Home > プロテクター Archive

プロテクター Archive

人工筋肉テープ

先日から取り扱いを開始したOTHERSELFのキネシロオジーテープ(別名人工筋肉テープ)は従来のテーピングテープと異なる特徴があります。

まず柔軟さが皮膚や筋肉と同じなので装着時の違和感がありません。その上伸びすぎないように制限されているので、可動範囲を狭めることなく過度の動きを抑制します。
腕上がりや手足の攣りに対してはそうなりやすい筋肉の上に貼ってあげる事でサポートをして症状を出にくくします。

また転倒時などに可動範囲を越えて筋を痛めたりすることを予防しますので、例えば下記の動画のように親指に巻くことで怪我をある程度予防する事も出来ます。親指保護の場合は製品を縦に半分に切ったものを使っています。



詳しくはこちらをご覧ください。>>>

私も鎖骨の亜脱臼があるのでレースの際には貼っていますが、使わない時と比べると明らかにレース後の痛みに差が出ます。
お試しセットも上記のページにありますのでお気軽にお申し付けください。

これからの時期は朝の汗をかいていない時に貼るのが効果的です。汗をかいてしまったあとですと貼りつく強度に大幅に差が出ます。かぶれづらい素材なので前夜に貼っても構わないくらいです。(私自身3日以上貼った経験があります)

今月は20-21日のLITES長和の森と28日の成田MXP祭りに参加予定です。出店は今のところ考えていませんが、事前にお声掛けいただければ持参致しますので宜しくお願い致します。

その他13-14日も長和の森で遊んでいる予定です。

e-beltの装着方法

私も愛用しているロッキースポーツのe-beltは激しいライディングでも動きを阻害することなく骨盤を適正な位置に保持してくれることから腹筋と背筋のバランスも取ってくれて腰痛の予防にも効果を発揮するウエストベルトです。
ebelt01[1]
ウイング形状になっていて身体に無理なくフィットするのでスリムな方がよく悩まれるベルトのずり上がりがありません。
激しい動きにも追従するのですが、無理に締め付ける必要が無いので圧迫感が少ないのも特徴です。
その他通気性のよさなど本当に色々と考えられた素晴らしいベルトです。

特徴がありすぎるので詳しくは是非こちらをご覧ください。>>>

1_20160622170027725.jpg
そんなe-beltも正しく装着しなければ意味がありません。
レース会場でもよく試着していただくのですが、ほとんどの方は少し高めの位置に装着しているようです。
このベルトに限って言えば骨盤を包むようにするので少しお尻に掛かるくらい下に装着するのが正しい方法です。

下にメーカーが作った装着方法のビデオを貼り付けておきます。


ウエストベルトとしては多少高価な部類ですが、遊びすぎてると言われる私が1セットを2年以上使っても全くへたらない所からコストパフォーマンスは最高だと思います。
上のビデオでも説明していますが、ベルクロが秀逸でこれだけ使っていても接着力が落ちないのは驚きです。

ウエストベルトって…。

最近出店すると必ず相談を受けるのがウエストベルトのことです。
俗にキドニーベルトとかって言われる腰バンドです。

キドニー(腎臓)っていうくらいなので内蔵保護のためにあるんですが、他のプロテクターと違って打撃などから守るよりも振動で内蔵が揺すぶられて疲労の原因になるのを防ぐ度合いの方が重要です。昔はここに硬いプロテクターを仕込んでいたんですが、最近は下腹を支えて内蔵を保持するタイプの方が圧倒的です。転んだ時にここのプロテクターがあった方が良いんだという方もいまだにいらっしゃいますが、樹脂のウエストベルトも衝撃吸収には薄すぎてあまり意味を感じないものばかりなのでそれよりも転ばない時に快適に走れる方を優先して欲しいアイテムです。それに私ももう30年近く林道やレースにとオフロード走ってますが、このベルトで覆っている部分って意外に打ち付けないんですよね。それより腰骨の部分の方が傷めやすい気がします。

そんな保持力の高さから相談に来られた方にこれ以外お奨めしませんっていうのがロッキースポーツのe-beltシリーズです。
ebelt01[1]
ウイング形状のベルトは通気性も高い上に身体へのフィットも最高で激しい運動でもずれることが皆無です。
実際ゴルフ選手が使っているという事からも腰の動きを阻害しないのにしっかりと保持しているのが証明されていると思います。

サイズが色々ありますが、縦幅(6,7,8インチがあります)とウエストサイズ(S,M,Lがあります)の組み合わせになります。
そこで悩むのが縦幅です。ウエストサイズは悩む必要が無いんですが、縦幅をどれにしようか悩む場合があります。
基本的にレースで使う場合は7インチ幅でほぼ大丈夫ですが、ウエストがSサイズの場合だけ6インチ幅の方が動きやすいかも知れません。ツーリングの場合は8インチで長時間の振動に対応するというのも良い選択です。その場合少し腰の切れが悪くなるかも知れません。MサイズとLサイズに関してはレース会場でのご相談の場合は迷わず7インチ幅をお奨めしてます。
S7A[1]
同じロッキーのベルトにSPORTS-7 ACE というモデルもあるんですが、これはe-beltとは全く異なるコンセプトのベルトです。
普段e-beltを使ってるんだけど、洗濯したまま忘れてきたとか、年に数回ツーリングで使うくらいなので高価なのはいらないって方にお奨めしています。
これはこれで価格を考えると良く出来たベルトなんですが、e-beltの気持ちよさを知ってしまうと急に色褪せてしまうんですよね。
それにヘビーユーザーの方は耐久性を考えるとe-beltの方がコストパフォーマンスも高いですし。
なによりベルクロの耐久性がe-beltの圧勝なんです。SPORTS-7 ACEだってそれほど悪くは無いはずなんですが、それこそ毎週使っていても全然へたらないe-beltには感服します。

是非一度e-beltの気持ちよさを体感してください。
レース会場には必ず持参しておりますのでお気軽にご覧ください!!

製品についての詳しくはこちらをご覧ください。>>>

DUAL AXIS 再入荷しました。

先日ご紹介した途端一気に売り切れてしまってご迷惑をお掛けしていたLEATTのニーシンガード DUAL AXIS が本日再入荷しました。
軽くて、しっかりしていて、しかも蒸れづらい構造なので汗かきの方にもお奨めです。
しっかりした構造のニーシンガードにはネオプレーンなどで足を覆う物も少なくなく、真夏の使用ではちょっと厳しい時もありましたが、これでしたら快適に使用することが出来ます。私も暑がりなのでここら辺は結構気になるんですよね。

今回大量に入荷しましたが、前回もあっという間に無くなってしまったので興味の有る方はお早めに!

LEATT DUAL AXISについてはこちらをご覧下さい。>>>

プロテクターがお求めやすくなりました。

当店でもご好評いただいているプロテクター類の中でも特に人気の高いThor FORCE KNEE SHINやSENTINEL PROTECTOR、それにSIXSIXONEのPRODIGY、DEFENDERS 2.5といった物の価格が改定になりました。

まだ当店の在庫もあるのですが、輸入元さんで改訂したのでこちらも赤字覚悟で変更しました。しくしく。

世の中は一気に円安に進んでいるのでまた価格改定が入る可能性があります。この機会に是非ご検討下さい!

27040118[1] のコピー

その他にもSIXSIXONEのサイクロンやMX3、NITROも価格改定で一気に安くなりました。
ThorのQUADRANT PROTECTORは1万円切ってますし。

Thor プロテクターのページはこちら>>>

SIXSIXONE プロテクターのページはこちら>>>

2012 SIXSIXONE EVO KNEEについて

2012_EVO_KNEE[1]先日ご紹介した2012 SIXSIXONE EVO KNEEについて補足のご案内です。

これと2011モデルまでとの違いはd3oプロテクター部分になります。
2012モデル(右)ではニー部分がカップ状に成型されていて、そこに衝撃吸収剤であるd3oが封入されています。

2011モデルまでの物は柔らかなシート状だったために追従性が良く、違和感の少ない形状でしたが、常時膝蓋骨(膝のお皿)に接しているために大きな衝撃に対して充分な衝撃吸収が出来ない場合もあったのかも知れません。

2012モデルではこの部分が予めカップ形状になっているので膝蓋骨を圧迫する事がありません。その分少し嵩張る感じになりますが、他社と比べてもまだスリムな部類だと思います。
またカップ形状になったために剛性もあるのでハードなエンデューロにもお奨めできるようになりました。

また上下にあった調整用のストラップが上だけになりました。
2011までのタイプは膝頭から少し浮かせてセットできるように上下で固定するようになっていたのが成型カップのお陰で上から吊り下げるだけで良くなったためだと思います。
これは特に膝下の短い日本人体型には有り難い事で、ブーツなどと重なる事で違和感が出る場合がある膝下の調整ベルトなどは無い方が装着感も良いでしょう。

名称未設定 3 のコピーこれが2012モデルに内臓されているニーカップ部分です。
先代に比べると少し堅い素材で覆われていますが、全体重が乗った状態で衝撃が加わる事の多い膝部分のプロテクターとしては大袈裟では無いでしょう。

■d3o EVO KNEE (エヴォ ニー)
エムシーギア価格 \11,340


詳しくはこちらをご覧下さい>>>

STEALTH エルボーガード入荷!

長いこと欠品していたSTEALTH エルボーガードが入荷しました。
軽量でフィット感も良くて個人的にはスリーブタイプより腕上がりがしづらい(変に腕が太いため)のでお気に入りのアイテムです。

ところでこのクロスタイプのストラップはずれやすいんじゃないかとたまに言われます。
腕上がりを敬遠してきつく締めるためだと思いますが、そんな方にちょっとしたアドバイスを。

自分の腕に装着してからストラップの長さを適度に合わせてたら、そのストラップがクロスしている部分を違和感が無い位置に合わせて下さい。そしてそこを軽く縫っちゃいましょう。私の場合は普通の木綿糸と針を使って4~5回縫うだけです。たったこれだけですが格段にずれなくなります。
激しい転倒でこの縫った部分が切れてしまった時にそれ以降ずれて落ちてくるのが煩わしくなったくらいですから。

ストラップがクロスするタイプはほとんど同じですので手持ちのがこれでしたらちょっと試してみてください。
ただ縫うだけなので効果が無かったりネガな部分が有ったら外せば良いだけです。

STEALTH エルボーガードのお求めはこちらから>>>

STEALTH Elgonomics エルボーガード ADULT
3,045円(税込み)

Index of all entries

Home > プロテクター Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top