Home > 2016年10月

2016年10月 Archive

11月13日はバイクブロス祭りです!

キャプチャ


11月13日(日曜)に東京都昭島市にあるモリパーク アウトドアビレッジにてバイクブロス祭りが行われます。
ここで行われるオフロードデモレースにIAワタライ選手が参加します。
その他にも色々なイベントが企画されているようですので是非下記のリンクをクリックしてチェックしてください!

バイクブロスまつり2016は11月13日に開催!今年の開催地はモリパーク アウトドアヴィレッジ

SUGO 2DAYS ENDURO 承認クラスは来週木曜から



すでに全日本クラスのエントリー受付は開始されていますが、現時点で90台のエントリーが確定しているようです。
定員は180名なので来週木曜から開始される承認クラスのエントリーは90名以下になる予定です。
また承認クラスは11月3日から7日までと募集期間が短いので注意が必要です。

詳しくはこちらをご覧ください。(JEC-PROのサイト)>>>

オンタイムエンデューロ形式の全日本エンデューロですが、ここ数年じわじわと人気が高くなってきており、今年はそれが数字にも出てきた感じです。
思い起こせば最初の頃のSUGO 2DAYSは人気が高くてエントリーするのも大変でした。
受付の選考のために深山クロスへのエントリーや成績を考慮に入れたという時期もあったんですから凄かったです。

その後一時落着いてからまた盛り上がっているというのは競技として定着したんじゃないかと私は思っています。
またそれに合ったコース作りのノウハウも蓄積されたのでしょう。事実どのコースもチャレンジングで面白いです。

そんなオンタイムエンデューロですが、未体験の方には不慣れゆえエントリーを躊躇する場合もあるんじゃないかと思います。
それを払拭するためにウブカタジャパンの産方氏がルール解説をしているページがJEC-PROのサイト内にあります。

オンタイムエンデューロルール解説!>>>>

詳しく書いてくれていますが、1.タイムチェックする場所と個人個人に割り振られた時間を理解することと、2.早着や遅着の場合の調整、そして3.最終周だけプレフィニッシュというタイムチェックがあるという事を覚えていればあとは普通に走ればよいだけです。

関東から一番近い場所での開催ですから是非体験してみましょう!

ACERBIS GORILLA ニーガード

最近ニーガードについては新しいモデルを毎年出してきているACERBISが2017モデルとしてニーブレイス一歩手前という感じのニーガードを投入してきました。

ac-22114_tana[1]
その名もGORILLA ニーガード
EPDM ポリプロピレン ネオプレン ファイバーなど他のモデルでも見掛ける素材に加えてステンレススチールをフレーム部分に配することで高い剛性を手に入れています。
しかしその他の部分に樹脂系の素材を使用する事で抜群のフィット感を提供してくれます。

ニーブレイスには抵抗がある人もこれなら満足いただけるでしょう。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>
MC GEAR価格 ¥25,444(税込み)です。

プログリップにミラーレンズ追加

lens04.jpg
レンズに定評のあるプログリップにミラーレンズ装着モデルが追加になって少し間が空いてしまいましたが、当店でもスペア用のミラーレンズを在庫し始めました。

マルチレイヤー(多層構造)のミラー仕様になっており、ベースはクリアレンズなので必要以上に暗くなりません。
当然曇り止めと傷付き防止にUVカット処理が施されています。

西日がきつくて眩しくなるこれからのシーズンにお勧めです。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

白くなったら…。

先週木曜から風邪を引いてしまってお仕事が全く進まず日誌のネタにも事欠いてる店長です。ごほごほ。

そんな状態なんですが、先日個人的にやった作業の中からちょっと御紹介しようと思います。これって最近の人は知ってるのかなぁ。

2016-10-25 (1)
以前青いバイクに乗っていた際にちょっと転ぶとすぐに樹脂パーツに白い筋が出来て気分的に落ち込んだもんです。
折れ曲がりなどで樹脂が白化するんですが、飛び石などでも出来てしまうのでフロントフェンダーにポツポツと白い斑点が現れたりしました。当然あまり見栄えも良くないし気分もよくないです。
オレンジ色の外装も結構これが目立つんですよね。これは立木に激突した際に付いた痕です。

新しいグラフィックを貼る予定なので青いのに乗っていた頃からの技でこれを消します。

2016-10-25 (2)
はい。出来上がり。
ご存知の方も多いと思いますが、これはヒートガンなどで温めることで変色を直す方法です。
焙るに近い温度なのでドライヤーなどでは無理です。ヒートガンが無い時はカセットガスを使ったバーナーで焙っていました。ただしバーナーの場合は沸いてしまう(要するに溶けちゃう)事が無いように注意が必要です。
ヒートガンは最近は安くなったし、台所のお掃除の際などにも使えると思いますので一台あると便利ですよ。

オフロードバイク大試乗会 &/ エンデューロアカデミー エントリー開始

JEC-checker.gif
12月4日に成田モトクロスパークにて国内国外メーカーのオフロードバイクを一気に乗れる大試乗会が開催されます。
駐車場の関係でトランポ80台までが募集定員になります。可能な場合は乗り合いで参加されるとたくさんの方に試乗していただけると思います。昼には昨年も行ったエキシビジョンレースが開催される予定です。



昨年の様子はこちらをご覧ください。>>>

また前日の12月3日にはエンデューロアカデミーも開催されます。
講師は鈴木健二氏(YAMAHA)、釘村忠氏(HONDA)、渡會修也氏が予定されております。
基本的なマシン上でのポジショニングからジャンプの仕方や実践的なライン取りなどを丸一日みっちりと教えてくれます。
自我流で行き詰ってる方にお勧めしたいスクールです。

どちらもこちらからお申し込みください。(JEC-PROのサイト)>>>>

2017 FIRSTRACING LITE シリーズデリバリー開始!

6_20161021233213f23.jpg
着々とユーザーを増やしているFIRSTRACINGウェアの2017モデルが登場です!

私も本番レース用として利用していますが、動きやすさと造りの良さでとても気に入っています。
是非お試しください!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

チーズナッツハンティング レポート 月曜日分


チーズナッツハンティング 3日目 最終回です。

この日は雨は降らなかったのですが、前日までの雨で路面はしっとりぐっちゃり。

2016-10-10 (1)
朝一番で小松さんがブルで泥を掻きだしてくれました。
出店スペースまで長靴が無いと辿りつけない状況でしたので有りがたかったです。

2016-10-10 (3)
泥沼ってこういうの言うんだよねって感じ。
ちなみにパドックは水はけ良くてエントラントの方はそれほど苦労していなかったはずです。

2016-10-10 (2)
この日は天気も良くて、ツーリングはビッグオフとちょっとチャレンジ組みに分かれて、その他はチーズナッツパークで昨日の復習走行です。

2016-10-10 (4)
ビッグオフ組は三橋淳選手が先導で普通のツーリングに出かけて行きました。
チャレンジ組も爽やかな林道ツーリングだったようです。(私はこの日はお店を開いていたのでどちらにも参加していません)

2016-10-10 (5)
チーズナッツパーク居残り組みの中で有志でAD/TACスクールが行われました。
島根の琴引でのレースが終わってからすぐにこちらに移動してという強行軍でした。
有り難い事です。


そんなスクールの様子1


スクールの様子2


スクールの様子3


スクールの様子4

2016-10-10 (6)
こういう練習ってなかなか出来ないので有り難いですよね。
AD/TAC選手は教え方も上手いのでとてもためになります。

2016-10-10 (7)
という感じで盛りだくさんの3日間があっという間に終わってしまいました。

これから30周年40周年と続いて欲しいものです。

終わり。

チーズナッツハンティング レポート 日曜日分


翌日はリレー形式のレースがメインイベントです。
これは最低2人からなるチームでのリレーで順位を競います。
初心者交えてワイワイやりましょうよという主旨だったんですが…。
天候に勝てないという実にエンデューロらしい展開でした。

2016-10-09 (1)
予報も実際もコロコロ変わって一喜一憂したんですが、結局雨で始まるレースになりました。
とりあえず明け方まで雨でした。(涙)

2016-10-09 (2)
車検が始まる頃には雨も上がりました。
チームを組んでいても自分のマシンで出てよいので車検も相当な台数になりました。

2016-10-09 (3)
レース中の写真を撮ってくれるジャンキー稲垣氏
やっぱり綺麗な写真は有り難いですよね。

2016-10-09 (4)
6時間喋り続けるのはテッペーさん。
MCご苦労様です。相変わらずエントラント弄りに余念がありません。

2016-10-09 (5)
レース後のトークショーが予定されている三橋淳選手。

2016-10-09 (6)
勢いでこんなバイクでレースに出ることになりました。
彼があれだけ苦労しているのを初めて見ました。スクラッチマウンテンでもそこそこ困ってたようだけど、あれはKX-Fだったのと久しぶりすぎて勝手が分からなかったためでしょうし。

2016-10-09 (7)
ファーストレーシングの輸入元 タムレーシングさんも出店しています。
足元悪い上に田村さんも体調不良で厳しそうでした。




実際のレースはこんな感じで始まりました。
私は3人チームだったので最長2時間の受け持ちでしたからこの時点では着替えても居ません。(笑)

2016-10-09 (8)
予想通りドロドロです。
初心者呼んだチームの中には2~3時間帰ってこなかったライダーもいたようです。
流石チーズナッツです。
私もまた苦手な轍地獄に悩まされました。(でも最近多いので少し慣れてきました)

2016-10-09 (9)
今日もケータリングが行われました。
売り切れで帰られたので好評だったのかそもそも食材が少なかったのか。でも結構皆さん利用していましたよね。

2016-10-09 (10)
三橋選手も泥の中で悶え…じゃなくてスキルの高さを存分に発揮してくれました。
そもそも最初の大坂を登れる人ってこの人以外に居るんだろうかっていうコンディションでしたから。

2016-10-09 (11)
その他の出店はミシュランタイヤと

2016-10-09 (12)
南海部品福島店さんがいらしてました。お二方とも月曜も出店なさって色々特価品を販売してくれていました。
うちはこの日は出店せずに遊ぶだけ遊ばせていただきました。すみません。_(_^_)_

2016-10-09 (13)
走り終わったらチーズナッツ名物らしいとん汁に、MOTREKさんが振舞ってくれたカツオの刺身と叩きで舌鼓を打ちました。
カツオはその場で捌いたそうです。凄い。

2016-10-09 (14)
トークショーの間皆さん思い思いの宴会を開いていました。
なんかもう何がなにやら。(笑)
レース後の宴会って予想通り楽しかったです。

2016-10-09 (15)
チーズナッツ20周年のお祝いとしてケーキが用意されていました。
小松さんと奥様を中心に記念撮影。
小松さんとスタッフのお陰で今日も楽しい時間が過ぎていきました。

2016-10-09 (16)
翌日はツーリングとフリーライディングのみなので宴は深夜まで続きました。
近所迷惑を気にしなくて良い場所なのでどんちゃんやってましたね。
翌日は少し二日酔いでした、私。

3日目につづく(か?)

本日一杯です!

pgcampaign.jpg
先週から行っているプログリップのセールは本日一杯で一旦終了です。
お陰さまで完売してしまった色も出てきています。迷っている方はお早めに!

プログリップは曇りに強いレンズが特徴です。汗かきの私がここ一番で信頼しているのはプログリップのダブルレンズです。
ただ薬剤の影響で曇りを防止しているので経年劣化で曇りやすくなりますから、傷が多くなったり曇りやすくなったと感じたら即座の交換することをお勧めします。古いレンズは練習用に回すのが良いでしょう。
そういった際にフレームの柔軟性が高くてレンズ交換が楽なのもプログリップの有り難いところです。

プログリップゴーグルのセールについてはこちらをご覧ください。>>>

スペアレンズなどはこちらにご用意しています。>>>

SUGO 2DAYS ENDUROのエントリー受付が開始されました。



11月18日から20日に行われるSUGO 2DAYS ENDUROの全日本クラスの受付が開始されました。

詳しくはこちらをご覧ください。(スポーツランドSUGOのサイト)>>>

全日本クラスは本日から10月31日まで、承認クラスは11月3日から7日までとなっております。

全日本クラスのWEBエントリーはこちらです。>>>

日高の広大な土地も魅力ですが、菅生の山を存分に使用したコースはチャレンジングで走行後の満足感は格別です。

今年も私は参戦予定なので出店はしないつもりです。
必要なものは早めに手配をしましょう。

参戦マニュアルはこちらにあります。(スポーツランドSUGOのサイト内)>>>

チーズナッツハンティング レポート 土曜日分

10月8日から10日の3日間、福島のチーズナッツパークにて行われたチーズナッツハンティングにて出店と参加をさせていただきました。
これは20周年を迎えるチーズナッツパークの記念イベントです。

土曜は昼くらいからフリー走行、日曜はレースとトークショーやじゃんけん大会を、月曜は林道ツーリングやフリー走行に急遽行われることになったAD/TACハードエンデューロスクールなど盛りだくさんです。

ただ天候が…。

2016-10-08 (1)
私は金曜の夜から移動を始めました。
白河辺りからの下道を移動している最中にふと昔鹿を轢いたのを思い出してトラックを楯代わりにしてコバンザメ走行を続けます。

いやな予感が当ったのか出来立ての動物との接触事故現場に遭遇したりしつつ…。

2016-10-08 (2)
夜中の2時に現地着。
なんともう数名テントを張っていて驚きました。

2016-10-08 (3)
翌朝は生憎のお天気です。
テント張って荷物を下ろしている最中に降り始めました。
お隣はBONSAI MOTOさん。

2016-10-08 (4)
すでにKTMとアフリカツインも展示しています。
本当はアフリカツインの試乗会も企画されていたのですが、この天候では危険とのことで中止になりました。
残念。

2016-10-08 (5)
三橋淳選手のパリダカマシン。
今年のではなく四輪転向前のHONDAです。

直して乗れるようにしたいって言っていましたが、引き受けてくれるところがないとか。
そろそろ直さないと部品供給が不安になりますからね。(一部ワンオフってのが面倒な理由の一つかも)

2016-10-08 (6)
ロールマップも当時のまま。
アフリカを走ったバイクなんですよね。しみじみ。

2016-10-08 (7)
メインスポンサーのモトレックさんの車輌にデカールを貼るデカール屋さん。
出張作業をよく拝見しますが、雨の中での貼り付けは結構泣ける作業のようです。

2016-10-08 (8)
泣けるといえばBONSAIさんはお客様の車輌を雨の中修理中。
ハンドル曲がってたりグリップ切れてたりハンドガードがなくなっていたりとボロボロでした。
雨の中でグリップの交換はするもんじゃないと言ってました。お疲れ様です。

2016-10-08 (10)
シェルコの試乗会も行っていましたがこういった天候の時に乗りやすさが分かるんじゃないですかね。

2016-10-08 (11)
2017モデルです。カッコいいし軽くてよいです。
乗ると欲しくなるので今回は乗りませんでした。(苦笑)

2016-10-08 (12)
三日間はこのようなスケジュールで進行します。
土曜はレース参加者が練習走行出来る日なのですが、雨なので走っていたのは数名でした。
もっとも雨が降っている中でも数名は真剣に走っていて驚きました。
振り返ると私も少し練習した方が良かったかなぁと思いました。(結局走らず)

2016-10-08 (13)
でも時折止んで晴れ間も見えたりと「女心と秋の空」を具現したような天気でした。

2016-10-08 (14)
夜は定番の大宴会。
色々な所で楽しいお話をたくさんさせていただきました。
途中から明日はレース参戦というのを忘れてました。(マジで)

ということで日曜のレポートは次回につづく

12月3日と4日は成田MXPで楽しみましょう!

成田モトクロスパークにて12月3日(土曜)にエンデューロアカデミーが、翌日4日(日曜)は2017モデル オフロードバイク大試乗会が行われます。

エンデューロアカデミーは元々エンデューロライダーがモトクロスセクションを苦手とすることから始められたスクールで、より上位を狙うライダーのためにジャンプなどに的を絞って徹底的に鍛えてくれます。
我流で乗っていてどうも上手くいかないなんて方も是非受けてみてください。
私も何度か受講していますが、基本的な乗り方からレクチャーしてくれるのでとても為になっています。

受付は10月19日20:00からです。
詳しくはこちらをご覧ください。(JEC-PROのサイトに移動します)>>>

TESTRIDE.jpg

翌日は大試乗会です。
HONDA HUSQVARNA KAWASAKI KTM TM RACING YAMAHA BETA(調整中) SHERCO(調整中)と様々なマシンを試乗することが出来ます。
試乗会の合間に昨年好評だったエキジビションレースも行う予定です。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

エムシーギアはまだ出店するか決まっていませんが、はっきりし次第ご案内いたします。

プログリップゴーグルお勧めセール開催

レース会場でゴーグルの話をさせていただいた方は気が付いてらっしゃると思いますが、プログリップと100%のゴーグルを熱愛していてどっちが良いって言われても返答に窮する状態になっています。実際レースでも交互に使っています。

ただ汗かきの私は雨天時にはプログリップしか使いません。なぜならロールオフ付きゴーグルにダブルレンズを組み合わせる事が出来るからです。これは非常に大事なことで、今まで何度か(一部には雨男扱いする人もいたりするくらい)雨の中を走ったのですが、最後までゴーグルを外さないために必要な組み合わせだからです。

ところがその絶大な信頼を置いているプログリップが最近値上げをしてしまいました。
それでもまだ性能を考えると納得の価格なのですが、全体的に動きが鈍くなったのは否めません。

良いゴーグルなのになぁ…。
一ファンとしてちょっと残念な気持ちで一杯でした。
そんな話を輸入元さんとしていたんですが、そちらも結構ギリギリの価格設定のようで定価も卸値も変える余裕がないそうです。

では良い物を少しでも多くの人に知ってもらおうという事で期間限定ではありますが独自にプログリップゴーグルの一部を値下げして御提供させていただくことにしました。

詳しくは赤札のページをご覧ください。>>>
期間は10月18日までとなっております。


3301_tana[1]

このPG3301が4,498円(税込)になります。
その他は上記のページをご覧ください。
宜しくお願い致します。

東日本エンデューロ選手権 福島2DAYS

先週の10月1-2日は福島県のチーズナッツパークにて行われた東日本エンデューロ選手権にお邪魔しました。
全日本エンデューロ選手権に対して地方戦と呼ばれる位置づけで、IAは招待でIB以下が昇格を目指して戦うレースです。
また昇格を争う公認クラス以外に承認クラスのレースも同時に行われます。

また福島2DAYSは他のMFJエンデューロと異なって土曜にクロスカントリー形式のレースを、日曜には他と同様にオンタイム制エンデューロを行う、それぞれ独立したレースで構成されています。
そのためどちらか一日だけの参加も可能です。

2016-10-01 (1)
土曜のクロスカントリーレースは午後から開催のために午前中はゆるゆると下見をしたりしていました。
天候もよく絶好のエンデューロ日和です。
前夜降った雨で路面はそこそこ湿っていて楽しいレースが期待されます。

2016-10-01 (2)
エムシーギアは土曜は全力出店し、日曜は店長が参戦のために閉店しておりました。
ご利用いただいた皆様ありがとうございました!
今回も結構忘れ物をしたという方の手助けを出来たと思います。
なんて言っていたら予備のウエア一式忘れて来てしまった店長でした。本番用は積みっ放しだったので支障はなかったのですが、久しぶりの忘れ物にちょっと焦りました。

2016-10-01 (3)
午後のクロスカントリーレース。
日曜に比べると少し少なかったようですが、それでも熱戦が繰り広げられました。
それに昨年よりは多くなって地方戦での昇格を狙っているライダーが多くなったのかなと思わされました。

2016-10-01 (4)
夜は和田屋SRCさんのパドックで宴会に混ぜてもらい翌日のレースに向けて英気を養います。
店長の和田さんはIB目指して頑張っていますが、毎年伏兵が出てきて頭を悩ませています。
ここ数年のMFJエンデューロの盛り上がりで参加人数も多くなったためにナショナルクラスは結構熾烈な戦いになっているようです。(昨年私もナショナルで出ましたけど速い人と私みたいなのが混走なので大変でした)

2016-10-01 (5)
日曜のオンタイムエンデューロは朝が早いので早めに寝ることに。
JNCCなどと違って皆さん早めに就寝したようです。

2016-10-02 (1)
翌日も天気がよく絶好のエンデューロ日和です。
昨日のコースより難易度の高いルート(移動区間)が設けられ、タイムを計るテスト区間はクロスカントリーで使ったコースの逆周りになっていたそうです。

2016-10-02 (2)
朝が早いといっても8:30から受付車検なのでゆるゆる進行します。
パルクフェルメは無いのでレース直前まで整備やセッティングに時間を使えました。私はエア圧弄る程度でしたけど。

2016-10-02 (3)
昨年はちょっと緩めで楽しく走れたものですから舐めて掛かっていたのを1周目に痛感しました。
路面コンディションが微妙だったせいもあって、1周目から大渋滞にあってしまい1時間近く掛かってしまいました。
このレースは4時間の持ち時間があり、その中で私の出た承認クラスは8周すればよいことになっています。平均すると1周30分で帰って来なければならないのですが、すでに30分予定より遅れている計算です。ちなみにゴール時間にだけ遅れなければペナルティー無しなので残り7周を全力で回ればよいことになっています。が、2周目も同じところの渋滞にはまってしまい、もう持ち時間使い切る勢いです。そこで緊張の糸が切れてツーリングモードに。テスト区間は邪魔になるといけないので真剣に走りますが、もう完走するのは絶望的でした。(しかしその後渋滞を理由に規定周回が1周減算になったんですが、その時点で1周減算でも間に合わないくらい休んじゃってました。ちゃんちゃん。)

2016-10-02 (4)
そんな中でもしっかりと周回して尚且つ余裕があるのでパンクしたのを機にタイヤ交換までしてしまう和田屋店長みたいな人もいます。こういうガッツのある人には昇格して欲しいもんです。

2016-10-02 (5)
そんな感じでDNFでした。色々反省しきりです。
スタッフの皆様、それに遊んでくれた和田屋SRCのチーム員、それにお店にお越しいただいた皆様ありがとうございました。

翌週は同じチーズナッツパークで行われるチーズナッツハンティングに参加します。(というかこれを書いている時点で参加した後なんですが)
そのレポートはまたの機会に。

GARRRR 11月号にてTSKレバーが紹介されました。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2016-10-07 Fri 18:40:42
  • 工具
2016-10-07 18.17.16
10月6日発売の月刊GARRRR 11月号にてタイヤレバー特集があり、その中で東洋精器工業(T.S.K.)タイヤレバーを紹介していただいております。
このレバーは基本的にプロ仕様のためにあまり販売しているところがありません。そのためだと思うのですが、問い合わせ先として当店を御紹介いただいております。

この中でテストをした渡辺氏、手塚氏から高評価をいただいておりますが、それもそのはずプロからの意見を元にして作られているからです。
メッキにすればもっと良いというお話もいただいていますが、ツールの場合は手に馴染むようにという配慮から敢えて滑りやすいメッキにしていないのだと思います。そのため先端を磨くプロメカニックも居ますので参考にしてください。

またこのレバーの良い所に感度の良さも上げていただいていますが、私の経験から言わせていただくとレバー自体のしなりが関係しているのではないかと思います。素材が硬すぎるとレバーが何処に当っているのかという感覚が掴みづらい気がします。その点T.S.K.は適度なしなりでそれが掴みやすいのでしょう。
それは全て冷間鍛造という手間を描けた製法によるところが大きいと思います。

T.S.K.タイヤレバーについてはこちらをご覧ください。>>>

ジミーテック カーボンライトシェルKTM用

2017モデルのデリバリーが開始されて中にはフルモデルチェンジされて(用品販売店的表現)パーツの互換が無くなったりとお仕事的にも色々忙しい時期になっています。
中でもライトシェルを提供してくれているジミーテックさんとは同じ性ってこともあって色々親密に話をさせていただいているんですが、ユーザーの多いKTM/HUSQ系のパーツには頭を悩まされています。HUSQは17モデルでライト周りも一新されたので諦めて新しいのを作るしかないんですが、KTMは現場で見ても同一のようなのに部品品番が違うという悩ましい状態でした。(展示車の品番控えると言う涙ぐましい努力もありました)

2016-10-06 19.52.34
そんな状況だったんですが、納車ほやほやの車輌をわざわざ持ってきてくれて現物あわせしてくれるユーザーの方がいました。
早速合わせてみると、ほ~ら14モデル以降用のライトシェルが17モデルにもばっちり!
なんで品番が違ったのか謎が深まるくらいにぴったりでした。

海外ではほとんど見かけないライトシェルですが、クローズドコースでは高価なライトユニットを破損させないようにライトシェルに交換するのをお勧めします。
え?!モトクロサー系のゼッケンにすれば安くて良いんじゃないって?
それも格好良いんですが、エンデューロテイストを楽しむにはこういったライトカウルも一興なんですよね。

ちなみに私もジミーテックのライトシェルを愛用しているんですが、ライトカウルが破損してもカーボンライトシェルは無傷なのでコスパ高いです。(実際カウル破損したばかりなので涙目)

くわしくはこちらをご覧ください。>>>
KTM用は欠品しちゃいましたが、通常半月ほどで納品しております。

今週末はMOTREK PRESENTS CHEESENUTS HUNTING

今年20周年を迎えるチーズナッツパークの記念イベントであるMOTREK PRESENTS CHEESENUTS HUNTINGにて出店させていただきます。
開催日初日の8日(土曜)から三日間 福島県耶麻郡猪苗代町若宮姥懐にあるチーズナッツパークに缶詰です。

当初レースには出ないはずだったんですが、楽しそうな会話を聞いたり見たりしているうちにうずうずしてチームを組むことになりました。勝ち負けに拘らず初心者誘って楽しさを伝えられるイベントにしたいという甘言(?)に乗ったんですが、ふたを開けたら結構真剣に走ろうとしている人がちらほら。
もっとも話によるとレース前夜の飲み会も面白いんだけど、レース後に酒を酌み交わしたらもっと面白いよねという酒飲みらしい発想も絡んでいるとか。私は後者のくちなのでゆるゆる楽しませていただきます。

ということで土曜と月曜は基本的には出店ブースに張り付いていますが、日曜は留守がちになりますのでご容赦くださいませ。
他にもうちの仕入先でもあるBONSAIさんや地元の南海部品さんなどたくさんいらっしゃるようなので楽しみにしてください。

事前にご予約をいただければ取り置きも致しますのでお気軽にどうぞ。

では参加者の皆様宜しくお願い致します!

c-n-p_hunt[1]

転ばぬ先の杖

  • Posted by: MC GEAR
  • 2016-10-05 Wed 10:29:45
  • ガード
先日参戦させていただいたWEX-E GAIAでジュラシックパークというセクション内にあった岩に負けてクラッチカバーに穴を開けちゃいました。
私が以前所有していた150SXには前オーナーがカーボンカバーをしつらえてくれていたので今まで気にしなかったけど、KTMの場合はアンダーガードとブレーキペダルの間が結構擦りやすい場所なんですよね。

という事で4MXのカバーを装着予定です。
しかしKTMってこの部分がタイトなので若干削らないと入らないような気がします。レース直前だと苦労しそうなので余裕を持ってお買い求めください。

2016-09-30 12.34.24

4MXのクラッチカバーについて詳しくはこちらをご覧ください。>>>

JNCC・AAGPエントリー開始!

22768835560_8cdd8c58c5_o.jpg
JNCC 最終戦・AAGP.爺ケ岳/.国際大会 ファンクラスとキッズアンドトライクラスのエントリー受付が開始されました!
コンプクラスは明日からです。

詳しくはこちらをご覧ください。(JNCCのサイト)>>>

早いものでもう最終戦です。
AA1クラスポイントリーダーの小池田猛選手と二位の斉木達也選手の差は190ポイント。
小池田選手がリタイヤでもしない限り最終戦で引っくり返すのは難しい状況になっています。
でも何が起こるか分からない爺が岳ですから手に汗握って応援しましょう!

また土曜日は選抜ワイルドクロス(地区別チームリレー)も行われます。
二日間満喫しましょう!!

エムシーギアはもちろん伺う予定です。

もはや必需品と言っても過言ではない…。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2016-10-03 Mon 23:55:58
  • ガード
言わなくても皆さんご存知の通り最近ヤマハの快進撃が止まりません。
YZ-FXが出た時はヤマハ凄い!エンデューロ専用マシンなんて久しぶりだし、こんなに攻め込んだのは初めてなんじゃないか?って興奮したものですが、250X、125Xと毎年リリースされてエンデューロマシンのメーカーとして国内唯一といっていいほどの豊富なラインナップでライダーの心を鷲掴みにしています。

零細オフロード用品屋としては毎年新車のデリバリーが始まると色々とパーツの問い合わせも来るんですが、残念ながら外車の場合はそこら辺の囲い込みをシビアなのでメーカー純正パーツでほとんどまかなえるんですよね。なので数年前までデリバリーって何?美味しいの?ってくらいフラットな盛り上がり(盛り上がってないじゃん)でした。

ところがヤマハさんはあまりそこら辺が充実してなくてアフターパーツの問い合わせも多いんですよね。(ほくほく)
そんな中で主義主張を別にして必ず押さえて欲しいのがこれです。

bottom_g01[1]
■マシンファクトリー フェアル製 フォークボトムガード(ED用) ※リンク先は当店の商品紹介です。>>>

アンダーガードやラジエーターガードなど色々なメーカーで作ってますが、このパーツは他では見ないのにとても重要なんですよね。
何しろこの部分って肉厚が薄くてガレ場の多いコースなどで少し強く打ち付けると歪んでサスペンションの整備が大変になるんです。具体的にはボトムのキャップが外れなくなって削らなければならなくなります。
それを未然に防ぐのがこのフォークボトムガードです。
精度が良いので新車からの取り付けが推奨されています。歪んでると取り付けできないくらいタイトな設計です。
そんな設計なので強く打ってもその打撃力を分散してサスペンション本体にダメージを与えません。

17モデルにも実際に装着してみて適応するのを確認しています。
転ばぬ先の杖としてYZ系ユーザーに強くお勧めします!
現在ブラックとブルーは即納です!!

Index of all entries

Home > 2016年10月


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top