Home > 製品情報 Archive

製品情報 Archive

TUBLISS の装着について

  • Posted by: MC GEAR
  • 2017-08-02 Wed 17:21:28
  • タイヤ

低圧にしてもパンクのリスクが少なく、その際も腰砕け感がないために着実にユーザーを増やしているTUBLISS CORE
2011年にGEN2.0にアップデートされてからは装着の神経質さもなくなって一般的になりました。


これはタイヤ内面とTUBLISSを圧着させることでチューブレス化を図るもので、リムの形状などに左右されません。
上図の部分が密着することでエア漏れしないようにしています。ですからここが密着していないとエア漏れが起こるわけです。
それはタイヤの内面にリブなどのデコボコが多いと起こりますし、TUBLISSが正しい位置に収まっていないと同様です。

そのためにTUBLISS装着時にはタイヤ内面に傷や大きなデコボコが無いかを確認してから正しい位置に収まるようにする必要があります。
step7-bg.jpg
メーカーの説明書には装着時に薄めた洗剤を入念に使用して滑りを良くする様に書いています。
私は水分をタイヤの中に残すのが嫌だったために当初からタイヤワックスなどのシリコンスプレーやビードクリームをこの洗剤代わりに使用しています。滑りを良くして適切なポジションに納めることと密着性の向上を期待してです。

この方法で今まで装着に困ったことはありませんが、タイヤメーカーや種類によっては相性が悪いものもあるようです。
しかし今のところ国産タイヤメーカーで装着に困ったという話は聞いていません。

またこの密着というのがタイヤ交換時に注意しなければならない一因で、タイヤとTUBLISSが張り付いてしまってインナーチューブをタイヤレバーでこじってしまう場合があるのです。そうしてチューブを傷つけて破損させてしまうわけです。
タイヤを外す時には中を覗き込んで赤いTUBLISSと黒いタイヤの間にレバーを入れるように気をつけてください。

またインナーチューブは高圧なので私の場合はパンクしなくても劣化を考慮して年に1回交換するようにしています。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

梅雨明け!

7月19日に関東甲信越、東海、近畿、中国、四国で梅雨明けとなりました。
関東では例年より2日、佐久年余理10日早い梅雨明けだったそうです。
気温もうなぎ登りでライディングもなかなかハードになってきていますね。私も先日の祝日に成田MXPで走ったのですが、30分も走るとのぼせてくる程でした。

この時期に一番気をつけないといけないのは熱中症です。
レースはもちろん、練習走行でも気を抜くと熱中症になる危険があります。本当に注意しましょう。

以下は当店のキャメルバックのページに掲載しているものです。

極端な話をすると咽が渇いたと思ったら熱中症の入り口くらいに考えていただきたいのです。
そのためにちょこちょこと水分とミネラルを補給しながら走ってください。

ecinfo_002_01905[1]

そのためにハイドレーションパックを背負って走るのを義務付けるレースが増えているのですが、ツーリングや練習走行でも是非使用してください。特に練習走行では知らない間に水分が不足していたりしますし、そもそもレース中に飲むのはなかなか難しかったりしますからそれの練習も兼ねて欲しいところです。(という私がこれが不得意)

ちなみにハイドレーションパックの代名詞になっているキャメルバックですが、2時間程度のレースの場合は初心者ほど飲みすぎてしまうので大きめのクラシック(2L)というモデルを、上級になるほど適度に飲むので適量のハイドロ(1.5L)をお勧めしています。
水分補給は腸の吸収力の関係で飲み過ぎても体内に取り込めません。小まめにのどを潤す程度に飲むのが理想ですが、最初はどうしても頑張ったあとにゴクゴクと飲んでしまいがちです。そこら辺のコントロールも注意するとレース後半に水分が無くなるということも減るでしょう。

hydrobak_tana[1]
キャメルバックについての詳しい説明はこちらをご覧ください。>>>

そして最近人気のACERBIS アクアドリンクパックは2Lのハイドロパックに工具を収めるスペースを持っていたりとボリューム的には大きめなのですが、ストラップがタスキ掛け状になっていて苦も無く背負えるのが特徴です。激しい運動でもずれないのでライディングには最適なハイドレーションパックの一つです。

この日誌でも取り上げていますのでご覧ください。>>>

最近益々暑さを増している日本で楽しくバイクに乗るために積極的な捕水を心掛けてください!!

先週はドライで埃だらけでした。

2017-07-06 21.47.25
先週は成田MXPでナショナルクラス参戦者を対象に自主的な練習会が開かれました。
モトクロスコースは使わずにフラットダートでブレーキングとコーナリングを反復練習するというものだったので、埃の立つコンディションの中でエアクリーナーも大変なことになっていました。
元の色を忘れるほどです。(苦笑)

2017-07-06 21.47.41
でも裏をめくると綺麗なフィルターエレメントの色を見ることが出来ます。
しっかり埃を吸着してくれた証拠ですね。(所々に斑点があるのは表面の固まった埃が裏返す時入ったものです)

2017-07-06 21.48.31
こんな汚れもNo-Toilなら洗面所で洗うことが出来るので気が楽です。
まずはクレンザーを水で溶いて洗浄液を作ります。
水に入れると反応して少し暖かくなります。

これにエアフィルターエレメントを入れて洗うとあっという間に汚れが落ちていきます。
これは何度やっても驚くし気持ちいいですよ。

2017-07-06 21.52.55
次に水ですすいであげて洗剤が落ちたら水を切ります。
ああ、貴方はそんな色をなさってたんですね。という感じで洗浄完了です。

あとは乾かしてからフィルターオイルを塗布し、充分に乾燥させたら使用可能です。

性能的にエアフィルターのメーカーの違いでどう変わるかなんて体感出来ない私ですが、ここまで汚れたフィルターと洗った直後では体感できるくらい差が出ます。何よりバイクが可哀想です。

気軽に簡単に洗えるというのは凄い武器だと思いますよ。

No-Toilについてはこちらをご覧ください。>>>

リアブレーキリターンスプリング

先週ご紹介したFASSTのリアブレーキリターンスプリングを早速試してみました。
プルスプリングよりも柔らかい感じで実際どうなんだろうと思ったんですが、踏んだ感触はとても効きはじめが分かり易くて好印象です。
丸2日使用してみましたが、コントロールもしやすくてもう普通のスプリングには戻れない感じです。

気になるブレーキの引きずりも無いのでブレンボだけじゃなくてニッシンなどの国産用も仕入しないといけないなと思わせられる逸品でした。(今回はトラブルの多い低年式のKTM用として入れたのでブレンボ用のみなんです)
泥だらけの中でも走りましたが、この部分にはあまり泥が付かなかったのでまだもう少しテストしたいと思いますが、ピットが荒いので問題ないと思います。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

2017-07-01 10.26.23

No-Toil製品再入荷!

長らく欠品していたNo-Toilのスーパーフローフィルター WR250R/X用が本日入荷しました。
これは4st特有のバックファイヤーからエアエレメントを守るスクリーン(エアフィルターのケージに張ってある金属製の網)を外すことで吸気効率を高めるキットです。スクリーンが無いために焼損する可能性のあるエアエレメントは不燃性のスポンジに置き換えます。

取り扱い当初からWR250R/X用だけは別格の売れ行きで、こんなに売り切れるんだろうかと在庫の山を見上げるような時でもその次の入荷までに売り切れてしまうというアイテムです。
今回はメーカー欠品の時期もあったために長期欠品になってしまったんですがやっと本日再入荷いたしました。
現在見上げるほどありますのでよろしくお願い致します。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

sff01[1]

100% ACCURI OTG (眼鏡用) 欠品中です。

当店でも大人気の100%ゴーグル
もう新興とは言え無いくらい実績を積んできているメーカーですが、それを反映してか仕入れても仕入れてもすぐになくなってしまいます。
一昨日とうとうOTG (眼鏡用) が全色欠品してしまいました。結構在庫あったんですが…。
残念なことに次回入荷は9月くらいだそうです。お盆前になくなってしまうとは予想外でした。困った。

他も満遍なくお買い上げいただいているためにすでに欠品や完売の色が出てきています。
100%ゴーグルは半期に一度カラーチェンジをします。継続生産の色もあるんですが、完売してしまう色もたくさんあるので気に入ったものがあればお早めに!
私がKTMに乗ってるせいではないと思うんですが、フレームやベルトにオレンジが入っているモデルは結構早くなくなってしまいます。現在ACCURIでオレンジ系はPASSION ORANGEとWILSONIANが若干有る程度です。

100%は色使いも良いんですが、視野の広さでエンデューロライダーにこそお勧めしたいゴーグルです。
消耗品も比較的手に入れやすい価格なのでランニングコストも抑えられるのが良いですよね。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

accuri_otg[1]

埃ネタついでに…

本日ちょっと午後に時間を作って富山のJECで汚れたマシンを洗いました。
埃しか付いていないのでTK1 SUPERWASHを塗布してから洗車機ですっかり綺麗に。
当日は埃だらけだったので久しぶりにエアボックス内も綺麗にしようと開けてみると…。

2017-06-22 16.52.48
もうクリーナーをスプレーして汚れが柔らかくなるのを待っている時に撮った写真です。
装着時にフィルターオイルが移ってしまったところなどが集中的に汚れています。
また少しフィルターオイルが多かった時に落ちた余分なオイルが底に垂れてスラッジ化していました。

2017-06-22 17.01.20
軽く水洗いしてからウエスでこびりついた汚れを擦り落としてここまで綺麗にしました。
本当は手が届けばもっと綺麗になるんですが、ずぼらしてこれで許してあげることに。(苦笑)
ドライバーにウエスを巻き付けて細かいところまで擦ってあげれば完璧なんですが、正直見えるところでもないし、これくらい綺麗になれば気分も良いので勘弁してあげました。

2017-06-22 17.11.53
私はNo-Toil以外使わないのでボックス内の汚れもこれで解決です。
スプレーしてからウエスで擦れば良いだけです。本来水洗いは必要ありません。
今回エアボックスカバーがあったので水洗いもしましたが、そんな物が無い人でもキャブにクリーナーが掛からないようにウエスなどを詰めてあげればクリーニングできるので簡単安心です。

No-Toil製品はこちらをご覧ください。>>>

この仕事を始めてからNo-Toilばかり使ってますが(当然か)、メンテナンスのし易さは特筆物なのでいつも綺麗な状態で気持ちよく乗れます。しかも埃の吸着は万全で、今までキャブ側に埃や汚れたオイルなどが付着していたことは一度もありません。
結構不精していたりもするんですがトラブルフリーですよ。

Index of all entries

Home > 製品情報 Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top