Home > ヘルメット Archive

ヘルメット Archive

KYTヘルメットのバイザー

KYTヘルメットはバイザーが長いですねと言われる事があります。

kyttop.jpg
実際はエア抜きの穴を大きく取って高速走行時の抵抗を少なくするために前後に長くなっているだけなんです。

2018-04-10 (2)
2018-04-10 (3)
SHOEIのVFX-Wと比べても額からバイザー先端までの長さは共に11.5mm前後と大きな差はありませんでした。
被った時の視野に入るバイザーも特段な違いは感じられませんでした。

ちなみに結構有名な話ですが、バイザーにはスポンサーステッカーを貼るという役目もあるためにライダーからそれを要求される場合もあるそうです。そのためエア抜きの穴が少なかったり全く無かったりするバイザーも珍しくありません。トップライダーのイメージが販売に直結するから仕方が無いのでしょう。
その点KYTはそういった事を考えずバイザー本来の機能を優先しています。

■エマージェンシーリング
昨年古いタイプのヘルメットを被った方が転倒して一時的に四肢の麻痺があった際に頚椎に負荷を掛けずに脱がせる機構が無くて誰も手が出ませんでした。もっとも脱がしても動かせないので救急隊員が来るまでそのままにしていたのですが、その救急隊員もヘルメットを脱がすのに苦労していました。
今は容易に脱がせられるようになっているヘルメットが出ています。KYTヘルメットにもそれが装備されています。
2018-04-10 (1)
チークパッドの前側に赤いプルリングがあります。これがエマージェンシー用のプルリングです。
使い方はまずチークパッドのヘルメットの縁側にスナップボタンが二つありますので指を入れてこれを外します。そしてこのプルリングを引くとチークパッドが取り外せます。
あとは頚椎を動かさないようにヘルメットを抜けばいいだけです。

お陰さまでKYTヘルメットのユーザーも増えていますのでユーザーでない方も万一のために覚えておいていただけると幸いです。

KYTヘルメットについてはこちらをご覧ください。>>>

KYTヘルメットを使い始めてから1年以上経ちました。

一昨年の12月に日本上陸と同時に購入して使い始めたKYT STRIKE EAGLEヘルメット。
今ではマストアイテムになりました。

この仕事も長いので色々なヘルメットを被ってきましたが、どれも何処かに荒はあるもんです。
SHOEI一筋でVFX-Wに大満足していた私も、KYTを被ると色々なアプローチがあってヘルメットって奥が深いなと思わされます。
SHOEIは一言で言うと過保護な感じでその愛情が夏場暑苦しく感じたりします。でも安心感は抜群です。
KYTはちょっと放任的でなんか首筋スカスカしてませんか?って感じるんですが、それが夏場に涼しさを提供してくれます。頭へのフィット感は高いので軽さも相まって不快なずれなどは全くありません。また大きな転倒はしていないのでヘルメットの頑丈さは体感していませんが、レース後の疲労に差が出ているように感じます。ジャンプに失敗した時などに軽いヘルメットはやっぱり衝撃も少ないなって思います。ヘルメットの評価基準としては重心位置も話題に登りますが、KYTヘルメットに関してはそこの評価も高いのが特徴です。

あとこれも私はツーリングで使用しないためにあまり実感する場面が多くないのですが、バイザーに大きく開いたエアアウトレットは高速走行での抵抗が少なくてこれも疲労に直結しそうです。ツーリングユーザーの方にも是非体感して欲しいものです。

それとよくヨーロッパ的なデザインですねって言われるんですが、それもそのはずイタリアの老舗ヘルメットメーカーSUOMY社と提携しておりデザインを担当しています。ヨーロッパメーカーの物をそのまま輸入すると日本人の一般的な頭には合わないといわれますが、KYTの場合はアジア形状なので典型的な日本人頭の私でもぴったりでした。
またヨーロッパのヘルメット全般に帽体が小さめに見えるのが特徴の一つですが、KYTヘルメットもやはり外観が小さめに見えるので写真栄えします。(結構気に入っている部分です。)

KYTヘルメットについてはこちらをご覧ください。>>>

webmatt1[1]のコピー

KYT ヘルメット情報

2018-03-18 074756
昨日は山梨のクロスパーク勝沼で行われたクロスカップにて新色を含めたKYTヘルメットの展示と試着を行いました。
ブースに足を運んでいただいた皆様ありがとうございました。

新色は4月1日より発売予定になっており、当店でも近日予約受付を開始する予定です。
お楽しみに!

また先日限定販売をしたPatriot (パトリオット)シリーズはレギュラーモデルとなります。タイミングを逸してしまった方は是非ご再考ください。

新色の詳細は後日ご案内いたしますが、価格は他のカラーモデルと同じ標準小売り価格が41,000円(税別)になります。
当店の価格は39,852円(税込み)です。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

KYTヘルメットの縁ゴム

先日の新春セールではたくさんの皆さんにお買い求めいただいたKYTヘルメットのお手入れについてです。
KYTヘルメットの縁ゴムはつや消し仕様のために泥などが付くと取りづらくなります。

2018-02-13 14.43.15
オフロードヘルメットですから汚れるのは当然ですが、その都度洗って綺麗に保ちたいですよね。
しかし普通のスポンジや布で擦るくらいではなかなか綺麗になりません。

そこでお勧めなのが洗剤を使わずに食器を洗うためのメラミンスポンジと呼ばれるものです。
汚れをこそぎ落す固めの素材なので塗装部分を擦るとつや消しになってしまいますので注意が必要です。
このスポンジはブーツなどの樹脂にこびりついた泥汚れにも有効です。同じ様に艶のある部分に使用するとつや消しになるのでご注意ください。

本日はKYT新春セールの最終日です。


お陰さまで大好評のKYTヘルメットの新春セールは本日が最終日です。
24:00までにご注文いただいた分はセール価格が適用されますので宜しくご検討ください。

KYT新春セールのページはこちらです>>>

このセールでたくさんの方にKYTヘルメットの良さを知っていただける機会が出来たと思います。
今年も各地で展示試着をする予定ですので宜しくお願い致します。

KYTヘルメット新春セールは月末まで!


1月5日より行っておりますKYTヘルメットの新春セールもお陰様で大変ご好評をいただいております。

KYTヘルメットはMFJ公認ヘルメットで、しかも公道での使用も可能なSG規格をパスした安心安全なヘルメットです。
そうした機能面が万全な上に軽量なのがこのヘルメットの特徴です。
軽いということは長時間の装着をするエンデューロでは重要なファクターです。ヘルメットの重量は結構首に負担が掛かりますから疲労の原因にもなります。それに重量が軽いという事はジャンプの着地や転倒で首に掛かる負荷が軽減されます。
ヘルメットが重くて疲れてしまうと集中力が途切れがちになります。レース後半の集中力に不安がある人には特にお勧めいたします。

セールは今月末までを予定しております。
定価の25%OFFは今回限りです。若干ですがまだ在庫もございますのでお考えの方はお早めに!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

ヘルメットとゴーグルの相性

今年一年様々な会場でKYTヘルメットの展示試着をさせていただいた中で、ゴーグルとの相性を気にする方が結構いらっしゃいました。
KYTは開口部も大きいので装着出来ないゴーグルは無いのですが、やはり気になるのだと思います。それに相性というか似合うというのも要素なんでしょうね。来年は鏡も持って行こうか思案中です。

それとKYTヘルメットってヨーロッパのヘルメットとフォルムが似ているためか、すでに他のヨーロッパ製のヘルメットを被っている人がゴーグルの選定に苦労しているのをダブらせるのでしょう。KYTはイタリアのSUOMYがデザインしているのでヨーロッパ然としているのは当然ですが。ただ日本でSG規格をパスさせるためには視界の広さも関係するのでしっかりと広くなっています。

以前ゴーグルとの相性をこの日誌でも御紹介しましたが、その後arieteの取り扱いを始めましたのでそれも合わせて御紹介いたします。(モデルは相変わらずなのでご容赦を)

2016-11-27 133558
arieteは上下の幅が狭いので鼻の部分に結構大き目の隙間があります。
開放感があって良好です。


100%ACCURIはそれに比べると上下の幅も広いのですが、フレームが薄めなので開放感はarieteと遜色ありません。
薄いために装着した際のシルエットが小顔に見えるのも気に入っています。


FORECASTユニットを装着するとこんな感じです。
ゴーグルの中の空気量が増えるので曇りづらくなるはずですし、前に少し出っ張る分メガネも収まりやすくなるはずです。
ちなみにベースのゴーグルはアウトリガー付きのRACECRAFTです。


プログリップPG3301だとこうなります。
レンズの大きさ自体は100%とあまり変わりませんが、フレームが少し下側に大きい感じです。
WMXヤマハのフェーブルもプログリップユーザーですが、それが納得の相性のよさです。


PG3301にロールオフを付けるとこのようになります。


PG3400Mはアウトリガータイプですが、ヘルメットとの干渉はありません。

会場で試着される際はお気に入りのゴーグルをご持参いただけるとフィッティングの確認も出来ますのでお勧めいたします。

KYTヘルメットについてはこちらをご覧ください。>>>

当店取り扱いのゴーグルの一覧はこちらです。>>>

Index of all entries

Home > ヘルメット Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top