Home > ゴーグル Archive

ゴーグル Archive

アリエテゴーグルがお求めやすくなりました。

取り扱いを始めたばかりですが、ARIETEゴーグルの輸入元さんから値下げの連絡が入りました。
レンズが曇りやすい天候の時にはこのゴーグルがお勧めです。
軍需産業からのフィードバックで曇らないことには定評があります。

その分レンズは水洗いのみなど取り扱いにも注意が必要ですが、ハードなエンデューロでは強い味方になること請け合いです。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>



■ライディング クロウズ トップ
旧価格 12,636円 → 新価格 8,316円(税込)



■ライディング クロウズ ベーシック
旧価格 9,936円 → 新価格 6,156円(税込)

ミドルラインゴーグル入荷

先日御紹介したプログリップの新しいゴーグルが入荷しました。
PG3400M ミドルラインゴーグル。
アウトリガーフレームを持ったゴーグルはいくつか有りますが、それの効果はゴーグルの端を引っ張って顔に押し付けるよりも均一に押し付けることが出来る為に隙間が出来づらかったり顔への圧迫感を抑えられることにあります。
デメリットとしては構造が複雑になるために高価になりやすいという事と通常のベルトよりもフレームが大きくなってしまう事が挙げられます。しかしこのPG3400Mはそのアウトリガーの張り出しを最小限にしており、ヘルメットとの親和性を高めています。

3400M-01.jpg
モデルの良し悪しは別にしてヘルメットとの相性は抜群です。(苦笑)
1041[1]
また他社のアウトリガータイプにはロールオフシステムが取り付けられなかったり干渉してしまったりする場合がありますが、PG3400Mは何の問題も無く取り付けられます。

PG3400Mについてはこちらをご覧ください。>>>

しかしいつも思うんですが、プログリップのゴーグルは実物の色がカタログなどよりも良くてなんか損をしている気がします。
是非一度手にとってご覧ください。

マッドコンディションでの必須アイテム

先日の全日本エンデューロ選手権は初日に雨が降ってしまい大変なコンディションになってしまいました。
こんなコンディションの時に注意するのはゴーグルです。
普段は枝などが目に入らないようにするためにゴーグルを外さないようにしますが、難所のあるエンデューロの場合は前車が巻き上げた泥や石で目を怪我しないようにするためにも必要です。
今回ちょうど私の目の前でそんなシチュエーションで怪我をされた方が居ました。前のライダーが轍の中の段差を越えるためにアクセルを全開にしていたところ大きな石が目に向かって飛んできたそうです。
気丈な方なので自分でマーシャルに申告して歩いて移動されていましたが、失明も考えられるシチュエーションでしたので私も背筋が凍る思いでした。

速度が出てないからとか枝は無いからでは無くて、どんなことがあっても目を露出させないという心構えで走るべきです。
またそのために細心の注意を払おうと思わされました。

私がレース前に気をつけるのは「ゴーグルのスポンジを濡らさない」「レンズの内側に水滴を落さない」ヘルメットの内装も出来る限り濡らさない」という事です。
JECのように毎周パドックに戻る場合は1~2周でゴーグルを替えていました。スポンジが濡れると曇りやすくなってゴーグルを外したくなるからです。

3308_top[1]

私が好んで使っているのはプログリップのワイドロールオフです。
主にPG3308を使っていますが、これのベースになる3301とPG3458のベースになる3450では顔へのあたりが違うので当店が出店している際に是非どちらも試してみてください。この顔へのあたりも曇りやすさに影響しますので。

プログリップゴーグルに関してはこちらをご覧ください。>>>

ところでロールオフフィルムの交換時期って難しいですよね。
お恥ずかしい話土曜の悪コンディション下でフィルムを使い切って苦労した周回がありました。ワイパー代わりに随分使ってしまったせいなんですが、これからは少し早めに新しいものに交換することにします。

本日一杯です!

pgcampaign.jpg
先週から行っているプログリップのセールは本日一杯で一旦終了です。
お陰さまで完売してしまった色も出てきています。迷っている方はお早めに!

プログリップは曇りに強いレンズが特徴です。汗かきの私がここ一番で信頼しているのはプログリップのダブルレンズです。
ただ薬剤の影響で曇りを防止しているので経年劣化で曇りやすくなりますから、傷が多くなったり曇りやすくなったと感じたら即座の交換することをお勧めします。古いレンズは練習用に回すのが良いでしょう。
そういった際にフレームの柔軟性が高くてレンズ交換が楽なのもプログリップの有り難いところです。

プログリップゴーグルのセールについてはこちらをご覧ください。>>>

スペアレンズなどはこちらにご用意しています。>>>

プログリップゴーグルお勧めセール開催

レース会場でゴーグルの話をさせていただいた方は気が付いてらっしゃると思いますが、プログリップと100%のゴーグルを熱愛していてどっちが良いって言われても返答に窮する状態になっています。実際レースでも交互に使っています。

ただ汗かきの私は雨天時にはプログリップしか使いません。なぜならロールオフ付きゴーグルにダブルレンズを組み合わせる事が出来るからです。これは非常に大事なことで、今まで何度か(一部には雨男扱いする人もいたりするくらい)雨の中を走ったのですが、最後までゴーグルを外さないために必要な組み合わせだからです。

ところがその絶大な信頼を置いているプログリップが最近値上げをしてしまいました。
それでもまだ性能を考えると納得の価格なのですが、全体的に動きが鈍くなったのは否めません。

良いゴーグルなのになぁ…。
一ファンとしてちょっと残念な気持ちで一杯でした。
そんな話を輸入元さんとしていたんですが、そちらも結構ギリギリの価格設定のようで定価も卸値も変える余裕がないそうです。

では良い物を少しでも多くの人に知ってもらおうという事で期間限定ではありますが独自にプログリップゴーグルの一部を値下げして御提供させていただくことにしました。

詳しくは赤札のページをご覧ください。>>>
期間は10月18日までとなっております。


3301_tana[1]

このPG3301が4,498円(税込)になります。
その他は上記のページをご覧ください。
宜しくお願い致します。

ロールオフゴーグルのレンズ装着

先日の糸魚川はレース当日こそ晴天でしたが、前日まで降った雨のためにロールオフの問い合わせをたくさんいただきました。
今当店で一押しなのは100%のFORECASTロールオフユニットですが、これの装着方法がちょっと特殊なために慣れるまで少々苦労するかも知れません。

fc01[1]
こんな感じでレンズが収まる溝にロールオフユニットをはめるのですが、ユニットが大きいので装着箇所が見づらいのが難点です。
汚れた際の清掃などで脱着は頻繁に行いますから慣れていただくしかありません。

2016-09-25 07.53.44
そんな時はゴーグルの内側から覗き込むと位置決めがしやすくすんなり装着出来ます。
これは他社のロールオフユニットでも同じですので是非お試しください。

100%FORECASTについてはこちらをご覧ください。>>>

ゴーグルのお手入れ

ここのところ関東では天候が悪くて今月の晴天は二日くらいしか無いとか。
先日のWEX-Eも降ったり止んだりで走行には辛い状況でした。
しかしもっと困るのは帰ってきてからの洗濯や洗車でしょう。
出店していたこともあって車の中が湿っぽいです。(涙)

そんな天候でのレースの後はウェアと共にゴーグルの清掃もしなければなりません。
私が好んで使っているロールオフゴーグルも帰ってからすぐにレンズを外してから洗濯しました。
その際は洗濯ネットに入れてヘルメットの内装と一緒に洗っています。
以前のゴーグルはこんな事するとスポンジがはがれてしまうようなのもあるのですが、最近この洗い方で破損するものはありませんでした。ただ出来れば弱水流でやると良いでしょう。

pg3308_tana[1]

レンズは本体から外して水洗いするか、専用のクリーナーで綺麗にしてあげてください。
ライトセンシティブやダブルレンズの場合は水分が残っていると曇ってしまったりレイヤーがはがれたりしますのでしっかり乾燥させましょう。

f7_tana[1]
私は1.7(ワンポイントセブン)のレンズクリーナーで綺麗にしてから次に使用するまでしっかり乾かしています。
コンディションが悪くなれば悪くなるほど重要度が高くなるゴーグルですから普段のお手入れからしっかりしてあげてください。

Index of all entries

Home > ゴーグル Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top