Home > 2015年09月

2015年09月 Archive

隅々まで綺麗に。

日高から帰ってきてやっとマシンを洗いました。
ある程度は洗っておいたんですが、何処に入っていたんだってくらい泥が出てきました。
それと草がいっぱい。牧草地帯で随分転んだからな~。(半泣)

と折角綺麗にしたんだからとエアクリーナーボックスの中も清掃することにしました。

2015-09-30 (2)
エアクリーナーエレメントの代わりにZAP TECHNIXの蓋をして洗います。
高圧洗車機でざっと洗ったのが上の画像です。
まだフィルターオイルがスラッジ化してこびりついてます。
もう爪で引っ掻かないと取れないくらいなので使用には問題ないんですが、気持ちよくするために洗剤使います。

2015-09-30 (1)
No-Toilのフィルタークリーナーをボトルに入れて溶かし、クリーナーボックス内に吹きかけます。
もうスラッジ化しているのでブラシで擦ります。要らなくなった歯ブラシが最適です。
今回ちょっと小さめの洗車ブラシだったので届かない場所が出てしまいました。折角やったのにちょっと残念です。

2015-09-30 (3)
そのあと水で流すとこんなに綺麗に。
ブラシが届かなかったところに少し汚れが残ってますが他は驚くほど綺麗になりました。

ちなみにクリーナーをスプレーボトルに入れておくとエレメント交換の時に手を汚してもこれで綺麗に出来ます。
クリーナー自体は無害なので手を洗う時は洗面所で流して大丈夫です。

なお、No-ToilのクリーナーはNo-Toilのオイルには最適ですが、鉱物系のオイルには全く効果がありません。
利用時はご注意ください。

No-Toilについてはこちらをご覧ください。>>>

目は本当に大事ですよ。

2015-09-16 19.13.33
日高前に色々準備をしたのですが、現地で一番助かったのは実はこれでした。

昔ゴーグルはその日の状況に合わせて朝セットすれば良いやくらいに思っていたので2セットくらいしか持ってませんでした。1セットの時もあったな。
でも急変する天候に合わせて朝アタフタするより予めセットしたゴーグルを複数持つ余裕は何ごとにも代えがたかったです。

もちろんオンタイムエンデューロのように毎周パドックに戻ってくる場合はその都度綺麗なゴーグルに替えられるというのも有り難いことです。

今は安いゴーグルも多いから、複数持つのは超お勧めですね。
ただレンズだけは良いものを使わないと曇ったり像が歪んだりと意味の無い状況になってしまいます。
雨が予想される場合はちょっと高くてもダブルレンズをメインにしてロールオフを複数用意するなど、天候が良い場合はスモークやブルーを混ぜて視界を確保するなど色々考えるのも楽しいものです。

レンズのバリエーションと曇り止めの秀逸さではプログリップと100%は自信をもってお勧めできます。
曇りやすくて困っている人はSCOTTのFOG FANなんてのも最終兵器としてお勧めです。

困ってる人は是非ご相談ください。

ゴーグルカテゴリーTOPはこちら>>>

JNCCシーサイドバレー

今月はJNCCが二回もあるという珍しい月でした。
個人的にJEC日高参戦という一大イベントもあったためにまだ業務が混乱しておりますがJNCCだけは外せないということで行ってまいりました。
業務が落着いたらレポートもアップしたいと思いますが、行った事の有る方ならご存知の通り出店エリアとレースエリアが離れすぎててただの飲み会レポートになってしまいそうです。(苦笑)

2015-09-27 16.21.56
まだ1戦残した状態でAA2のチャンピオンを決めた石戸谷蓮選手
ホッテストアワードでみんなの祝福を受けています。(笑)
石戸谷選手おめでとうございます!

悲願達成 でも惨敗です。(笑)

昨晩遅くにHTDEから戻りました。
昨年のこの大会終了後に次回の日高大会には行くと宣言してからやっと目的完遂です。
本当は日高は隔年開催と聞いていたので来年の予定だったのを色々前倒しにしての遠征でした。

マシンの手配や、そのマシンに慣れることから始まってセッティングやタイヤのチョイス、そして費用面で厳しいので同行者を探したりと慌しい一年でした。宿やフェリーの手配は他人任せでしたが初めてづくしのために他にも色々と聞いて回ったりしてやっとスタートラインに立てました。諸先輩方にはスタートラインに並べれば日高は7割方終わったようなものだと言われるほど事前の準備に手間が掛かる大会です。

そんな思いが詰まっているのでさらっと一日でご紹介するのは無理そうです。
JNCCほうのきのパドックレポートなどもまだ手付かずなので追々日高の面白さをお伝えしたいと思っております。

まずはこの間ご迷惑をお掛けした(している方もまだたくさん)ご利用者の皆様にお礼とお詫びを申し上げたいと思います。
ありがとうございます。

12046580_10206197378026620_7612018926160169337_n.jpg

明後日通常営業再開します。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2015-09-22 Tue 19:08:51
  • 未分類


ただいま帰路についております。
明後日より通常営業を再開しますのでもう少々お待ちください。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

明日から日高遠征です。

明日17日から23日まで全日本エンデューロの日高大会に参戦するために発送業務が滞ります。
夏休み以外で1週間も発送が出来ないのは初めてなんですが、エンデューロフリークとして体験しないと話しにならないと思っての参戦です。成績二の次で楽しんでまいります。

その間ご不便をお掛けいたしますがご容赦ください。

14htde_0496.jpg

JEC-Lites長和大会参戦記

※9/16改訂

またまた間があいてしまいましたが、8月23日の長野県の長和の森にて行われた JEC-Lites 長和の森大会に参加してきました。
ちょっと事情があって今回は土曜に行われたアカデミーには申し込んだんですが参加しませんでした。
アカデミーは鈴木健二校長を筆頭に釘村忠選手や渡会ノブヤ選手など蒼々たるメンバーにみっちり教えてもらって良かったよ~と参加者から羨ましが らせる発言を耳にタコが出来るほど聞かされて地団駄踏んでました。
来年もアカデミーからは目が離せませんね。

2015-08-23 (1)
という事でLites当日の朝
まずはパルクフェルメにマシンを入れてからレースが始まります。
オンタイム制(タイムキーピング制)はスタートしてルートを1周する間に行うテストの合計タイムで優劣をつけます。
基本的にマシンを整備するエリアは決まっているのと、ライダー以外が弄ってはいけないのでマシンの整備スキルも試されるレースです。
私は以前舞い上がりすぎてパルクフェルメに入れる前にガソリン補給をするのを忘れてしまい冷や冷やして1周した経験があります。
基本的にワークエリアやパドック以外では給油出来ないので要注意です。

2015-08-23 (2)
当日はこんなお天気。
以前大雨の時にここでレースをしましたが、それはもう筆舌に尽くせない状況でした。
セクション的には途中で降ったら結構ヤバイ事になってたはずです。

雨が降らないことを願ってブリーフィングに入ります。

2015-08-23 (3)
簡単に競技のシステムと注意点を説明してくれます。
昨年から何度か出ているのでルール自体は分かりますが、会場によって独自のルールがあったりするのでブリーフィングには絶対出ないといけません。
大会ごとの特別ルールも規則書になっているんですが解釈についての質問も出来ます。

2015-08-23 (4)
A Bクラスはこんな場所もタイムを計るテスト区間内にあります。
ワンミスで凄いタイムロスになるのでびびりながら下見しています。

2015-08-23 (6)
朝一はCとWクラスのレースが始まります。
A Bクラスとコースが若干異なる上に周回数も異なります。よりイージーになっていますがオンタイム制の醍醐味は充分に堪能できます。

2015-08-23 (13)
C W クラスが終了すると次はA Bクラスが始まります。
3台が一度にスタートして決められたルートを一周する間に1箇所のテスト区間があり、その合計タイムで勝敗を決します。
真ん中が私。左右は女性ですが、右は2位になった島崎選手。左はMXライダーの近藤選手です。どちらも凄く速いので萎縮してます。(笑)

DSC_0702.jpg
今回はスタート直後にテスト区間があります。
基本的に渋滞したりしてテストタイムに影響が出ないようにある程度の間隔をあけて1台ずつスタートします。

スタートラインに入る前に並ぶのですが、自分より圧倒的に速い人の後につくとクリアラップが取れるので、速い人が後にいたらどんどん順番を譲ります。
ただ割り込みは厳禁。この時点で少し頭を使います。今回IAクラスの人が章典外で出ているのでそこら辺を狙って入りました。

2015-08-23 (14)
テスト区間にはこんなロックセクションまで作ってくれてライダーを苦しめます。
ゆっくり行くとハンドル取られるし、早く行こうとするとバランスを崩しやすいいやらしい設定でした。
もっともここ以外はモトクロスコースがメインなのでこれが無いとEDライダーには厳しいと思いました。

DSC_0706.jpg
テストが終わってほっとしているところ。
ここを過ぎると自分のタイムが掲示されていますのでチェックして反省します。

なかなかタイムが縮まらないので色々試してみました。16周もするので本当に色々やりました。
モトクロスコースがメインなのでバンクへの進入速度を頑張って上げたり(元々遅いので結構安全)、1速上のギアで伸びを出すようにしたり、ラインをちょっとずつ変えたり。
でもこれがなかなか縮まらないんですよね。

DSC_0594.jpg
テストが終わるとルートを走ってパドックに戻ります。
ここは走り応えのあるコースで体力を徐々に削っていきます。タイムは計らないのですが、途中でタイムチェックをしますのでゆっくりはしていられません。
またここをダラダラ走るとテスト区間で最初から飛ばすことが出来ないのでリズムを保って走る必要があります。

特にA Bクラスは5段ヒルと称されるセクションがあって迂回路もそこそこの難易度でした。一度止まっちゃうと浮石に足をすくわれて再発進に苦労するんですが、そこをリズム良く抜けられると体力の温存も出来ますし全体のリズムも整ってテストのタイムも良かったようです。この競技はもう何度かこなしているんですが、全体のリズムって結構重要だと思います。いきなり練習時より速くコーナーを抜けたり、飛べなかったジャンプが飛べるようになるわけないのでミスをせず実力の最大限を保つ乗り方がリズム良くって事なんだと思います。

2015-08-23 (8)
これがタイムチェックのカードです。
1時間に4周する必要があり、その指定時間ぴったりにチェックを受けないといけません。
連続して走ってもいいのですが、このチェックだけは指定時間を守らないといけないのでパドックでゆっくりすることが出来ました。
雨が降ったら厳しかったでしょうね。

しかし4時間で16周ですから結構なボリュームです。

2015-08-23 (15)
それが終わるとファイナルクロスが始まります。
少し短めのモトクロスコースで同じクラスのライダーとタイムを競います。

これもテストタイムに加算されますので、ライバルとのタイム差も考えて走らなければなりません。
前の人をここで逆転するというポジティブな人から、私のように後の人に抜かれないようにするというネガティブな戦法を取る人もいます。(笑)

基本的にはモトクロス練習をしている人には全く歯が立ちません。私も少ししないとな~といつも思います。

2015-08-23 (10)
で結果はBクラス5位でした。表彰台は遠いです。
それでも昔に比べるとドライでも入賞できるようになったので多少は進歩しているようです。半世紀生きてますがまだまだ頑張ります。

2015-08-23 (11)
章典外のIAライダー達も表彰されていました。
本場のシャンパンシャワーはこうやるんだ!って感じで釘村選手の洗礼を受けるMC楽さん。

2015-08-23 (12)  
JNCC系のようなクロスカントリーも楽しいのですが、JEC系も緩急がはっきりしていてゲームとしての楽しさがあります。
機会があれば是非参加してみてください。

秋のお休み

MFJ 全日本エンデューロ選手権 HIDAKA THREE DAYS ENDURO参戦のため9月17日(木)から23日(水)の1週間お休みをいただきます。
そしてその週末26-27日は新潟県糸魚川市で行われるJNCCシーサイドバレー糸魚川にて出店いたします。

この間ご注文は承りますが出荷が出来ません。ご迷惑をお掛けいたしますが宜しくお願い致します。

NML7392-1024x682_20150911205020385.jpg

FUKUSHIMA 2デイズ 受付してます!(汗)

ここのところイベントが目白押しでてっきりもうご紹介したと思い込んでいたMFJ東日本エンデューロの受付が開始されています。

■2015MFJ東日本エンデューロ選手権 第3戦 R3/4 FUKUSHIMA 2デイズ
開催日 10月17日(土曜) 10月18日(日)
場所   福島県 チーズナッツパーク

前週に行われるLites軽井沢大会と同じく1日目はクロスカントリー(ヨーイドン)で2日目はオンタイム(テスト区間のタイム合計)で競い合います。どちらも独立したレースなのでどちらか一方に参戦する事も可能です。

舞台となるチーズナッツパークは山の斜面を利用したコースで、要所要所に難易度の高いセクションを配する事が出来るようになっています。そのレースの性格によって難所系でもハイスピード系でもレイアウト出来る懐の深さをもっていますが、基本的には難しいコースだと思って間違えないです。

山奥なのに比較的コンビニなども近いという絶好のロケーションなのでキャンプがてら2日間楽しんじゃいましょう!
ちなみに歩いていける(頑張れば)距離に美味しい蕎麦屋があるので一日は観戦&蕎麦っていうプランもありです。

詳しくはJEC-PROのサイト>>>>>

もしくはチーズナッツパークのサイトをご覧ください。>>>>

2015east_logo.jpg

今頃栗子。

 うかうかしている間に1ヶ月近く前になってしまいましたが、お盆休み中に山形の栗子国際スキー場で行われたWEX栗子国際にお邪魔して来ました。
お盆は結構良い天気だったんですが、この大会はちょっと微妙な天気予報でした。

私は遊びに出掛けた長野から山形までドライブがてら下道で行ったんですが、ナビに従って行ったら奥只見を通る景観の良い道を案内してくれて本当にドライブを楽しみました。
まぁ、そんな事はどうでも良いんですが、そんな感じで土曜の正午近くに現地入りしました。

2015-08-15 (1)
会場ではKTM/HUSQVERNAのスタッフの方がテントを設営している最中でした。
他の出店者はもう準備万端です。WEXでは珍しいくらい盛況でしたね。

2015-08-15 (2)
16モデルがもう試乗出来ました。(私は乗らなかったけど、毎年乗りやすくなるんですよねという感想をお聞きしました。

2015-08-15 (3)
予報を裏切る感じで天候も良く、アドレナクリフも嬉しそうです。
しかし凄い斜度だな~。実は横から見るとそうでも無いんです。上に行くに従って狭くなるために視覚的に斜度がきつく見えるんだとか。
でも30度以上ありますから難しいのは確かです。

2015-08-16 (1)
神奈川のウブカタジャパンさんのお客様も自走で参戦してくれていました。
こういった気楽さがWEXの良いところなんですが、後述しますが自走の方にはちょっとハードな展開になってしまいました。
もっともトランポに積んできても心折れる状況だったようですが。

2015-08-16 (2)
お盆中の開催とあって他の大会に比べると少なめの参加かとおもいきや、そこそこのエントリーがあったようです。
WEXでも爺が岳は異常なんですよね。(500台越え)


90Aクラスのスタートです。
エンジン掛からなくて困ってる人がいました。


90Bのスタートです。


90Cのスタート。
アスファルトスタートって一コーナーが鬼門ですよね。見ていてはらはらします。


アドレナクリフアタック

2015-08-16 (3)
アドレナクリフを下から見た様子。
途中に岩盤があって結構厳しいようです。

2015-08-16 (4) 
中には心が折れてチェッカー待ちの方も出る始末。
このアドレナクリフよりも奥のセクションが難所だったそうです。
ツルツルの下りがあったそうな。大排気量車には厳しいですね。
 
2015-08-16 (6)
日曜の昼には試乗会も催されました。
2016モデルの試乗です!

2015-08-16 (9)
もちろん出たばかりのYZ250X(2st)も内山裕太郎選手が持ってきてくれて試乗出来ました。
これ本当に評判いいですね。

2015-08-16 (8)
いつもの高嶋さんがマッサージに来てくれていました。
同じ山形でもここは結構遠かったとか。
いつもお世話様です。

2015-08-16 (10)
120クラスも盛況です。


120Aのスタート


120Bのスタート


120Cのスタート

今思うとこの時はあんなことになるなんて思ってなかったはず。南無。

2015-08-16 (11)
JNCCのファンクラスでは超有名人の山本正選手がハンデ戦で参戦です。
10分だったかな?レースの長さを考えると結構なハンデです。

2015-08-16 (12)
このレースの途中でなんと大雨に…。
これは辛そうだな~。

2015-08-16 (13)
と思っていたらやっぱり今まで登れていた人もアドレナクリフが登れなくなってきました。

2015-08-16 (14)
だんだん帰ってくる人も減ってきたんですが、そんな中山本選手にL1が二回出されるというアクシデントが。
いえ、別にアクシデントじゃないんですが、L1が出た後に先頭の選手を抜いちゃったので2回だされたようです。
それくらい荒れたレースでした。
みなさんお疲れさまでした~!

今年の爺が岳は…

  • Posted by: MC GEAR
  • 2015-09-08 Tue 23:09:35
  • 未分類
昨年は石井正美選手やちゃねスポーツさんが独自の走行会を催した爺が岳スキー場ですが、今年はJNCC主催のGライドという走行会のみになりました。今年もJNCCは忙しいので管理仕切れないという判断なのかも知れません。ちょっと残念ですけど仕方が無いです。

そのGライドの受付が開始されました。
JNCC/WEXと違って募集人員の記載が無いのですぐに締め切ることは無いと思いますが、あまり集まりすぎるとパドックの問題も出てきますから締め切られる可能性もあります。お申し込みはお早めに!

また同日STEER -XCスクールというエンデューロのスクールも開催されます。講師は今のところ鈴木健二選手と渡辺学選手が決まっています。
私も昨年受講したのですが、ガレ場の走り方などとてもためになるスクールでした。今でもあの時の内容を噛み締めながら走っています。こちらは是非受けていただきたいスクールです。

詳しくはJNCCのサイトをご覧ください。>>>>

aagpja6.jpg

Lites初開催の軽井沢は2度美味しいイベントです。

個人的には今月開催の日高に神経が集中しすぎて他に何も考えられない状態なんですが(ドキドキ)、JEC系では本戦の他に地方選やLitesがまだまだ控えています。

中でもルールの簡単さからお勧めしたいLitesの次戦が初開催の軽井沢の上に、土曜はクロスカントリーという馴染みやすいレースですから大注目です。土曜はクロスカントリー、日曜に簡易オンタイムという2DAYS構成で、どちらか一日のエントリーもOKです。
土曜は選手で日曜はピットクルー(逆もあり)なんてチームも組めたりしますね。
開催日は10月10-11日です。

その軽井沢戦のエントリー受付が本日20:00からです。
奮ってご応募ください!!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>


100%ゴーグルの新色入荷!

突然入荷したって連絡が入ったもので、昨日はあまり寝ずにサイトの更新をしました。

100%ゴーグルの新色が入荷しました!
秋モデルはまたまた格好いいですよ~!

先日入荷したFORECASTワイドロールオフシステムもこちらの全モデルに使えるのでエンデューロライダーにもお勧めです!!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

■RACECRAFT
fa15-rc01_tana[1]
fa15-rc02_tana[1]
fa15-rc03_tana[1]
fa15-rc04_tana[1]

■ACCURI
FA15-AC01_tana[1]
FA15-AC02_tana[1]
FA15-AC04_tana[1]
FA15-AC03_tana[1]

■STRATA
FA15-ST01_tana[1]
FA15-ST02_tana[1]

少し寝よう…。(+_+)

ほうの木に出店します!

今週末ほうの木平スキー場にて行われるJNCCのドリーミン.ほうのきにエムシーギアもお邪魔します。

初めて開催されるコースなのでとても楽しみですね。
これに合わせてって訳じゃないんですが、100%ゴーグルの新色が入荷する予定です。
早速ほうのきに持って行きますので是非ご覧ください。
FA15-AC-voltaire.png

急な入荷のためにまだサイトの作成が間に合ってませんがこの他にもありますのでお楽しみに~!

フォークのねじれは気にしてますか?

  • Posted by: MC GEAR
  • 2015-09-02 Wed 18:31:35
  • 工具
私がマシンをトランポに積む時にハンドルを少し切っているせいか若干捻れていたりして、そのまま走り出すとサスペンションが硬く感じてしまうほどです。ですから下ろしてから一度フォークのアクスルシャフトを緩めて点検します。

この時にメンテナンスが行き届いているとクランプのボルトを緩めて少し動かしてあげると正常な位置に戻ります。
よくブレーキを掛けてストロークさせているのを見かけますが、厳密に言うとブレーキローターが片側にしかないオフロードバイクでこれをやるとずれてしまいます。正しくはフロントタイヤを身体で抱え込んでブレーキを掛けずにハンドルを引寄せるとセンターが出ます。
もっともそんなアクロバティックなことをしなくてもモーションプロのFORK TRUを使えば正確にセンターを出すことが出来ます。

FORK TRUはこちらをご覧ください。>>>

これはアウターチューブの三叉近くのフォークのセンターを予め記憶させて、それをインナーのボトム付近と照らし合わせるという簡単で確実な方法でセッティングします。
モーションプロのサイトにも動画はあるのですが、語ってるだけで使っている様子が分かりづらいので他から引っ張ってきました。
ご覧ください。



このようにカタカタ音がしたらアライメントがずれている証拠です。
音がしなくなる(カタカタ動かない)場所を探ればいいだけです。

私レベルでもサスが動かなくなったと感じるレベルですから、全てのライダーにもっと気を使っていただきたい部分です。
ちなみにアクスルクランプも規定以上のトルクで締めていると歪んでしまい、このアライメント出しに支障を来たします。
またアクスルクランプの形状もサスペンションの性能を左右する重要部品なくらいですから、オーバートルクでは本来の操縦安定性を発揮できなくなる可能性があります。
是非こだわってください。

Index of all entries

Home > 2015年09月


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top