Home > 製品情報 Archive

製品情報 Archive

リアのアクスルシャフトが斜めになっていませんか?

  • Posted by: MC GEAR
  • 2020-03-26 Thu 23:03:37
  • 工具
モーションプロは二輪専用の工具メーカーです。
でも取り扱いは工具だけじゃなくて軽量リムロックやクーラントリカバリータンクのような部品もあります。
また調整用の測定器などバイク乗り目線で便利な物も色々あります。

最近スイングアームに刻まれているチェーン調整用のメモリについての話題を見る機会がありました。
スネルカム(アクスルシャフトについている巻貝みたいな形のストッパー)は激しい走りで変形(凹んで)して当てにならないというのは昔からよく聞きますが、モトクロッサーなどに採用されているボルトで調整するタイプもスイングアームに刻まれている目盛りが当てにならないという話もあって、では何で合わせれば良いの?と途方に暮れたりします。
スイングアームの根元のシャフトとアクスルシャフトが並行でないと車体が不安定になりますし、チェーンにも負担が掛かって良いことがありません。

そこで登場するのがMOTION PRO チェーンアライメントツールです。

これはスプロケットの面に装着してチェーンラインとスプロケットの面が揃っていればアクスルシャフトが正しい位置にあるというのが分かるようになっている測定器です。
通常チェーンラインはスイングアームの根元のシャフトと直交するので、それを利用した測定方法です。

これ以外にも合わせる方法はありますが、誰でも簡単に合わせる事が出来ますのでこの工具もお薦めです。

アライメントが合っていないとこんな事になります。

・直進時に安定しない。
・リアブレーキを踏むとふらつく
・スプロケットの異常摩耗を起こす
・チェーンの寿命にも悪影響を及ぼす
・極端な場合は燃費にも影響する

是非一度確認してみてください。

MOTION PRO チェーンアライメントツールについてはこちらをご覧ください。>>>>>

08-0048_20200326224132bf6.jpgym080048-1.jpg

GAERNE SG12の価格が改定されました。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2020-03-24 Tue 22:30:57
  • ブーツ
sg12_tana.jpg
GAERNEモトクロスブーツの最上級グレードであるSG12の価格が改定されました。
今回はなんと値下げ!
しかも色によって価格が違うという珍しい改定です。
何にしても手に入れやすくなりましたので是非ご検討ください!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>>

エンデューロではFASTBACKが大人気ですが、フィット感の良さから重さも気にならず、アクシデントでの保護機能は当然SG12の方が上です。

またやっちゃいました。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2020-03-19 Thu 21:31:37
  • タイヤ

当店だけでも相当数販売しているTUBLISS COREなのでいつも在庫はたくさん持っているんですが、本日追加注文して分かったんですが輸入元で18インチ用が欠品してしまっていた模様です。道理でここ数日注文が集中していたわけです。

次回入荷は現時点では未定になっております。通常1か月ほどで入ってくるんですが、メーカーからの返事待ちになっているとか。
早く入って来てほしいものです。

とりあえず補修部品は潤沢にございますのでユーザーの方はご安心ください。

また19インチと21インチは在庫しておりますので引き続き宜しくお願い致します。

TUBLISS COREについてはこちらをご覧ください。>>>>>>

GUTSシートの価格が改定されました。

guts_top[1]
自分だけのオリジナルシートカバーを作れるGUTSシートの価格が改定されました。
現状納期は2~4週間ほどとなっておりますので、余裕を持ってお選びください。

GUTSシートについてはこちらをご覧ください。>>>>>

リムロックを増やすとタイヤをはめるのに苦労しませんか?

  • Posted by: MC GEAR
  • 2020-03-10 Tue 21:51:51
  • タイヤ
11-0058[1]11-0060_tana[1]
リムロック(ビードストッパー)はチューブタイヤで低圧にしたい場合の必須アイテムです。
タイヤをリムに押し付けることでずれないようにするのですが、当店ではモーションプロのリムロックをお薦めしています。
これは軽い上にナイロン製でタイヤに食いつくのが他より優れているところです。
某部品商に真似をされるくらいに優れたアイテムです。
モーションプロ ライトロックリムロックについてはこちらをご覧ください。>>>>>

これをシチュエーションによっては2~3個リムに装着をするわけですが、いわば異物を組み込むわけですからタイヤ交換時にちょっと苦労する場合があります。

■リムロック2個掛け以上の場合にお薦めのタイヤ装着方法
リムロックを複数個装着した場合に苦労するのはタイヤをはめる時でしょう。
本来リムの凹みにビードを落とすことではめやすくするのですが、リムロックが邪魔をしてビードが落ち切らないためです。
そんな時はタイヤの中にリムを落とし込む装着方法が楽です。
以下はTUBLISSを装着したリムにタイヤをはめる作業を説明している動画です。
このようにタイヤの中にリムを落としてしまえばリムロックが何個ついていようと苦労することはありません。



そしてこれをやりやすくするガイドプレートが別売されています。

ガイドプレートについてはこちらをご覧ください。>>>>>
私はチューブタイプでもこの方法で交換をしています。その場合はあらかじめタイヤの中にチューブを組み込んでエアバルブをリムに通してナットで軽く固定してからこの作業をします。すると面倒くさいエアバルブの装着も簡単です。
慣れればチューブタイプでも10分ほどでタイヤ交換出来ますのでリムロックを複数付けて苦労している方は是非お試しください。

フォークシールのメンテナンスに

気が付いたらトランポやガレージの床にオイルが…。
そんな時にお薦めなのがリスクレーシングのシールドクターです。

シールに砂やオイルスラッジなどが溜まっていて漏れているようならこれで直る可能性が高いです。
最近のシールは品質が高いので劣化して漏れるよりも異物を噛みこんで漏れる場合が多いからです。

でも!
オイルが漏れる前に定期的に掃除しましょう。
どんなに品質が良くなっても異物を噛みこんだまま擦れさせておけばシールを傷付けてしまいます。

Seal_Doctor[2]
使い方は簡単。
ダストシールを外してシールドクターを差し込んでぐるりと回すだけ。
結構スラッジが出てきて驚きますよ。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>>>


3:09くらいからからがちょっと可愛いです。(笑)

エアフィルターの重要性について

エンジンに埃が入ると各部に傷が入って致命的なダメージを与える事になります。
そこでエアフィルターが存在するわけです。オフロードマシンの場合は特に埃が多い場所を走るのでより重要なアイテムになります。

ですからエアフィルターとフィルターオイルに求められる性能は埃をけっしてエンジン内に侵入させないことです。
そのためにオイルは均一に塗る必要があります。ムラがあると抵抗の少ない場所に吸気が集中して性能にも影響します。


よくいただくご質問にNO-TOILのフィルターオイルにはグリーンとレッドがあるけど何が違うの?というのがあります。
基本的な成分は両者とも変わりません。違いは溶剤です。グリーンはアルコールを含まないために乾燥に時間が掛かります。最低でも5時間以上、安定した性能のためには12時間の乾燥をお薦めしています。
この乾燥時間の長さがムラを無くすために有用なのです。
レッドは速乾性に優れるために現場での作業やフィルターを乾かすスペースに困る場合にお薦めします。気温にもよりますが、だいたい15分ほどで乾燥します。
乾いてしまえばどちらも性能的な差はありません。
価格の差はアルコール分のあるレッドは輸送にコストが掛かるためだそうです。

どちらも専用のクリーナーで綺麗に落とすことが出来ます。クリーナーは水やぬるま湯に溶かして使うタイプで、洗浄後は生活排水に流すことが出来ます。なおNO-TOILは植物油を主原料としているので、他社の鉱物系フィルターオイルを落とすことは出来ません。

■汚れ過ぎたフィルターはエアフィルターではありません

エアフィルターに塗布されているオイルは埃を包み込むことでエンジン内への侵入を阻止します。
汚れ過ぎたフィルターは目詰まりを起こして吸気抵抗になるだけでなく、埃を吸収する能力も落ちてエンジンに悪影響を与えてしまいます。むしろ埃を抑える力の低下の方が大問題です。
ですからコンディションにもよりますが、基本的には毎回洗浄するくらいの気持ちでメンテナンスしてあげてください。
そのためには最低でも2個のエアフィルターを用意しておくと常時エアフィルターを装着した状態に出来ます。
レース会場で何度かエアフィルターを洗ったまま忘れてきたという相談を受けたことがあります。そんなトラブルを防ぐ効果もありますし、フィルター自体を長持ちさせることが出来ますのでお薦めです。

■密着させるだけではありません。
RIMGREASE.jpg
リムグリスもラインナップされていますが、これはエアフィルターをエアボックスに密着させる効果と共に、交換時に無用な貼りつきを防止する役目もあります。埃を強力に吸着させるオイルですから、ボックスに貼りついてしまい剥がす際にエアフィルターに傷をつけてしまうことを防ぐ意味でもリムグリスをお薦めしています。

NO-TOIL製品についてはこちらをご覧ください。>>>>

Index of all entries

Home > 製品情報 Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top