Home > ゴーグル Archive

ゴーグル Archive

100% ACCURI OTG (眼鏡用) 欠品中です。

当店でも大人気の100%ゴーグル
もう新興とは言え無いくらい実績を積んできているメーカーですが、それを反映してか仕入れても仕入れてもすぐになくなってしまいます。
一昨日とうとうOTG (眼鏡用) が全色欠品してしまいました。結構在庫あったんですが…。
残念なことに次回入荷は9月くらいだそうです。お盆前になくなってしまうとは予想外でした。困った。

他も満遍なくお買い上げいただいているためにすでに欠品や完売の色が出てきています。
100%ゴーグルは半期に一度カラーチェンジをします。継続生産の色もあるんですが、完売してしまう色もたくさんあるので気に入ったものがあればお早めに!
私がKTMに乗ってるせいではないと思うんですが、フレームやベルトにオレンジが入っているモデルは結構早くなくなってしまいます。現在ACCURIでオレンジ系はPASSION ORANGEとWILSONIANが若干有る程度です。

100%は色使いも良いんですが、視野の広さでエンデューロライダーにこそお勧めしたいゴーグルです。
消耗品も比較的手に入れやすい価格なのでランニングコストも抑えられるのが良いですよね。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

accuri_otg[1]

埃だらけでのゴーグル

先日富山で行われたJEC中日本大会は空梅雨のお陰で埃が立つコンディションでした。

JNCCの時のように特にアナウンスが有ったわけじゃありませんが、渋滞が出来るようなコースでもなかったのと気温がそれほど高くなかったというのもあってゴーグルを外して走る人は皆無でした。1周毎にパドックに戻ってゴーグルのメンテ(交換)が出来たのも理由のひとつでしょう。

今回困ったのは兎に角埃が多かった事です。
ゴーグルのレンズはほとんどがポリカーボネイトなどの樹脂製なので静電気で埃を吸い寄せてしまうんですよね。そのため静電防止剤なんかも市販されているんですが、最近モトクロスゴーグル用では見かけなくなりました。それだけレンズもよくなったのかも知れません。(すみません、静電気に関しては勉強不足です)
表面は薄ら埃が着く程度なんですが、内側にも結構埃が侵入して気が付くと視界がぼやけてるなんて事もありました。
これがXCレースになるともっと酷くなるはずです。

そんな時に専用のゴーグルもあります。
ac7_tana[1]
RCRALLY_tana01[1]
100%ゴーグルもarieteもサンド用というのがラインナップされています。
これはスポンジ部分の目を細かくして埃の侵入を抑えるものです。他にも強い日差しを遮るためにミラーレンズやスモークレンズを採用しています。

しかしサンド用のゴーグルは必要になるシチュエーションが限られているので購入に二の足を踏む方も多いと思います。それにサンド系のゴーグルは通気が悪くなる場合もあって夏のエンデューロでは少し気になるかも知れません。
そんな時は手持ちのゴーグルのスポンジ部分にハンドクリームなどの肌に付けることが出来るローションの類を染み込ませて埃の侵入を防ぐ方法もあります。さながらバイクのエアフィルターにフィルターオイルを染みこませる様にです。
レース中にまめにメンテが出来ないクロスカントリーの場合はこの方法がお勧めです。

100%ゴーグルについてはこちらをご覧ください。>>>

arieteゴーグルについてはこちらをご覧ください。>>>

ゴーグルの重要性について

今朝JNCCのJバザー仲間であるMC-JAPANさんのFACEBOOKでゴーグルの重要性について書き込みがありました。
私も軽度ではありますが同様の怪我をして医者に運が良かったねと言われた経験があるので他人事とは思えませんでした。

以前からゴーグルの重要性と外さずに済むゴーグルのセッティングなどについてこの日誌でも言及しているんですが、いまだにレース中にゴーグルを外したりしているのを見かけます。
特にこれからの時期は汚れや曇りの他に暑いから外すという場合もあるでしょう。

でも目って破損すると回復しづらかったりしなかったりします。それだけ重要なのに柔な器官なのでもう少し大事にしてあげたほうが良いと思うんですよね。
私も若い頃はゴーグルは1~2個しか持っていませんでした。それで充分だと思っていたんですが、レース中に汗でびしょびしょになったゴーグルは不快なだけではなくて曇りも呼んで外したくなったりします。怪我をした後はやはりこういった理由で外したくなくなりました。それにコースコンディションに合わせたゴーグルを用意するのもレースに集中する秘訣だと思います。だから今は最低でも5セットのゴーグルを持ってレース会場に行きます。オンタイムの場合などは毎周替えていたりしました。

中にはゴーグルをしていても怪我をした人はいますが、していない場合の怪我は後悔しか残りません。
楽しくバイクに乗り続けるためにもゴーグルのチョイスはじっくり真剣にやってください。

当店もARIETEゴーグルの取り扱いを始めて更にチョイスの幅が広がりました。
悩んでいる方は是非ご相談ください。

キャプチャ

アリエテゴーグルがお求めやすくなりました。

取り扱いを始めたばかりですが、ARIETEゴーグルの輸入元さんから値下げの連絡が入りました。
レンズが曇りやすい天候の時にはこのゴーグルがお勧めです。
軍需産業からのフィードバックで曇らないことには定評があります。

その分レンズは水洗いのみなど取り扱いにも注意が必要ですが、ハードなエンデューロでは強い味方になること請け合いです。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>



■ライディング クロウズ トップ
旧価格 12,636円 → 新価格 8,316円(税込)



■ライディング クロウズ ベーシック
旧価格 9,936円 → 新価格 6,156円(税込)

ミドルラインゴーグル入荷

先日御紹介したプログリップの新しいゴーグルが入荷しました。
PG3400M ミドルラインゴーグル。
アウトリガーフレームを持ったゴーグルはいくつか有りますが、それの効果はゴーグルの端を引っ張って顔に押し付けるよりも均一に押し付けることが出来る為に隙間が出来づらかったり顔への圧迫感を抑えられることにあります。
デメリットとしては構造が複雑になるために高価になりやすいという事と通常のベルトよりもフレームが大きくなってしまう事が挙げられます。しかしこのPG3400Mはそのアウトリガーの張り出しを最小限にしており、ヘルメットとの親和性を高めています。

3400M-01.jpg
モデルの良し悪しは別にしてヘルメットとの相性は抜群です。(苦笑)
1041[1]
また他社のアウトリガータイプにはロールオフシステムが取り付けられなかったり干渉してしまったりする場合がありますが、PG3400Mは何の問題も無く取り付けられます。

PG3400Mについてはこちらをご覧ください。>>>

しかしいつも思うんですが、プログリップのゴーグルは実物の色がカタログなどよりも良くてなんか損をしている気がします。
是非一度手にとってご覧ください。

マッドコンディションでの必須アイテム

先日の全日本エンデューロ選手権は初日に雨が降ってしまい大変なコンディションになってしまいました。
こんなコンディションの時に注意するのはゴーグルです。
普段は枝などが目に入らないようにするためにゴーグルを外さないようにしますが、難所のあるエンデューロの場合は前車が巻き上げた泥や石で目を怪我しないようにするためにも必要です。
今回ちょうど私の目の前でそんなシチュエーションで怪我をされた方が居ました。前のライダーが轍の中の段差を越えるためにアクセルを全開にしていたところ大きな石が目に向かって飛んできたそうです。
気丈な方なので自分でマーシャルに申告して歩いて移動されていましたが、失明も考えられるシチュエーションでしたので私も背筋が凍る思いでした。

速度が出てないからとか枝は無いからでは無くて、どんなことがあっても目を露出させないという心構えで走るべきです。
またそのために細心の注意を払おうと思わされました。

私がレース前に気をつけるのは「ゴーグルのスポンジを濡らさない」「レンズの内側に水滴を落さない」ヘルメットの内装も出来る限り濡らさない」という事です。
JECのように毎周パドックに戻る場合は1~2周でゴーグルを替えていました。スポンジが濡れると曇りやすくなってゴーグルを外したくなるからです。

3308_top[1]

私が好んで使っているのはプログリップのワイドロールオフです。
主にPG3308を使っていますが、これのベースになる3301とPG3458のベースになる3450では顔へのあたりが違うので当店が出店している際に是非どちらも試してみてください。この顔へのあたりも曇りやすさに影響しますので。

プログリップゴーグルに関してはこちらをご覧ください。>>>

ところでロールオフフィルムの交換時期って難しいですよね。
お恥ずかしい話土曜の悪コンディション下でフィルムを使い切って苦労した周回がありました。ワイパー代わりに随分使ってしまったせいなんですが、これからは少し早めに新しいものに交換することにします。

本日一杯です!

pgcampaign.jpg
先週から行っているプログリップのセールは本日一杯で一旦終了です。
お陰さまで完売してしまった色も出てきています。迷っている方はお早めに!

プログリップは曇りに強いレンズが特徴です。汗かきの私がここ一番で信頼しているのはプログリップのダブルレンズです。
ただ薬剤の影響で曇りを防止しているので経年劣化で曇りやすくなりますから、傷が多くなったり曇りやすくなったと感じたら即座の交換することをお勧めします。古いレンズは練習用に回すのが良いでしょう。
そういった際にフレームの柔軟性が高くてレンズ交換が楽なのもプログリップの有り難いところです。

プログリップゴーグルのセールについてはこちらをご覧ください。>>>

スペアレンズなどはこちらにご用意しています。>>>

Index of all entries

Home > ゴーグル Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top