Home > 2007年10月

2007年10月 Archive

HERO'S in MX408

10月28日に開催されたHERO'S ADULT に行ってきました。
前日まで台風のために路面コンディションは最悪でスネークコーナー辺りからスタックするバイクが出るほどでしたが、午後には気持ちよく走れるコースになっていました。
DSC_0644.jpg

それにしてもCRF150Rのエントリーが多いのには驚かされました。
クラスによってはこれ一色という感じです。少なくとも速い人はみんなこれでした。他メーカーも早く追従しないと。
DSC_0778.jpg

私は今回もVEMARヘルメットを展示させていただきました。ライダーズミーティングでは久しぶりに挨拶もさせていただきましたが相変わらずのあがり症で失敗してしまった。心の準備がぁ・・・。

話は戻ってVEMARヘルメットに対するモトクロスライダーの第一印象はやはり「軽いので良い!」が多かったです。また「チラシよりも実物の方が良い」というご意見をまたもいただきました。(汗)早く写真撮り直さないと。
また外国産のヘルメットはどうも不安という方もいらっしゃいましたが、海外の安全規格はスネルに代表されるようにとても高い基準を設けていますので何の問題もありません。ご安心を。
DSC_0568.jpg

ジャペックスさんは増田一将選手のSUGOスペシャルを展示してました。
ピンクは彼の希望だったそうです。ブーツとヘルメットがピンクで統一されていたそうな。しかしこんなブーツもあったんですね。
DSC_0653.jpg

当店でも販売しているFIRST RACINGの輸入元であるTam racingさんも出店してました。とはいっても参戦がメインのようでしたが。
DSC_0578.jpg

めでたくライツのミドルクラスにて1/2で総合優勝されてました。いや~!楽しそうでした。
DSC_0891.jpg


今回HERO'S ADULTにお邪魔して思ったのは和気あいあいとモトクロスを楽しんでいる方が多かった事でした。真剣に走っているのは当然なんですが、勝負事というよりもモトクロスを楽しんでいるという雰囲気の方が多かったと思います。
クラスもテクニックに応じて分けてくれるので気負う必要もありません。私はモトクロス未経験ですが次回は走っちゃおうかなと思わせる気軽さがあります。KDX125で参加されていた女性もいらっしゃいました。

興味の有る方はアンリミテッドさんのサイトをご覧下さい。

WR250R情報

WR250R試乗会が全国4カ所で開催
全日本MX IA1チャンピオン成田亮選手(Jubilo RT)および鈴木健二氏(Jubilo RTヘッドコーチ)によるデモンストレーション走行を予定しているそうです。

その他北海道と九州でも試乗会を開催予定です。

WR250Rといえば鈴木健二氏のブログでISDEはこれで出ると宣言されていました。
マフラーとエキパイをYZの物を加工して付けて250Fと遜色ない性能が出ているとの事ですからこれでレースに出たいと思っている人にとってもとても楽しみな事だと思います。

ホント久々に面白いトレールバイクが出てきましたね。
11月16日のデリバリー開始が楽しみです。

エンデューロソールについて

ガエルネED-PROなどに使われているビブラムエンデューロソールは元々登山用のソールのためにオートバイとの親和性は今一歩です。
特にとっさに足を出す場面などでステップに引っ掛かる場合があって、それを嫌う方も多くいます。

一度上に上げて足を出すくせを付けると良いのですが、私もSG-1からEDに履き替えるとやはり最初に引っ掛ける時がありました。
そこそこ鬱陶しいのでかかとの引っ掛かる部分を削って対処してみますP8230110.jpg
通常直角に切り立っている踵前面を斜めにカットするだけです。

ディスクグラインダーなどで削るとあっという間に出来ます。 ただし削りすぎるとソールの肉抜き部分まで達して穴が開くので適当なところで止めましょう。P8230112.jpg
右が加工済みで左は加工前。この程度にしておくのが無難です。
簡単な割に効果は高いのでお勧めです。咄嗟に足を出す時に実感できるかも。

実はこれの発案者は石井正美選手。実戦に即した裏技でした。

ラフアンドロード訪問

DSC_0528.jpg
仕事の打ち合わせとオフ担当者の方と談笑するために横浜のラフアンドロードさんに行く。
オフロードの売り場は死守しているそうだが他のフロアに比べるとちょっとお客さんも少なかったかな。WR250Rで市場が少し活性化すると良いねぇ。などと話をしてきましたが先行きはあまり明るく考えていないようです。
それでも商品点数の多さといい、自社での輸入商品の品揃えといいオフ乗りは一度はお世話になっていると思います。

エムシーギアでもそんな商品の一部を卸していただけることになりました。
ライダーの視線で考えられた商品の数々は痒いところに手が届くものばかりです。
なによりここの店員さんも企画の人もバイク大好きな人ばかりなので熱い想い伝わってきます。
以前営業で来たときにあまりの品揃えの良さにびっくりして聞いたら「取り扱えない物は無いと言うのが社訓」と教えていただきました。
うちのポリシーにも似た心強い社訓です。
ちなみにエムシーギアは「店長が気に入った物しか紹介しない」がポリシーです。

手始めにラフアンドロードオリジナルプロテクターにプログリップのゴーグルとケブコのウエストベルトを掲載しました。どれも私が一度は使ってみた物です。

これからも色々面白い物をお願いします!>ラフアンドロードさん

ブーツのメンテ

最近使いっぱなしだったブーツのメンテを行いました。
ブーツのプロだとか言いつつ医者の不養生よろしくブーツのメンテが疎かになり勝ちです。反省。

さて久しぶりなので随分汚れていますからまずは洗浄。
最近こんな物を手に入れたので早速使ってみます。

レザーウォッシュ for シューズ
革靴が水洗いできるという洗剤でです。
水洗いをする際に革の油分まで洗い流して柔軟性が損なわれるという現象を抑える洗剤ですので安心して洗うことが出来ます。また内装も一緒に洗うことも出来るから常に清潔なシューズやブーツを履くことが出来ます。

最近の樹脂バリバリで革部分が少ないブーツでもその革部分が硬くなると樹脂部分との柔軟性の差からほつれたり割れたりしやすくなりましたが、こんなもので水洗いすると革を硬くしないのでトラブルも減るはずです。

試しに使ってみたら泡立ちも良くて泥も綺麗に落ちました。

流石に樹脂部分のくすみは取れないけど、ここは食器洗い用のメラミンスポンジで軽く擦ると綺麗になります。(ただし細かい傷が付くのでつや消し部分にのみ使用してください)
風通しの良い日陰に干して乾く様子を観察しましたが、しっとりとしたまま乾いて良い感じです。

オイルドレザーの靴も試しましたが同様にしっとりしたまま綺麗に乾きます。
これはカビが生えてしまった物でしたが痕も残らず綺麗になりました。(実は不注意でかびさせてしまった・・・。汗)抗菌作用も有るから長期保管の前に使うとこんな風にカビを生やさなくて済むでしょう。

ブーツのサイズ選び

ブーツのサイズ選びで悩んだことありますか?

フィットしないと靴ズレ起こしたりして大変だけど、高額だからおいそれと買い替えられない。
サイズ選びは本当に難しい問題です。

オンラインショップでブーツを選ぶ場合は本当に問題で、実際に履かないで商品を選ぶ場合はある程度リスク覚悟で買わなければなりません。もっともエムシーギアで扱っているメーカーの商品は必ず店長が足を通していますのでインナーソールを使用する場合は通常履いているシューズより1サイズ大きめを選んでもらえれば大抵大丈夫です。

極希にサイズが小さすぎたとサイズ交換を希望される方がいらっしゃいましたが、そんな時は室内で5分くらい履いてもらってから結論を出してもらっています。そうするとほとんどの方は交換せずにそのまま履き続けることを選ばれます。

理由はこんなところにあります。

Continue reading

プログリップゴーグル

DSC_0130.jpg
先日のギャロップXのピットでせっせとゴーグルのセッティングをしているイシゲ選手を発見。
よく見ると5~6セットあるゴーグルは全てプログリップ製でした。スポンサーのご厚意で安く手に入れたそうですがコンディションに合わせてたくさん用意する所に意気込みを感じます。それに一つ一つ丁寧にメンテしている姿を見て真剣にレースをやる人はゴーグル一つにもこんなに気配りするのだと感心しきり。

プログリップを選んだ理由はスポンサーの関係だけではなく製品自体を気に入っているからだとか。

気に入っている点は
・柔らかなフレームのお陰で顔にフィットする
・ロールオフとの相性がよい(標準装備のモデルがある)
だそうです。

フレームのフィット感は国産のゴーグルメーカーが一番日本人向けだと思いますが、フレームの柔軟性が高くスポンジのフィット感が良いためにプログリップがお気に入りだとか。
汗やゴミがが目に入らないようにするにはこのフィット感が重要なのでしょう。
その国産ゴーグルにはロールオフが付かないために総合的に見てプログリップに軍配が上がったそうな。

私からするとこれに 「・曇り止めが秀逸」 というのも入るんですが、基本的に押さない人達にはあまり恩恵を感じないそうです。

この日のレースは残念でしたがきっとISDEチリ大会では大活躍してくれることでしょう。
頑張れ!イシゲ!!



ARJ51号

arj200710.jpg
先月号で発刊から50号になりましたアルペンロードジャパンです。
51号ではその記念プレゼントを行っています。

それと発行人の高山さんが業界内を走り回っている様が分かる「ショップさんetc.訪問」にはSP忠男の社長が筑波でTZR250に載っている写真まであります。

高山さん自身が楽しそうにバイクに乗るから雑誌も楽しそうな感じに仕上がるんだろうなぁ。

フリーペーパーなので近くのオートバイ用品店などで見かけたら手に取ってみて下さい。

ブーツについて

個人的に樹脂を多用したブーツはちょっと苦手である。その理由はむか~~~~~し某A社のブーツを履いた時にくるぶし部分の革が内側に入って痛い思いをしたためである。

それまで使っていたS社のが全然問題無かったからちょっとがっかりしたのだが、友人が海外から持ち帰ってくれた折角のブーツだったから我慢して履いた覚えがある。
その後G社のブーツしか履かなく(履けなく)なったのだが、樹脂ばりばりの初期型SX-EVOLUTIONは随分痛い思いをした。
その後サンプルで入ったSKYWALKERというブーツ(SG-1の前身)はこれまた痛くて履けなかった。
それ以来樹脂ばりばりブーツは私の足には合わないと決めつけていたのである。

しかし靴に携わって随分経つと原因が分かった。

Continue reading

BANEインナーソールの使用レポート

◆バネ インナーソール レポート
テストフィールド:エンデューロコース(軟質路面と砂利引きのフラットダート、ウッズや石の多いガレたセクションもあり)
使用ブーツ:ガエルネ SG-10(ダボス製フラットソール装着)

◆装着感 
まず最初に装着した際は他のメーカーの物に比べるとアウトサイド側の立ち上がりがきつく感じ、若干の違和感を覚えます。しかし普段使用している革製のライトトレッキングシューズ(ガエルネ TRAPPER)に装着して1日歩いたところ、体温でインナーソールが暖まる頃には違和感は消えていました。その後装着するブーツを変えてもこの違和感は出ません。逆に最初に感じた違和感の割に足に馴染む時間が短いことに驚きました。(※違和感というよりはインナーソールが自己を主張している状態と言った方が良いかも知れません。)  
土踏まずのアーチは程良い堅さでしっかりと保持してくれ、前出のアウトサイド側の立ち上がりも暖まると共に足の形状にぴったりとフィットしてホールド感の向上に一役買っています。 このことからこのインナーソールは少しではありますが馴らし期間を持った方が良いと思います。

◆歩行
一日履いて歩き回ってみました。 
結論から言うと普段であれば足の裏に痛みを生じるほどの距離を歩いたのですが、疲労度が明らかに減少していました。このトレッキングシューズは普段イタリアのインナーソールの専門メーカーがサンプルとして開発したインナーソールを入れています。トレッキング用にヒールの保持力を高めた物ですが、それよりも明らかに保持力が上がっており長時間の装着で疲労の度合いに大きな差が出ます。
 
また少し靴ひもをルーズにした際でも踵の浮き具合が少ないのが分かりました。恐らくくるぶしよりも下の部分がフィットしているためにくるぶし部分が多少ルーズになっても保持力に大きな差が出なかったのだと思われます。ふくらはぎなどに合わせて少し大きめのブーツを選んだ際でもこのインナーソールを使用することでブーツの中で足が遊ばないように保持してくれそうです。そのため怪我の防止や疲労の軽減に役立でしょう。

◆乗車
極力スタンディングで乗車してみました。オフロード走行の基本はステップに立つスタンディングポジションが基本だからです。

最近のオフロードバイクはステップの前後長が広めになっています。これは接地面を広げることで安定感を増すように考えているためです。このインナーソールを装着した第一印象はこのワイドステップに変えたときと同じように安定感が増したように感じました。土踏まず部分でもステップに加重をしている感覚でしっかりと踏み込めます。そのためにコーナーの入り口でイン側のステップを踏み込む動作も自然に行え、マシンの姿勢が不安定になる事が少なくなりました。

インナーソールによって足の裏がブーツのソールに密着している感じがしてステップからの細かな入力(マシンの振動や路面の状況)が良く分かるようになりましたが、大きな入力(ジャンプや予想外のギャップなど)はしっかりと吸収しており、オフロード用のインナーソールとしても充分に機能しています。この細かな入力が分かりやすくなる一例としてリアブレーキのコントロールがしやすくなることが挙げられます。普段結構踏み込まないと分かりづらかったブレーキペダルからの反力が少ない踏み込みでも分かるようになったためにペダルの位置を少し調整したくなるほどでした。

また歩行時に感じたのと同じように長時間スタンディングしていても足の裏の疲労が極端に少なくなっています。前出のインナーソールメーカーが作ったボールポイント(歩行時の踏み込む部分)からヒールに掛けて樹脂で裏打ちしたインナーソールの場合もここまでしっかりとした効果は現れませんでした。インナーソール自体のフレックスだけではなくアーチホールドがしっかりと機能しているお陰だと思います。

フットベット部分の材質による滑りの有無についてはメッシュタイプでも滑りを感じることは皆無です。足にフィットしているために前にずれたりする事はありません。ですからオフロードは運動量も激しいのでメッシュタイプがお薦めです。スエードタイプは肌触りの良さと滑りづらさから多少サイズが合っていないブーツに使用する場合は効果的です。

ここまでテストしてから今までのインナーソールに入れ替えて走ってみました。やはりホールドのしっかり感が薄れ、ステップを踏み込んだ際に足首が左右に逃げる感じがします。当然この状態では土踏まずでステップからの入力を感じる事が出来ません。また路面からの大きな入力を殊更に感じるようになり、疲労の度合いも大きくなったような気がします。(ただしBANEインナーソールの後に装着したので単純に疲労が蓄積していた場合も考えられますので次回はこの逆を試そうと思います。)コーナーの入り口では足首が左右に動きやすい為に一瞬バンクさせやすい気がしましたが、つま先の開き具合が一定ではなくコーナーによって印象が微妙に異なります。これはつま先が開いてしまうと足首や膝の屈伸方向が変わるために起きる現象だと思います。BANEインナーソールの場合はこのようなつま先の開きが少なくフィーリングに変化がありません。
 
あとフィット感が薄くなってシフト操作が甘くなったためにシフトミスが増えてしいました。ただしこれはソックスなどを厚めの物に変えると改善されると思いますので大きな差違ではありません。

◆総論
インナーソールの価格としては確かに高い部類に入りますが、他メーカーの物と比べても保持力などは秀でていると思われます。数回使っただけでもうマストアイテムになってしまいました。ブーツの中で足が遊ばないということは怪我の防止にも繋がりますし多少高くとも長い目で見れば安くて効果の高い商品だと思います。 
あとはもっと使い込んでみて耐久性についても後日ご案内いたします。



インナーソール

ブーツを履く時にどんなインナーソールを使っていますか?

靴がひと型で千差万別の足に合わせる事が不可能な以上、それをサポートするインナーソールの存在は重要です。
しかしよくインナーソール標準添付などと唱っているブーツがありますが、それはあくまでサイズ調整用の物だったりしてオマケ程度の物が多いのでしっかりとした物にリプレイスする事をお奨めします。

インナーソールについてはよくトライアルライダーからステップからの入力が鈍くなるという意見をもらいましたが、それはただ厚さを調整したり多少のクッション性を加える為の物だからです。
しっかりしたインナーソールの場合はブーツのソールと足の密着度を高めてくれるので、逆にステップからの入力がダイレクトに感じられます。
トライアル界はもとより、仮面ライダーのスタントでも有名なライダーがあるインナーソールを使用したらブーツが少し窮屈になったので次回からワンサイズ大きめにすると言ってきました。彼等はインナーソールをあまり好んでいないはずだったのですが、オーダーメイドで作ったところあまりにも具合が良くて手放せなくなったそうです。
ステップからの感覚が掴み易い、というのが理由でした。極限のマシンコントロールを信条とする彼の言葉がインナーソールの重要さを如実に物語っています。
このようにインナーソールはサイズを調整するための付加物ではなくてそれ単体が機能パーツなのです。

またブーツとの密着度も高まるのでブーツ本来のプロテクション能力を充分に発揮してくれます。すなわち、怪我もしづらくなるのです。

しっかりした物はやはりそれなりに高いのですが、それに見合う効果は必ずあります。
特にステップに立って乗る人は是非使ってみて下さい。ステップワークに違いが出ます。
私はブレーキングしながらのステップ荷重で違いが出ました。普段右コーナーでリアブレーキを掛けながらステップを踏み込んで倒し込む時にどちらかが甘くなってしまうのですが、ba2neを使用するとどちらもしっかり踏み込めました。詳しくは後日このブログでご報告します。
bane01.jpg

(画像は今度取り扱うインナーソール‘ba2ne’です。協賛頂いたので今度レポート致します。)

ED-PRO CORSA 予約開始

corsa_header.jpg
ガエルネのED-PRO CORSAの予約受付が開始されました。
サードエディションでの変更点はソールのみ。

しかしこのソールは世界でもトップメーカーであるビブラム社がリリースした“エンデューロ専用”ソールなのです。

Continue reading

盗難情報

  • Posted by: MC GEAR
  • 2007-10-10 Wed 18:13:59
  • 未分類
お世話になっているダーヌポのホッパーさんのバイクが盗まれてしまったようです。

バイクの盗難は本当に心が痛みます。
私も随分以前に400ccのロードバイクを盗まれたことがありますが、有るべきところに無いというのは本当にショックです。盗難に遭ったことが無い人には分からないかも知れませんが、私はトラウマになっていて今でも夢を見るくらいです。

ここでご紹介することで盗難車の発見への力添えと共に見ている方々全てへの警告となれば幸いです。
こんな思いをする人が少しでも減れば良いのですが。

ホッパーさんのバイク
車   両 Honda XR250(06年式)・赤
車台番号 MD30-1900859
登録番号 2 品川 あ 6452
特   徴 ファクトリーコネクションのアンダーガード、ZETAの可倒式レバー

見かけた方はダーヌポのホッパーさんまでご連絡下さい。

ギャロップXレポート

DSC_0082.jpg
10月7日に福島県河内村にてGALLOP-Xが開催されました。
朝夕は寒いほどですが昼間はTシャツでもOKという絶好の天候の中二人のISDEトロフィーライダーも交えて熱戦が繰り広げられました。

総合優勝は・・・。

Continue reading

ギャロップX

突然ですがギャロップXに行ってきます。
今週急遽決まったので告知も遅れてしまいました。

VEMARヘルメット持っていきますので手にとって見てください。
それと細々した物を持っていくつもりです。他の所に連れて行ってもらうのであまり大きな物は持っていけませんが、工具などを中心にちょっとだけ持っていきます。

ご興味のある方よろしくです。<ってもうみんな現地か・・・。(笑)

取り扱い開始

vapor_tana.jpg
逆輸入車や通常のアナログメーターのリプレイス用に最適なパノラムメーターの取り扱いを始めました。
私も以前ENDURANCEというモデルを使用していましたが、ボディーが小さい割に文字が大きくて視認性が高いのが特徴でした。

メーターケーブルのフリクションを嫌う人にもお勧めです。
もっともケーブルのフリクションを体感出来る人はあまり居ないんじゃないかと思いますが。気分の問題ということで。

秋の装備

  • Posted by: MC GEAR
  • 2007-10-02 Tue 13:46:03
  • ウエア
mxraingra.jpg
今年の気候はおかしくて暑かったと思えば寒くなったりでオートバイに乗るには色々難しいです。
私はこのくらいの時期からツーリングにもFIRST RACINGのレインオーバージャージを持ち歩きます。
不意の雨はもちろんウインドブレーカーとして走り始めや夕方の冷え込み対策に最適だからです。畳めばウエストバッグのサイドポーチ(少し大きめ)に入れられたり雨蓋に巻き込んでストラップで留めることが出来たりしますので携行も楽です。

これはプロテクターの装着も考えて少し大きめになっていますので普段着ているジャージと同じサイズか1サイズ小さめでも結構です。ただし伸縮性が低いのであまり小さすぎると脱ぎにくくなりますので要注意。

サイズ表はこちらでご紹介していますのでご覧下さい。

2ヶ月経ちました。

早いものでオープンから2ヶ月が経過しました。
この間たくさんの方にご利用いただ感謝の念でいっぱいです。ありがとうございます!

近日中に商品ラインナップもさらに充実させる予定です。これからも宜しくお願い致します。

店主

Index of all entries

Home > 2007年10月


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top