Home > 製品情報 Archive

製品情報 Archive

100%ゴーグル入荷情報その2

ロールオフゴーグルの中でも一番人気の100%FORECASTゴーグル
そのFluo YELLOWは人気ゆえに欠品が続いていましたがARMEGAと一緒に入荷いたしました。
ロールオフゴーグルというと汚れるのが前提なのでセットになっている物はくすんだ色が多かったんですが、これは目にも鮮やかな蛍光イエローで個性を主張します。

acfc_tana01.jpg

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

ロールオフゴーグルとテグス

先日のJNCCほうの木大会は前日の天候が悪かったこともあってロールオフゴーグルの相談をたくさんいただきました。
元々マッドコンディションのモトクロスで始終飛んでくる泥をティアオフではさばききれなくなったのが恐らく考案された切っ掛けだと思うんですが、ロールオフはエンデューロにはちょっと不向きな点もあります。
それは…

雨に弱いという事

ロールオフは上から泥が入らないようにマッドフラップと呼ばれるひさしをフィルム上部に貼り付けますが、それだけでは水の侵入を完全に防ぐことは出来ません。経験した事がある方も多いと思いますが、大量の雨の時は毛細管現象でフィルムとレンズの間に入った水によって張り付きを誘発してフィルムが動かなくなるのです。
そのためにディンプル加工などをレンズに施すわけなんですが、それでも張り付きは起こります。

そこで出来るだけレンズとフィルムの間に隙間を作ることで張り付きを防止するためにテグス糸が使われるわけです。

2019-10-08 01.57.56
サンプルは100%ゴーグルのFORECASTシステムです。
取り付け用のビスを利用してテグスを張りますが、このようにゴーグルフレームからレンズを外して張るとフレームに取り付けた際に湾曲することでテグスに張力が掛かってしっかりと張ることが出来ます。

これは定番の平行張り
視界を妨げずにレンズを浮かせることが出来ます。
ただし最近はロールオフフィルムの幅が広いものが多いのでノーズとの干渉でスムーズな作動を妨げる場合があります。

2019-10-08 02.14.00
そんな時はクロス張りがおすすめです。
平行張りに比べて滝のような雨でも張り付きづらいのが特徴です。
ただし慣れるまで視界の真ん中でテグスがクロスしているので気になるかもしれません。
もっとも眼鏡なんかと同じなので慣れの問題です。

2019-10-08 02.16.28
セットして終了です。

ちなみに先日の日高では二日目ににゴーグルのレンズだけ外して走っているトップランカー達がいました。
なぜレンズだけ外したのかはちょっと謎ですが、湿度の高さと風が当たらない場所が多かったために曇りやすかったんだと思います。(外したゴーグルを持つより曇ったレンズだけ外す方が荷物にならないという判断かもしれません)

そんな悪条件の場合はレンズもダブルレンズにするとなお安心です。
100%ゴーグルとPROGRIPには別売のロールオフ用ダブルレンズもあって万全です。

詳しくはこちらをご覧ください。(100%ゴーグル)>>>>

プログリップゴーグルはこちらです。>>>>
ただし最近ラインナップされたVUSTAシリーズはまだシングルレンズのみになっています。

LEATT DUAL AXIS 入荷しました!

da_tana2[1]
いったい何セット販売しただろうか?というくらいのベストセラーモデルのLEATT DUAL AXISニーシンガード

これの特質すべきはニーシンガードとは思えない堅牢な構造です。
捻ってもさほど変形せず、3本のストラップが提供するフィット感の高さと相まって、これ以上を求めるならニーブレースにしましょうといえるほどニーシンガードとして秀逸だと思っています。

ただその安心感が口コミで広がるせいか流れの速さも異常なくらいで、あの山になってた在庫は何処に行ったの?とびっくりするほどです。そんなDUAL AXISニーシンガードがまた入荷しました。
エンデューロレースには出たいけどニーブレイスは好まないという方にお薦めしたいニーシンガードです。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

ちょっと涼しくなったので気をつけましょう。


もう8月も末になって関東平野でも夜間涼しくなってきました。熱帯夜で寝不足だった方もやっと寝苦しさから解放されそうな雰囲気です。昨日の成田モトクロスパークも昼間の日差しはまだ刺さるようでしたが、日陰には涼やかな風が吹き始めていました。

2019-08-24.jpg
走っていても涼しい風を感じる時があったのですが、実は湿度は高くて無風の時は蒸し暑さを感じました。
こういった時は汗が蒸発しづらいので気化熱で身体を冷やすことが難しくなります。そうすると熱中症に掛かり易くなるわけです。
充分に水分と塩分を摂って気をつけてください。

ところでキャメルバックなどのハイドレーションパックはこの時期お手入れを怠ると内部が汚れてしまうことがあります。
brushset_tana[1]
しっかりと手入れをして気持ちよく使用しましょう。
ブラシセットについてはこちらをご覧ください。>>>>

ブラシが無い場合はキッチンハイターなどで除菌漂白するのも良いでしょう。
主成分の次亜塩素酸ナトリウムは水で洗い流せますので漬け置きしたあとはしっかりと流水で洗いましょう。
これでしっかりと綺麗になります。ただし塩素系なので使用には注意しましょう。

100% STRATA入荷

17fast01[1]
長らく欠品しておりました100%ゴーグルのSTRATAシリーズが一部を除いて入荷しました。
大変お待たせをして申し訳ございません。

STRATAシリーズは100%ゴーグルの中ではエントリーモデルになります。
一つ上のモデルになるACCURIのと差はスポンジの厚さと層の多さです。
レンズが共通なのとフレームの厚さがさほど変わらないので100%ご自慢の視界の広さは変わりません。
この価格帯でお求めいただけるゴーグルとしては秀逸だと思います。

なお現時点でもオレンジとネオンイエローのみ欠品中となります。
こちらは10月入荷予定になっております。

お求めはこちらをご覧ください。>>>>

ボディープロテクター

店長がオフロードバイクに乗り始めた頃はチェストプロテクターはアウタータイプが主流でした。
折角のカラフルなジャージが隠されてしまうからとクリアのポリカーボネイトなどで作られたものもいくつかありました。
特にAMAスーパークロスはほとんどのライダーがアウタータイプで、ワールドモトクロスの選手はインナータイプが多かったように記憶しています。何しろ古い記憶な上にワールドの情報は当時の雑誌ではあまり取り上げられていなかったので曖昧ですが。
ただ当時のインナータイプはクッションエリアを大きく取っていたためか大きく、その上にジャージを着るとアメフトの選手のように身体が大きく見えたのは覚えています。

時代は変わって、また素材などの見直しからインナータイプのチェストプロテクターも薄めになりジャージのサイズを変えずとも装着出来るものが主流になっています。当店ではTHORのチェストプロテクターが動きを妨げず装着感も良いところからお薦めをしております。エンデューロではインナータイプの方がウッズなどでの引っ掛かりが少なく、また折角のジャージのデザインを隠さないので良いと思います。ただ暑い時期はプロテクターの通気性も重要なファクターになりますが、強度の兼ね合いからか通気の良いものは価格も高くなってしまうのがネックだったりします。速度域の高いモトクロスだとそれほど気にならないのですが、渋滞なども考慮に入れるエンデューロではそこら辺も選ぶポイントにしてください。

18sp_guardian_mx_wht[1]
■THOR GUARDIAN MX 定価10,584円(税込み)

sen_gp05[1]sen_gp01[1]
■THOR SENTINEL GP 定価22,680円(税込み)

店長はSENTINEL GP の前のモデルであるSENTINEL XPというタイプ(GPとほとんど同じ型です)を使用していますが、薄くて軽く動きやすいので気に入っています。ちょっとぽっちゃり(随分控えめ)でもジャージのサイズを変えずに装着出来るのも魅力です。

プロテクター関係はこちらのページをご覧ください。>>>>

THORのプロテクターについてはこちらをご覧ください。>>>>

ゴーグルを外さないために

先日の8時間パワーエンデューロに先立ってチーズナッツパークで行われたY2-XCに参加した際に渋滞していた場所で暑いからか随分多くの人がゴーグルを外し始めました。
実はこの渋滞の時が一番ヤバイんです。
当然スタックしている人がいるから渋滞が出来るわけで、そのスタックしている人の後輪が掻き出す泥や石は相当なスピードで後続者に襲い掛かります。それ以外も前走車が再発進の際に石混じりの泥を掻き揚げる場合があってとても危険です。
その泥や石が裸眼に当たったらどうなるでしょうか。私は以前それで飛んできた石が顔面を直撃して眼底骨折になった場所に居合わせたことがあります。それを目の当たりにしてどんな時でもゴーグルを外さないようにしようと心に決めたわけです。

湿度の高い夏などは渋滞箇所や難所でゴーグルを外してしまうのは何も暑いからだけではありません。
風が通らないことによってレンズが曇りやすくなるのも一因でしょう。
なので夏場のレースでこそ曇りづらいレンズをお薦めしています。

当店扱いのゴーグルでは全ブランドにダブルレンズがラインナップされています。arieteや100%では元々ダブルレンズを装備したモデルもラインナップされているほどです。ダブルレンズ装着モデルが無いPROGRIPも基本的な曇り止めがしっかりしているのでレンズが新しいうちはシングルでも曇りづらいでしょう。

そこでその曇り止めを長引かせるためにお手入れについても気をつけてください。
基本的にお手入れの際に曇り止めの薬剤が塗布されているレンズの内側には洗剤やクリーナーを使用しないでください。
特にarieteは曇り止めの寿命を著しく短くしてしまいます。
流水で洗って自然乾燥がお薦めです。
また使用した直後はケースなどで密閉せずにしっかり乾燥させてください。特にダブルレンズは2枚とも薬剤が塗布されているので湿度の高い場所に密閉されるとダブルレズの内側も飽和して白濁する場合があります。そうなると高価なレンズも再利用できなくなります。お気を付けください。


100% ACCURI エンデューロ(ダブルレンズ仕様)


ゴーグルラインナップはこちらをご覧ください。>>>>

Index of all entries

Home > 製品情報 Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top