Home > 店長の日常 Archive

店長の日常 Archive

ゴールデンウィーク休業

今年は改元などもあって一般的に長いゴールデンウィークになりますが、当店も例年通りカレンダーに準じてお休みをさせていただきます。

期間中のお休みは以下の通りです。

4月27日 JNCC 鈴蘭
4月28日 JNCC 鈴蘭
4月29日 休業
  :
5月5日 東日本エンデューロ選手権
5月6日 休業

5月7日 通常営業

休業期間中もご注文は承りますが、出荷や返答は5月7日以降となりますのでご了承ください。
東日本エンデューロ選手権は出店ではありませんが、ご要望いただければ現地納品も承りますのでお気軽にお申し付けください。

ご迷惑をお掛けいたしますが宜しくお願い致します。

今週末はチーズナッツパークにて出店予定です。

今年もレースシーズンが本格化してきて各地で様々なイベントが開催されていますが、中でも定額制エントリーフィーという珍しい方式を取っているチーズナッツパークのワイワイエンデューロ(通称Y2-XC)に今年もエントリーさせていただきました。
折角行くのだからと出店もさせていただく事になっています。
出店していいかと聞いたら、「好き放題やってください(笑)」と快諾いただきました。(笑)
という事で今週末(4月21日)はチーズナッツパークにて出店致します。参加者の皆様宜しくお願い致します。
また5月26日開催予定のMount モンキースクランブル(通称モンスク)にも伺う予定です。

今週末は今年も土曜から伺う予定になっております。
有志の前夜祭(予選とも言うらしいです)でも宜しくお願い致します。

2018-06-17 08.13.11

店長が走った東日本エンデューロ選手権開幕戦

最近出店でのレポート(通称パドックレポート)が中断中ですが、ダラダラとつまらないパドックレポートはちょっと中断して店長視線での雑感をご報告するかなと構想を練っている最中です。(もともと雑感だったのは置いておいて)

そんな感じで今回は出店をしなかったMFJエンデューロ選手権の東日本エリア戦に参戦した雑感を御紹介します。

まず何故オンタイムエンデューロが多いMFJエンデューロの東日本エリア選手権に出ることにしたのかから。
ずばり歳を喰って2時間や3時間ずっと走るのが辛くなったのと、オンタイムエンデューロのゲーム性が楽しく感じたからです。
JNCCのようなクロスカントリーレースの方がコース上で抜きつ抜かれつが出来る方が競い合っている感じがして面白いんですが、オンタイムは自分との闘いという感じで色々考えるプロセスに面白みを感じた次第です。ここのコーナーはこのラインが最速だけど、次のコーナーへの繋がりや全体のリズムを考えるとこっちかななんてプロっぽい思考をするのに憧れたわけです。
実際は初心者クラスの末席を汚している状態ですけど、コース上で何度も抜かれることが無いので安心して走れるというのもメリットの一つでした。

で、今回の東日本エンデューロ開幕戦はハードエンデューロで名を馳せている日野カントリーオフロードランドでの開催とあって事前にハード目に振るという話だったのですが、その言葉どおり今までのエリア戦とは少し違う感じの難易度になっていました。からといって凄いハードなのかというとハードエンデューロ業界(笑)的にはミディアムよりも簡単な設定だったようですが、タイムを削るのが肝のオンタイムではその削り方が分かりづらいという絶妙の構成でした。改めてコースディレクターやスタッフの方々のご尽力に頭が下がる思いです。
店長が参加した全日本クラスでは入門クラスになるNBは60名超のエントリーがありましたが、致命的な渋滞もなく誰もが緊張感を維持したまま自分の限界にチャレンジできたはずです。上のクラスの人がよくいう「全員がオンタイムでテストのタイムだけで順位が決まるのであれば未舗装路のジムカーナではないか」といった部分を良い意味で裏切るレースだったと思います。
終わった後のエントラントの評判も私が聞いた限りでは良好だったようです。もっとも各人色々残念や宿題を抱えていたようですが。(含む私)

天候も春らしい暑くも無く寒くも無くで、心配された雨もNBは最後の1周だけぱらぱらと降り始めた程度でベストコンディションでした。
今年エリア戦は色々とバラエティー感豊かな構成になっているようですのでオンタイム未経験の方でも楽しめると思います。
是非一度体験してみてください。

出店はGW初日のJNCC鈴蘭から再開いたします。
その前にチーズナッツパークの独自シリーズ戦Y2-XCでの出店も行う予定になっております。
また宜しくお願い致します。

2019-04-14 07.42.03

今週末は日野オフロードカントリーランドにおります。



今週末群馬県の日野オフロードカントリーランドにて行われる東日本エンデューロ選手権開幕戦に店長が参戦いたします。
今回は出店は致しませんが、必要なアイテムがありましたら持参致しますのでお気軽にお申し付けください。

ただオンタイムエンデューロに必須のカードホルダーは残念ながら欠品しております。
先日のSE-E第2戦がチェックカードを携行する競技だったために完売してしまいました。予想外でした。

次回入荷は未定になっております。すみません。

JEC開幕と今年のISDE、それにJNCC鈴蘭受付開始 をさらっとご報告

2019-03-23.jpg
先週末は広島で開幕した全日本エンデューロ選手権(JEC)に選手として参加してきました。
活躍が期待されているIAルーキーである飯塚翼選手や保坂修一選手など楽しみが一杯のシーズンです。

結果などはJEC-PROのサイトでご覧いただくことが出来ると思いますが、個人的な感想としては悪コンディションで辛かったです。(苦笑)

2019-03-24.jpg
さて、そのライダーズミーティングにて今年のISDEトロフィーチームの発表がありました。
参戦ライダーは以下の通り(敬称略)
・前橋孝洋
・釘村忠
・渡辺学
・横澤拓夢
実力者揃いの陣容にちょっと鳥肌が立ってしまいます。これから色々と動くようですのでしっかりと応援していきたいと思います。


さて、本日はJNCC鈴蘭大会の受付開始です。>>>>
開催日の4月28日はゴールデンウィーク初日ですので家族旅行も兼ねて是非ご参加ください。

エムシーギアもお邪魔致します!

今週の予定について

hiroshima-960x300.jpg
今週末の日曜(3月24日)からいよいよ全日本エンデューロ選手権が開幕します。
実は店長がこれに参戦するために22日から25日まで事務所を空けてしまいます。
そのため21日(木)は祝日ですが出来る限り出荷作業を行うつもりでおります。お急ぎの場合はお早めにお申し込みください。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

現在オンタイムエンデューロにあると便利なタイムカードホルダーはブルーのみ若干数在庫しております。
会場での受け渡しも可能ですのでお気軽にお申し込みください。


タイムカードホルダーについてはこちらをご覧ください。>>>

オンタイムエンデューロに必要な物は?

出店をしているとこの質問を受ける時があります。
オンタイムエンデューロに出たことが無い人には異質なものというイメージが付いているのかも知れませんね。

基本的にオフロードバイクを使う競技なのでライダーの装備品に大きな違いはありません。
マシンも国際AやBなら独自のモデファイもあるでしょうけど、基本的な部分でのクロスカントリーレースとの違いはありません。
ただ一つ、時計とタイムカードホルダーは有った方が良いでしょう。
時計はタイムチェックがあるので重要です。携行する腕時計とパドックに置く置時計があるとベストです。どちらも電波時計だと最高ですが、1日でそんなに狂わないので普通の時計でも充分です。最終的にチェックポイントの直前に大き目の時計があるのでそれに従ってチェックカードの提出を行いますのでおおよその時間が分かれば大丈夫です。
そのチェックカードを入れるホルダーは落したり無くしたりしないようにすればジャケットのポケットやウエストバッグでも良いのですが、専用品はストレス無く扱えますのでお勧めです。

cardholder_tana[1]
■トレックフィールド 「イヒつまみ?」付きカードホルダー>>>>
現在ブルーは在庫がございます。

あとはトラブルに対応するための携行工具などが挙げられますが、全日本エンデューロでも日高以外は1周の長さもそれほどではないのでパドックまで帰り着けばちゃんとした工具で修理も出来ますから保険的な意味で簡単な工具を携行するだけで充分だと思います。

携行工具についてはMotionproがお勧めです。>>>>
当店では扱っていませんが、レザーマンツールのような多用途折りたたみナイフでも充分な場合が多いです。
私は小さなTレンチと車両に応じたソケット、それにドライバーを持つ程度です。タイラップに助けられたという話も良く聞きますのでこれもお勧めです。

※補足
レギュレーションでタイヤはブロック高が13mm以下のFIMタイヤに限られており、ヘルメットもMFJ公認が必要です。
KYTヘルメットはMFJ公認なので安心してお使いいただけます!

オンタイムエンデューロだからと言って難しく考えずに楽しみましょう!!

Index of all entries

Home > 店長の日常 Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top