Home > 工具 Archive

工具 Archive

水冷バイクに有って良かった。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2017-01-11 Wed 23:33:54
  • 工具
レースでたまに遭遇するのがラジエーターホースの破損です。
特にホースの接続部分が破損しやすかったりしますが、ホースの予備を持っている人は意外に少なくてリタイヤせざるを得ないというのはよくある話です。

特に2日間のレースや走行会などでは修理出来ないというのは悔しいものです。
そんな時にこれを工具箱に忍ばせておくとそんな悔しい思いをしなくて済むかも知れません。

11-0084[1]11-0084_1[1]
■モーションプロ Nitro Tape
耐熱性の高い自己融着テープなのでラジエーターホースなどがアクシデントで破損した場合の応急処置に使用することが出来ます。

サグの出し方

  • Posted by: MC GEAR
  • 2017-01-06 Fri 23:31:29
  • 工具
SNSでちょっとやり取りしている時に思い出したんですが、サスペンションのセッティングってまずはサグから出しますよね。

サグは静止時の車体の姿勢をサスペンションユニットのイニシャル調整機構を使って調整することでメーカーが指定する正しい位置にすることです。前下がりや前上がりの姿勢になると当然キャスター角も変化しますから操縦安定性に大きく関わります。

オートバイのサスペンションは様々な体重の人に合わせられる物ではありません。メーカーが想定する標準体重より重かったり軽かったりすると調整範囲を超えてバネを替えないといけません。ちなみにサスペンションのイニシャル調整はこのサグを出すためにあるのですが、けっしてバネレート(バネの堅さ)を変えるものではありません。締めこんでいくと堅くなると感じるのはサスペンションの初期の柔らかく受け止める部分をイニシャルを締め過ぎることでスポイルしてるだけです。要するに性能を低下させているわけです。

それではどうすれば設定体重とバネの関係を適切に出来るかというと「静的サグ」を計った上で「ライディングサグ」を出すのが一番です。
具体的なサグの出し方は長くなるので当店にあるモーションプロのサグスケールのページをご覧ください。>>>>
ym080336-02.jpg
基本的な姿勢をしっかり決めないとシチュエーションやライディングスタイルに合わせてセッティングを変えた時に混乱する元になります。是非お試しください。

そしてそんな時に有用なのがサグスケールです。
市販のメジャーでも当然計れますが、自分ひとりでやりづらい計測なので何処をどう計ったなどで誤差が出やすく不安の元になりがちです。その点専用のスケールであればそんな誤差も無くなり安心してサグが決められます。
08-0613[1]
サグスケールご購入の際はこちらのページからお願い致します。>>>

モーションプロ

  • Posted by: MC GEAR
  • 2016-11-01 Tue 23:36:15
  • 工具
MPOvalNewQTCのコピー

モーションプロはISDEゴールドメダルライダーであるChristopher Carterによって1984年に設立された二輪専用の工具メーカーです。
機能的な携行工具から整備用の特殊工具まで二輪ライダーのために適切で使いやすい工具をリリースし続けています。

フライホイールプーラーやTハンドルレンチなどの工具類の他にライトリムロックなどの機能部品やフォークブリーダーなどのパフォーマンスアップ部品まで様々なものを取り揃えています。

11-0060_tana[1]
特にライトリムロックは強化ナイロン製で軽量な上に強固にリムを咥えこむ形状からリムスリップが起こりにくいというエンデューロライダーにお勧めのアイテムです。デザインされたリムロックナットとワッシャーが同梱されているのでコスト的にもパフォーマンスが高いのもポイントです。

エンデューロに最適なアイテムというのこれも人気が高いものの一つです。
56f23261ec070abcd41fb1467c9fd5c2.jpg
クーラントリカバーシステム
トレールバイクと違ってモトクロッサーやエンデューロマシンの場合はオーバーヒートしかけた際にラジエーターから噴出した冷却水はそのまま垂れ流しの場合がほとんどですが、長時間走らせるエンデューロの場合はそれでは冷却水が無くなってしまいます。そこで水などを入れたリカバリータンクを装着して蒸気になった冷却水を冷やして液体に戻し、ラジエーターが冷えた際にそれを戻すわけです。全てが戻るわけではありませんが、一部でも戻ることでエンジンへのダメージを避ける時間を稼ぎます。

それ以外にも独特な工具や調整器具などがてんこもりです。
是非一度ご覧ください。

そうそう、工具ってどこのメーカーも同じなんですが、限定的に作って再販しない場合があります。モーションプロでも気に入ったアイテムがあれば是非お早めに。

モーションプロの工具についてはこちらをご覧ください。>>>>

GARRRR 11月号にてTSKレバーが紹介されました。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2016-10-07 Fri 18:40:42
  • 工具
2016-10-07 18.17.16
10月6日発売の月刊GARRRR 11月号にてタイヤレバー特集があり、その中で東洋精器工業(T.S.K.)タイヤレバーを紹介していただいております。
このレバーは基本的にプロ仕様のためにあまり販売しているところがありません。そのためだと思うのですが、問い合わせ先として当店を御紹介いただいております。

この中でテストをした渡辺氏、手塚氏から高評価をいただいておりますが、それもそのはずプロからの意見を元にして作られているからです。
メッキにすればもっと良いというお話もいただいていますが、ツールの場合は手に馴染むようにという配慮から敢えて滑りやすいメッキにしていないのだと思います。そのため先端を磨くプロメカニックも居ますので参考にしてください。

またこのレバーの良い所に感度の良さも上げていただいていますが、私の経験から言わせていただくとレバー自体のしなりが関係しているのではないかと思います。素材が硬すぎるとレバーが何処に当っているのかという感覚が掴みづらい気がします。その点T.S.K.は適度なしなりでそれが掴みやすいのでしょう。
それは全て冷間鍛造という手間を描けた製法によるところが大きいと思います。

T.S.K.タイヤレバーについてはこちらをご覧ください。>>>

携行用Tレンチのサイズ

  • Posted by: MC GEAR
  • 2016-09-29 Thu 23:07:10
  • 工具
ツーリングやエンデューロなどで携行する工具でコンパクトさからお勧めしているTレンチにはいくつか種類があります。
当店扱いのアイテムで特に携行用としてお勧めするのは以下の3種類です。
どれも1/4ソケットに対応したアイテムです。

ym080389[1]
■MOTION PRO TRI DRIVE mini T-HANDLE >>>
メーカー希望小売価格 3,600円(税別)
付属ソケット  8mm、10mm、12mm、13mm

6613-01[1]
■ZAP MINI 3WAY ソケットTレンチセット >>>
メーカー希望小売価格 1,980円(税別)
付属ソケット  +ドライバービット、ビットアダプター、8mm、10mm、12mm、13mm

ym080359-1[1]
■MOTION PRO デュアルドライブ ミニTハンドル(1/4) >>>
メーカー希望小売価格  1/4用:1,200円(税別)
付属ソケット  なし

2_2016092922301874f.jpg
上からZAP MINI 3WAY ソケットTレンチセット / MOTION PRO TRI DRIVE mini T-HANDLE / MOTION PRO デュアルドライブ ミニTハンドル
サイズはMOTION PRO TRI DRIVE mini T-HANDLEとZAP MINI 3WAY ソケットTレンチセットは同じサイズでMOTION PRO デュアルドライブ ミニTハンドルのみ若干大きめです。
ツールパックとの親和性は若干MOTION PRO デュアルドライブ ミニTハンドルが劣ります。
小さめのツールパックでは斜めに入れてギリギリというものもありました。

1_20160929223734617.jpg
MOTION PRO TRI DRIVE mini T-HANDLEとZAP MINI 3WAY ソケットTレンチセットはツールパックに納めるのを前提に作っていますのでサイズも小さめです。ソケットの紛失を防ぐために3方にソケットドライブが付いていますのでこの状態でツールパックに入れることになります。

■店長の個人的感想

私が個人的にツールパックに入れているのはMOTION PRO デュアルドライブ ミニTハンドルです。
若干大きいので小さめのツールパックを使用している私にはこれ以上大きいものは入りません。
逆に軸を持って早回しするにはこれくらいの大きさが便利だと思ったのです。コマはよく使う8mmと10mmをセットしています。

ZAP MINI 3WAY ソケットTレンチセットは価格も手頃でドライバービットとそのアダプターも付属しているのでツーリングに一番お勧めです。表面処理がツルツルしているのを好む方にはこれしかありません。

MOTION PRO TRI DRIVE mini T-HANDLEは一番高価なのですが、信頼のモーションプロということもあってソロツーリングやレースの際は一番のお勧めです。コマの装着感は節度のあるもので緊迫した整備を行う際のストレスを最小限にしてくれるでしょう。滑りづらい梨地仕上げの表面も様々なコンディションで作業をする携行工具としては最適だと思います。

ツールパックの中味

  • Posted by: MC GEAR
  • 2016-09-12 Mon 23:41:47
  • 工具
今週末は全日本エンデューロの北海道大会が開催されます。
今年も1周がとても長いコースの上に最近の台風の影響でコンディションもあまりよくないようです。
そんな時に安心を与えてくれるのは携行工具です。

そこで昨年日高を走った際に私が持っていた工具を御紹介します。

2016-09-12 23.25.14
上の左から片目片口レンチ(12,10、8mm)、モーションプロ1/4Tレンチ(6,8,10,12,13,14mm、六角アダプター、ドライバーとヘックスビット)、ロッキングプライヤー、レザーマンツール、クニペックス プライヤーレンチ
カッターナイフ、プラグ、パンク修理キット、WERAドライバーセット
プロトウ(牽引ロープ)
これの他にプラグレンチをハイドレーションパックに仕込んでいます。またタイラップも複数持っています。

当店で取り扱っているのはモーションプロのTレンチとプロトウ(ただし欠品中)しかありませんが、このTレンチが一番の肝になっています。
オートバイのボルトナット類はアクセスが悪くて普通のレンチが入らない場所も多いんですが、だからと言ってラチェットレンチにすると重量もあるので競技には不適です。そんな時はソケットタイプのTレンチが作業も早くて携行性も高いのでお勧めです。

08-0547[1]
他にモーションプロにはY字レンチもあります。これはヘックスレンチとソケットレンチが両方仕込まれていますので持つ工具を減らすことが出来ます。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

※パンク修理キットはTUBLISS用です。日高は金網を敷いている箇所もあるので穴あき対策で持ち歩きました。

プラグレンチ

  • Posted by: MC GEAR
  • 2016-09-06 Tue 22:18:14
  • 工具
以前レース中にプラグが被ってしまった友人が手を振って助けを求めているのを応援してくれていると思って手を振り返したことがある店長です。

その時はなんでレース中にコース脇で手を振ってたんだろうと思い直して次の周に止まって事情を聞いたんですが、一台を複数でリレーするレースだったので仲間内でもみんな気が付かなかったようです。
しかしレース中のプラグトラブルって結構ありますよね。

特に2stはそんなトラブルが多いのでレース前にはおまじないのつもりで新品プラグに交換します。
それほど高いものでも有りませんし。
その上万が一を考えてプラグとプラグレンチを携行するのを忘れません。
これも保険みたいなものですが、持っていなくて後悔した人を何度も見ていますので忘れられないアイテムです。

車載工具のプラグレンチでも良いんですが、アフターマーケットには様々なレンチがありますので自分に合ったものを選んで携行するのをお勧めします。レース中は大抵てんぱってるので使い慣れたのものが一番です。

私はモーションプロのラチェットプラグレンチを使用しています。
類似品が多く出回るくらい有名で機能的なレンチですので普段から使用しています。狭い場所でもスムーズに脱着出来るので手放せません。
これをツールコンパートメントの付いたハイドレーションパックに仕込んでいつも走っています。

ym080147AC17071-1

これ以外にも昨今の4stハイパワーエンジンの狭いプラグホールにも対応したプラグレンチなども用意されています。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

Index of all entries

Home > 工具 Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top