの詳細はこちらをご覧ください。>>>

成田での大試乗会と同じ様に自分のマシンを持ち込んで試乗車と乗り比べが出来るだけでなく。トライアルやエンデューロのスクールも同時開催します。
今晩20:00から受付開始です。
人気のイベントなので早期締め切りが予想されます!ご検討中の方はお早めに!

週末は成田MXPで行われる大試乗会にて出店です。

2016-12-03 (5)
もう恒例になった成田MXPでの大試乗会。
昼休みに行われるエキシビジョンレースも話題に登るこのイベントですが、自分のマシンでも走って比較が出来るので次期マシンの選定には本当に良いイベントになっています。

このイベントにエムシーギアも出店をさせていただきます。
話題のヘルメット「KYT」も各サイズを持参して試着をしていただけるように致しますのでお気軽にお越しください。
会場特価も…・。詳しくは現地でお問い合わせください。

木曜昼までにご希望いただいた商品は現地にお持ちいたしますのにお気軽にお申し付けください!

写真は試乗会中のワンシーンですが、残念ながらこういうイベントはありません。_(_^_)_
2016-12-04 (2)
皆さんとお会い出来るのを楽しみにしております。

SUGO 2DAYS ENDURO

祝日を挟んで23日から26日までスポーツランド菅生で行われたSUGO 2DAYS ENDUROに参加させていただくためにお休みをいただきました。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

2017-11-25 080225
今回の参加はおよそ150台。
その半数ほどがナショナルクラスでした。そのナショナルクラスに私は参戦します。

土曜は直前まで雨が降っており、コースの変更も行われたようです。
こういう天候の変化に対応するスタッフのご苦労には頭が下がります。
昨年のこともあってか難易度を下げつつタイムを出すのは難しいというコース設定の匙加減は長く続く今大会のスタッフの錬度の賜物だと思いました。

23795835_954290298060165_9019396560834836184_n.jpg
例えばエクストリームテスト内にあるここ数年下りで使っていたタイヤセクションも若干ですが昇り方向になったので例年よりスタックしているマシンが多かったように感じました。
斯く言う私も1日目にチェーンを外してしまい2~3分のロスをするという失態も演じてしまいました。
まあリタイヤを覚悟しつつの修復作業だったので再スタート切れて良かったのではありますが。

クロステストは昨年のモトクロスコースを使用したものからたばこ団地駐車場という砂利敷きの広場とミニモトクロスコースを組み合わせたハイスピードテストでなかなか痺れるものがありました。濡れた路面は気を抜くとすぐにトラクションが抜けましたし。

エンデューロテストも例年に比べて長さは短くなりましたが、要所を押さえたバラエティー感と雨によってぬかるんだ轍で速く走ることを拒まれつつの闘いでした。トータルで速いライダーを競うという意味では理想的な組み合わせだったと思います。
それだけに不甲斐ない成績にちょっと凹んでもいますが。

24140248_1546877055405995_1667393303_o.jpg
最後はモトクロスコースを3周(ナショナルは)するファイナルクロスです。
いつも「晒し者になるイベント」って言葉があちこちで聞かれるくらい普段モトクロスコースに馴染みの薄いライダーには難易度の高いレースなのですが、不思議と終わってみると爽快感があって若干の中毒性を感じるんですよね。一緒に走るライダーをその前日の順位で決めるために同じ様な速さの人が集まるからなんでしょう。今年も後から数えた方が早い順位でしたが堪能させていただきました。

ちょっと体調が悪くて参戦を諦めかけていただけに最後まで走りきれて菅生を堪能できたことは至極の喜びです。
応援してくださった皆様ありがとうございました。

2017-11-26 180629
<おまけ>
雑誌「rider」の編集長 三上氏は今回も自走での参戦でした。
帰り道でその三上氏を発見。ちょっと小雨混じりの中を本当に自走で東京まで帰るんだと驚いた次第です。
しかもインターチェンジ通りすぎていました。何処まで下道で行ったんだろうか…。

そんな感じで個人的なレース活動はこれにて終了しました。
ご迷惑をお掛けした皆々様、各地でお世話いただいた皆様、そして素晴らしいレースを提供してくれた関係者の皆様ありがとうございました。

出店は今週末の成田MXPでの試乗会に群馬県の日野カントリーオフロードで行われるハードエンデューロにて行います。
KYTヘルメットの展示などを行いますので宜しくお願い致します!

2018JNCC 及び WEX-E のスケジュール発表!

23659319_723910644471677_2437520370458714731_n.jpg

JNCC来期のスケジュールが発表になりました。
2年ぶりに九州がスケジュールに入っています。
その代わりスプラッシュ月山が外れてしまいました。

JNCCの発表では隔年で東北と九州を開催するそうで、2019年は栗子国際の復活か新規開催場所を検討しているようです。

「 JNCC 」

開幕戦  2月25日 サザンハリケーン 大阪
第2戦  3月25日 グリーンバレー 森羅
第3戦  4月29日 ビックディア 広島
第4戦  5月20日 ワイルドボア 鈴蘭
第5戦  6月10日 ジョニエル-G 爺ケ岳
第6戦  8月12日 ドリーミン ほうのき
第7戦  9月30日 シーサイドバレー 糸魚川
最終戦  11月4日 AAGP 爺ケ岳

 ☆   8月26日 8耐G *モトパワーさんの開催地日程が確定した際、今年は内容を変更して開催いたします。
 ☆  10月21日 Gライド 爺ケ岳(*フリーライド)

「 WEXイースト 」

開幕戦  4月 1日 クロスパーク 勝沼
第2戦  5月 4日 ワイルドクロスパーク GAIA(祝日)
第3戦  5月27日 シーサイドバレー 糸魚川
第4戦  6月24日 レイニー GAIA *雨天でも快適に走れる MX場と沢渡などを中心に!
第5戦  7月15日 WEX-G 爺ケ岳
第6戦  9月16日 クロスパーク 勝沼
第7戦 10月14日 WEX-G autumn 爺ケ岳
最終戦 11月25日 サンクスギビング GAIA

JNCCフェイスブックにて 2018 JNCC & WEXイースト 開催スケジュールが発表されています。

週末のSUGO 2DAYSエンデューロに…


週末に宮城県のスポーツランド菅生で行われるSUGO 2DAYS ENDUROに店長が参加するために23日から26日まで事務所を空けております。
その間のご注文やお問い合わせは27日より順次対応させていただきます。
ご迷惑をお掛けいたしますが宜しくお願い致します。



12月3日 オフロードバイク大試乗会にてエキシビジョンレース開催

キャプチャ
昨年の開催も大盛況だったエキシビジョンレース。
そのレースの受付が開始されました。
限定15名なのでお早めに!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

見ると特定の人は出たくなって、ほとんどの人は見に行きたくなる動画を貼り付けておきます。
昨年私が撮ったものです。

ヘルメットとゴーグルの相性

今年一年様々な会場でKYTヘルメットの展示試着をさせていただいた中で、ゴーグルとの相性を気にする方が結構いらっしゃいました。
KYTは開口部も大きいので装着出来ないゴーグルは無いのですが、やはり気になるのだと思います。それに相性というか似合うというのも要素なんでしょうね。来年は鏡も持って行こうか思案中です。

それとKYTヘルメットってヨーロッパのヘルメットとフォルムが似ているためか、すでに他のヨーロッパ製のヘルメットを被っている人がゴーグルの選定に苦労しているのをダブらせるのでしょう。KYTはイタリアのSUOMYがデザインしているのでヨーロッパ然としているのは当然ですが。ただ日本でSG規格をパスさせるためには視界の広さも関係するのでしっかりと広くなっています。

以前ゴーグルとの相性をこの日誌でも御紹介しましたが、その後arieteの取り扱いを始めましたのでそれも合わせて御紹介いたします。(モデルは相変わらずなのでご容赦を)

2016-11-27 133558
arieteは上下の幅が狭いので鼻の部分に結構大き目の隙間があります。
開放感があって良好です。


100%ACCURIはそれに比べると上下の幅も広いのですが、フレームが薄めなので開放感はarieteと遜色ありません。
薄いために装着した際のシルエットが小顔に見えるのも気に入っています。


FORECASTユニットを装着するとこんな感じです。
ゴーグルの中の空気量が増えるので曇りづらくなるはずですし、前に少し出っ張る分メガネも収まりやすくなるはずです。
ちなみにベースのゴーグルはアウトリガー付きのRACECRAFTです。


プログリップPG3301だとこうなります。
レンズの大きさ自体は100%とあまり変わりませんが、フレームが少し下側に大きい感じです。
WMXヤマハのフェーブルもプログリップユーザーですが、それが納得の相性のよさです。


PG3301にロールオフを付けるとこのようになります。


PG3400Mはアウトリガータイプですが、ヘルメットとの干渉はありません。

会場で試着される際はお気に入りのゴーグルをご持参いただけるとフィッティングの確認も出来ますのでお勧めいたします。

KYTヘルメットについてはこちらをご覧ください。>>>

当店取り扱いのゴーグルの一覧はこちらです。>>>

残りわずかです。

大好評のKYT ストライクイーグル PATRIOT
このヘルメットは限定色なのですが、そのうちブルー/イエローのLサイズ以上が残りわずかになりました。

ご検討いただいている方はお早めに!!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

Patriot02-4c[1]
p2-1[1]p2-2[1]

スイングアームプロテクター入荷!

  • Posted by: MC GEAR
  • 2017-11-15 Wed 18:08:04
  • ガード
swingarm_protectors_YZF250[1]
長らく欠品していたポリスポーツのYZ系用のスイングアームカバーが入荷しました!
私なんてこれが無いとスイングアーム傷だらけになっちゃいますから手放せません。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

傷付き防止には最適ですが、泥などが中に侵入してすれて傷になることもあるので洗車の度に外して洗ってくださいね。

ところで当店でも扱っている4MX racingですが、クラッチカバープロテクターなどにポリスポーツの刻印があるままパッケージされています。
OEMのためですが、社長同士が仲が良いためにそのまま売っているとか。偽物ではないのでご安心を。しかし紛らわしいです。(苦笑)

4MX RACINGはこちらをご覧ください。>>>

100%ゴーグルの新製品が今月末頃入荷します!

大人気の100%ゴーグルに新しいモデルが追加されます。

rcplus_tana01[1]
rcplus_tana02[1]
トップモデルのRACECRAFTに特別仕様が追加されました。
ミラー仕様のレンズはインジェクション成型で予め湾曲が付いており、よりクリアな視界を確保します。
またレンズの厚みも増しており衝撃に対しても安全性を高めています。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

acfc_tana01[1]
大人気の幅広ロールオフシステムであるFORECASTとこちらも人気のACCURIをセットにしたモデルが追加されました。
FORECASTは独自フレームを介さずレンズに直接付けるタイプを新たに開発したために軽量化も同時に達成しています。
待望のロールオフ用のダブルレンズもこのモデルには用意されていますので更にハードなシチュエーションにお勧めできるようになりました。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

どちらも現在予約受付中です。

近年流行のハードエンデューロにお勧めのこれ!

  • Posted by: MC GEAR
  • 2017-11-13 Mon 23:48:20
  • ガード
エンデューロでも大人気のYAMAHA。
YZ250XもYZ250FXも幅広いライダーに受け入れられて各レースで好成績を上げています。

ハードエンデューロも例外ではなく、蒼いマシンを多数見かけることが出来ます。
そんな人気のYZ系ですが、ハードエンデューロではチェーンガイドの取り付けステーが弱くて破損した車両を何度か見ています。
これが壊れるとチェーンが外れやすくなるだけではなくて、スプロケットに噛み込んで走行不能になってしまいます。

20638614_1408346319242056_8763902274615763360_n.jpg
そこでビレットプルーフデザインからリリースされているYZ用のスイングアームプロテクターをお勧めします。
付属のタップでスイングアームにネジを立ててボルトで留めるこのガードはチェーンガイドのステーを効果的に補強してくれます。

YAM-CG-14-2T[1]
詳しくはこちらをご覧ください。>>>

破損するとスイングアームごと溶接にまわさないといけないので色々面倒です。
ハードに攻めたい方にお勧めいたします!
ただしスイングアームに加工をする関係で取り付けは熟練した方にお任せいただいた方がよいと思います。お気を付けください。

ゴーグルの整理には専用ケースがお勧めです。

ゴーグルはコースコンディションや天候によってレンズの種類やロールオフの装着など複数のセットを持っていた方が慌てずにレースに臨むことが出来ます。
ツーリングユーザーであっても自宅では複数のゴーグルを保管している方も多いでしょう。

ゴーグルは顔にフィットしやすいようにフレームが柔らかい場合が多く、またレンズが変形してしまうと視界を歪めてしまいますので大事に保管する必要があります。
そのためにハードなケースに収納するのがお勧めですが、密閉するハードケースでは湿気がこもってしまうなどゴーグルにはあまり良くありません。

そんな時はやはり通気性も良くて型崩れしない専用ケースが良いでしょう。

GOGGLEBAG[1]
当店でも人気の100%ゴーグルのケースに新色が発表になりました。(ちょっと前ですが…)
収納に困るGO-PROを収める部分があったりとバイクライフを楽しむライダーにお勧めです!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

ゴーグルのご購入は慎重に!

海外で買われた100%ゴーグルのロールオフ用のフィルムを探しているという方がAAGPの時にいらっしゃったんですが、見たことの無いキャニスター部分に中途半端なワイドフィルムが入っていました。
よく見たらFORECASTという特殊なユニットしか付かないRACECRAFTモデルにレンズに直付けタイプのキャニスターが付いてました。
恐らく海外のショップが独自に組み合わせて売っているロールオフ付きゴーグルなんでしょうね。だったら標準幅のにすればフィルム探しも楽なのに。
調べると他のメーカーにも同様のキャニスターユニットを使っているロールオフ付きゴーグルが海外通販に散見されました。
こういうご時勢なので海外通販で買うのは普通だと思いますが、消耗部品がある場合はそこら辺も考えないと安物買いの銭失いになってしまいます。

また先日のAAGPでもゴーグルを外している人が多く見受けられました。
この時期になると曇りづらさ以外に日暮れの早さにも対応しなければなりません。そのため色違いのレンズも用意しておく必要があります。

当店の100%ゴーグルは補修部品や消耗部品も充分に在庫しておりますので長い目で見るとお徳ですよ。
そう言えば最近レース会場でも100%ゴーグル用のレンズや補修部品の問い合わせが多くなりました。
ただしミラーレンズは高価な上に輸送時の傷付きなどが心配なので会場には持参していません。
予めお申し付けいただければ持参しますのでお気軽にお申し付けください。

100%ゴーグルについてはこちらをご覧ください。>>>

100_rolloff.jpg
51122-010-02_base.jpg100_rolloff_film2.jpg


全日本エンデューロ選手権 SUGO 2DAYS ENDUROの承認クラス受付


SUGO 2DAYS ENDUROの承認クラス受付が明日11月9日20:00より開始されます。
締め切りは11月13日までですが、定員になり次第締め切るそうです。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

現在のエントリー状況
IA 23名
IB 23名
全日本ウイメンズ 8名
ナショナル 80名

現在134名のエントリーがあるので定員まで残り26名になります。
考えているかたはお早めに!

ACERBIS X-GUARDスイングアームガード

エンデューロでは深い轍の中やロックセクションを走ることも多く、スイングアームはいつも傷付きやすい状況下に置かれています。
仕方が無いと思いつつも擦り傷が増えていくスイングアームを見て良い気がする人は少数派でしょう。

そんな傷付きを憂うライダーのためにACERBISがリリースしたのがこのX-GUARDスイングアームガードです。

カーボン柄のモールディングが施されたラバー製のプレートはスイングアームの側面を傷付きから守ります。

ac0022890_2.jpg
強力な3M製両面テープが貼られていますので簡単に取り付け出来ます。
これはウェラブルカメラであるGoProのマウントにも使われている強力な両面テープで、剥がす時に苦労するくらいの接着力を持っています。
ac0022890_tana.jpg
色はブラック、ホワイト、ブルー、イエロー、レッド、グリーンの6色です。

X-GUARDの中央は好みのステッカーが貼れるように平坦な部分がありますので個性を主張する事も可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

2017JNCCシリーズ 閉幕

長いようで短かったJNCCシリーズ戦も最終戦AAGPで幕を閉じました。

金曜が祝日だったので久しぶりに金曜午後には現地入りしてからテントだけ張ってあとは宴会していました。
18:00くらいから1:00近くまで飲んでたみたいです。(汗)

2017-11-04 (1)
翌日は未明から雨で夕方まで時折止むという天気でした。
雨量はさほどでは無いにしてもずっとしとしと降っていた印象です。
これは晴間を捉えて撮った写真です。

2017-11-04 (2)
土曜は選抜ワイルドクロスというリレーエンデューロでした。
ミニコースなのですが、爺が岳初登場のタイヤセクションが配置されていました。
とうとうJNCCにもハードエンデューロの波が…。

すみません、JバザーエリアもAAGPでは大盛況なのでレースの内容は追いかけ切れませんでした。
レポートなどはJNCCや走ったライダーのブログなどでチェックしてみてください。(汗)

2017-11-05 (1)
翌朝は霜が降りたようで起きたら一面真っ白でした。
バイクもシートに霜柱が立ってたそうな。
残り少なくはありますが、これからのシーズンは防寒対策が重要になりますね。

2017-11-05 (2)
相変わらず大好評のファンクラスは300台越えでした。


ファンクラスのスタート風景です。
凄いエントラントの量ですね。


珍しくAAライダー紹介も撮ってみました。
一コーナーに向けての路面チェックやスタートグリッド争いなど見所もあります。


コンプクラスのスタートです。
一コーナーが荒れているので見応えあります。

結果はJNCCなどをご覧いただくとして、今年も招待選手が優勝しました。
土曜の雨はほとんど影響しなかったのかゲレンデ部分はベストコンディションになっていました。
ウッズはそれなりに大変だったと思いますが。

今回コースレイアウトはスタッフの萩原氏が行ったのですが、走った皆さんはどんな印象をお持ちでしょうか。
長く続いている爺が岳スキー場での開催ですので、新しい風が入ってよくなったことを願っています。

これにてJNCCシリーズは終了。
エムシーギアも広島以外は出店させていただきました。
来期はどのような体制で臨むか決まっていませんが、また皆さんにお会い出来るのを楽しみにしております。

次回出店は成田MXPで行われる大試乗会の予定です。
宜しくお願い致します。



週末はJNCC最終戦 AAGPにて出店をしております。

キャプチャ
今週末11月3日より5日までJNCC最終戦が行われる長野県爺が岳スキー場にて出店を致します。

その間のご注文やお問い合わせについては11月6日にご案内させていただきますのでご了承ください。
ご迷惑をお掛けいたしますが宜しくお願いいたします。

SUGO 2DAYS ENDURO ナショナルクラス(ポイント未獲得者)の受け付けは明日から!

11月25-26日開催のSUGO 2DAYS ENDURO のエントリーが佳境に入っています。
すでにポイント未獲得のナショナルクラスライダー以外のエントリーは完了しているのですが、この段階ですでに101名になっています。定員が160名なので残りのナショナルクラスのエントリーがどれくらいになるかで承認クラスのエントリー受付が為されるか決まるのですが、ナショナルクラスがこれから60名もエントリーするとは考えづらいので募集はされるのではと私は思ってます。(蓋を開けないと分からないですけどね。)

明日20:00から受付開始なのでナショナルでポイント未獲得の方は準備をしておきましょう。
週明けの月曜に締め切りなのでお忘れなく。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

4MXクラッチカバープロテクター対応拡大

4mx61700001のコピー
ご好評のクラッチカバープロテクターの対応車種が増えました。

ハードエンデューロなどで破損しやすいクラッチカバーをしっかり守ります。
取り付け用のボルトなどもセットになっているので買い足す物はありません。

■対応車種
・KTM用
 EXC250/300 13-16
 SX/XC125/200 2017
 EXC125/200 2017
 EXC/XCW250/300 2017

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

Index of all entries

Home > 2017年11月


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top