Home > 製品情報 Archive

製品情報 Archive

ハンドガードの役割

エンデューロ用のマシン作りというとまずはハンドガードを付ける事から始める人がほとんどではないでしょうか。
海外メーカーのマシンなどは買い足さなくても付いているのがあるくらい重要なパーツでしょう。
JNCCではハンドガードの装着を義務付けているくらいです。

元々はラリーなどで障害物や前車の飛び石から手を守るために装着され始めたものですが、今では転倒時に操作系を守るアイテムとしての認識も高くなっています。
またいかにもエンデューロマシンというルックス面でも欠かせないアイテムです。

そのハンドガードは大まかに分けてオープンエンドタイプとクローズエンドがあります。

オープンタイプは主にモトクロスで飛び石や泥の付着から操作系や手を守るために装着される、バーエンドとガードが結合されていない物を指します。
クローズタイプは強度を確保するためにバーエンド部分とガードが結合された物で樹脂製と金属製の2種類があります。

ここでは主にエンデューロで使用されているクローズエンドタイプについてご紹介します。

16508_tana[1]
当店扱いの樹脂製クローズエンドハンドガードで一番人気はACERBISのTRI FITハンドガードです。
樹脂製の良いところは例えばウッズなどで立木にぶつかった際にその衝撃をハンドガードの柔軟さで和らげてくれることです。
またその軽さも大きな武器になります。
反面強度は金属製に劣ります。しかしこのTRI FITハンドガードは転倒時の衝撃をクランプが回ってくれることで受け流してくれます。しかしそうなるとレバーが剥き出しになってしまって保護されません。そのため当店ではARCレバーのような折れづらい物の同時装着をお勧めしています。
ちなみに店長はこの組み合わせですが、走行時の転倒での破損はほぼありません。ただし立ちごけなどの横から加わる衝撃には弱いので注意が必要です。(私はそういった時は出来るだけこらえるようにしています。苦笑)

TRI FITハンドガードについてはこちらをご覧ください。>>>

stealth_ff.jpg
金属製クロースエンドハンドガードはSTEALTHの最新ハンドガード“FF ハンドガード”をお勧めしています。
金属製ハンドガードの利点は強固な防御力でレバーなどの操作系をしっかり守ることです。そのためにはしっかりとフィッティングさせないとずれやすくなります。このFFハンドガードはそのフィッティングを容易にして操作系の破損を防ごうというコンセプトで設計されています。特にハンドルの形状からフィッティングが難しいテーパーバーも加工を出来るだけしないでも付くようになっています。(ハンドルの幅や曲がりによっては多少の加工が必要な場合もあります)
逆に弱点はその重量でしょう。アルミやジュラルミンなど軽量な金属を使ってはいますが、ハンドルの一番外側に装着するものなので樹脂製や何も装着しないことに比べると軽快感に欠けるのは致し方がありません。ただそれを補って余りある安心感を提供してくれます。

STEALTH FFハンドガードについてはこちらをご覧ください。>>>

このように軽さと最低限のガードを重視する人には樹脂製ハンドガードがお勧めです。
またどんな転倒からも操作系を守りたい人には金属製ハンドガードがお勧めです。

樹脂製クローズエンドと同じく樹脂製が多いオープンエンドは、これを見ると同じような物ではないかと思われるでしょう。
しかしクローズエンドである事に意味があるのです。
転倒した際に柔らかい土や泥にハンドルが刺さってしまうのをクローズエンドでは防ぐもしくは軽減することが出来ます。
これを掘り出して引き抜くのは結構疲れてしまうんですよね。それにオープンエンドだと立木にハンドルを当てた際にそのまま障害物とハンドルバーに手が挟まれて怪我をする場合があります。クローズエンドはそこまで歪まない強度がありますので怪我を回避出来るのです。

このようなことを踏まえて使用するシチュエーションやご自分のライディングスタイルでお選びください!

No-Toilのスーパーフローフィルター入荷!

sff01[1]
スーパーフローフィルターはバックファイヤー対策のために金属メッシュが装着されているノーマルのエアフィルターケージを、フィルターエレメントを難燃性のものにすることでメッシュを廃して吸気抵抗を減らすアイテムです。
特にWR250R/Xのユーザーの方に好まれており、当店でも大量に在庫をしているものの頻繁に欠品してしまうという人気アイテムでもあります。
そのWR250R/X用のスーパーフローフィルターが再入荷しました。
ご予約をいただいている方には順次発送をしておりますので到着まで少々お待ちください。

スーパーフローフィルターについてはこちらをご覧ください。>>>

KYTヘルメット サマーセールは明日まで!


ご好評いただいておりますKYTヘルメットのサマーセールも明日が最終日です。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

なお、イベントでの試着もご好評いただいておりますので8月一杯はイベント会場でのサマーセール受付は続けることに致しました。
ただし在庫限りですので早い者勝ちです。ご容赦ください。

まずは今週末に日野カントリーオフロードランドで行われる東日本エンデューロ選手権にてヘルメットの展示とセールの受付を行う予定です。宜しくお願い致します。

人気ニーシンガードのLEATT DUAL AXISが入荷しました!

当店でも人気のニーシンガード“LEATT DUAL AXIS”が入荷しました。
試着していただくと皆さん違いに驚かれるんですが、様々なメーカーからリリースされているニーシンガードの中でも軽さとしっかり感が高次元でバランスされているのがこのDUAL AXISの特徴です。
会場でもご試着いただけますのでお気軽にお申し付けください。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

daxis01[1]daxis02[1]

TUBLISSのタイヤ交換 補足

  • Posted by: MC GEAR
  • 2018-07-26 Thu 11:56:21
  • タイヤ
TUBLISS ってチューブが無い分タイヤ交換が楽なんですと事ある毎に御紹介していますが、唯一気をつけなければいけないのがタイヤを外す時にTUBLISSごと捲りあげないようにする事です。

タイヤレバーを入れる際にTUBLISSとタイヤの間に上手くタイヤレバーを入れてください。最初は貼り付いている場合があってレバーをTUBLISSの中に入れてしまってインナーチューブに傷をつけてしまう場合があるんです。

2018-07-20 17.23.33
こんな風に赤いTUBLISS本体を確認してからレバーを入れてください。最初に入れる時だけ気をつければあとは剥がれてくれますので気にしなくて結構です。

手前味噌なんですが、この時T.S.K.タイヤレバーだとすーっと間に入ってくれてTUBLISSを破損させるリスクから解放されます。
タイヤレバーもそうですが、良い道具は上達の秘訣です。

TUBLISS CORE はパンクだけじゃなくてリムの変形も防ぎます。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2018-07-23 Mon 23:22:48
  • タイヤ
キャプチャ

ここのところ週末の度に出店をして皆さんに色々なアイテムをご覧いただいておりますが、中でも断トツに興味を惹くアイテムがこの“TUBLISS CORE”です。
もう結構浸透してきたと思っていたのですが、構造を理解していなくて取り付けが難しいとか耐久性に難がある、リムが若干変形していると着かないなどという勘違いをなさっている方もまだまだ多いようです。

私は取り扱いを始めてからもう何年も使用していますが、2~3回タイヤ交換をすれば何の問題もなく作業出来ます。ノーマルチューブのタイヤ交換の方が緊張するほどです。しかもこれだけ長く頻繁に使用していますが、今まで2セットしか使用していません。現在2台体制なのですが、その1台はライナーを破損させた事があって2ヶ目のライナーを装着しています。もう10年近く取り扱っていますがそれくらい耐久性があります。ただしインナーチューブは保険代わりに年に1回交換しています。これはノーマルチューブの時もそうしていたのでTUBLISSだから特別必要というわけではありません。
ユーザーの方の話をお聞きしても本体は優に2~3年は使われているようです。
経年してエアが漏れるようになったというのを先日の会場でもご相談いただきましたが、本体(ライナー)が柔軟性を失って密着しなくなるというのは私の使用しているセットではあまり感じられません。むしろリムロックを固定しているナット(三角柱型のラバーの下に隠れているナット)が緩む方を疑ってください。私はやはり年に1回チェックしていますし、エア漏れをするようになったら真っ先に締め直します。

ハードエンデューロなどでは通常のチューブだとリム打ちでのパンクが心配ですが、TUBLISSはリム打ちでのパンクはしません。むしろインナーチューブとライナーのお陰でリム自体の変形も抑えてくれるほどです。

こんな良い事尽くめのようなTUBLISSですが、タイヤメーカーによっては完全に密封するのが難しい内面を持つタイヤもあることと、タイヤ自体が岩や枝などでカットされたり穴が開いたりするとパンクしてしまいます。これはエアを落としすぎると起こりやすいようなので鋭利な角を持つ岩場が多い場合はタイヤ内の空気圧を0.3キロ以下にしないようにしましょう。

No-Toilクレンザー入荷!

36246559_1890396311012471_8410025666170322944_n_201807200000464ec.jpg
長らく欠品しておりましたNo-Toilのフィルタークリーナー(クレンザー)が入荷いたしました。
暑さも本格化して埃の多いシーズンになりましたが、これで安心して汚すことが出来ます。(苦笑)

そう言えば今年の富山でのJECの際にワークタイムにエアフィルターを交換しようと思ったところ、近くに居たメカニックの方にこれくらいなら替えなくて良いんじゃない?むしろこんな埃だらけのところで替えるリスクの方が心配だよ といわれました。
実際怪我をしてスピードも出ず(怪我してなくても出ないのですが・自虐)埃が舞うコンディションの割には綺麗だったのでそのままパルクフェルメに入れました。
このように埃が入ってしまうような環境では敢えて交換しないというのも選択肢に入るということです。
2DaysのJECの場合はスタート前にワークタイムがありますので、朝のまだ埃が酷くない時間帯に交換するのもテクニックかも知れません。

No-Toilについてはこちらをご覧ください。>>>

Index of all entries

Home > 製品情報 Archive


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top