Home > タイヤ Archive

タイヤ Archive

TUBLISS COREってご存知ですか?

  • Posted by: MC GEAR
  • 2019-07-17 Wed 23:19:49
  • タイヤ
エムシーギアを始めてから実は10年以上経ってしまっています。(日々の生活に追われてあっという間です)
TUBLISS COREってこの商売始める前に少量日本に入っていた頃から知っているのでリリースから恐らく10年以上は経ってるアイテムのはずです。
初期はちょっと装着に気をつける必要がありましたが、今の2.0に変わってからは普通のタイヤ交換が出来る人なら何の問題も無く装着出来るアイテムになりました。

で、出店時にはTUBLISSはいつも飾っているんですが、ここ最近こんなのが有るのを知らなかったとか身近に使ってる人がいないので教えて欲しいなんて問い掛けが多くなりました。実は凄く売れていてもう何セット販売したのか忘れるくらいなんですが、いまだに存在すら知らないアイテムなんですよね。色々反省です。

ということでこのアイテムの良い所と気をつけるところ(敢えて悪いとは言わない)を改めてご紹介します。



このアイテムはTUBLISS本体に装着されているインナーチューブによってTUBLISS本体(ライナー)とタイヤ、そしてリムを圧することで密閉空間を作ります。(上図参照)
すなわちTUBLISS本体とタイヤの内面でチューブの代わりの空間を作るのです。

長所は
・リム打ちでのパンクが無くなる
・ムースと違って柔らかさの調整が出来る
・ビードをインナーチューブの圧力でリムに固定するのでビード落ちが無い
・トレッドだけがたわむことで異次元のグリップをする
・ヘビーチューブとリムロック(ビードストッパー)2個掛けよりも軽くなる
・小さな穴のパンクなら市販のチューブレス用パンク修理キットが使用出来る
・TUBLISSがリムから少し高い位置にあるのでリム打ちでのリムの破損もある程度回避出来る

気をつけるところ
・極端な低圧でハイスピードをキープするとTUBLISSとタイヤ内面が接しすぎて破損の可能性が高まる(空気圧は0.3くらいが推奨)
・尖ったガレ場ではタイヤカットでのパンクが心配なのでやはり0.3くらいがお薦め
・長い釘などを拾ってインナーチューブが破損したらスペアのインナーチューブが無いと補修は出来ない
・HONDA車以外はビードストッパーの穴を10mmに拡大する必要がある
・タイヤの銘柄によっては気密を保ちづらいものもある(内面のTUBLISSが当たる部分にリブがたくさんあるなど)

個人的にはインナーチューブを破損する前に定期的に替えており今までTUBLISS起因のトラブルは皆無です。
装着もYOUTUBEに装着ビデオがありますのでそれを見れば簡単です。

私はもうこれ無しでレースに出る気にならないくらい重宝しています。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

TUBLISS CORE 在庫わずかです。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2019-05-27 Mon 20:37:27
  • タイヤ
tbc02[1]
お陰さまで認知度も上がりエンデューロではムースか?TUBLISSか?というほどのシェアを有するに至ったTUBLISS COREです。
そのせいか最近頻繁に輸入元でも品切れを起こすようになっております。
当店も在庫はしておりますが、そろそろ残りわずかになってきました。

レースシーズンも真っ只中になっていますので悩んでいる方は是非お試しください。

TUBLISS COREについてはこちらをご覧ください。>>>

sparetube[1]
会場ではTUBLISS COREの耐久性について話題になることがあるのですが、基本的に3~4年は問題ありません。
補修部品も色々出ており、交換が出来ないのはビードストッパー形状をしているバルブ部分のみです。逆に言うとここを壊すと買い替えになります。(過去に1回だけここをピンポイントで岩にヒットして破損したという話を聞きました)
その他はインナーチューブが高圧に耐えなければならなく、また水分などにも晒される過酷な条件なので年に1回の交換をお薦めしております。

ただしスペアチューブの18インチ用は現在欠品中で次回入荷は6月末の予定になっております。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

当店でTUBLISS CORE本体をお買い上げの方には補修用としてストックしておりますのでメールなどでお問い合わせください。
ご面倒をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

店長お勧めのタイヤ交換方法

  • Posted by: MC GEAR
  • 2019-04-05 Fri 19:26:50
  • タイヤ
今日某ロード系がお仕事のライダーがオフ車のタイヤ交換をしている動画をアップしていたんですが、リムロック(ビードストッパー)が2個あることで随分苦労していました。
リムロックをリムに付けるとリムから飛び出た分が邪魔になってビードがくぐってくれないわけです。
なのでタイヤをはめてからリムロックを入れたりと方法は様々なのですが、店長みたいに歳を食うと楽をしたいので同じ様にリムからはみ出るので特殊な組み方が必要なTUBLISS COREタイプ(本当は何て呼ばれるのか知りませんが、昔からあるやり方です。)を使って組むようにしています。


3:40くらいからタイヤをはめる作業になっています。

要するに一度タイヤの中にリムを落としこむわけです。
チューブを使用する場合はこの段階でタイヤの中にチューブを入れます。バルブはリムに通してナットで仮止めしておきます。
その後表裏のビードをはめていくだけです。
この方法だと5個だとうが10個だろうが苦労無くはめることが出来ます。

ここで便利なのはTUBLISS用のガイドプレートです。
tubliss-guide-plate[1]
入れやすくするためにビードクリームなどを塗るとタイヤが逃げてなかなかリムを落とし込むことが出来ない場合がありますが、このガイドプレートがあればすんなりと入ってくれます。

明日はオフロードパーク白井でタイヤ交換の実演などが行われるようなのでこのガイドプレートも持参致します。
興味のある方はご覧ください。

TUBLISSに付属しているガイドプレートはお勧めです。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2019-03-19 Tue 23:56:26
  • タイヤ

TUBLISS COREに付属しているガイドプレートはTUBLISS装着時だけではなくてチューブタイプの交換時にも有効です。
特にリムロック(ビードストッパー)を複数付けている場合はお勧めです。


<これがガイドプレートです。>
というのもTUBLISSを装着したリムの場合はリムからはみ出た分が邪魔になって通常のタイヤ交換のように片側ずつビードを通すわけにはいきませんので最初にタイヤの中にリムを落としこみます。
その際にこのガイドプレートを使用してタイヤの中にリムを落としこみやすくします。


このようにタイヤの中にリムが全て入った状態になります。
あとは両面のビードをリムにはめていけば良いわけです。

リムロックを複数付けている場合も同様に作業することで簡単にタイヤを装着することが出来ます。
ちなみにタイヤを外す際も両面のビードをリムから外してタイヤの中に落としこんでからだと外しやすくなります。

基本的にはTUBLISS装着の手順と同じですのでこちらをご覧ください。3:30くらいからタイヤ装着の様子が写っています。


TUBLISS COREをすでに使用したことがある方はこのガイドプレートをお持ちでしょう。使ったことが無い方にもこのプレートだけ別売りしておりますのでタイヤ交換で苦労している方は是非使ってみてください。

TUBLISS本体及び補修パーツはこちらをご覧ください。>>>>

ところで補修パーツについてですが、TUBLISSに装着されているビードストッパー形状のパーツのみ別売りがありません。
ネジの破損などで使用できなくなると補修が出来なくなりますので御注意ください。
現在このリムロック部分はインナーチューブにエアを入れてから締めこむように説明書が書き換えられています。(以前は最初に締めこんでからエアを入れていました)ネジやこのリムロックに装着されているトライアングルラバーの破損を防ぐためだと思われます。破損を防ぐためにもこの手順をお守りください。

TUBLISS COREのタイヤ交換に最適

  • Posted by: MC GEAR
  • 2019-02-21 Thu 23:56:07
  • タイヤ
f8_tana[1]
残念なことに継続入荷がなくなってしまったONEPOINTSEVENですが、これのタイヤマウンティングルブは滑りもよくてタイヤ交換には最適なケミカルでした。
特にTUBLISS COREの本体にたっぷりとスプレーしてタイヤを装着することでタイヤ内面とTUBLISS本体の密着度が上がってエア漏れを起こしにくくしてくれます。TUBLISSの取り扱い説明書には石鹸水を使うように書いてありますが、色々試した結果これが一番簡単で確実でした。う~ん、残念。

ということで在庫をあさって残った物を赤札ページに掲載しました。もうほとんどありませんのでお早めに!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

TUBLISS CORE スペアチューブ入荷しました!

  • Posted by: MC GEAR
  • 2019-02-19 Tue 23:20:44
  • タイヤ

普通のチューブタイヤをチューブレスとして使うことでリム打ちやビード落ち、リムスリップなどから開放されるTUBLISS COREですが、機構としてはインナーチューブによって本体をタイヤ内面に押し付ける事で機能します。
ですのでこのインナーチューブがこのシステムの肝になります。

ハードなコンディションで有効なアイテムですが、ゴムという素材を使用しているだけにメンテナンスにも気を配る必要があります。
特に高圧が掛かるインナーチューブは破損すると一気にエアが抜けてしまいますので、年に1回程度での交換をお勧めしています。
実際には2年以上使ったこともあるのですが、シーズン毎に交換するのが確実だと思います。特に金属とゴムの接合部分であるエアバルブの根本が疲労しやすいようです。

そんなインナーチューブですが、結構長い間欠品してしまっていました。
消耗品なので結構たくさん在庫しているんですが、輸入元さんで長期欠品してしまったので持ちこたえられませんでした。
それが本日大量に入荷いたしました。お待たせをしていた皆様申し訳ございません。

本体も含めて現在潤沢に在庫をしておりますので是非TUBLISSを体感してみてください。
低圧にしてもビードを内側から押さえているのでトレッド面だけが適度にたわむことで超絶なグリップ感を提供してくれます。
店長的にはもうこれ以外の選択肢はありません。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

TUBLISS CORE のメンテナンス

  • Posted by: MC GEAR
  • 2018-11-21 Wed 23:05:14
  • タイヤ

ムースはハードル高いし重くなるからという方にお勧めなのがTUBLISSです。
タイヤをカットしてしまうとパンクするのですが、チューブタイヤに比べれば圧倒的にパンクしづらい上に独特のグリップ感が一つレベルの高い走りを提供してくれます。

そんなTUBLISSでよくご質問をいただくのがその耐久性についてです。

私が使っているTUBLISSは第二世代に入った直後の物ですが、本体はまだ使用できています。使用している期間は5シーズンほどなのでコストパフォーマンスは高いと思います。パンクしたまま走ったりすると一気に寿命が短くなりますが、ライナーの交換でまた使用出来ますので新たに買い直すよりはお徳です。

ただしTUBLISS本体をタイヤに押し付けるインナーチューブは高圧ということもあって定期的な交換をお勧めしています。
私はシーズン毎に交換をお勧めしておりますが、もっと長く使う方もいます。

2018-11-21 14.01.04
インナーチューブは直接タイヤに接しませんがリムには接しているためか、はたまたタイヤ交換などでエアの出し入れをする際にストレスが掛かるのか、長期間使用していると口金付近に亀裂が入る場合があります。
店長のTUBLISSもずぼらして2~3シーズン使用してしまったらこのように表面にひびが入っていました。このまま使い続けると裂けてしまうところでした。
こうなる前に1シーズンくらいでの交換をお勧めいたします。

TUBLISS COREについてはこちらをご覧ください。>>>

Index of all entries

Home > タイヤ Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top