Home

MC GEAR 店長日誌

SUGO 2DAYS ENDUROの全日本クラスのエントリーは今日から

キャプチャ
エンデューロのメッカとも言えるスポーツランド菅生で行われる全日本エンデューロのRd.5/Rd.6 SUGO 2DAYS ENDUROの全日本クラスの受付が本日から開始されます。(現時点ではまだエントリーサイトにアクセス出来ていません)

全日本もナショナルクラスでポイントを取っていない人は11月3日からになりますので御注意ください。

詳しくはJEC-PROのサイトをご覧ください。>>>

最近東日本でのハードエンデューロも多くなりましたね。

元々西の文化だと思っていたハードエンデューロがここ数年東にも波及してきました。
今年日野カントリーオフロードで行われたHINO HARD ENDUROは大盛況でしたし、今年は開催されなかったSUGOアタックエンデューロも2年連続で多くのライダーが集まりました。
そして今年は山梨県の勝沼でJNCC AAライダーの石戸谷蓮選手がハードエンデューロをすでに2回開催し、あまりの好評さのために12月3日に第三回目を開催することになったそうです。
その他今週末は長野県大町市でCGCのシリーズ戦が行われるなど東のハードエンデューロファンもわざわざ遠方に遠征する必要がなくなってきたわけです。

■CROSS MISSION VOL3
 石戸谷蓮選手主催のハードエンデューロ
 山梨県 クロスパーク勝沼にて12月3日開催
 受付は11月1日~11月20日
 公式サイト>>>

■第二回 HINO HARD ENDURO
 ED IAの栗田選手が監修 
 群馬県藤岡市 日野カントリーオフロードランドにて12月9日開催
 受付は10月24日20時より(ミディアムクラス) ハードクラスは25日20時より開始
 公式サイト>>>

またプチアタックエキシビジョンレースが12月3日に成田モトクロスパークで開催される大試乗会にて行われる予定です。
こちらは詳細がはっきりし次第ご案内いたします。現在試乗会のエントリーと前日のエンデューロアカデミーの受付は開始されています。
詳細はこちらをご覧ください。>>> 

TUBLISS のメンテナンスについて

  • Posted by: MC GEAR
  • 2017-10-20 Fri 23:58:45
  • タイヤ
相変わらずレース会場で展示していると話題になるのはこのTUBLISSです。

・どういう原理なの?
・耐久性は?
・メンテナンスは?

と様々な質問をいただきますが、中にはエアが漏れるんだけどなどというご相談も多くなってきました。

エア漏れについてはタイヤとの相性や組み方にもよるので一概には言えないのですが、TUBLISSの本体(ライナー)に滑り用の石鹸水やシリコンスプレーなどが充分に塗布されていない場合が一番多いようです。
当店ではワンポイントセブンのタイヤマウンティングルブをお勧めしていますが、無い場合は乗用車のタイヤ艶出し用のスプレーもシリコン配合ですべりもよくてお勧めです。
その他にはタイヤの内面にあるリブで密着しないのもあるようですが、これは構造上相性が悪いタイヤだと思って諦めるしかありません。ご自分が普段使っているタイヤの内面がどうなっているか機会があればチェックしてみてください。

また稀ですがこのような場合もあります。
以前日誌に上げた記事をご覧ください。>>>
リムロック部分とライナーの接合部からのエア漏れは何度か報告を受けています。
ここのシールはゴムだけに頼っていますのでネジの緩みは即座にエア漏れにつながります。しかも接合相手がゴムなので緩みを完全に無くすのが難しい場所でもあります。

インナーチューブもゴム製品なのでシーズン毎の交換が安心だと思います。
その交換時に是非この部分もチェックしてください。

SUGO2デイズエンデューロ 受付は23日から!

2016-11-19 092333
11月25日26日開催のSUGO 2デイズエンデューロの詳細が発表になりました。
あっという間に全日本エンデューロも最終戦ですね。

スポーツランド菅生はモータースポーツのメッカ。二つの山を繋いだ敷地には国際規格のロードコースとモトクロスコースがあり、その他カート用のコースやトライアルセクションも備えたモータースポーツパラダイスです。
その敷地内を利用したエンデューロコースを思う存分堪能しましょう!心に残る素晴らしい大会になることでしょう。

全日本クラスは10月23日から受付開始。ナショナルはポイント未獲得者のみ11月3日から4日間受付です。
承認クラスは定員割れしていた時のみ11月9日から行われます。定員は160名なので恐らく承認も募集すると思われます。
クロステストはたばこ団地復活なんていう噂も出てますのでちょっと雰囲気が変わりそうですね。

エムシーギアはこの大会に関しては出店の予定はなく、店長が2日間走らせていただく予定です。(もうタイヤも買っちゃいました)
現地でご覧になりたい商品などは持参可能ですのでお気軽にご相談ください!

レースについての詳細はこちうらをご覧ください。>>>

2018モデルオフロードバイク大試乗会


今年も年末の大試乗会が成田モトクロスパークで行われます。
開催日は12月3日(日)です。
Beta・GASGAS・Honda・Husqvarna・Kawasaki・KTM・Sherco・Tm-Racing・YAMAHAが名を連ねている文字通り日本のエンデューロマシンが一堂に会する大試乗会になります。
当日は昨年同様エキシビジョンレースも企画されていますので奮ってご参加ください。

また前日にはMuc-offエンデューロアカデミー in 成田モトクロスパーク2も開催予定です。
こちらは鈴木健二氏(YAMAHA)、渡會修也氏、野崎史高氏(YAMAHA)の3人が講師を務める内容の濃いスクールになるはずです。

どちらも詳細はJEC-PROのサイトをご覧ください。>>>
受け付けは10月20日から始まります。

エムシーギアは出店交渉中です。
出店出来なくても現場にはおりますのでお気軽にお声掛けください。

WEXイースト最終戦のWEBエントリーは今晩19:00開始です!

7_20171013201642571.jpg
長かったWEXイーストシリーズも11月19日開催の第7戦GAIAが最終です。
今晩19:00からWEBエントリーが出来るようになりますのでお忘れなく。
GAIAは小池田選手が細かく手を入れているので楽しいコースになっているはずです。
ちょっと寒い時期になりますが楽しみなレースです。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

また本日はAAGPの前日に行われる選抜ワイルドクロスのWEBエントリーも同時刻に開始されます。
これは5名でチームを組んでリレーを行う形式です。
参加費は無料ですが、細かな参戦資格がありますのでよく読んでからエントリーしてください。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

東日本エンデューロ FUKUSHIMA 2DAYS終了!

2017-10-14 11.23.44
14日15日は福島県のチーズナッツパークで行われた東日本エンデューロ FUKUSHIMA 2DAYSに行ってまいりました。
これはその土曜の出店風景です。

このレースは1日目はクロスカントリーエンデューロを、2日目はオンタイムエンデューロを行います。
コースは自然の山に道を切っただけの場所で、高度が高くなると斜度もきついためにハード系エンデューロの走りでもあるマウントモンキースクランブルというレースも行われるほどです。特にオンタイムエンデューロでルートに使われる部分は急な斜面を横切る形でシングルトラックの道が作られているようなエリアもあって山慣れしていないライダーには厳しいコースになっていました。
それでなくてもここのところ連戦だったのでコースのコンディションはあまり良くなく、土曜のクロスカントリー参加者も休みどころがなくてタフだったと口をそろえて言うほどでした。

土曜のナショナルクラスの順位は一位が保坂修一選手、二位は木村吏選手、三位は高村剛明選手でした。
若手の台頭が著しい全日本エンデューロですが、三位にベテランの高村選手が入賞したのは我々年寄り組にとって嬉しいニュースでした。
IBクラスは毛利真悟選手が優勝、二位は工藤正道選手、三位に渡會昌央選手が入賞でした。
Wクラスは関山海生子選手が唯一の参加者でしたが、承認Bでも3位に入るタイムでした。
承認Bは吉荒輝明選手が優勝。二位に多田豊選手が、三位に清水周選手が入賞しました。

日曜はオンタイムエンデューロは簡易オンタイムを採用していましたのでスタート時間とゴール時間の設定のみであとは制約の無い形式です。
こちらは前日のレースでも荒れた上に一斉に走るクロスカントリーとは違って難易度の高いルートも使用しており、4時間の持ち時間でもあまり休みが取れないような設定になっていました。なかなかタフなコースながら完走した人は全てオンタイムで回っているところを見ると絶妙な設定になっていたのだと思います。確かに渋滞というようなものはほとんどなかったので気持ちよく走れたと思います。
日曜のリザルトはナショナルは保坂修一選手が優勝。二位は飯塚翼選手、三位は木村吏選手でした。
IBは推名信明選手が優勝。二位は毛利真悟選手、三位は工藤正道選手でした。
Wクラスは前日に続いて関山海生子選手が優勝しました。これは承認Bでも二位のタイムという素晴らしさです。
承認Bはこちらも前日に続いて吉荒輝明選手が優勝。二位は渡辺理選手、差には清水周選手でした。

皆さんお疲れ様でした!

2017-10-14 14.13.09
今回IBの安喰選手がSHERCOの試乗車を持ってきてくれました。
私も土曜に乗らせていただきましたが、2ストローク125ccのSE125が大人気でした。
KTMの150に匹敵するんじゃないというパワーと軽さに乗った人はみんな驚いていました。
機会があれば皆さん是非乗ってみてください。

Index of all entries

Home


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top