Home > サイト更新情報 Archive

サイト更新情報 Archive

ACERBIS のYZ125用アンダーガード

アンダーガードにも大別して金属製と樹脂製の2種類がありますが、金属は強固にエンジンやアンダーフレームを守るため、そして樹脂製は岩などに乗っかった際に食いつかずに滑る特性を利用するといった使い方をします。

今回ご紹介するACERBISのアンダーガード YZ125用は樹脂製のためにハードエンデューロなどで障害物に乗り上げてもするりと乗り越えてくれます。トライアルではアンダーガードが接した際はグリップしてくれた方が落ちないというメリットがあるのですが、エンデューロの場合は滑っていなしてくれた方が難所を通過するには都合が良かったりします。

そしてこのACERBISのアンダーガードはリンクガードも兼ねているのが特徴です。
意外にこのリンク部分って引っ掛かるんですよね。

ac23922_tana.jpg
ACERBIS スキッドプレート YAMAHA YZ125についてはこちらをご覧ください。>>>>

ACERBIS X-FUTURE フロントディスクカバー 登場

ACERBISから新しいディスクカバーがリリースされました。
名前を X-FUTURE フロントディスクカバーといいます。

ac-24328img1.jpg
こんな形状でキャリパーまですっぽり覆っています。
元々この手のアイテムはディスクガードというよりは泥やデブリを避けるためのカバーなのですが、キャリパーまで覆うのはそういった意味と共にキャリパーを叩いてブレーキパッドが開いてしまうのを防ぐ役目もします。
対向ピストンのキャリパーの場合は横から押すとピストンが中に入って開いてしまいます。そうするとブレーキを握ってもピストンが正常な位置に戻るまで効きません。
ただ所詮樹脂製なので完全にそういったアクシデントからブレーキ周りを守ることができるかは疑問ですが、少なくとも岩などに直接当たるよりも間違いなくリスクを減らしてくれます。

ac24328_1[1]
色も7色が用意されておりマシンとのコーディネートも楽しめます。

このカバーは専用マウントが別途必要ですので御注意ください。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>>

アルミ製ハンドガード

50-513x[1]
ハンドガードは泥やデブリ除けのための物とアクシデントから操作系を守る物に大別されます。
当店でも何種類か取り扱っていますが、その中でもアクシデントから強固に守てくれるエンデューロエンジニアリング製の金属製ハンドガードが再入荷しましたのでご紹介します。シンプルな形状のハンドガードでその分転倒などで変形しづらくなっています。またアルミハンドルやスチールハンドルにも対応しています。最新のYZ250FXのハンドルは内径が太いのでスチールハンドル用のバーエンドアダプターでなければ装着出来なかったりしますが、これでしたら何も買い足さなくても装着可能です。
ただシンプルな分テーパーバーへの装着は少し難易度が高くなりますが、それがガードとしての基本性能を上げるのですから多少は致し方がありません。ハンドガード本体を若干曲げ加工する必要があるハンドルもありますので御注意ください。

mongo_tana.jpg
そしてこのタイプのハンドガードの欠点の一つにこれを装着することでハンドル自体が硬くなってしまう事が上げられます。
硬いハンドルは身体への負担も大きくなり長時間の走行では腕上がりを誘発するなどあまり良い事がありません。
それを回避するのがG2エルゴノミクスのMONGOハンドガードマウントになります。これはトップクランプにハンドガードをフローティングマウントすることでハンドルのしなりに追従するようにして硬さを感じないようにしてくれます。
多くの海外メーカー製のトップブリッジには使えませんが、トップブリッジのフォーククランプのボルトが横差しの物に使用出来ます。ハンドルの硬さに悩んでいる方は是非お試しください。

エンデューロエンジニアリング製品はこちらをご覧ください。>>>>>

G2エルゴノミクス背品はこちらをご覧ください。>>>>>

可動範囲の広さでビギナーの方からも評判の良いニーシンガード

ac-21608GY.jpg
アチェルビスも色々なニーシンガードをリリースしていますが、価格と装着感の良さから当店の販売数でLEATTのDUALAXISと人気を二分するのがこのインパクトエヴォニーです。
ベーシックなブラック系の他にイヤーモデル的に色々なカラーが出るのですが、今年はグレーを出してきました。
そもそもパンツで隠れるアイテムなのであまり色やデザインを気にするものでもないんですが、隠れたおしゃれと所有感を満たすためにこうやって色々な色を出してくれるんでしょう。さすがイタリア製です。

前出したLEATT DUAL AXISとの違いは可動範囲の広さなんですが、それを達成するために樹脂の柔軟性の確保とパッドを含めた薄さを突き詰めています。そのためツーリングの時に膝周りに余裕が無いパンツを履いても無理なく装着出来るのもこのニーシンガードの良いところです。軽さも一日中付けるツーリングに最適です。
しかしレースシーンで鍛えられた樹脂メーカーの老舗だけあってレースでも充分な強度を確保していますので安心して使用出来ます。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>>

SHERCO 用パーツあれこれ

店長の趣味でSHERCO用のパーツを色々と集めているんですが、人気の高さからか長らくメーカー欠品していたフロントスプロケットガードがやっと入荷しました。

■AS3 パフォーマンス
18101_202009041518485fb.jpg
as3_fsg.jpg
オリジナルのスプロケットカバーに比べてマッドコンディションでの泥詰まりが飛躍的に少なくなります。
チェーンやドライブシャフトのシールへの負担も減るのでお薦めです。
2STモデル4STモデル兼用です。

蛇足ですが、スプロケットカバーの奥にある異物などを噛みこんだ際にクランクケースの破損を防ぐケースセイバーを留めているボルトは恐らく18モデルくらいからレンチの径が変わって舐めづらくなりました。店長は15モデルの時にここのボルトを舐めそうになって涙目になりながら外した事があります。
4stモデルの場合はオイルフィルターを外す際にこのケースセイバーも外す必要があるので不安になったら新しいボルトに交換しましょう。

AS3はSHERCO以外にも色々扱っているのですが、とりあえず店長の趣味のパーツだけ揃えています。
他メーカーも取り寄せ可能ですのでご相談ください。

AS3 PERFORMANCEについてはこちらをご覧ください。(SHERCO専用ページのみです・汗)>>>>>>

次にご紹介するのはシートカバーで有名なGUTS RACING
sherco_guts.jpg
(キャプチャー画像です)

特徴的なリブ付きシートではありませんが、ここのグリッパーシートは強烈にグリップしてくれますし、専用に整形されたカバーなので装着も簡単です。しかも豊富なカラーから選べますので自分好みのマシンに仕上げることが出来ます。
取り寄せなので2~4週間ほどお時間をいただきますので、余裕を持ってご検討ください。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>>
ページトップにカラーサンプルも掲載しました。

KTMのTPIマシンにお薦め

KTMのTPIマシンには燃料供給量の調整のためにスロットル開度を計るセンサーが付いています。
センサーにはカバーがついていますが、樹脂製なので強度はあまりありません。
そこでここをアルミ製のカバーに変更することでハードエンデューロでの破損を回避します。

詳しくはブレットプルーフデザインのページをご覧ください。>>>>

93188433_2849725161770824_210281336819154944_n_20200820233731d20.jpg

ACERBIS X-EXHAUST 発売

ac24259[1]
最近デフォルトではエキパイにヒートガードが装着されていない車輛を見るようになりました。(まさに店長のSHERCO 250SEF-Rがそう)
そんなマシンにお薦めのアイテムがこれ。ACERBIS X-EXHAUSTです。
基本的にはKTMのように湾曲したり膨張室があるようなエキパイにフィットしますが、SHERCOでも特に問題なく取り付け出来ました。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>>

2020-05-17.jpg
これでパンツを溶かすことが無くなるかな。

Index of all entries

Home > サイト更新情報 Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top