Home > 2010年04月

2010年04月 Archive

GW休業

いつもご利用いただきありがとうございます。
エムシーギアは土日祝日が定休日になっておりますので5/1~5はお休みをいただいております。

ただし、その間もサイトでのお買い物はお楽しみいただけますのでご利用をお待ちしております。
また、メールやFAXでのご注文も24時間承っておりますが、納期や質問への回答は5/6以降になりますのでご了承下さい。

宜しく御願いいたします。

2Trac45F Type-XC

JNCC 開幕戦のレポートで紹介した2Tracのビルダーが詳細を公開しています。
予想以上に大変な作業だったようです。



フロントでアクセルターンが出来るという状態になるまでまだまだ記事は続きそうです。

それにしても2WDって意外に開発が進みませんね。これのベースになった2Tracは現在販売されていないようですし。
スポーツライディングには向かないんでしょうか。

フォールディングスタンド

34-2187[1]
日本未発売のMSR フォールディングスタンドが入荷しました。
トランポの中でバイクスタンドは結構場所を喰うし、固定が甘いと転がる物もあります。
しかしフォールディングタイプなら場所は喰わないし、トランポ内で遊んでしまうことも無いので安全です。

パーツトレイも付いていますので整備の際も便利です。
トランポだけでなく、ガレージで使う際も省スペースは有り難い機能ですね。

syousai.jpg

田中太一選手がErzberg Rodeo参戦!

2010 Red Bull Erzberg Rodeoに田中太一選手が参戦することがリリースされました。

トライアル業界というよりはオフロードバイク業界全般に対して閉塞感を感じていた田中選手はブレークスルーする舞台としてヨーロッパなどで行われているハードエンデューロにも参戦したいとかねてから語ってくれていましたが、正にそれが現実となりました。

しかもハードなエンデューロとして日本での認知度も高いERZBERG RODEOとなれば、否が応でも期待が高まります。
トライアルライダーとして日本でも屈指のテクニックを持ち、海外経験もあるライダーがERZBERG RODEOでどんな走りを見せてくれるか!
今から本当に楽しみです。



太一選手のビデオも一度見てください。中には目を細める人も居るようだけど、私は面白いと思うな。
ガンバレ太一!!

パームプロテクター大好評!

risk_pp_tana[1]

パームプロテクターは何度か入荷をしているのですが、あっという間に売り切れてしまいます。
今回もちょっと多めに入れたのにもう残りわずかです。皆さんマメには苦労しているんですね。

次回入荷は未定ですのでご検討中の方はお早めに!!

MOOSE クイックスチールエポキシ

showImage[1]
アメリカのMOOSE RACINGからリリースされているエポキシパテです。
ツーリング中に飛び石や転倒で破損してしまったクランクケースやレバーなどを応急的に補修するアイテムです。
速乾性なので使い勝手も良く、林道ツーリングにはお奨め!

私も同じものを使っていますが、レバーの破損も使用に耐える程度に直りましたし、転倒で穴の開いたケースの補修にも役立ちました。主材と硬化剤が金太郎飴のようになっているので必要量だけカッターなどで切り取って混ぜ合わせればすぐに使えます。

syousai.jpg

ダーヌポさんで紹介されていたスーパーモトコース


ダーヌポさんの記事で驚いてちょっと調べてみました。
バンクがあったり、フープスがあったり。でも全てターマックでした。オフに繋がる部分も無し。
隣は滑走路のように見えるんですが、0-4のコースなのか??

それにしても地平線の見えるところが大陸的です。

高速道路料金はどうなる?

オートバイはサーキットやコース、それに気持ちよく走れる場所が都市部から遠かったりするので移動に高速道路を使う事が多いと思います。
全国規模のレースを追いかけたりすると特に高速料金がお財布を圧迫する事でしょう。

余談ですが、九州から下道でSUGOまで来た猛者がいました。学生なので高速料金が勿体ないと言って。
そんな猛者以外は夜間割引などを利用して出来る限り節約して移動してきた事でしょう。

ところが割引や暫定とはいえ期日前の上限1000円が撤廃されて2000円上限のシステムが導入されようとしています。
土日だけでは無くなったとはいえ、中途半端な距離100km弱の利用はメリットがなくなり週末に利用する人にとって実質的に誰もが値上げになります。平日100km近く移動する機会が多いなら値下げですが、そんな人は全利用者の20%に満たないそうです。高速無料化とは随分かけ離れた話になってしまいました。



賛成という人はざっと見た感じでは平日に乗ると言うより全く乗らない方のようです。
最近は都市部で車を利用する人が減っているそうなのでこの数字はある程度現実的な数字かも知れません。

今日は民主党内でも見直し案が錯綜していますが願わくば夜間割引などは継続して欲しいものです。

福島は雪・・・

ギャロップの話を昨日書き込んだら今日は雪のニュースが・・・。
内陸は積雪も予想されるので夏タイヤに交換するのはまだ早いとウェザーニュースに書き込まれていました。

スタッドレスをまた引っ張り出さないといけないのだろうか。今日の情報では磐越道にチェーン規制まで出てます。(--;)
春は遠いですね・・・。

参加者の皆様はお気をつけて!!

ギャロップX出店します。

今年もギャロップXに出店致します。

昨年は土曜まで雨だったために日曜は大変なことになりました。
完走者は何人だったか忘れましたが、4周で優勝というハードレースになっていました。(昨年の記事はこちら

今年も色々と持参しますが、突風でテントが飛ばされていたら車に避難しているかも知れません。その時は気軽に問い合わせてください。
特価品や必須アイテムに有ると嬉しいアイテムまで様々な物を揃えて伺います。ゴーグルやスペアレンズなど雨や泥を想定したアイテムも持っていきますので覗きに来てください!
土曜には現地入りして皆様のお越しをお待ちしております!

KTM FILE#1

DSC_2000.jpg

KTMの小冊子をトウキョウモーターサイクルショウで配っていたのをご存じでしょうか。
お近くのKTMショップでも手に入れられるそうです。

KTM車載工具になぜ栓抜きがあるのかもここで説明されています。
どのメーカーもこだわりはあると思いますが、こういった遊び心を持ったメーカーって良いですね。
お国柄堅いというイメージを持っていたKTMですが、実際に手に入れてみるとアバウトさと大胆さ、そして繊細さが入り交じった面白いオートバイです。栓抜きもそういった意味では違和感のない車載工具でした。


話は戻りますが、この冊子は先のモーターサイクルショウで公開された電動バイクについても少し触れられています。
ページ数はさほど有りませんが、KTMファンなら、いえファンでなくとも手にとって見ていただきたい冊子です。

現在KTMのサイトでも請求可能です。
詳しくはこちらへ

そろそろ欲しい季節

私はトランスポーターに載せてのツーリングかコース走行しかしないので公道を長い間走行するウェアをあまり持っていません。いや、持っているんですが、随分年期の入った物ばかりです。
朝晩が寒い時はジャケットが欲しくなるのですが、オフ走行は結構汗をかくので結局薄手のブルゾンを羽織っていたりしていました。
しかしこのブルゾンが転倒は当然のこと、ウッズで小枝に引っかけただけでも切れてしまったりするのが困りものです。

そこでお奨めなのがファーストレーシングのレインオーバージャージです。


厚手で丈夫なのでツーリングはもちろんレースでも使用出来ます。(本来はレースウェアですし)
ナイロン地なので泥などもこびりつかずマッドレースでは本当に有り難いアイテムです。

サイドがメッシュなので蒸れませんし、襟もジャージなので着心地も良くなっています。
逆に土砂降りの雨には弱いので自走ツーリングの場合はウインドブレーカーとして利用した方が良いでしょう。

MC GEAR価格 ¥11,800
syousai.jpg

インナーにプロテクターを着用出来るようになっていますので少々大きめです。
もしぴったり目が好みで有れば1サイズ小さめでも大丈夫です。この場合は普段Lサイズのジャケットを着る人はMサイズがお奨めです。

ヘラクレス

ここのところ何度かご紹介しているマリオスポーツさんのチャンバーを手に入れましたのでちょっとご紹介。
巻き型のチャンバーはワークスの臭いがして80年代のレーサーレプリカ世代である私にとってはワクワクするアイテムです。
昔はユーゾーチャンバーやイシイ、スガヤ、Jhaなど憧れのチャンバーがたくさんあったものです。

マリオスポーツさんもクラフトマンとして秀逸なチャンバーをリリースしてきたのですが、先日お話ししたように今まで購入する機会に恵まれませんでした。
しかしKTM125のオーナーになった事でやっと憧れのチャンバーを手に入れることが出来ました!!

DSC_1992.jpg
これはヘラクレスチャンバーといい、1.2mm厚の鋼板を使っているためにとても丈夫になっています。
私のようなへたくそがエンデューロで使うには最適(勿体ない?)のアイテムです。

DSC_1993.jpg
ちなみにマリオさんのお話ではカデナシー効果が安定しているので性能的にも逸品だとか。
でもその分重量が嵩むのでどこでバランスさせるかがレースの世界でも課題だったそうです。

DSC_1995.jpg
いや~、惚れ惚れするフォルム。チャンバーはやっぱり巻き型ですよね。無駄にメッキしたり塗装してないところがこれまたワークスっぽくて好きです。
塗装していないのは修理の際に邪魔になるからだそうです。そんな割り切りもワークスっぽいなぁ。

DSC_1990.jpg
で、その重量は1850gでした。ブーツ片足一本分くらいですね。

なお、マリオスポーツさんは手作りのために大量生産はしません。
そのため今回ご紹介したヘラクレスチャンバーも含めて当店では在庫しておりません。

ご購入の際は直接マリオスポーツさんにお申し込みいただくか、当店までお問い合わせいただければ紹介という形でご案内させていただきます。お気軽にご利用下さい。

◆マリオスポーツさんのブログ

価格はその時々のようですが、現在31,500円(税込み)になっています。安い!!

しかし憧れのアイテムって手に入れたときの嬉しさが格別ですね~。
頬ずりしちゃいましたわ。

ブーツ再生

シーズンも本格化してきてブーツやヘルメットの稼働率が上がってきました。
出来れば2セットを使い回す方が保ちも良くなるのですが、ヘルメットとブーツは価格も高いのでなかなか手が出ませんよね。
とりあえずブーツは修理などで再生が効くのでご紹介します。
今回はガエルネなのでジャペックスサービスセンターさんに依頼しました。

■ソールの交換
 どうしても消耗が激しい部分です。ガエルネの場合はオリジナル通りだと1万円くらいで交換が出来てとても経済的。本体の耐久性などもありますが、だいたい3回くらいは交換に耐えます。ちなみに今回御願いしたブーツは2回目の交換です。ミッドソールに傷が入ると修正に費用が掛かるようになりますのでお早めに。
gr3.jpg

■清掃
 出来れば頻繁に綺麗にしておきたいところですが、なかなか手が回らないのが現実だと思います。
 こびりついた泥でコーティングされて色が変わってしまったブーツだと気分も盛り上がりません。
 そんな時にお奨めなのがメラミンスポンジ。よく台所用品として売られている「水だけで綺麗に!」なんて書かれている食器洗い用のスポンジがそれです。
 これはヤスリのように汚れを落とすので綺麗になる反面対象を削ってしまうので艶ありの部分がつや消しになってしまったりします。対象には注意してください。
gr1.jpg
全体をスポンジでこするとこんな感じになります。革の部分も塗装されている部分には有効です。オイルドレザーには効果がありません。樹脂の白い部分は元々つや消し加工の部分なので泥が入り込んで綺麗にしづらいのですが、このスポンジを使うと綺麗になります。黄ばんでいるのは紫外線での劣化なので致し方がありません。
 でも15年近く前のブーツとは思えないくらい綺麗になったでしょう?ハードローテーションで使っていたんですが、流石ガエルネだけあって丈夫です。

■修理
 上の画像でもちらっと出てますが、バックル部分の樹脂が劣化で落ちてます。ガエルネだけでは無いと思いますが、樹脂は劣化が一気にきますので気が付いたらバックルが無くなっていたなんて話をたまに聞きます。
 今回は手持ちのジャンクブーツから部品をはぎ取って自分で直しました。(一部はご厚意でサービスセンターさんから分けていただきました。普通は非売品ですので問い合わせしないでね。)
 手縫いなので時間が掛かりましたが、上から2番目までのバックルを使いやすいSG-10や現行FASTBACK用のバックルに交換しました。私のようにふくらはぎの太い人にはFASTBACKに使われているタイプのバックルの方が締めやすいのでお奨めです。ちなみにED-PRO ART405に使われているバックルとFASTBACKに使われている物はネジの間隔が若干異なりますが取付は可能です。樹脂ベースが柔らかいのでこれくらいは許容してくれるからです。バックル自体が結構高いのでちょっと使いやすいからと言って交換をお奨めするほどでは無いのですが、破損したりして交換する際にはFASTBACK用も検討してみても良いと思います。なお、その時はストラップの互換性が無いのでバックルとセットで一緒に交換してください。

さぁ、これから暖かくなりますのでどんどん乗りましょう!!

ONE のセット販売も始まりました。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2010-04-16 Fri 14:49:28
  • ウエア
ONEのCARBONモデル、DEFCONモデルともに上下のセット販売が始まりました。
先に始まったThorやANSWERと同じ35%offです!!
carbon_re.jpg

通常ONEは8月くらいにモデルが変わりますので4ヶ月近くは最新モデルです。なのにこの価格。
もうこの価格なら個人輸入やオークション業者もしっぽ巻いて逃げちゃいます。あまりの薄利についでに私も・・・。(苦笑)

数量限定なのでお早めに!!

syousai.jpg

ANSWERも現金特価開始しました!!

  • Posted by: MC GEAR
  • 2010-04-16 Fri 00:33:43
  • ウエア
Thorに引き続きANSWERも現金特価を開始しました!
一部モデルを除き、ジャージとパンツのセットが35%OFFです!
rs_tana[1]

この機会に是非ご利用下さい。

なお、数に限りがありますので在庫切れの場合はご容赦ください。

syousai.jpg

TUBLISS(チューブリス) 欠品中です!

  • Posted by: MC GEAR
  • 2010-04-15 Thu 11:35:17
  • タイヤ

大好評のTUBLISS(チューブリス) COREが現在欠品中になっております。
常時在庫していたのですが、あっという間です。

販売している側から情報は流せませんが、トップチームの中でも多くの方にご利用いただいています。
もう完全にトレンドになっていますね。

次回入荷は5月末の予定なので全日本の九州には間に合いそうもありません。
またJNCCのブロードウェイ斑尾にも間に合いません。
どちらもこれが合いそうなシチュエーションのようなので残念ですね。

現在ご注文を受け付けておりますが、そのままご予約となります。(19inchだけ在庫有ります)
ご迷惑をお掛けいたしますが宜しく御願いいたします。

syousai.jpg

THOR ジャージパンツセット現金特価開始!

thorhead[1]
Thorのジャージとパンツのセットを特価でご提供致します。

なんと上下セットだと35%OFF!!えーい、もってけ~!
数量限定なのでお早めに!!

対象はFLUX、CORE、PHASEの3種類です。

syousai.jpg

面白いブーツ


JETT BOOTS

もう某所では紹介されているブーツですが、実は有る伝で開発最終段階から少し話を聞いていました。
兎に角軽く、柔らかく、そしてしっかりしているためにちょっとビックリしたくらいです。
木型はガエルネやSIDIと同じ方向性を持ったブーツになります。日本人には合いやすい形状です。

特徴的なのはそのシェルです。本体部分がソールまで含めて一体型になっていて土踏まずの部分だけリプレイス出来るようになっていました。
ふくらはぎ部分はピボットを介して本体に取り付けられていますが、ピボットが工具無しで取り外せるようになっています。またピボット部分にゆらぎを持っているので足首の動きをトレースしやすくなっています。

既存のブーツはそのほとんどが製作時につま先を引っ張って形成するためにどうしてもある程度つま先に厚みが出てしまいます。(薄い製作木型にしても木型から外した段階で樹脂の突っ張りによって厚みが出てしまう)
ところが全てを樹脂で作るとこの厚みを細かく設定出来るために他メーカーのブーツに比べても薄くすることが出来ます。メリットは2点。シフトチェンジの感覚がつかみやすくなる事と、ソールのフレックスを柔らかく出来る事です。

ただ、履き替えたばかりだとブーツが薄い分シフトペダルまでの距離が少し増えるのでちょっと感覚が違ってしまうでしょう。某所でダートスポーツの取材者が違和感を訴えたのもおそらくこれが原因だと思います。

ソールのフレックスが柔らかい方向に振れるのは円よりも楕円の短辺の方が剛性が低いのと同じ理由です。どうもヨーロッパのトレンドが柔らかいソールに移行しているようでこのブーツもそうなっています。ブレーキングなどの感覚がつかみやすいのですが、堅いのに慣れた人には不安を覚えるかも知れません。

しかし履き心地も含めてちょっとエポックメイクなアイテムだと思います。
今後はこのようなブーツが増えるのかも知れませんね。

操作の要を大事にしましょう。

ハンドルグリップは操作の要です。複雑な操作をしつつ、バイク自体のコントロールも行わなければならないのでここを疎かにするとライディングにも支障がでます。

特にメンテナンス中などにオイルなどで汚れてしまうと操作に支障が出る場合もありますので、このようなアイテムでカバーをしておくと安心です。また作業中にグリップのことをあまり気にせずに済みますので効率も良くなります。

もちろん保管中にも紫外線などで劣化するのを抑えてくれます。最近はゲル状の素材が組み合わされている物もありますのでそんなグリップはこれで守ってあげてください。

6a0120a850207b970b012877527f55970c-800wi[1]
プログリップ グリッププロテクター
MC GEAR価格 ¥945

syousai.jpg

職人話

どの業界もそうですが、職人気質の人の話は興味深く、そして面白いものです。
最近はまっているブログがマリオさんの所。

マリオスポーツ

マリオチャンバーといえば昔はハスクバーナのチャンバーなどで有名でした。私も以前ハスクバーナを所有していた際に友人に勧められましたが、その時はすでにヨーロッパに拠点を移していて入手不能になっていた 丸干し 幻のチャンバーです。
時代は4stに移ってもうチャンバーを作る所はプロスキルくらいかと思っていたら、日本に戻ってきていたマリオさんがまたチャンバーを作り始めてくれました。幻のチャンバー復活です。
いまだに2stユーザーの私としてはやっとあのチャンバーを入手できる機会を得たわけです。まだ慣らし中なのでまだ購入していませんが、そのうちマリオチャンバーのレポートもお伝えすることが出来るかも知れません。へたくそな私にぴったりな肉厚が1.2mmの“ヘラクレス”なんてチャンバーもあるそうです。

そんなマリオさんはヨーロッパに居た頃はKTMなどで仕事をなさっていたようで面白い話を色々してくれます。ただ文章はちょっとブラックな感じの方で、またご本人もそれを意識してか一つの記事をあまり長く公開しないようです。
KTMに関しては生き字引的な話も拝見出来るので定期的に覗かせていただいています。
興味の有る方は一度ご覧下さい。
特にKTMの2stユーザーは必見です。

これからの季節に。

先日ご紹介したラジエーターのリカバリータンクを自分のバイクに取り付けてみましたのでご紹介いたします。

P4070150.jpg
キットに入っていたものだけで取付が完了しました。ホースの長さもエアクリーナーケース内に設置したリカバリータンクまで充分取ることが出来ました。

冷却水を入れて終了です。
これを入れないと噴きだした水蒸気がそのまま大気開放されてしまいます。既定値はボトルに刻まれています。

早速白井で無理したためにこれの恩恵に預かれました。
私のような下手くそは年中ですが、その他の方々にも夏場のエンデューロでは有効なシステムだと思います。

syousai.jpg

レターパックに切り替えます

  • Posted by: MC GEAR
  • 2010-04-10 Sat 15:13:34
  • 未分類
ゆうびん レターパック

当店でも色々便利に使っていたゆうびんのEXPACK500が廃止になり、新たにレターパックというサービスが始まりました。

レターパック500の方は重量制限が課せられた事くらいであとは特に変わりはありません。きっと重い物を入れてトラブルになったのでは無いかと勘ぐってみたりして。
またレターパック350というサービスも始まりました。これは厚さの制限があるのですが、ポストに投函してくれるので留守がちな方にはお奨めです。ただポスト投函という事は着証明が取れないという事ですので通販業者としてはちょっと使いにくいサービスです。そのためこれの導入についてはちょっと検討中になっています。

これに限らず、発送方法などでご相談がございましたらお気軽にお申し付け下さい。
宅配便の配送業者は「佐川急便」以外取り扱いがありませんが、メール便やレターパックなどもご希望いただければ出来るだけ対応させていただきます。

店主

ELITE BOOTS登場!!

11_Boots_0_Elite[1]
MSRのELITEブーツがリリースされました。
本革をベースに樹脂プロテクターを適所に配し、キャップタイプのソールを携えたフォルムは今までのMSRブーツの中でも異彩を放つ完成度の高さです。

■EITE ブーツ
MC GEAR価格  \32,130(税込み)

syousai.jpg


CTi OTSキャンペーン継続のお知らせ

cti_campaign.jpg
輸入元からご好評いただいておりますCTiの円高差益還元キャンペーンの期間延長の連絡が入りました。
当初は今月半ばに締め切りのはずでしたが、予想を超える反響がありましたのでこれからシーズンを迎えるモトクロスライダーのためにも期間を延長することになりました。

またCTiは今年も全日本で活躍する3人のライダーを応援していくそうです。
ご声援御願いいたします!!
ots_rider.jpg

ちなみにモトクロスライダーではありませんが、フリーライドマガジンの三上編集長も「もうこれ無しでは走れない」と言っていました。普段激しく走ると膝に水が溜まるようになってしまったそうですが、CTiを着けて走るとそんな事が無いのでとても楽!とお墨付きをいただきました。

CTiはあらゆるスポーツをサポートしているという懐の深さが装着感などにも反映されているのでしょう。
怪我をしてしまった人も、思い切ったライディングのための安心感が欲しい人にもお奨めのアイテムです。

syousai.jpg

モッテテヨカッタパンツ

最近雨が多いですね。
まだまだ肌寒いのでレースやツーリングにはジャケットを着る場合があると思いますが、パンツが防水の方は少ないと思いますので急な雨には対応しづらいですよね。

そんな時のために持ち運びのしやすいレインパンツが入荷しました。

あらゆるシーンで活躍するモッテテヨカッタパンツ

■コンパクト収納
コンパクトに収納できる収納袋付きで常に携帯できエマージェンシー用として最適!。
■出し入れ楽々
入り口を広くしたラッパ形状収納袋 でストレスなく、楽々一発収納!

高原へのツーリングなどでは朝晩冷え込みますのでウインドブレーカー代わりにこんなコンパクトなレインギアがあると快適に走ることが出来ます。
裾はラッパ状になっていますのでブーツなどを履いたままでも履くことが出来ます。また裾はベルクロで固定しますのでばたつきません。



syousai.jpg

白井トライアルパーク

先日の日曜は茨城にある白井トライアルパークにお邪魔してきました。
トライアルバイクだけでなくエンデューロバイクやトレールでも走れるようになったためです。

管理人さんは、国際A級のトライアルライダーで現在モトクロスで活躍している萩原真理子選手のパパさんです。
初日はこの管理人さんがコースを同行して走ることの出来る場所を教えてくれます。

まずはパーク内に設けた一方通行のコースを走ります。
以前参加された方の動画がこちらにあります。




数名と行ったのですが、意外にサクサク付いてくるのでコース外も案内してくれました。
P4040142.jpg
あの~、えらいガレてますけど・・・。
ここでは1名はまってしまって管理人さんもほくほくしてました。(^_^;)
でも面白いルートでしたよ。

P4040146.jpg
最後はすり鉢状のヒルクライムエリアに案内してくれました。
この日はコンディションが良いのでラインを選べば苦もなくあがれたようですが、同行者は好き者が多いのでわざわざ難しいラインで登ろうとしてます。

こんな感じでトライアルバイクでなくても充分に楽しめるコースになっています。

エンデューロの練習にもお奨めです!

ハーバーエリミネーターとパームプロテクター再入荷


発売から大好評のハーバーエリミネーター
ユーザーの方からは曇り知らずでレースやツーリングに重宝しているとの感想をお寄せいただいています。

価格が改定されましたが、機能を考えるとまだまだコストパフォーマンスの高いアイテムです。
重さを気にされる方も多いのですが、そんな方も手に取ってみて軽さに驚かれ、これならゴーグルに取り付けても気にならないと言われます。

syousai.jpg


risk_pp_tana[1]
もう一つ最近のヒットアイテム「パームプロテクター」
これも大人気で欠品してしまいましたが、今週末には入荷することになりました。

マメで悩んでいる人は一度お試しください。

syousai.jpg

昔、マメを作るのはハンドルにしがみついているからだ!と先輩に言われたことがありますが、最近色々なライダーに聞いたところトップライダーでもマメは出来るそうです。
ライディングスタイルにもよると思いますが、無くすようにスタイルを修正するよりも一度こんなアイテムで予防しても良いと思います。

JNCC 第3戦 ブロードウェイ斑尾 エントリー受付中!

JNCC R-3 ブロードウェイ斑尾 エントリー受付しています!

5月9日に斑尾高原サンパティックスキー場 特設会場にて行われるJNCCの第3戦の受付が行われています。
もうすでに結構数エントリーがあるようなのでお早めに!

初開催のコースですが、「戦慄のヒルクライム "Black Cliff"」というセクションが用意されているようなので楽しみです。

エムシーギアは諸事情で九州には行けませんが、この斑尾にはお邪魔する予定です。

SIXSIXONE エルボーとニーシンガードが新しくなりました。

実はニーシンガードに関してはすでに入荷してましたが、一昨日エルボーも入荷しました。
661_Elbow_Comp[1]
COMP ELBOW GUARD
2009年までのモデルとカラーリングが変わっただけのようです。
コストパフォーマンスの高いモデルでエントリーライダーからエキスパートまでお奨めのガードです。

661_Nitro_tana[1]
NITRO ニーシンガード
2009年まであったリコチェットのモデルチェンジ版ですが、カラーが変わっただけではなく、ストラップがグレードアップしてフィット感が高まっています。
このタイプのガードはストラップをクロスさせて取り付けたり(THOR FORCE KNEEなど)パラレル留めたりしますが、リコチェットはどちらでも取り付けできました。逆にいうと、足の太さなどで固定方法を変えないとずれる場合もあったという事です。
しかしNITROはストラップにラバーパッドを装着するなどしてフィット感を高めており、パラレルでストラップを回せばしっかりと固定出来るようになりました。

プロテクター類は普段はウェアの下で見えない物のために汚れの目立ちづらい黒が多いのですが、最近のプロテクターはデザイン的にも色的にも色々と変わった物が出てきています。こんなのとか。

スーツは裏地にこだわるのが伊達男と言いますが、これからはプロテクター類の色にもこだわるのがオフライダーの伊達なんでしょうか。

syousai.jpg

Index of all entries

Home > 2010年04月


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top