Home > 店長の日常 Archive

店長の日常 Archive

東日本エンデューロ選手権 成田大会

106977865_3977710892303715_440526178434494431_o.jpg
先週末は梅雨がまだ続く中での東日本エンデューロ選手権(通称EDエリア戦)成田大会開催でした。
昨年末に悪天候のために中止になった同会場でのリベンジ戦でもありました。

今回は午前はNB/ジュニアクラス、午後はNA/IB/IA(章典外)のレースが開催されることになりました。

週中に降り続いた雨も土曜の午後かららあがり、曇天ながら強風も手助けして路面コンディションは急激に回復していきました。
そのため朝の試走では晴天設定のAタイムになりました。オンタイムエンデューロでは指定された時間に周回チェックを受ける必要があります。その周回チェックを受ける時間の設定がタイトなのがA設定で、雨天などでコンディションが悪い場合はB設定となります。

午前のNBクラスはコンディションもよく、多くのライダーは設定タイムで周回することが出来てテストに集中することが出来ました。
それでも程よく難所を組み入れたテスト用のコースは組み立てが難しく選手権らしい走り応えのあるものになっていました。

しかしNA/IB/IAが走る頃になると雨が降り始めて急激にコンディションが悪化していきました。

ここは午後のみ使われたエリアですが、皮の剥けた丸太に雨が載って素晴らしく滑るセクションになってしまっています。

IAの3人は章典外なのですが、結局完走したのはゼッケン3番の保坂選手のみでした。
IBは完走者無し。しかしあらゆるセクションが難所と化すなかで最後まであきらめずに走るライダーは見る者に感動を与えるほどでした。
残念ながらトラブルなどで完走出来なかったライダーにも惜しみない拍手を贈りたいと思います。
NAは昨年のジュニアチャンピオンで特別昇格した酢崎友哉選手のみが完走しました。
2020-07-05 170726
結局午後の完走者は二人だけでした。これからの彼らの活躍から目が離せません。

次戦は8月9日クロスパーク勝沼で行われる山梨大会です。
すでにエントリー受付が始まっていますので是非 !!>>>>>

梅雨時と熱中症

今年はコロナショックの影響で梅雨時でも結構な数のレースが企画されています。
雨でも比較的走りやすいコースが雨は勘弁のコースでの開催になったりと、例年に比べると過酷になりそうな予感がします。

なので、今年は特に 熱中症には気を付けましょう! と警鐘を鳴らさせていただきます。

ご存じ熱中症とは体温調節機能が充分に働かなくなって体温が異常に上昇してたんぱく質が凝固して死に至るという恐ろしい病気です。

そうです。怪我じゃなくて病気なので傷害保険が効かない場合があるので金銭面でも注意が必要です。(スポーツ安全保険はカバーしてます)

雨が降っていれば涼しいし大丈夫だよ って思っている人も居るんじゃないでしょうか。

確かに溺れるくらいに豪雨だったらそうかも知れませんが、しとしとくらいだと汗や雨の気化熱(放熱)よりも発熱が上回る場合があるので注意しましょう。

特に雨上がりは本当に要注意です。


湿度が高いと汗が気化しないので正常な放熱が出来ません。まして難所でバイクを押したりするとバイクのエンジンより先に人間のエンジン(心臓)が止まりかねません。

コース上で出来るのはしっかりとした水分補給と万が一のために叩くと冷える携帯カイロの逆パターンの物を携行すると良いでしょう。店長はバーパッドに扇子挟んで走ったレースもあります。(そしてそれで随分助かりました)

今週末は大町の爺が岳、それに信州大町チャレンジフィールド で大規模なレースがあります。
千葉ではJECイーストの成田MXP大会もあります。

皆さん事前に用意をして万全の体制で臨みましょう。

来週は東日本エンデューロ選手権 成田MXP大会に参加します。

7月5日に成田MXPで行われる東日本エンデューロ選手権に店長が参戦致します。
そんな事なので出店は致しませんが、フルオンタイム制という噂なので必需品のタイムカードフォルダーを受付でご購入いただけるようにしていただきました。



フルオンタイムって言うと何か耳慣れない気がしますが、簡易オンタイムという方式でのレースが行われるようになってそれとは別に正規のオンタイムをフルオンタイムという人が増えてきました。(なので正式な呼称じゃないと思います)

本来のオンタイム制とは、スタートからいくつかのチェックポイントを既定の時間で通過することが義務付けられます。
逆に簡易オンタイムはスタートとゴールのみ規定時間がある、もしくは周回数のチェックのみ行う競技です。

フルオンタイムの場合はタイムカードの出し入れが頻繁になりますので、しっかりしたホルダーが有る事で競技に集中することが出来ます。
数が限られていますので、お持ちでない方はお早めに受付してください。

今週末はチーズナッツパークのY2-XCにお邪魔します。

2019-04-21.jpg
福島県のチーズナッツパークはJNCCやパワーエンデューロなど有名なレース以外に独自シリーズ戦のY2-XCも開催されています。
今週末はそのY2-XCにお邪魔致します。
KYTヘルメットの展示試着にハイドレーションパックやゴーグルなどのライダーズアイテムを色々持参致しますので宜しくお願い致します!

久しぶりにレースに出る際に気を付けたい事【忘れ物編】

久しぶりにレースに出る際に気を付けたい事【忘れ物編】

長い間自粛していて遠征時の勝手が分からなくなっている方も多いのではないでしょうか?
今までの経験からこんな忘れ物のご相談がありましたというのをリストアップしてみましたので、ご自身がお出掛けされる際に注意してみてください。

1.ハイドレーションパックの中身
 干しておいて忘れる率高し。

2.ヘルメットのインナー
 1.と同じ理由

3.ニーシンガード/エルボーガード
 以外に多いです、これ。

4.ゴーグル
 まるっと全部忘れるのからレンズだけ忘れるなど。中にはロールオフの蓋や中身を忘れる人も

5.ソックス
 残念ですが、現在うちでお薦め出来る商品が無いんです。気を付けてください。

6.プラグ
 2stは消耗品なのですが、切らしてしまっていたなんて話が意外に多いです。4stもレース当日に探している人が意外に居ます。プラグは扱っていないので要注意です。

7.エアフィルター
 過去に何回か干してて忘れたというご相談がありました。
 最低2セット用意して交互に使うことをお薦めします。

8.2stオイル
 借りるなどするのかお店に相談に来られる方はそれほど多くはありませんが、数レースに1回ご相談を受けます。

と思いつくのはこんな感じです。
以下は店長が日高など相乗りで行く際にチェックしている持ち物リストです。相乗りの場合って何か忘れそうで心配になるんですよね。
折角また走れる環境になってきましたので、楽しく走れるように準備を怠らないようにしましょう!
それでもまだ何か忘れてしまった場合は当店にご相談ください。有るものは有るし、無い物はごめんなさいで皆様のレースシーンをサポートさせていただきます。

checklist2_20200616111414549.jpg

WEXシリーズ再開です。

2020-06-13.jpg
コロナショックで延期に次ぐ延期を余儀なくされたWEXシリーズがまずイーストから再開されました。

特にこのGAIAはJNCCでも最大の大会であるAAGP開催地の爺が岳を擁する大町市での開催とあってその動向に注目していました。

雨の中での開催になりましたが、大町市の要請もあって厳密に200名(ダブルエントリーも含めてなので延べ台数はもう少し多いはずです)で締め切られたせいか大きな混乱もなく進行していきます。
前日の下見は雨天のためにコースコンディションの維持を目的として徒歩で行うことになりましたが、天候に左右されづらいコース(モトクロスセクションを除く)のためかテントの中でのんびりしている方もちらほら見受けられていつものWEXらしい光景になっていました。

とは言うものの、レース当日も雨でそれなりに激しいコースになっていたようです。



参加者の皆さんもいつも通りの笑顔を見せてくれて大会としては大成功だったと思います。
表彰式などは三密を防ぐために優勝者のみだったりと少し残念に思う方もいらっしゃったかと思いますが、これからを考えると致し方が無いのかなと思わされもしました。開催場所の心情を最優先にしないと成り立たない遊びですので。

WEXシリーズとしては今週末にウエストの朽木が再開となります。
エムシーギアとしては出店しないのですが、是非成功させていただきたいと思っています。

もう少し我慢してがんばりましょうね!

エムシーギアとしては今週末は福島県のチーズナッツパークにお邪魔する予定です。
参加者の皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

梅雨入りしましたね。

関東甲信越地方も今日梅雨入りが発表されました。
我々の愛するエンデューロは槍でも降ってこない限りは走りますし、それが醍醐味だったりもします。

走り終わった時の爽快感は雨でも晴れでも一緒ですが、脱いだウエアを見るとやはりちょっと憂鬱になりますね。(苦笑)

そこで雨の後の用具の手入れについてとこれからの季節に注意すべき事をご紹介します。

■雨のあと
濡れたウェアは染みになる前に洗うでしょうけど、ブーツはどうでしょう?
今でこそ革製のブーツは少数ですが、中底に革を使っていたりとまだまだカビが生える要素はあります。
ブーツはインナーソールやブーティーを抜いてから逆さまにして水を抜いてください。この際だから中も水洗いしても良いと思います。そして逆さにしてある程度水が抜けたら正立させて新聞紙などを利用して乾かしてください。新聞紙はこまめに替えることをお薦めします。
ガエルネ ED-PROのように革製の場合は特にしっかりと水分を抜いてください。その後にミンクオイルなどで保湿してあげるわけですが、そこは同社のウォータープルーフポリッシュを塗ってあげましょう。これはパラフィン系のためにカビが生えずらいのでお薦めです。
あと防水スプレーや泥が付着しづらいためのスプレーを塗るのは極力避けた方が無難です。中にはスプレーの溶剤がブーツの樹脂部分を冒す場合があるからです。

その他はゴーグルのメンテにも注意してください。
そのまま密閉したゴーグルバッグやビニール袋にいれたままにするとレンズの曇り止め加工にもよくありませんし、ダンブルレンズも中側の曇り止めが飽和して白くなってしまう場合があります。マルチレイヤーと呼ばれる複数枚を重ねているレンズは剥離する事もあります。無論スポンジやベルトにもよくありません。

■真夏に注意すること
日差し強くなって紫外線も気になる季節になりました。
ヘルメットを炎天下に放置するのは衝撃吸収材が劣化して危険です。縁ゴムなどを留めている接着剤にもよくありません。
出来るだけ日陰に置くようにしましょう。
ブーツやプロテクターの樹脂部分は紫外線劣化をする事もありますのでやはり日陰で保管しましょう。

トランポにガソリン缶を積んでいる場合は窓を薄く開けるなどして換気してあげましょう。気化したガソリンは危険ですので、注意しすぎという事は有りません。

DSC_4877_2020061121310244a.jpg

Index of all entries

Home > 店長の日常 Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top