Home > ヘルメット Archive

ヘルメット Archive

Xmas-NEW YEAR セール開催!

xmassale.jpg
先日の試乗会会場でお披露目したKYTヘルメットのセールですが、とても好評だったのでショップサイトでも行うことに致しました。
モデル限定在庫限りのセールですのでお早めに!

現時点でもモトクロス用のMFJ公認ヘルメットでは最軽量の部類に入りつつ、公道でも使用可能というお墨付きであるSG規格にもパスしている安心なヘルメットです。
これを機会に是非KYTヘルメットの良さを体感してください!!

価格はリンク先をクリックしてびっくりしてください。

KYTヘルメットセールはこちらをクリック!!>>>>

安全性と軽量と、そしてもう一つ。

febvre1_5822dc23ed2f7_201810262022120a3.jpg
お陰さまで発売から大変ご好評いただいているKYTヘルメット
試着などをしていただくと「軽い!」といって驚かれたり顔がほころんだりと嬉しい反応をしていただけています。

こんな軽いのにSG規格をパスしている上にMFJ公認取得の際に更なるテストに合格している安全性の高さも自慢です。

STRIKEEAGLE-10.jpg
会場での展示ではレースの翌日の首の疲れが違うとか、アクシデント時も重いヘルメットは慣性力が生じるので軽量なほど良いなんてレース向きの話しかしていませんが、実はもう一つ利点があります。

それはこのバイザー(ピーク)の形状です。
モトクロス用のピークは面積が広く取られている物がほとんどです。これは異物から守るためという他にスポンサーステッカーが貼り易いという利点もあります。(プロライダーは結構ここも重視するそうです)
KYTストライクイーグルのピークはエア抜きを優先に考えられているのでちょっとステッカーチューンしようとすると配置に苦労したりします。でも高速走行時にここのエア抜きがあることで首への負担が大幅に減少するんです。
ですからレース派はもちろんツーリングユーザーにもお勧めしたいヘルメットです。一日中被るので軽量の恩恵を受けやすいですし。

今はツーリングにも最適なシーズンです。
是非KYTヘルメットをお供にツーリングを楽しんでください!

KYTストライクイーグルヘルメットについてはこちらをご覧下さい。>>>

KYTヘルメット サマーセールは明日まで!


ご好評いただいておりますKYTヘルメットのサマーセールも明日が最終日です。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

なお、イベントでの試着もご好評いただいておりますので8月一杯はイベント会場でのサマーセール受付は続けることに致しました。
ただし在庫限りですので早い者勝ちです。ご容赦ください。

まずは今週末に日野カントリーオフロードランドで行われる東日本エンデューロ選手権にてヘルメットの展示とセールの受付を行う予定です。宜しくお願い致します。

【予告】KYTヘルメット サマーセール!

kytsummer[1]
KYTヘルメットの取り扱いを始めてから1年半が経過しました。
お陰さまで各レースでたくさんのユーザーの方を見かけるようになりました。
またユーザーの方が新たなユーザーを御紹介いただけるくらい気に入っていただいております。有り難いことです。

そのKYTヘルメットの2018年新春セールの際にはたくさんの皆さんにKYTヘルメットを体験していただけました。遠方でなかなか手が出なかった方にも気軽にお求めいただけるチャンスとして重宝していただいたようです。
そこで半年経った7月2日からまた在庫セールをさせていただくことに致しました。

数に限りがありますのでご興味をお持ちの方は是非ご覧ください。
7月2日の未明に公開予定になっております。

宜しくお願い致します。

ヘルメットのトレンド

一昨年の暮れからKYTヘルメットの展示試着をしているのですが、発売当初と今ではユーザーの方の好みも変わってきているようです。
恐らくユーザーも増えてきたために走っているライダーを見る機会も増えて、実際に走っている時の見え方が想像と違ってきたのかなと思います。
当初は多色使いのカラフルなグラフィックが多かったんですが、最近は下記のK-MXのようにシンプルな色使いが好まれているようです。実際に私もStripe シリーズを当初使用していましたが、写真に映ると細かなグラフィックが分かりづらくて思ったような映え方ではなかったんですよね。

最近は黄色の部分が多いPatriot Blue/Yellowを使用していますが、とても映える上にどんなウエアにも合うので重宝しています。
エンデューロでも応援してくれる人が増えて誰が走っているかをアピールするアイテムとしてはこういった分かりやすいグラフィックはお勧めです。応援してくれると本当に力になりますよね。(基本私はヘタレなので応援がないと走りきれません。(苦笑))

出店時には必ず色々なグラフィックのヘルメットを持参しておりますので、ライディングウェアをお召しになった状態で試着にいらっしゃるとその相性もご判断いただけると思います。KYTのグラフィックはそのバリエーションの多さでライダーの好みにベストマッチするヘルメットを御提供できるのも強みです。
無論軽さに加えてSG規格をパスする安全性があった上での選択幅の広さなわけですが。

機会がありましたら是非お手に取ってみてください。
会場ではフィッティング調整をしたヘルメットを追加料金無しでお届けするサービスも行っております。

KYTヘルメットの詳細はこちらをご覧ください。>>>

KYTヘルメットのバイザー

KYTヘルメットはバイザーが長いですねと言われる事があります。

kyttop.jpg
実際はエア抜きの穴を大きく取って高速走行時の抵抗を少なくするために前後に長くなっているだけなんです。

2018-04-10 (2)
2018-04-10 (3)
SHOEIのVFX-Wと比べても額からバイザー先端までの長さは共に11.5mm前後と大きな差はありませんでした。
被った時の視野に入るバイザーも特段な違いは感じられませんでした。

ちなみに結構有名な話ですが、バイザーにはスポンサーステッカーを貼るという役目もあるためにライダーからそれを要求される場合もあるそうです。そのためエア抜きの穴が少なかったり全く無かったりするバイザーも珍しくありません。トップライダーのイメージが販売に直結するから仕方が無いのでしょう。
その点KYTはそういった事を考えずバイザー本来の機能を優先しています。

■エマージェンシーリング
昨年古いタイプのヘルメットを被った方が転倒して一時的に四肢の麻痺があった際に頚椎に負荷を掛けずに脱がせる機構が無くて誰も手が出ませんでした。もっとも脱がしても動かせないので救急隊員が来るまでそのままにしていたのですが、その救急隊員もヘルメットを脱がすのに苦労していました。
今は容易に脱がせられるようになっているヘルメットが出ています。KYTヘルメットにもそれが装備されています。
2018-04-10 (1)
チークパッドの前側に赤いプルリングがあります。これがエマージェンシー用のプルリングです。
使い方はまずチークパッドのヘルメットの縁側にスナップボタンが二つありますので指を入れてこれを外します。そしてこのプルリングを引くとチークパッドが取り外せます。
あとは頚椎を動かさないようにヘルメットを抜けばいいだけです。

お陰さまでKYTヘルメットのユーザーも増えていますのでユーザーでない方も万一のために覚えておいていただけると幸いです。

KYTヘルメットについてはこちらをご覧ください。>>>

KYTヘルメットを使い始めてから1年以上経ちました。

一昨年の12月に日本上陸と同時に購入して使い始めたKYT STRIKE EAGLEヘルメット。
今ではマストアイテムになりました。

この仕事も長いので色々なヘルメットを被ってきましたが、どれも何処かに荒はあるもんです。
SHOEI一筋でVFX-Wに大満足していた私も、KYTを被ると色々なアプローチがあってヘルメットって奥が深いなと思わされます。
SHOEIは一言で言うと過保護な感じでその愛情が夏場暑苦しく感じたりします。でも安心感は抜群です。
KYTはちょっと放任的でなんか首筋スカスカしてませんか?って感じるんですが、それが夏場に涼しさを提供してくれます。頭へのフィット感は高いので軽さも相まって不快なずれなどは全くありません。また大きな転倒はしていないのでヘルメットの頑丈さは体感していませんが、レース後の疲労に差が出ているように感じます。ジャンプに失敗した時などに軽いヘルメットはやっぱり衝撃も少ないなって思います。ヘルメットの評価基準としては重心位置も話題に登りますが、KYTヘルメットに関してはそこの評価も高いのが特徴です。

あとこれも私はツーリングで使用しないためにあまり実感する場面が多くないのですが、バイザーに大きく開いたエアアウトレットは高速走行での抵抗が少なくてこれも疲労に直結しそうです。ツーリングユーザーの方にも是非体感して欲しいものです。

それとよくヨーロッパ的なデザインですねって言われるんですが、それもそのはずイタリアの老舗ヘルメットメーカーSUOMY社と提携しておりデザインを担当しています。ヨーロッパメーカーの物をそのまま輸入すると日本人の一般的な頭には合わないといわれますが、KYTの場合はアジア形状なので典型的な日本人頭の私でもぴったりでした。
またヨーロッパのヘルメット全般に帽体が小さめに見えるのが特徴の一つですが、KYTヘルメットもやはり外観が小さめに見えるので写真栄えします。(結構気に入っている部分です。)

KYTヘルメットについてはこちらをご覧ください。>>>

webmatt1[1]のコピー

Index of all entries

Home > ヘルメット Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top