Home > プロテクター Archive

プロテクター Archive

パームプロテクターが入荷しました!

palm_protectors_included-3.jpg
ちょうど先月末に在庫切れしたので新しいのをオーダーしたらニューグラフィックになって入荷しました。
価格も製品自体も変わりませんが、ちょっとカラフルになっています。

また、グラブがXLよるも大きな人向けのサイズも出たようですが、日本国内に入ってくるのはそれ以下になります。
このパームプロテクターのサイズ表記はちょっと面倒臭くて、グラブのサイズそのままではありません。
手の幅が3インチ(7.62cm)以下はS/Mサイズ
手の幅が3から3.75インチ(9.525cm)の間はLサイズになります。
そしてそれ以上がXLサイズ(日本未入荷)です。
手の幅はこの部分になります。
pp_20190128222615676.jpg
私は普通XLサイズのグラブを使用していますが、手の幅自体は9cmちょっとなのでパームプロテクターはLサイズになります。
同じXLのグラブでもXXL寄りの人はもしかしたら今回のパームプロテクターは合わないかも知れません。
一度採寸してみてください。

お買い求めはこちらからお願い致します。>>>

大人気のLEATT DUAL AXISについて

daxis01[1]
ユーザーからの口コミで着実にユーザーを増やしているLEATTのDUAL AXISニーシンガードの一部が少量ですが入荷しました。
入荷したのはブラック/レッドのL/XLサイズです。
S/Mサイズとホワイト/ブラックは欠品中で入荷に2ヶ月ほど掛かるかも知れないとのことです。

DUAL AXISがどうしてこんなに好評かというと、膝へのフィット感が高くてしかも剛性が高いために保護されている感じがとてもするからです。
ニーブレイスに比べれば当然剛性も低いし保護する力も弱いのですが、大きなジャンプを何度も飛ぶモトクロス的な使い方をしない限りは充分なのではないかと思います。
動きやすさと軽さからエンデューロにはこちらの方がお勧めだったりします。

knee_size[1]
現在S/Mサイズはどの色も欠品中ですが、当店での販売比率は9:1くらいでほとんどL/XLサイズです。
もっとも3~4年前はL/XLサイズのみで大抵の方にそれがフィットしたのですが、パンツサイズが28インチ以下の方で脚が細い場合はS/Mサイズが合うようです。詳しくはサイズチャートをご覧ください。

LEATT についてはこちらをご覧ください。>>>

リアットのニーシンガードが入荷しました!でも一部欠品です。


先日欠品してしまったLEATT DUAL AXISニーシンですが、ブラック/レッドのL/XLサイズを除いて入荷しました。
ブラック/レッドのL/XLサイズは4月入荷予定です。

このニーシンガードは何が良いかというとしっかりした装着感と軽量な割りに剛性もあることでしょう。もちろんこの手の形状のニーシンガードとしては標準的な価格というのも魅力です。
お陰さまでニーシンガード部門では当店で一番販売しているモデルになります。私も愛用していて内装が擦り切れたら同じのに買い換えようと思うくらいに気に入っています。実際は膝に爆弾を抱えているのでニーブレイスが良いはずなんですが、今まで特に不足を感じたことはありません。もしそう感じたら同社のニーブレイスにする予定です。それくらい安心してお勧め出来るメーカーさんです。

輸入元さんでも定期的に入荷していますし、当店でも結構な数(当店的にはですが)在庫しているんですが、それでも人気商品ゆえに欠品してしまうことも度々です。
買い替えの際は是非候補に入れてあげてください。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

欠品間近です。

ニーブレイスは高いし必要を感じないという方がニーシンガードを選ぶ際に気にされるのがアクシデントの際のプロテクションの高さと装着時の違和感の少なさでしょう。当然価格も気になるところです。

そういった方にお勧めなのがLEATTのDUAL AXISです。
軽量で装着感も良いのにしっかりした造りでレースで使用するユーザーも多いのが特徴です。



そういった人気の高さから当店でもよく品切れを起こすのですが、またもや在庫が少なくなってきました。
輸入元さんではもう欠品しているようですのでレース開幕までに入手したい方はお早めにご検討ください。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

DUAL AXIS ブラック/レッド再入荷!

daxis01[1]先日から欠品してしまっていたLEATT DUAL AXISのブラック/レッドが再入荷しました。
このニーシンガードは私も愛用していますがニーブレースほどでは無いのは当たり前としても他のニーシンガードと比べてとてもしっかりした装着感で安心して使用する事が出来ます。
出店している時もこれを見てみたかったと言われるくらい評判も高いアイテムです。

またこの手のニーシンガードはストラップが伸縮性の高いゴムなどを使うのですが、長年使用すると伸びてしまって装着感が落ちたりします。しかしこのDUAL AXISは私も3年以上使用していてもそういった劣化が見られません。
価格も発売当時はヒンジ付きタイプの中では標準的でしたが長年値上げをしていないのでむしろ安く感じられるくらいです。

今でしたら即納ですので宜しくご検討ください。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

人工筋肉テープ

先日から取り扱いを開始したOTHERSELFのキネシロオジーテープ(別名人工筋肉テープ)は従来のテーピングテープと異なる特徴があります。

まず柔軟さが皮膚や筋肉と同じなので装着時の違和感がありません。その上伸びすぎないように制限されているので、可動範囲を狭めることなく過度の動きを抑制します。
腕上がりや手足の攣りに対してはそうなりやすい筋肉の上に貼ってあげる事でサポートをして症状を出にくくします。

また転倒時などに可動範囲を越えて筋を痛めたりすることを予防しますので、例えば下記の動画のように親指に巻くことで怪我をある程度予防する事も出来ます。親指保護の場合は製品を縦に半分に切ったものを使っています。



詳しくはこちらをご覧ください。>>>

私も鎖骨の亜脱臼があるのでレースの際には貼っていますが、使わない時と比べると明らかにレース後の痛みに差が出ます。
お試しセットも上記のページにありますのでお気軽にお申し付けください。

これからの時期は朝の汗をかいていない時に貼るのが効果的です。汗をかいてしまったあとですと貼りつく強度に大幅に差が出ます。かぶれづらい素材なので前夜に貼っても構わないくらいです。(私自身3日以上貼った経験があります)

今月は20-21日のLITES長和の森と28日の成田MXP祭りに参加予定です。出店は今のところ考えていませんが、事前にお声掛けいただければ持参致しますので宜しくお願い致します。

その他13-14日も長和の森で遊んでいる予定です。

e-beltの装着方法

私も愛用しているロッキースポーツのe-beltは激しいライディングでも動きを阻害することなく骨盤を適正な位置に保持してくれることから腹筋と背筋のバランスも取ってくれて腰痛の予防にも効果を発揮するウエストベルトです。
ebelt01[1]
ウイング形状になっていて身体に無理なくフィットするのでスリムな方がよく悩まれるベルトのずり上がりがありません。
激しい動きにも追従するのですが、無理に締め付ける必要が無いので圧迫感が少ないのも特徴です。
その他通気性のよさなど本当に色々と考えられた素晴らしいベルトです。

特徴がありすぎるので詳しくは是非こちらをご覧ください。>>>

1_20160622170027725.jpg
そんなe-beltも正しく装着しなければ意味がありません。
レース会場でもよく試着していただくのですが、ほとんどの方は少し高めの位置に装着しているようです。
このベルトに限って言えば骨盤を包むようにするので少しお尻に掛かるくらい下に装着するのが正しい方法です。

下にメーカーが作った装着方法のビデオを貼り付けておきます。


ウエストベルトとしては多少高価な部類ですが、遊びすぎてると言われる私が1セットを2年以上使っても全くへたらない所からコストパフォーマンスは最高だと思います。
上のビデオでも説明していますが、ベルクロが秀逸でこれだけ使っていても接着力が落ちないのは驚きです。

Index of all entries

Home > プロテクター Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top