Home > ゴーグル Archive

ゴーグル Archive

ariete 8K ゴーグルのここが凄い。

ARIETE-8K-14960-134-2.jpg

発売から大人気のariete 8Kゴーグル。
ミリタリースペックの曇り止めと日本人にもフィットするゴーグルとして人気を博していましたが、新設計のフレームによって広い視界を獲得して更にエンデューロにもお薦め出来るようになりました。

店長も最初画像だけ見た時は視界が広くなるんだな程度の認識でしたが、フレームが大きくなったのに重量は以前からあるライディングクロウズと大差ありませんでした。
実物を手に取ると実際の重量以上に軽く感じます。
これは結構重要でオフロード走行ではゴーグルがずれにくくなって快適に装着し続ける事が出来ます。
そして幅広になったストラップも相まって抜群の装着感を提供してくれます。

また8Kはアジアンフィットと謳ってはいませんが、柔らかいフレームとスポンジのお陰で平たい顔の私でも鼻の隙間も出来ず快適に装着出来ます。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>>

2022-03-17 23.10.57
8Kは133g
2022-03-17 23.12.02
ライディングクロウズは131g

しかし持った感じは8Kの方が軽いんです。不思議。

よくいただくご質問にお答えするコーナー  100%ゴーグル編

lens_tana.jpg
100%ゴーグルが2nd ジェネレーションになってから時間が経っているんですが、耐久性が高いためかまだまだ1st ジェネレーションのユーザーもたくさんいらっしゃいます。そんな方からスペアレンズの入手についてご相談もいただきます。

確かに2nd ジェネレーションに移行した際に1stタイプのスペアレンズが欠品してしまいその時にご迷惑をお掛けしてしまったんですが、その後落ち着いたために再度入荷し始めました。
ただ一部は完売になっていますので頻繁にきれいなレンズに替える方は今のうちに少し入手してみてください。
現在1st用のFORECASTレンズはスモーク以外は無い状態です。

100%ゴーグルについてはこちらをご覧ください>>>>>

arieteゴーグルの眼鏡対応について

会場でよくご質問いただくのがarieteゴーグルのフィットについてです。
特に眼鏡ユーザーの方は装着出来るかが気になるところです。

19ariete.jpg
以前よりあるライディングクロウズはアジアンフィットという鼻の部分のスポンジが厚めになっているモデルです。
眼鏡については小ぶりな物でしたら問題なく使用していただいています。

14960-051-1000x1000-maschere.jpg14960-051_maschera_3_4.jpg
新しくラインナップされた8Kゴーグルはライディングクロウズよりもくフレームが大きくより眼鏡への親和性が高くなっています。
なので眼鏡ユーザーの方にはこちらをお薦めしているのですが、こちらはアジアンフィット、要するに仕向け地用の特別仕様ではありません。これが引っ掛かる方もいるのですが、現地で試していただくと問題ない方がほぼすべてです。フレームの柔らかさが自慢のarieteですので、平たい顔族の私でもライディングクロウズもユーロフィットで問題ありませんでした。

8Kゴーグルはロールオフユニットの販売も開始しており、よりエンデューロにマッチしたゴーグルになっています。
曇り止めの秀逸さは口コミで指名買いされる方の多さからも伺い知れます。

arieteゴーグルについてはこちらをご覧ください。>>>>>

100%ロールオフゴーグル入荷しました。

f20fafcacc_20211208185649a75.jpg
長期間欠品していました100%のロールオフゴーグル FORECASTが入荷いたしました。
本当に長い間の欠品だったのでモデルチェンジも勘ぐっていましたが今回は特に変更もなく入荷しました。
FORECASTは45mmの広いフィルムと元々広い視野を持つACCURIゴーグルとの組み合わせで悪条件でのライディングを支えてくれます。
一番最初にリリースされた1stモデル用の専用フレーム付きはちょっと重かったのとレンズが遠くなるためにその重さがさらに重く感じるようなシステムでしたが、短期間に今の形になってとても使いやすくなりました。ゴーグル本体がセカンドジェネレーションにモデルチェンジしたためにそれまでフィルムがノーズ部分に干渉していたのを解消して悪条件でも動作不良を起こす可能性を排除しました。
店長は更にフィルムとレンズの間にテグス糸を張って貼りつきを防止しています。



100%FORECASTゴーグルについてはこちらをご覧ください。>>>>>

Arieteゴーグル 8Kのここが凄い。

圧倒的に曇りづらい事から大人気のArieteゴーグルにワイドな視界を提供してくれる8Kがラインナップされてから更にエンデューロライダー向けになりました。
ライディングクロウズはそのレンズの秀逸さからもうこれ以外使えないとまで言われるゴーグルですが、モトクロス用として設計されているためかフレームが小ぶりな上にアジアンフィットという少しスポンジが厚いタイプが流通しているために上下の視野が若干狭いのが玉に瑕でした。
しかしこの8Kゴーグルはフレームを薄くしかも大きくしたために上下左右共に広い視界を提供してくれます。

この8Kゴーグルはエンデューロ向きの広い視野を確保しているので、コーナー後の急な登りや下りでも視線を配りやすくなっています。刻々と変化するエンデューロのコースではこういった素早い視線の移動が重要になってきます。コーナー後のヒルクライムでスタックしているマシンなどをいち早く視認出来るこのゴーグルはお勧めです。

Ariete 8Kゴーグルについてはこちらをご覧ください。>>>>>

14960-065_maschera_3_4.jpg

では視野が8Kに比べて狭いライディングクロウズはエンデューロ向きじゃないのかと思われるでしょう。しかしハイスピードなクロスカントリーやオンタイムエンデューロのファイナルクロスでは余計な情報をシャットアウトするという意味でライディングクロウズもお薦めしています。特に上下の視野が8Kよりも若干狭いためによりライディングに集中出来るというメリットがあるのです。(個人差ありますが)
またフレームが小ぶりなためにヘルメットを選ばないというメリットもあります。

どちらも曇りづらさでは定評がありますのでご自分の使い方に合わせてお選びください。

ダブルレンズゴーグル

13950-FRB - web_0

先日からダブルレンズではなくなったarieteのライディングクロウズですが、シングルレンズの方が視界が歪みづらいという方も多いんです。あと特定の条件でレンズに顔が反射してしまうということもあります。
あくまで雨天や冷間時の曇りを抑えるレンズなので天候や気候が変化するツーリングの場合はシングルレンズの方がお薦めだったりします。

ダブルレンズはレンズ間に空気をため込むために曇りづらくなりますが、気圧の変化で視界がレンズが歪んだりするんですよね。それを防ぐために外気との気圧差を調整するのがベンチレーションタイプなのです。ベンチレーションという名前からゴーグル内部に空気を取り入れて顔に風が当たるんじゃないかと思われる方がいますが、内側のレンズには穴はありませんのでゴーグル内部に空気が入るとすると2枚のレンズを繋いでいる防水スポンジを通してしかありません。なので風が当たるほどの風量は期待できません。

視界の確保と目の保護に必須アイテムであるゴーグルは出来るだけ長い時間外さずに走れるように慎重に選んでください。
個別のご相談も承りますので、その際は使用するシチュエーションやご予算をお知らせください。場合によっては複数用意した方が良かったり100%のARMEGAのようにクイックにレンズ交換出来るゴーグルを1セット揃える方がお薦めの場合もあります。
ただ一番は自分の気に入ったデザインだったりします。オートバイってメンタルスポーツでもあるので、気分が上がるお気に入りの装備って結構重要だと思うんですよね。

arieteのライディングクロウズ フローがマイナーチェンジしました

曇らないゴーグルで人気がうなぎ登りのアリエテゴーグルのメインモデル ライディングクロウズ フロー がマイナーチェンジしました。
ダブルレンズを装備しておりましたが、先月より徐々にシングルレンズに移行してほぼ入れ替わりました。
まだ製品画像がアップデートされていないので御注意ください。

価格は据え置きになっておりますのでご了承ください。

ダブルからシングルになったのなら曇りづらさはもう過去の話?と思うかも知れませんが、以前からシングルレンズで充分なのになんでダブルレンズを入れているんだろうと輸入元さんとも話題になるほどだったので変わらず曇りづらいゴーグルとしてお薦め致します。

Arieteゴーグルはこちらをご覧ください。>>>>>

rcf2021-01_202107092146424f8.jpg
rcf2021-02_202107092146434e6.jpg

Index of all entries

Home > ゴーグル Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top