Home > メンテナンス用品 Archive

メンテナンス用品 Archive

急に暑くなってきました。水冷バイクの必需品と言えば。

トレールバイクなどには標準装備されていますが、エンデューロバイクやモトクロッサーには装備されていない物も多いクーラントのリザーバータンク。
これは冷却システムの内圧がエンジンの熱で熱のために上昇してしまった際にラジエーターキャップのリリーフバルブから放出される蒸気や水を受け止めるキャッチタンクです。そして走行風やエンジンを止めることで内圧が下がった際にその水を冷却システムの中に再度引き入れる役目も持っています。むしろこの再循環の方が重要な役割になります。

これが装着されていないマシンの場合は自作するなどして装着することでエンジンの空焚きを防いで焼き付きなどから守る必要が出てきます。特に走行風が当たりづらいウッズライドなどの低速走行や渋滞などで走行風が当たらない場合に重要です。


モーションプロのクーラントリカバリーシステムはこのリザーバータンクを簡単に設置できるようにしたキットです。
高温になる冷却水を受け止めるタンクとホースは自作する際に一番頭を悩ます部分ですが、これでしたら安心して装着出来ます。

ホースの長さも充分ありますのでラジエーターの前後やエアクリーナーボックス近辺までスペースに余裕のある所に装着していただけます。
店長がKTM125SXに装着していた時はエアクリーナーボックスの中にタンクを装着していました。モトクロスならいざ知らず私程度のエンデューロでの使用ではクリーナーボックス内にこのような物を入れる事でのパワーの変動は感じられませんでした。

ただ気を付けていただきたいのはホースを何かで挟んでしまわない事です。ホースが潰れて通らなくなると高圧の排出蒸気でホースが外れたりして危険です。店長も一度タンクを取り付ける際につぶしてしまったようで、キャップから出てくる部分が外れて突然湯煙の中に入ってしまったことがあります。結構怖いです。幸いやけどはしませんでしたが、その危険もあるので充分注意しましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>>

フォークシールのメンテナンスに

気が付いたらトランポやガレージの床にオイルが…。
そんな時にお薦めなのがリスクレーシングのシールドクターです。

シールに砂やオイルスラッジなどが溜まっていて漏れているようならこれで直る可能性が高いです。
最近のシールは品質が高いので劣化して漏れるよりも異物を噛みこんで漏れる場合が多いからです。

でも!
オイルが漏れる前に定期的に掃除しましょう。
どんなに品質が良くなっても異物を噛みこんだまま擦れさせておけばシールを傷付けてしまいます。

Seal_Doctor[2]
使い方は簡単。
ダストシールを外してシールドクターを差し込んでぐるりと回すだけ。
結構スラッジが出てきて驚きますよ。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>>


3:09くらいからからがちょっと可愛いです。(笑)

これからの時期の洗車にはTK1SUPERWASHがお薦め。ウエアにも!

最近急激に寒くなってきて洗車や洗濯が辛い時期になりました。
私は洗車の際はこすらずに泥染みが落ちるTK1SUPERWASHを使うので冷たい思いはしないんですが、泥染みのついたウエアはこすり洗いをするのでそろそろ辛くなってきました。

ということで洗車のついでにウエアも洗車機で洗うことにしました。
でもただ単に洗車機で洗っても白いウエアには泥染みが残ってしまいます。
2019-12-12 15.43.45
一度洗車機で洗ってから洗濯機に掛けたのですが、所々に泥染みが残っていました。

2019-12-12 15.43.48
伸縮するジャージ部分にも染みがあります。
特にジャージ部分はこすり洗いしないと落ちないんですよね。
寒い時期には困ったことです。

2019-12-13 15.31.47
そこでTK1をスプレーして数分放置してからまた洗車機に掛けます。そしてその後同じように洗濯機に掛けます。
するとあれだけ目立っていた染みが目立たなくなりました。
本当は漬け置きしてから洗車機に掛けるともっときれいになるんですが、ちょっとずぼらしてしまいました。
でも結構綺麗になりました。

2019-12-13 15.31.50
ジャージ部分も目立った染みはほとんど落ちました。

これからの季節はTK1SUPERWASHがお薦めです。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

tk1_tana[1]

洗剤の事

今回の東日本エンデューロ選手権は洗車が出来なかったので自宅で洗う事になりました。
全日本のアルコピアもそうでしたが、常設コース以外は現地で洗うのは難しい状況になっていくんだと思います。

それはさておき、整備のためにも洗車は重要な作業です。
破損や不具合をチェックする為にはこの洗車はしっかりと行いたいものです。
何より汚れている愛車が綺麗になる様は快感以外に表現する言葉が思い浮かびません。

店長が好んで使うのはTK1SUPERWASHです。
これの良いところは泥汚れや泥染みが高圧洗車機があれば擦らずに綺麗になる事です。冬場はこれが凄く有難いです。
しかも泥染みに関しては右に出るものが無いほどの汚れ落ちです。

1_20190618184605453.jpg
高圧洗車機(ケルヒャー製)で洗ったあとです。
1日経っているせいもありますが、泥染みがあってお世辞にも綺麗になったとは思えない状況です。

2_201906181846042d9.jpg
TK1SUPERWASHを吹いてから2~3分放置してから再度洗車しました。
全く擦っていませんが綺麗になりました。
こういう擦り洗いしやすい場所だと有り難味が分かりづらいんですが、リアフェンダー裏とかリムのスポークの間などブラシやスポンジが入りづらい場所ではTK1の有り難味が良く分かります。

3_20190619231859ae7.jpg
タイヤの谷間もこの通りゴム本来のつや消し黒になります。

ただこんな便利なTK1SUPERWASHなんですが、油汚れには弱いという弱点があります。
でもオイル汚れってチェーン廻りか2STの排気系くらいなのでパーツクリーナーでさささと拭いてしまえば良いくらいなんですよね。
特に競技で使ったり頻繁にツーリングで使用する人はメンテもこまめでしょうからオイル汚れが蓄積しづらいでしょうし。

色々な汚れが落ちるというのはどれも平均点になったりしちゃいます。泥汚れにはこれしかないってくらい特化しているTK1はこれからもエムシーギア一押し洗剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

欠品情報(すみません)


結構大量に在庫をしているんですが、またもメーカー欠品になってしまい当方の在庫も底を突いてしまいました。
すみません。

T.S.K.タイヤレバーは口コミで話題になるほどの優れたタイヤレバーです。
これがあればサクサクタイヤ交換が出来るという魔法の…。すみません。ちょっと言い過ぎました。でもさくっとリムとタイヤの間に入ってくれるので無理強いしない分ミスも減るという理想的なレバーです。

タイヤ交換の方法は様々なのですが、基本的にタイヤとリムの間にスムーズに入るレバーというのはどんな方法であってもストレス無く作業するための必須アイテムです。それがこれです。

現在ゴールデンウィーク前には入荷予定になっていますので少々お待ちくださいますようお願い申し上げます。

T.S.K.タイヤレバーについてはこちらをご覧ください。>>>>>

タイヤレバーの話

オフロードバイクユーザーならタイヤ交換やパンク修理の経験がある方が多いのではないでしょうか。
中でもチューブタイヤの取り扱いに苦労した経験を持つライダーが大多数だと思います。
誰でも通るチューブタイヤの修理や交換。
そんな作業を効率よくしてくれるアイテムとしてエムシーギアがお薦めしているのがこのタイヤレバーです。


T.S.K.タイヤレバーの名前は歴の長い方なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
英ダンロップのサービスマンが使用していたというこのレバーは先端の細さと絶妙なしなりでベテランのタイヤ交換を楽にしてくれるだけではなく、ビギナーの方のチューブ噛みを減らしてもくれるタイヤレバーです。

2018-12-09 13.51.50
左がTSKで右は某社のチタンレバーです。(チタンレバーは扱ってません)

この手のスプーン型と呼ばれるレバーはタイヤとリムの隙間に差し込みやすいだけではなく、緩やかなカーブを描く先端でレバーの差し込み過ぎを防いでくれます。
差し込んだ後に少し引き出すとこのカーブが抵抗になる部分があります。そこで止めてからレバーを起こすとチューブを噛まずに作業する事が出来るわけです。

冷間鍛造と呼ばれる製造方法によって薄くても強度のあるレバーに仕上がっているこのTSKタイヤレバーは多くのファンを持っていて、古くは30年以上も使っているというプロの方が居るほどに耐久性にも自信があります。

ホームセンターでも売っているようなタイヤレバーに比べれば高価だと思いますが、作業の効率化や長い間愛用したくなる工具なのでコストパフォーマンスは高い逸品だと思います。
かく言う私のTSKレバーももう30年は優に使い続けていますが、変形も無く快適に使用し続けています。
当時4000円を超える価格だったと記憶していますが、30年前の私を褒めてあげたいくらい気に入って使っています。

>>>">興味を持っていただけた方はこちらをご覧ください。>>>>

洗車は整備の第一歩ですが。

洗車は整備の第一歩と色々な雑誌で書かれてきましたが、それ以前に洗車は気持ちよくなるための行為なんだと思います。
泥だらけになったマシンが元通り綺麗になるのを見るのは心からスーっとしますよね。

2018-07-10 17.37.57
日曜の勝沼でざっくり洗ってきたのですが、シートの泥が落ちきっていませんでした。
GUTSのハードコアグリッパーシートカバーはノンスリップ形状なので入り込んだ泥は普通の洗い方だと落ちづらいんですよね。

2018-07-10 18.20.46
そんな時はTK1SUPERWASHを吹き付けて5分ほど放置した後に洗車機で洗います。
泥を浮き上がらせるので擦らずに落すことができますからこういった入り組んだ場所を洗うには最適です。

2018-07-10 18.20.52
ですからフェンダー裏のように入り組んだ場所を洗うのにお勧めです。

2018-07-10 18.20.39
白い物は白く、黒い物は黒く戻すのでタイヤなどもこの通りです。もちろん擦り洗いはしていません。

当店扱いの洗車用洗剤の2大ブランドはTK1SUPERWASHダートスコートになりますが、これのどちらがお勧めかという相談をよくいただきます。
TK1はこのように擦り洗いせずに泥汚れを落すのに長けています。通常のダートライディングで付く汚れでしたらTK1がお勧めです。
ダートスコートは擦り洗いが必要ですが、油汚れにも強いしコーティングも同時に行ってくれるのでこれ一つで艶出しまで出来るのが特徴です。ただし表面をわずかに侵食するので塗布後に乾くまで放置すると汚れごとコーティングしてしまいますから手早い洗車が基本です。夏場は部分部分で洗うようにする方が良いでしょう。またアルマイト処理したアルミの部分は変色する場合があるので目立たない部分で試してみる必要があります。このような事から洗車機をお持ちでない方にはダートスコートがお勧めです。

それにしても汚れ物が綺麗になるのは本当に気持ちが良いですね。
これはNo-Toilのエアフィルター洗浄にも通じる気持ちよさですが、現在クレンザーが欠品中なのでそれはまたの機会に。

Index of all entries

Home > メンテナンス用品 Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top