Home > 2014年04月

2014年04月 Archive

Lites はこんな雰囲気

Litesはタイム計測する所以外はゆっくり時間が流れるので会場は結構のんびりしています。
そんな雰囲気をダートスポーツの宮崎さんが動画にしてくれました。


私が走っているのも少し出ていました。
他の人が撮った私の走りの動画って今までほとんど見たことが無いのでほんの少ししか映っていなくても新鮮でした。
今年はもっと撮ってもらえるように頑張ろう。

2014-04-27 09.41.24
最後のシーンはこんな風に撮っていました。
スライドするレールのセッティングが大変だったみたいですが随所にその効果を見ることが出来ます。

宮崎さんもお疲れ様でした!

JEC-Lites面白かったです。

出る前からBクラスエントリーはおかしいとか色々プレッシャーを掛けられていたんですが、ドライコンディションとしては出来すぎな、でも平凡な順位に終わりました。
Bクラス11位。ピンピンです。(笑)

色々言い訳もあるんですが、一番の原因は タイムを削る走り方を意識したことが無かった ということでしょうか。

じゃあ、つまらなかったかというと、やっている最中はそれなりに苦痛(頭使いすぎて痛くなるほど)だったんですが、悩んだ分だけタイムに反映されるところは面白かったです。
でも突っ込みすぎてオーバーランして失ったタイムは手首が痛くなるくらいアクセル開けても取り戻せないんですよね。人生の縮図のようでした。

次回は白河で行われるので参戦するか出店するか悩むところですが、どちらにしても会場にお邪魔して満喫したいと思っています。
その節は宜しくお願い致します!


10302743_277574729086549_5743227946454130570_n.jpg
写真はデコボコフレンズの馬越くんからいただいた物です。
菜の花と私の奇跡のコラボレーション。(笑)

明日明後日はデコボコランドにおります。

週末はデコボコランドにて行われるJECのイベントで遊ばせていただいております。

現在数名の方に現地での手渡しをご希望いただいておりますが今回は出店ではないのでパドック内の一般ライダーのエリアにおります。パドック内で緑色のTK1SUPERWASHののぼりを立ててる予定ですが、なければ紺色のハイルーフの100系ハイエースを目印にして下さい。ゼッケンは103番です。

土曜の早朝から詰めておりますが、参戦している関係でお昼休み以外は捕まらない可能性が高いのでご注意下さい。
お手数をお掛けしてすみません。

という事で当日のタイムスケジュールは以下のようになっております。

【2014 RIDEZ Muc-Off エンデューロアカデミー in 凸凹ランド
& AD/tac のエンデューロアカデミー・プチトライアル編】4/26

8:00 ~ 8:20 受付
8:35 ブリーフィング
8:55 ~ 9:15 フリー走行
9:15 ~ 9:30 休憩
9:30 ~ 10:00 健二校長のポジション座学
10:00 ~ 10:45 スクール①
10:45 ~ 11:05 休憩
11:05 ~ 12:20 スクール②
12:20 ~ 13:10 昼休み
13:10 ~ 14:25 スクール③
14:25 ~ 14:45 休憩
14:45 ~ 16:00 スクール④
16:00 ~ 1630 フリー走行
16:00 ~ 16:45 試乗会
17:00 ~ 閉会式

休憩時間にピットに戻るかは分かりませんが、少なくとも昼休みには戻るはずです。
16:00からはパドックで整備をして、宴会の準備に入ります。

【JEC‐Lites in 凸凹ランド】4/27

6:00  ゲートオープン
6:30 ~ 7:30 受付&車検
7:45  ブリーフィング
8:25  ステージⅠ C・W・ミニクラス 1 組目パルクフェルメ入場
8:30  ステージⅠ C・W・ミニクラス 1 組目スタート
10:00  C・W・クラス競技終了予定(参加台数による)
10:25  ステージⅠ A・B クラス 1 組目パルクフェルメ入場
10:30  ステージⅠ A・B クラス 1 組目スタート
14:30  ステージⅠ A・B 競技終了予定(参加台数による)
昼休み
15:10  ステージⅡ 1 組目ファイナルクロススタート(10 分前に集合)
ステージⅡ 最終組ファイナルクロススタート(10 分前に集合)
ファイナルクロスはショートコースを 3 周のレースとする
16:30  ステージⅡ 競技終了予定(参加台数による)
17:00  表彰式

参加クラスがBなので10:00くらいまではぶらぶらしてます。

新しいネックプロテクター入荷~!

最近怪我をする人も多いのでプロテクターを一考している最中なんですが、そんな折にいつものコースでユーザーの方からこれを勧められました。
DSC_8724.jpg
スポンジタイプのドーナツタイプは各社から出ていたんですが、クルクル回っちゃうという方もいてなかなか万人向けでは無いようでした。軽いし装着感もいいんですが、首の細い方の場合はそんなこともあるんですね。(私は太いので回らないんです、)

DSC_8719.jpg
背面のサポートがしっかりとヘルメットの可動範囲を規制してくれますし、内蔵されているPPフォームは適度な硬さで違和感が少ないのも特徴です。

価格も6,000円(税込み)と低価格なのでネックプロテクターは飛ばす人だけの装備などと言わずにツーリングなどでも気軽に使って下さい。低速でのアクシデントでも首周りのトラブルは一生後悔する場合がありますので簡単に考えちゃ駄目ですよ。

■SCOYCO ネックプロテクター
 サイズ:アダルトフリー
 カラー:ブラック
 価格 :6,000円(税込み)

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

イシゲからのメッセージ

先日長い入院生活から脱した池田智泰選手(通称イシゲ)
ラリーモンゴリアでハードクラッシュし、一時は意識不明の状態が続いたものの1ヶ月ほどで意識も戻り、その後も全身に及んだ骨折の治療やリハビリを続けていました。
そんな彼からのメッセージは「お願いだから、オートバイに乗る時は最低限の安全意識の乗車もお願いします。」でした。
ハードなクラッシュであったのにも関わらず生還出来たのはしっかりしたプロテクターをしていたからです。

状況を聞くにつれて生還出来たのはラッキーだったとしか言いようの無いクラッシュだったようですから、プロテクターの重要性をひしひしと感じているのでしょう。 

レースだから危険と隣り合わせなのは当たり前、彼のように速い人はコストを度外視して良いプロテクターをつけるのは当然と思われるでしょう。
確かにそうです。

しかし皆さんは 私はそんなに飛ばさないから大丈夫 林道走るだけですから という理由でプロテクターを軽視していませんか?
でも実はそんな人がぽてっと転んだだけなのに骨折したりするのは意外に多いんです。
スピードが出ていると身体とバイクが離れてしまう所を低速のために絡んでしまうために怪我が酷くなる場合もあるんです。ですから当店では少なくともニーシンガードに関しては良いものをお奨めしています。ネックブレースに関してはツーリング程度では必要ないと思うのですが、それでもネックカラー(U字型のクッション)を装着するといざと云うときに安心です。

身体を守るプロテクターは予算の許す限り用途に合った良い物をチョイスしてください。

イシゲ選手のメッセージはこちら。>>>>

それにしても帰ってきてくれて良かった。

タンスの肥やしを持ち寄りましょう!!

ウイリー松浦さんが谷田部のコースで行っているガレージセールを今年もやるそうです。
昨年私も2回ほどお邪魔したんですが、個人的に使わなくなった中古品などを持ち込んでほとんどが次のオーナーの元に旅立っていきました。
昨年の様子はこちら>>>

バイクのコースでやるのに電化製品や古着などの販売もしていたりして楽しい雰囲気になってます。
タンスや戸棚の肥やしをこの機会に出品してみては如何でしょう?

こちらの掲示板に出品情報などを事前に流せるのも良いですよ。>>>>

≪ 2014年 谷田部ガレージセールフリー走行開催予定 ≫

5/18(日) さつきフリーマーケット
9/21(日) すすきフリーマーケット
11/9(日) おちばフリーマーケット


これは昨年の松浦さんのところの出品です。
サンダルとかバッグとか色々ありました。
もちろんグローブなどのバイク用品も色々ありましたよ。

私は今年もうかがう予定で、持ち込む物は上記の掲示板で告知する予定です。
お楽しみに!!

GWのお休みについて

ゴールデンウィークも近づいていますが、皆さんご予定は如何ですか?
今年は飛び石連休になってしまっているんですが、オフロードバイク関係のイベントが各地で開催されているので身体が2~3欲しい!!なんて方も多いんじゃないでしょうか。

私も4/26-27と5/3-4は各々デコボコランドと斑尾でオフライドを満喫する予定です。
今回どちらも出店はしないんですが、もし何か必要な物がありましたら現地での受け渡しも可能なのでお気軽にお申し付け下さい。

当店のお休みは以下のようになっております。
休日中もご注文は承りますが、発送は休み明けになりますのでご了承下さい。
ご面倒をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

2キャプチャのコピー
キャプチャのコピー

Gのトップモデルが新しく。

ガエルネのフラッグシップモデル SG12がモデルチェンジしました。

モデルチェンジと言っても一部変更をしたマイナーチェンジになるのですが、バックルや色分けなどの小変更ではなく甲の部分に手を入れた大規模な変更になっています。

まだ手元に無いので憶測も交えてになるのですが、今回のモデルチェンジは主につま先部分に集中しているようです。
近年のモトクロスブーツはほぼプラスチック製のブーツになっているのですが、そのためにフィーリングが犠牲になってしまう場合もあります。例えば甲が高く感じてしまう事でシフトフィールが悪くなったり、つま先部分が細くて窮屈に感じることもありますし、マシンと接する部分が硬すぎてグリップしているのかいないのか良く分からないために抑え込みが足りなくなったり滑ってしまったりもします。
今回のSG12もそんなネガを解消するためにコストの掛かる樹脂部分のデザイン変更に踏み切ったのでしょう。

一見すると樹脂パーツの上に黒いラバーが乗ってグリップをよくしているだけにも見えますが、実際にはサイドに回りこむ部分のカットも変っていて甲高になりづらいように改良しているようです。これによってシフトの感覚がつかみやすくなりますし、また適正なサイズを選ぶことが出来るようになるはずです。というのも樹脂が突っ張りすぎて甲高になるということは同時に幅が狭くなるわけです。そのため1サイズ大き目を選ばざるを得なかったライダーが適正なサイズに戻ることが出来るはずです。

実は近年樹脂パーツが多いためかガエルネの制作木型は変っていないのにサイズが小さく感じるというベテランライダーが増えていたのです。今後はそういった事も踏まえて開発が進んでいくんじゃないでしょうか。
しかし流石ガエルネ細かいことでも進歩しなければモデルチェンジしないと言い切っていただけあります。

そうそう、その進歩が無ければというのも善し悪しで、FASTBACKのようにある意味完成された(不満が無い)モデルの場合は目新しさを演出するためだけのモデルチェンジなんて姑息なことをしてくれないので売る側としては安心なようなつまらないような。(笑)

そんなブーツメーカーですから安心してお奨めできます。
このSG12も軽くてしっかりしていますからエンデューロライダーにもお奨めですよ!!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

sg12-whL.jpg
sg12-wbrL.jpg

手軽だけどしっかりと。

広島で行われたJNCCが雨のために大変なことになっていた頃、東日本はとても天気が良くてコースもパサパサに乾いて埃が凄くて走りづらいほどでした。
こんな日に走るとエアフィルターは1日でこんなに汚れてしまうんですよね。

10172621_619170734826041_6867614820639674379_n.jpg
これでも極力本コースを走らずに埃の立たないウッズを走っていたんですが、固定用のワイヤー跡がしっかり付くほど汚れてしまっています。

エンジンを守ってくれているフィルターの詰まりは性能に直結しますから小まめなメンテナンス(清掃)が必要になります。
ちなみにこの画像は車体の洗車後なのですが、最近のマシンはエアクリーナーボックスに穴がいっぱい空いているので水が掛かってしまっています。でもNo- Toilのオイルを塗ったフィルターは防水性も高いので中には浸透しません。ですから洗車の時は泥混じりの水が入らないように気をつけさえすれば水が入るのはあまり神経質にならなくても大丈夫です。

ところでこんな風に汚れ易いのですから頻繁に洗浄しなければならないんですが、フィルターはオイルでべたべたになっていて洗うのが面倒という方が多いんじゃないでしょうか?
しかし当店で取り扱っているNo-Toilのエアフィルター用のケミカルは取り扱いが簡単で、洗面台や風呂場で洗っても周りを汚しません。またフィルターオイルのグリーンは揮発成分がほとんど無いので室内にアルコールの臭いが充満することもなく安心して作業が出来ます。そうです。夜中に家の中でゆっくり作業が出来るんです。


1:10くらいから洗浄の様子が流れています。途中編集していますけど単純に時間を短くしているだけで綺麗になるという事に偽りは有りません。また洗い終わって汚くなった洗浄液は生活排水として捨てられます。
オイルを落とすのですから洗浄液もアルコールなどのように揮発性があるものかと思うでしょうが、No-Toilの専用クリーナーは衣類用洗剤に似た粉末状でアルコール臭は一切しません。

またオイルもグリーンは揮発成分がほとんど無いので塗り広げている間に乾いてしまうことも無く充分に薄くそして深く浸透してくれます。
結構これが大事で、速乾性のオイルの場合は中途半端に塗り広げてしまうとムラが出来てしまうこともあります。すると抵抗の少ない部分に吸気が集中してしまうので効率があまりよろしくありません。その点No-Toilのフィルターオイル グリーンは12時間ほどかけてゆっくり乾きますのでムラになりづらのが特徴です。

ただしこのゆっくり乾くというのはちょっと注意が必要です。
生乾きの段階で装着してエンジンを掛けてしまうと吸気によって生乾きのオイル分が吸いだされてしまい、フィルターにオイル乗っていない部分(薄くなってしまう部分)が出来てしまうのです。そうすると埃の進入を許してしまいますので絶対に生乾きで使用しないでください。
スペアのフィルターが駄目になっていたり、急な事情でゆっくり乾かす時間が無い場合はNo-Toilでもレッドタイプは速乾性ですのでそちらを使用してください。
少し勿体無いと思うくらいにしっかり濡らしてから絞るように余分なオイルを捨てて、それから5分ほど風通しの良いところに置けば使用可能になります。ただ速乾性を持たせるために揮発性の高い溶剤を使用していますので室内など密閉された空間での使用は厳禁です。

最後に装着時にリムグリスをフィルターの縁に塗ることで安心して使用できます。

詳しくはNo-Toilのページをご覧ください!!>>>

JEC-Lites では昼食に困りません。

開催まで2週間を切ったデコボコランドでのJEC-Lites

土曜のアカデミーは昼食付きなのですが、そのケータリングをしてくれるのが神奈川の焼肉ペリカンさんです。

私の好物 鶏のそぼろ丼。
甘辛いそぼろが御飯に合うんですよね~。
シロコロホルモンも美味しいんですが、当日は昼食だけかなぁ。
もし夕方までいらっしゃったら買い溜めして夜の宴会用にするんですが。(地元なんですが、帰らずにパドック泊の予定です)


ペリカンさんは神奈川では超有名な河川敷コースのすぐ近くです。
お立ち寄りの際は是非ご利用ください。めちゃくちゃ美味しいです!



日曜はピットクルーカップでお馴染みのガストロさんがお弁当の販売をします。


本場のネパールカレーとから揚げ弁当の2種類、それに飲み物も販売するそうです。

こちらも予約を受け付けていますのでJEC PROからきたメールのアドレスに昼食予約希望と書いて送りましょう。詳しい方法はJEC PROのサイトでご確認ください。

JEC PRO のサイト>>>

久しぶりのフルモデルチェンジ!

ThorのセンチネルプロテクターがXPにモデルチェンジしました!
以前のセンチネルも白と黒のみ併売なので正確にはモデル追加になります。しかし何年も色変更だけにも関わらず好評いただいていたセンチネルですので、上位機種の追加と言うよりはそろそろモデルチェンジして欲しいというユーザーニーズに応えたものだと思われます。

ご好評いただいていたとはいえ、不満点が無かったわけではありません。
例えば旧センチネルはネックブレースと同時装着するとブレースによっては浮いてしまう場合がありました。新しいXPではそれをネックブレース完全対応するように設計されています。
また肩のパーツが大きくてやはりネックブレースとの相性が今ひとつだったのをスリムな肩パッドタイプにすることで干渉を抑えています。

昨日入荷して現物を確認しましたが、軽くて装着感が良い所は変らずに更に身体にフィットするようになっています。
最近怪我をするライダーを多く見掛けますが、特に重篤な怪我になりやすい首周りはモトクロスのように大きく跳ばないエンデューロでもしっかりとプロテクトして欲しい部分です。このセンチネルXPはそんなネックブレースとの相性の良さや装着のしやすさでお奨めできる胸部プロテクターです。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>
■センチネルXP
MC GEAR価格 ¥14,580
グラフィックモデルは ¥18,468

14sentinel01.jpg14sentinel02.jpg
14sentinel03.jpg14sentinel04.jpg
14sentinel05.jpg

人気ハンドガードに改良が施されました。

ハンドガードの老舗として人気の高いSTEALTH ハンドガード
そのSTEALTHがマイナーチェンジをしました。

具体的にはレバーとの干渉を減らすためにハンドガードバーエンド側の湾曲部を前側に広げるように若干の形状変更をしたそうです。

当店の在庫は全て新しいタイプに入れ替えをしております。
レバーのクリアランスに不安を抱えていた方は是非ご検討下さい!!

詳しくはSTEALTHハンドガードのページをご覧ください。>>>

wec_curve_.jpg
MC GEAR価格 ¥9,771
各々テーパーハンドル用とスタンダード用があります。

G と言えば

昨日行われたテージャスランチでの広島大会は雨天のために大変なコンディションだったようですが、そんな中で鈴木健二選手がベテランの意地を見せて優勝を飾りました。
元々牧場ですから雨の時は大変なんですよね。

詳しくはこちらに掲載されています。(レスポンスの記事)>>>


続く第3戦は当初の鈴蘭高原から爺が岳スキー場特設会場に変更されて開催されます。
受付は明日15日の20:00から!

JNCCの中でも大人気のコースで、ガレ場の多さとロケーションの良さ、それに大都市圏からのアクセスが比較的良いことからたくさんのエントリーが集中してすぐに締め切られてしまうほどです。

明日は早めに帰ってpcの前で渇目して待ちましょう!!

詳しくはこちら(JNCCサイト)>>>




ピットクルーカップ受付開始!!

00000758.jpg
5月25日に印西デコボコランドで開催されるピットクルーカップのエントリー受付が開始されています。

90分、60分、45分の3クラスがあり、各クラス45台(組)になった段階で締め切りになっておりますのでお早めに!!

そう言えばこのレースも結構長くて37回目だそうです。ここ数年は年2回開催になっているのですが、それ以前は年1回の開催だったから四半世紀以上続いているんじゃないでしょうか。私も以前EDマシンを持っていた時に参戦した事もありますが、あれは確かWR250Fにセルが付く前だったので12年くらい前だったような。長いですね~。

そんな歴史有るレースなので運営もしっかりしていますし、協賛各社からのプレゼントも豊富でお祭り気分を満喫できる事請け合いです!

ただ、イベント屋さんではないので申し込みが現金書留のみというのはちょっと面倒かな~。
でも楽しいのでエントリーがちょっと面倒なのは目をつぶって下さい。

詳しくはこちらをご覧ください。(ピットクルーさんのサイト)>>>

IAワタライ選手のJEC-Litesの走り方講座

  • Posted by: MC GEAR
  • 2014-04-10 Thu 23:59:19
  • 未分類

今月27日に印西デコボコランドで開催されるJEC-LitesについてデコボコランドのブログにIAワタライ選手からのアドバイスが載っています。

JEC-Lites、有意義にするために と題されたブログにはレースを楽しむためというよりは、少しでも順位を上げるためのアドバイスが細かく説明されています。

私も「テスト内は進入より立ち上がり重視」という項目に目が行きました。
デコボコランドは天候によってコースコンディションが急変するので立ち上がり重視でライン取りを考えないとオーバーランやスリップダウンしやすいんですよね。

ただ、まだ詳細は分かっていませんが、要項ではテスト区間が1.4kmほどになっています。過去にデコボコランドで行われたWEXなどでは平均速度が30km/h弱なので、それ当てはめると3分も掛からないコースになります。もちろんウッズなどで速度を抑えると思いますが、それでもせいぜい4分くらいではないかと思います。
ですからテスト区間では速く走ることはもちろんですが、ミスをしない走りを心掛ける事も重要でしょう。

その他にもテストに臨む前の注意点などデコボコランド大会に出ない人にも読んでいただきたいアドバイスが載っていますので是非ご覧ください。
またデコボコランドを使用する際の特別ルールなどについても掻い摘んで説明してくれています。参加者の方は一度ご確認ください。

JEC-Lites、有意義にするために(デコボコ・ブログ)>>>

Silna モトソックス 入荷しました!

私(店長)は以前ブーツの仕事をしていたのでソックスには結構煩いかというと、意外にそんなではなくて薄くてダイレクト感のある物を好んで使用していました。
勤めていた会社が入れていたブーツの内装が良くてあまりソックスを気にする必要が無かったというのもありますが、当時のソックスはあまり機能的なものが一般的ではなかったというのもあります。

しかし最近は先日ご紹介したACERBISのように機能的なソックスがたくさん出てきています。

今回取り扱いを始めたのはオフロード用品の輸入販売で有名なちゃねスポーツさんのSilna(シルナ)モトソックスです。
代表の種谷氏もブーツに対しては造詣が深く、ソックスについては20年近く理想を追い求めていたそうです。

そんな氏がついに辿り着いたのがこのモトソックスです。
適度なサポート力と違和感の無いフィット感、それに長時間の装着でも快適さを保つ工夫など、レースに限らずツーリングライダーにもお奨めの逸品になっています。(午前中に届いてから夜中の今でも履き続けてチェック中です。快適ですよ。)

レディス用をラインナップしたのもポイントで、キッズ用を流用したりしていた方にはまさに垂涎のソックスであることに間違いは無いでしょう。

今回当店でも取り扱いを始めたのですが、せっかくちゃねスポーツさんが安くというのもコンセプトになさっているので消費税相当分はサービスの1,800円で販売を開始しました。
すでに入荷しておりますのでこの機会に是非お試しください。

詳しくはこちらのページをご覧ください。>>>

silna_tana.jpg
レディース用22-24cm(左) と メンズ用25-27cm(右)があります。
どちらも伸縮性の高い素材のために上下0.5cmまで許容します。

全日本エンデューロ開幕戦の受付開始!!

全日本エンデューロも5/18の広島大会を皮切りに4箇所6戦が開催されます。
現在エントリー受付中で、締め切りは5/8だそうです。
間にGWもはさんでしまうので忘れないうちに申し込みましょう!
といっても当店は伺えないんですが。(すみません

詳しくはJEC PROMOTIONのサイトをチェック!!>>>



そうそう、4月をまたいだので各イベンターが用意している保険の切り替え時期になっています。
JECはこれが開幕なので分かりやすいんですが、JNCCなど3月以前から開幕のシリーズ戦の場合は新たに保険加入が必要です。
お気を付けください。

しかしこの保険の問題は毎年気にはなっているんですよね。
日本オフロードスポーツ協会という所に加盟しているレースの場合は保険料をレース毎に払う必要がなくなって良いんですが、あまり広まってないんです。(発起人はチーズナッツパークの小松氏)
ここら辺は追々調べてご案内したいと考えています。

4月13日はデコボコランドに集合!

印西デコボコランドは定期的に食事を振舞ってくれるのですが、今週末の4月13日(日曜)は炊き込みご飯と豚汁サービスが実施される予定です。※追記 炊き込みご飯は天候を考慮して中止になったそうです。豚汁は行われる予定です。

前回振舞われた豚汁はオーナーの稲村さん曰く 奇跡の豚汁 というくらい美味しかったので今回はどうなるか楽しみです。

当日はJNCCの広島大会が開催されているはずなんですが、今回私はデコボコランドに出没予定です。と言っても出店じゃなくて月末のJEC-LITES参戦のために練習しにいくだけですが。
もし何かご入用のものがあれば現地での受け渡しも出来ますのでお気軽にどうぞ。

またGW最初の26-27日は前出のJEC-Litesが開催予定になっていますので一般走行が出来ません。
土日両日貸切というのは珍しいのでお間違えなく。

詳しい情報はこちらをご覧ください。(デコボコランド公式サイト)>>>

DSC_1405_20140407231607caf.jpg

JNCCの開催場所が変更に

来週末には第2戦が広島にて開催されるJNCCですが、本日急遽開催場所の変更(正確には2件の開催日程の変更)が公式サイトで発表になりましたのでこちらでもご案内します。

■開催場所の入れ替え

広島の次の第3戦が予定されていた鈴蘭スキー場が大会当日の5月11日に使用出来なくなったそうです。
そのため6月8日開催の第4戦爺が岳と入れ替えて開催されることに決定したそうです。

つまり5/11の第3戦は爺が岳に、6/8の第4戦が鈴蘭スキー場になるわけです。

■第3戦の受付開始日の変更

突然の開催地変更に伴ってエントラントのご都合を考慮して第3戦のエントリー開始が4/8から4/15に変更となっています。お間違えなきようご注意ください。


日程の移動も考えたそうですが5月は各地でレースが開催されている関係でそれも断念したようです。
鈴蘭も爺が岳も人気の高い大会なのでご注意ください!

10956752725_b71f0c1a19_o.jpg

JNCCの公式サイトはこちら>>>

チューブタイヤの場合は最重要アイテムです。

大人気のモーションプロアイテムの中でも特にご好評いただいているのが LiteLoc RIM LOCK です。
タイヤを低圧にした際にタイヤが空回りしないように押さえるいわゆるビードストッパーと言われているアイテムです。

通常はアルミの鋳物などにゴムのカバーがしてあるのですが、これはボルト部分以外が強化ナイロン製になっていて軽量なのが一番の売りです。2.15リム用ではおよそ40~50グラム軽量になります。(同社比)

しかし軽量だけが売りではありません。通常のタイプはゴムでカバーすることでチューブを傷つけないようにしているためゴム同士の摩擦でタイヤが空回りしないように押さえています。ところがLiteLoc RIM LOCK は独特の輪郭形状を持った強化ナイロンが直接タイヤに食い込んで空回りを防止しますので強力です。また無駄な摩擦を発生させないためにチューブにも優しくなっています。

そんな大人気商品なのですが、先月から1.60インチリム用が欠品していました。すみません!
本日やっと再入荷いたしました!
お待たせをして申し訳ございません。

ところで、リムロックには1.60 1.85 2.15 の3種類があります。これはリムの幅を指す表記になっていますので、ご自分のリムに合ったサイズをお選びいただく必要があります。サイズを間違えるとタイヤを押さえることが出来なくなって装着している意味が全くなくなってしまいます。
私も過去に2.15リムに1.85用を装着してパンクしてしまった方を2名ほど知っています。一人は大変有名な選手なのですが、意外にここら辺は無頓着になりやすいようです。

特にリアが19インチのモトクロスバイクをエンデューロ用にするために18インチに換装するとリムロックもそれに合わせて買い換えないといけない場合があります。19インチのリムは1.85サイズの場合が結構あるんです。
お店でモデファイしていれば間違いは無いと思いますが、リムだけ買ってきて自分で組んだというリアタイヤにはサイズ違いのリムロックが入っている事があるのでオークションで買ったりした場合は気をつけましょう。

11-0058_2014040322383908f.jpg


モーションプロのLiteLoc RIM LOCK についてはこちらをご覧ください。>>>

JNCCビッグディア広島参加者へ!


前回のサザンハリケーンでも行われた"Krombacher(クロンバッハ)ビール販売会"が4月12日の夕刻からJNCCビッグディア広島大会会場のKTM JAPANのブース横にて開催されます。

サザンハリケーンで私もいただきましたが、咽越しを味わう日本のビールと違って口で味わう美味しいビールですので参加者の皆様は是非飲んでみてください!
ドイツビールって美味しいんですよ~!

乗っているマシンや使っているオイル(eniかそうじゃないか)で価格が変るシステムですので、KTMでeniオイルを使っている人は必ず行きましょう!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

10174885_422350511233767_1539794488_n.jpg

これはお奨め!

消費増税対応で朦朧としているところに突然こんなのが入荷しました。
随分前にオーダーしていたのですっかり忘れてましたよ。

13084-01_20140401235706d63.jpg
いわゆるニーハイのモトクロスソックスですが、これの凄いのはハイブリッドなところです。
通常のソックスが覆うくるぶし付近から下は少し厚手のモトクロスソックスそのもののニットですが、それから上は伸縮性の高いエラスティック素材と通気性の良いメッシュが組み合わされています。上部にはシリコンベルトも装備しているので不快なずり下がるも防止出来ます。

このエラスティック部分は膝よりもはるかに上まで覆うのでニーブレイスや大型ニーシンガード用のアンダースリーブとしても最適です。この部分は薄手なのでニーブレイスとの干渉が無いのもいいですよ。しかも通気が良いので夏でも蒸れないと思われます。

ちなみに普段26.5cmのモトクロスブーツを履く私はS/Mサイズでぴったりでした。
太ももまで覆うのですが、その部分はギリギリって感じです。もっとも私の太ももは細めのアイドルのウエスト並なので普通の人は心配する必要は無いでしょう。しくしく。ところで何でアイドルのウエスとサイズって58cmなんでしょうね。こんな本も見つけました。(広告じゃないです)

難を言えば以前扱っていたファーストレーシングのニーハイソックスよりも高いことでしょうか。
でも機能を考えると納得です。

■ACERBIS X-LEGソックス
 MC GEAR価格 5,965 円(税込み)

ACERBIS X-LEGソックスについてはこちらをご覧ください。>>>


1921048_612299322179849_1722196754_o.jpg
後ろはこんな風にメッシュになっているので蒸れ知らずです。

Index of all entries

Home > 2014年04月


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top