Home

MC GEAR 店長日誌

JNCC ビッグバード高井富士の受付開始!

JNCCの新ホームコースとなっているJAM高井富士特設コースで5月19日に開催されるJNCCビッグバード高井富士のエントリー受付が開始されました。

詳しくはJNCC公式サイトへGO!>>>>>

その高井富士から以下のタイヤの使用規制が行われるそうです。
路面保護の観点から今後ハードエンデューロなどでもタイヤ規制が入りそうな雰囲気になっていますが、営業中ゲレンデを使用するクロスカントリーでは待ったなしなのでしょうね。

よく聞く名前のタイヤもありますのでお気を付けください。
JNCCは現地でのタイヤ販売(交換)も行っていますが、混雑も想定されますので出来るだけ早めに対応した方が良いと思います。

MC GEARではモーションプロカタログの無償配布を行いますので是非お立ち寄りください。
色々な工具があってみるだけでも楽しいですよ。


higrip.jpg

TRIFITハンドガードとARCコンポジットレバーの組み合わせがお薦め

昨日ご案内したARCコンポジットレバーと相性の良いハンドガードがこれです。

16508_tana_20240411232427891.jpg
■TRIFITハンドガード

樹脂製なので軽量ですし、障害物にぶつかった際に金属製のように衝撃が直に伝わるのではなく、柔らかく受け流してくれますのでウッズランなどで効果を発揮してくれます。
重い金属製のハンドガードに抵抗があるライダーにお薦めです。

ただしハンドルへの取り付けがベントの無い部分なので転倒などで回ってしまいやすくなっています。そのために破損もしづらいのですが、レバーを守る力は金属製には及びません。そのためARCコンポジットレバーのように曲がっても折れずに元に戻るレバーとの組み合わせが最強になります。

TRIFITハンドガードについてはこちらをご覧ください。>>>>>

ARCコンポジットレバー セット販売開始しました。【期間限定】

ARCコンポジットレバーのセット販売を開始しました。
単体での購入よりも10%OFFになっております。
この機会にご利用ください。
詳しくはこちらをご覧ください。>>>>>

機種が多岐に渡りますのでレジで決済する際に車種を記入する欄にご希望の車両の年式と車名、モデル名をご記入ください。※ 未対応の車種もありますので、ラインナップはこちらをご覧ください。>>>>>


2キャプチャ

DJクリーナー入荷しました。

djc_blue01.jpg
油汚れにも有効なアルカリ性クリーナー「DJ-Cleaner BLUE Label」が入荷しました。
原液の1Lをまずは取り扱いしています。
オフロードバイクの汚れの場合は3倍に希釈して100均などで売っているスプレーボトルに入れて使用してください。

DJ-Cleaner BLUE Labelについてはこちらをご覧ください。>>>>>

来週はHINO HARD ENDUROにて出店致します。

top_banar-1024x269.png

今月13日、14日に日野カントリーオフロードランドにて開催されるHINO HARD ENDURO 春の陣にて出店をさせていただきます。
ハードエンデューロにお薦めのアイテムを持参致しますので是非足をお運びください。

160℃まで沸騰しないので評判のDrFREEZE Xtreme Coolantも持参しますよ。
2677-010_20240405162308264.jpg

その他ご希望のアイテムがございましたら現地でお渡しすることも可能です。
お気軽にお申し付けください。

20240314_224118-761x1024.jpg
それと新しく洗剤を1アイテム導入予定です。
それのお披露目も現地で致しますので宜しくお願い致します。

Godblinc ZEALOT MadJumper2の価格改定

コストパフォーマンスの高さから人気のヘルメット ZEALOT MadJumper2 の価格が改定されました。
当店での価格も見直し、値上げは最小限に留めております。

一部に欠品が出ておりますが、現在多くは即納になっております。
メーカーの生産に遅れが出ているそうですので、気に入ったモデルがございましたらお早めにご検討ください。

Godblinc ZEALOT MadJumper2についてはこちらをご覧ください。>>>>>

MJC0017.jpgMJC0011.jpg
MJ0018.jpgMJ0015.jpg

そろそろハイドレーションパックの重要性が高まってます。

AC17071-1_20240403203831ee9.jpg

4月に入ってそろそろハイドレーションパックが必須アイテムになる時期になりました。
熱中症対策には兎に角早めの水分補給と、頑張り過ぎない勇気が必要です。

人間の小腸は水分を吸収する許容量がありますので、少量ずつ継続して摂取する必要があります。
それに有効なのがハイドレーションパックです。
飲み口が何処にあるか分からずに苦労したという話はよく聞きますが、ヘルメットの横に装着出来るこれがあると便利です。
ハイドレーションチューブベルトです。
装着する際はヘルメットを左右に振って突っ張らないように調整してください。ハイドレーションパックを腰側に垂らし気味にして背負う人はホースの長さがパツパツになって左右を見る際に邪魔になることがありますから、ハイドレーションパックのベルトの調整もしてみてください。

熱中症についてはこちらのページでもご紹介していますので是非ご一読ください。>>>>>

RR9990_20240403205023513.jpg

Index of all entries

Home


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top