Home > 2008年01月

2008年01月 Archive

スコアカード

オンタイム制呼ばれているエンデューロは速さを競う区間(SSとかSTなど呼び方は様々)とそれを繋ぐリエゾン区間で1周が構成されており、それを数周するレースです。
決められた時間で1周して、その中で速さを競う区間は可能な限り早く走る。それを何日間か行ったりするわけです。
タイヤ交換や各部の整備、そして破損個所の修理なども決められた時間内に行うことでマシンの信頼性やアクシデントに対応するライダーの技量も試されますので、これの上位に入るライダーは全ての面で卓越した技術を持っていると言えます。

リライアビリティトライアル(信頼性試験)などと呼ばれる所以です。

このようなエンデューロの場合は1周の制限時間がありますので周回数のチェックだけでなく、1周に掛かる時間もチェックします。そのためにタイムカードをライダーが携行するわけですが、ハードなコースのためにカードの破損や紛失をしないために専用のカードホルダーを用意することになります。

そんな時にお薦めなのがこのバーパッドです。


大径ハンドル用のバーパッドに透明なカードホルダーが付いています。
透明なカバーは片側がベルクロで留まっていますしベルクロ部分のタブが大きめなので出し入れがとても容易です。取り出して集計係へ提出する際のスムーズさは特筆物で、タイムギリギリで周回したときなどに出し入れでいらいらすることがありません。

しかも透明カバーのおかげでリエゾン走行中にちらっとタイムを確認して到着時間と照らし合わせが出来ます。またバーパッド上という見やすい位置に基準タイム(各チェックポイントに到達する予定時刻が各ライダー毎に決まっていてそれより早かったり遅かったりすると減点される)を書いた紙を挟むことも出来ますので尚のこと便利です。

写真のバーパッド以外に時計付きのタイプもあります。ちょっと価格は高くなりますが、見やすい位置にあるのはやはり強みです。3月のSUGO 2DAYSには是非これを試してみてください。

それと蛇足ですが、レースユーザー以外にもこれはお薦めです。
高速道路などのチケットホルダーにもなりますし、簡単な道順メモなどを挟むと便利です。
私は暑い時期のツーリングで扇子を挟んで走ったこともあります。止まったときにすぐに取り出せて便利でした。<暑がりな者で・・・。



アチェルビスウェア取り扱い開始

  • Posted by: MC GEAR
  • 2008-01-24 Thu 17:01:48
  • ウエア
STEFAN.jpg

ステファン・エバーツが着ているのがアチェルビスのウェアです。

イタリアンテイストのウェア類は派手さを抑えて機能性を重視した造りになっています。
動き易さと快適さを追求していますのでモトクロスはもちろん、エンデューロにも最適なウェアです。

IMPACT パンツにはヒップにグラブに付いた泥をこそぎ落とすマッドフラップまで付いています。ジャケットの機能も充実していますので是非一度ご覧下さい。

syousai.jpg

SUGO 2DAYSが近い

SUGO 2DAYSの開催が近づいて来ました。
3月29日~30日とまだまだ寒い時期のレースですね。

今年は私も参戦しようと計画中です。
タイヤはFIM公認のにしなきゃならないしスピードメーターも取り付けないといけません。
その他は昨年の深山クロスと同じ仕様で大丈夫なのであとは整備と練習あるのみです。
あ、そうそう、それにダイエットしないとサスが基準値外れてます・・・。(涙)

まだ2ヶ月ありますが、もう2ヶ月しかありません。用意は早めにしないと。
これから2ヶ月の間はSUGO 2DAYSにまつわる話を少しずつしようと思います。
私自身オンタイムの経験はあまり多くありませんが、観戦やサポートには行っているので気が付いた事などをご紹介いたします。

しかし寒くないんだろうか・・・。

MAGMAプロテクター

前々から気になっていたファーストレーシングのMAGMAインナープロテクターが入荷しました。
ストレッチ素材のノンスリーブTシャツにEVAフォームのプロテクターが付いているタイプです。

インナータイプなので走行中にプロテクターが動いてしまって不快な事もありませんし、伸縮性の高い素材なので圧迫感無くフィットしてプロテクターがずれることもありません。ファスナーやボタンも無いので着心地が良いのも特徴です。
サイズもジャージやTシャツと同じサイズを選べばOK!

樹脂製のアウタープロテクターが嫌いなライダーやエンデューロライダーにお薦めのインナープロテクターです!



駆動系パーツ取り扱い開始

  • Posted by: MC GEAR
  • 2008-01-10 Thu 11:20:45
  • 駆動系
2008年1月より新しく駆動系パーツの取り扱いを開始しました。
まずは『サンスター』と『TALON』を掲載しています。


サンスターはあの歯ブラシなどを作っている会社のグループ企業です。オートバイ関連ではこの他ブレーキディスクなども作っています。加工技術の確かさは折り紙付きで店長自らも好んで使っています。


TALONは創立35年になるイギリスのメーカーで、金属加工品を得意としたメーカーです。スプロケットはもちろん、ハブなども製造しています。極限まで肉抜きされた軽量スプロケットはバネ下重量の軽減を図っています。これも店長自ら使用しています。


中でもサンスターのSTENZは独創的な形状と高度な加工技術で見る者を圧倒します。
スプロケットの歯を交互にずらして排土性を高めると共に薄く作れることでステンレスの欠点である重量問題を克服しています。
正直言って前作の「Zスプロケット」は鉄製だったために横方向の強度が低くエンデューロなどで岩などに打ち付けると曲がってしまいましたが、ステンレス製にすることで4倍以上の横曲げ強度を得ることが出来ています。
しかしここまでの道のりは険しかったようで、私が初めてこれのプロトタイプを見たのが2005年9月だったから2年以上の歳月を経てリリースされたことになります。それまでも少量生産したらしいけど加工の難しさなどから生産量を確保出来ずに市場にはあまり流通しなかったようです。

そんな苦労を経てリリースされたステンレス製のスプロケットなのに価格がアルミ製とほとんど変わらないのも特徴です。耐久性を考えてもお薦めの逸品です。



VEMAR ヘルメット

今日、千葉県印西市の凸凹ランドで斉藤真奈さんとお会いしました。雑誌などで活躍されているのでご存じの方も多いのでは?
今日も走りを見ていましたがジャンプもフープスもしっかりと飛んでいて格が違う感じです。
彼女は今年VEMARヘルメットを被ってくれます。軽いしフィット感が良いと好評でした。
MANATEE WEB
DSC_1456.jpg
これからエンデューロやモトクロスなどで使ってもらって色々とご意見を伺う予定です。
逐一ご報告しますので乞うご期待!!

ちなみに彼女がチョイスしたのはリスポリレプリカです。
全体がマット仕上げになっていて格好良いですよ。

DSC_1406.jpg
真奈さん達とは以前からよくこの凸凹ランドでお会いしました。東京在住の彼女達がここまで来るのはきっとコースのすばらしさや集まるライダーの雰囲気が良いからでしょう。
そんな凸凹ランドも近々閉鎖予定になっています。近隣トラブルなどではなく、回避が不可能な理由だそうなので本当に残念です。

残りわずかですがまだ走ったことの無い人は是非一度体験してください。自走で走りに来る人も多いので気軽にどうぞ。
印西凸凹ランド

迎春

ahny.jpg
昨年はオープンなどでドタバタして慌ただしく、あっという間の1年でした。
8月に正式オープンしてからたくさんの方にご利用いただき感謝の一年でもあります。
2008年もオフロード用品をもっと深く知っていただけるようなサイトにするべく頑張って参ります。
ご期待下さい!

Index of all entries

Home > 2008年01月


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top