Home > ハンドガード Archive

ハンドガード Archive

ハンドガードとハンドルについて考察

10931591_759559030787210_7852704052913603954_o.jpg1_20160113234532f2d.jpg
ハンドガードはクローズエンド派?それともオープンエンド派?
結構多くの人が悩む課題じゃないでしょうか。
最初は金属製のクローズエンドから入って、外した時の開放感を知ったり前転した際の怪我を切っ掛けにオープンエンドに、そしてレースで立木に激突したりしてまたクローズに戻ったりと行ったり来たりしていませんか?
私も金属クローズから樹脂のオープンエンドに、そしてマッドレースで地面に刺さるのを嫌って樹脂のクローズタイプに、その後公道エンデューロ(日高)に出るためにスイッチ類を装着しなければならなくなって金属のクローズエンドに戻ってと右往左往してます。

金属製のハンドガードを避けていたのはその重さもあるんですが、ハンドルが堅くなることが一番でした。
ハンドルのブレースみたいになりますから結構堅くなって長時間では疲れに差が出るんですよね。

そこで考えたのがその分ハンドルのしなりが多いものを選ぶことでした。
KTM純正のプロテーパーやNekenもしなりでは充分なはずですが、ここはエンデューロの老舗ロッキースポーツのステルスハンドルを入れてみました。元々しなりが絶妙なのに転倒での曲がりもあまりないという理想的なハンドルという触れ込みでしたのでハンドガードとの相性も良さそうです。これに同じくステルスのハンドガードなどを組み合わせるとこれがちょうど良いしなり具合で疲れもオープンハンドガードと変わらない感じです。(日高やSUGO 2DAYSでの体験で)
左右に振った時の軽さはやはり樹脂フラップのオープンエンドタイプの方に軍配が上がるのは当然ですが、疲れにくさから随分気に入って公道エンデューロが終わってからもこの組み合わせのまま乗っています。

参考にしてみてください。

stealthbar_header[1]

ステルスハンドルについてはこちらをご覧ください。>>>

ステルスハンドガードについてはこちらを>>>

エンデューロエンジニアリングのハンドガードはこちら>>>

お気に入りディフレクター

2015-10-21 14.59.33
現在私はG2のディフレクター(プリムスハンドシールド)が凄くお気に入りです。

当初一番外側もビス留めしていたんですが、度重なる転倒でタッピングビスが馬鹿になって抜けちゃいました。難所で引きずるとあの部分に逆方向の負荷が掛かって抜け易くなるんですよね。
でも本体が欠けて抜けるんじゃなくてビスがめげる方でした。
2015-10-21 14.59.392015-10-21 14.59.48

もともと柔らかすぎず硬すぎずの絶妙なしっかり具合なのでそんな根元だけ金属ガードにビス留めしている状態でも割れもせずにしっかりと手を守ってくれています。
先日正式デリバリーが開始されたワークスグラフィックも転倒の回数の割には綺麗なままです。
2015-10-21 15.00.06

こちらは綺麗な状態でのプリムスハンドシールド
primus3[1]

それ専用のワークスグラフィックがこれです。
primus_d_tana[1]

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

さて、次は何色にどんな色のワークスステッカーを貼ろうかな。悩むな~。

2014年モデル以降のKTMにTRIFITを付ける場合

16508_tana[1]
当店でも大好評のACERBIS TRIFITハンドガード
汎用品なので車両によっては取り付けに工夫が必要になるんですが、大概のものはレバーホルダーの位置を微調整するくらいで取り付け可能でした。

2015-01-16 150237
しかしKTMなどに使われている新しいブレンボのブレーキマスターは厚みがあるためか一部のハンドガードでは取り付けが難しい場合が出ています。
上の画のようにレバーと接触してしまうのです。
それに対応するために専用のステーが発売されたのですが、まだ入荷していないのと少々お値段が張るので他の方法を考えてみました。

g2ps01[1]
それがこれです。
G2パーチスペーサー>>>
ネジの位置が若干異なるので穴を広げなければなりませんが、それでも6mmほど前に移動できるのでレバーとの干渉を無くすことが出来ます。
2ヶ1セットで3,672 円というのもリーズナブルです。専用ステーは定価が4,860 円ですから。
余ったスペーサーはお友達とシェアするかクラッチパーチに使ってみましょう。

2015-01-16 153614
G2パーチスペーサーに付属しているボルトではレンチが入らないので六角ボルトを別に用意する必要がありますが、こんな感じで取り付けできます。
画像のパーチスペーサーは以前のタイプでアルミ製ですが、現在のそれは樹脂性なので加工も楽です。

人気ハンドガードに改良が施されました。

ハンドガードの老舗として人気の高いSTEALTH ハンドガード
そのSTEALTHがマイナーチェンジをしました。

具体的にはレバーとの干渉を減らすためにハンドガードバーエンド側の湾曲部を前側に広げるように若干の形状変更をしたそうです。

当店の在庫は全て新しいタイプに入れ替えをしております。
レバーのクリアランスに不安を抱えていた方は是非ご検討下さい!!

詳しくはSTEALTHハンドガードのページをご覧ください。>>>

wec_curve_.jpg
MC GEAR価格 ¥9,771
各々テーパーハンドル用とスタンダード用があります。

ハンドガード

当店で人気の高いハンドガードは金属製だとステルスが一番で、樹脂製だとアチェルビスになります。
アチェルビスは様々なハンドガードをリリースしていて、その中でも樹脂製は2種類が人気です。
その二つはどう違うのかという質問をよくいただきます。

16077-or[1]
■ラリー3ハンドガード
 MC GEAR価格 ¥14,175
 ラリー3は金属製のハンドガードをそのまま樹脂にしたような構造です。
 後述のTRIFITに比べると硬くて丈夫です。
 バーエンド部分に金属を配して耐久性を上げているために重量も多少かさみますが、それでも金属製に比べれば軽量でハンドルのしなりを阻害しない柔軟性を兼ね備えています。
 近代マシンとのデザインのマッチングが良いというのも特徴のひとつです。

 強いて欠点を挙げるとすると強固過ぎるために過度の衝撃が加わり続けると変形もしくは破断する場合が考えられます。


ac16508-01.jpg29[1]
■TRI FITハンドガード
 MC GEAR価格 ¥13,230
 名前の通り様々な装着方法がありますが、それだけが特徴ではありません。
 このハンドガードの最大の特徴はその柔軟性です。
 上記のラリー3よりもしなりが大きいのですが、しっかりと衝撃を受け止める芯の強さをもっています。実際私も今シーズン使い続けていますが、度重なる転倒にもへこたれずにしっかりとガードしてくれています。
 そのため金属の補強などが必要とせず樹脂性のハンドガードの中でも超軽量な部類の一つになります。
 またハンドルにクランプする部分がグリップが乗っている直線上に配置されるためにハンドルのベント(種類)に左右されず装着が簡単です。

 このハンドガードは私もとても気に入っているアイテムですが、強いて欠点を挙げるとすれば、その特徴的な装着方法のために上方向からの衝撃が加わると下に回り易い事でしょうか。トレールバイクに装着する場合はスイッチボックスとの共存が可能かをチェックする必要もあります。

■各々のお奨め
人気の2機種ですが、このようにデザイン以外でも機能が若干異なります。
ラリー3は今まで金属製を使用していた方にも違和感無く使っていただけます。
TRIFITは今までハンドガードを使ったことが無い方や、バーエンドまで延びていないフラップタイプのハンドガードからの買い替えの方にお奨めです。

どちらもハンドルのしなりを阻害しないために長時間のライディングで金属製との差を体感していただけると思います。

アチェルビスハンドガードについてはこちらをご覧ください。>>>

とここまでお奨めを書いておいて最後にこんな事を言うのもなんですが。

「アチェルビスは信頼性の高いメーカーですので最終的に迷ったらデザインで選んでいただいても後悔はさせません」

TRI FIT ハンドガードユーザーの方々に

発売から大好評のACERBIS TRI FIT ハンドガード。
私自身も使用してスクラッチマウンテンというハード系エンデューロで投げたり、普段の練習走行で投げたりしていても不具合の無い優れたハンドガードなんですが、一部のユーザーから(デコボコフレンズの速い人)説明を補足したほうが良いかもと助言をいただいたのでご紹介いたします。

2013-05-22 17.03.51
サイト内での詳細説明にもディフレクター無しでの使用も出来ると記載していますが、強度的にはやはり全てのパーツを使うCLOSE WRAPが一番です。
それ以外は転倒時に破損するリスクが高くなります。特に昔のラリーブッシュガードをイメージしてディフレクター無しで使用すると破損しやすいようです
お気をつけください。

全部のパーツを使う「CLOSE WRAP」ではそんなことはありませんのでご安心を。

ACERBIS TRI FITハンドガードの詳細はこちらをご覧ください。>>>

ACERBIS TRI FIT ハンドガード使用レポート

 ACERBIS TRI FIT ハンドガード使用レポート

ずっとオープンエンドハンドガードをお奨めしていた当店ですが、唯一の難点が柔らかな地面で転んだ際にグリップエンドが刺さって起こすのが大変になるというのがあります。
また、刺さった状態で捻られるといかなARCレバーとはいえねじ切れる場合はあるので、エクストリームを謳っているスクラッチマウンテンではクローズエンドのハンドガードをチョイスしました。
本当は絶対転がす(&投げる)レースで初めて装着するのは忍びなかったのですが、これも店主の務めと 諦めて すすんで取り付けることにしました。

DSC_4781_20130411235016.jpg
使用前。アチェルビスのプラスチックは表面が本当に綺麗で光沢も素晴らしい。
これが数時間後には…。涙無くして見ることが出来ません。

DSC_4783.jpg
樹脂製のフレームはカーボン風のモールドが施されていて格好良く出来ています。

DSC_4789.jpg
レバーとのクリアランスも結構あるので転倒時にフレームがたわんでもレバーへの接触は少なそうです。

DSC_4790.jpg
ディフレクターは下の部分が薄くなっていて指で押す程度でもこのようにたわみます。
転倒時に結構壊す部分なので逃げてくれるのは有り難いと思います。

■使用後(涙)
DSC_8914.jpg
<画像は楽さん提供>
で、レース中はこんな風に随所で転んだわけです。(T^T)

2013-04-08 11.24.36
どちらかというと右に倒した方が多かったような気がするんですが、ハンドガードは左の方がスリ傷だらけになってしまいました。
右はチャンバーがあるためにハンドルが接地する時には衝撃が分散されていたのかも知れません。
何にしても割れなどの破損はありませんでした。
結構派手に(きゃーって悲鳴が上がるくらいに)投げたんですが無事でした。凄い。

2013-04-08 11.24.41
フレーム部分に残る爪痕。転んだ回数の割には地面が柔らかい所が多かったのも幸いしたのでしょう。
砂岩の上を引きずったりガレ場で投げたりした時に付いた傷だと思われます。

2013-04-08 11.50.43
このハンドガードはステーが樹脂のために強固に固定するタイプではありません。樹脂の固定力は金属同士で留めるよりも圧倒的に低いからです。
逆にそれで衝撃を吸収する事で破損を防いでくれます。とは言うモノのそれほどくるくる回ってしまうわけではなく、節度を持ってずれるという感じでした。

下りでつんのめって転ぶ際は上から押されるためにずれやすくなってしまいます。転ぶシチュエーションとしてはこれが多い私は、そこでハンドル側のステーを左右入れ替えて上回しに変更しました。
これはこれでステーに負担が掛かって折れるのではないかという事も危惧しているんですが、それも含めて今後報告したいと思います。はい、人柱です。

通常は下回し(メーカー推奨の取付方法)をお奨めします。
ただし、特定の車種では下側にステーを廻し辛いものもあるようで、その際は上に廻して固定する事になります。仮組して変なところが当たらないか確認して装着してください。

Index of all entries

Home > ハンドガード Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top