Home > 2017年09月06日

2017年09月06日 Archive

マシンのサグ出しとフォークの平行について

  • Posted by: MC GEAR
  • 2017-09-06 Wed 17:03:22
  • 工具
オートバイの全ては車体の姿勢で操縦性が変わります。
それはキャスター角やサスペンションの作動範囲など様々な要因が関わるのでこの姿勢を決める事がマシンセッティングの基本になります。

その姿勢はサスペンションのサグで合わせます。
乗る人の体重などに合わせてサスペンションの長さを調整するわけです。
長さと言ってもスプリングを締めこんで沈み込みを加減するだけで、サスペンション全体の長さを変えるわけではありません。
08-0613[1]
このようなスケールでサスペンションの沈み込みを測って適切な値に納めます。

そこでこのサグ出しについてですが、これはマシンに最初からついているスプリングがその人の体重に合っているかという事をまずチェックすることから始まります。
詳しくはこちらのページで御紹介しています。>>>

ここで言う静的サグ(スタティックサグ)とライディングサグが合っていなければスプリング交換が必要になります。
その上でライディングサグをライダーの体重に合わせて設定することで、キャスター角などが設計通りの値になるわけです。

それを基準にして個人の好みに調整したりするのでこのサグ出しは基準を作るという意味で非常に重要な作業になります。

08-0412[1]
このようにセッティングをしてもフロントフォークの平行が出ていなければ台無しです。
タイヤ交換などアクスルシャフトを脱着した時はもちろん、トランスポーターに積んだりした後はフォークの平行が崩れている場合があります。
アクスルシャフトのクランプを緩めてストロークさせることで有る程度平行が出ますが、そもそもそのクランプがスムーズに作動しない場合はそれも正確にはなりません。

そこでチェックするのがこのForkTRUです。>>>

私もたまにチェックするんですが、意外なほどにずれている場合があります。
ハンドルを切った状態でトランスポーターに積む人は下ろした後に必ずチェックすることをお勧めします。

モーションプロ製品についてはこちらをご覧ください。>>>

Index of all entries

Home > 2017年09月06日


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top