Home

MC GEAR 店長日誌

今週末はLITES成田です。


2017 Lites! KYT HELMET in 成田MXパークの出店情報が出ています。

詳細はJEC-PROのサイトをご覧ください。>>>

エムシーギアは出店はしませんが、土曜から設営のお手伝いをしに成田に行っております。
何か必要なものがあれば事前にお申し付けいただければ在庫のあるものは持参致します。

またプログリップと100%ゴーグルのレンズなどの補修部品も持参予定です。
その他カードホルダーやハイドレーション関係のアイテムも若干持参致します。
忘れ物をしてしまった場合は駄目元でご相談ください。

WEX-E GAIA大会のエントリー受付が開始されました!

1_20170322025636285.jpg
4月30日開催のWEX-イースト第二戦 ワイルドクロスパークGAIA大会の受付が開始されました。

詳しくはJNCC/WEXのサイトをご覧ください。>>>

GAIAは元コングランドという名称で全日本モトクロスも行われたコースです。
そのモトクロスコースの周囲と南の敷地を利用したエンデューロコースを合わせてWEXは行われます。

多少天候が悪くてもコースコンディションに大きな影響が無いのもこのコースの良い所です。
小池田猛選手がコース管理をしているのも有名でGNCC譲りのハイスピードエンデューロも楽しめますよ。(恐らく)
ちょっとした川渡りやウッズランに本格的モトクロスコースとバラエティーに富んだ最高のコースです。

■周辺情報

まずこのコースは野生動物が出るのでパドック泊には気をつけてください。
食べ物を出しっぱなしにしていると荒らされる場合があります。特に猿はよく見かけます。

・温泉
 コースから一番アクセスが良いのはすずむし荘という温泉です。日帰り温泉もあります。
 コースから10kmほどありますが、信号もほとんどないのでそれほど時間は掛かりません。
 すずむし荘のサイトはこちら>>>

 爺が岳に行く途中にある薬師の湯もコースから11kmほどです。
 途中にスーパーやコンビニもたくさんあるので薬師の湯もお勧めです。
 薬師の湯のサイトはこちら>>>

・食事
 薬師の湯に行った帰りに食事するなら大町のカイザーもお勧めです。
 黒部ダムカレーや鹿料理が美味しいですよ。
 カイザーのサイトはこちら>>>

header.jpg
今年もカイザーのシーズンになりました。

JECも開幕です!

全日本エンデューロ選手権は5月8日開催の広島大会で開幕します。
そのエントリー受付は本日から。
ただし承認クラスが定員に満たない場合に募集されるのはエリア戦と同じなのですが、ナショナルクラスも指定ゼッケン持ちと九州エリア戦でポイントを獲得したライダーのみ4月5日まで受付られます。それ以外のナショナル参加希望者は4月7日から4月10日まで受付をするそうです。
各々募集期間が短いので御注意ください。

詳しくはJEC-PROのサイトをご覧ください。>>>

キャプチャ

JNCC開幕戦 サザンハリケーン大阪パドックレポート(たぶん)

2017-03-18 (1)
3月19日に2017年シリーズも幕開けしたJNCC サザンハリケーン大会に行って来ました。
駅前モトクロスで有名なプラザ阪下ですが、初めて来た人はもちろん、何度来てもここにコースがあるのが信じられないロケーションです。
継続運営のために尽力しているスタッフの方々には頭が下がります。
こういった大きな大会がある時にたまにしか行かない我々も騒音や埃(こっちは難しいけど)には気をつけたいものです。

2017-03-18 (2) 
とまあ、説教じみた話はこれくらいにして…。
今回土曜にキッズ&トライクラスと試乗会を行うことになりました。
日曜のスケジュールが楽になる反面土曜にレースをしに来られない人もいるからかちょっと寂しい人数でした。

2017-03-18 (18)
その後試乗会も行われます。
カチパンのモトクロス場での試乗だからか皆さん結構なペースで走っていました。
爺が岳などでは分からない部分もここだとはっきり分かりそうですね。

2017-03-18 (4)
Jバザーは今回それほど多くはありませんでした。
当店はKYTヘルメットの展示試着と今まで通りの出店をさせていただきました。
たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。

2017-03-18 (5)
今年も大阪モーターサイクルショーと重なっていたのでメーカーさんなどは大変だったようです。
Jバザーの本格始動は広島以降ですかね。
でもたくさんのブースが軒を連ねてました。

2017-03-18 (6)
オグショーさんも話題のハイエースピックアップトラックを持って来てくれていました。
小栗さんは湯布院ラリー参戦だとか。

2017-03-18 (7)
BONSAI MOTOさんもいつも通りです。テントが新しくなってたのに撮るの忘れました。

2017-03-18 (8)
うちもお世話になっているモーションプロの輸入元のヤザワさん。
社長自らの出店でした。ご苦労様です。

2017-03-18 (9)
その他当店では扱ってないところもたくさん。
JNCCは賑やかで良いですね~。

2017-03-18 (10)
ア ディクトスコーヒーさんが今年も!
美味しいコーヒーをありがとうございました!

2017-03-18 (11)
走麺屋さんも今年も来てくれました。

2017-03-18 (3)
美味しいラーメンをいただきました。
結構ボリュームのあるチャーシューがついて600~700円という安さでした。

2017-03-18 (12)
ワークスピットには各メーカーさんが軒を連ねてました。
テクニクスさんはエンデューロ向けのサスセットで人気ですね。

2017-03-19 (4)
その奥にはBETAモーター ジャパンさんが居ました。
ランドマーク的な社長が懇切丁寧にユーザーサポートをしてくれています。

2017-03-18 (13)
KTM/HUSQテント群は最早レース会場の定番風景です。
今年も手厚いユーザーサポートが期待できます。

2017-03-18 (14)
ホンダも釘村忠選手を擁しての参戦です。
250RXも早く出ると良いですね。

2017-03-18 (15)
スズキの向こうはシンコータイヤとちゃねスポーツさん。
シンコーさんは大阪モーターサイクルショウ出展で本隊は欠席だそうです。大変ですよね。

2017-03-18 (16)
最近身近な人達がどんどん乗り換えているKawasaki KX250F SE(ピュアテックモデファイ)
試乗すると買ってしまうという人が続出してます。
メーカーも頑張れ!

2017-03-18 (17)
日本のエンデューロを牽引するヤマハもたくさんのトップライダーを抱えて参戦してくれています。
今年はタイトル奪取なるか?!

2017-03-19 (1)
そんな感じで土曜は終了。
日が暮れるとそれなりに寒くなりました。

その後BONSAI MOTOさん達とお好み焼き食べて飲んで騒いで…。
駅前モトクロス場の素晴らしさを堪能して就寝します。

2017-03-19 (2)
おまけ。
前MC担当のおやじちゃんがお手伝いに来てました。
ツイート担当だったみたい。その他久しぶりの方々にたくさんお会いできました。

2017-03-19 (3)
翌日も良い天気です。
さあ、JNCC2017シーズン開幕です!

2017-03-19 (6)
JNCC Tシャツ売ってました。

2017-03-19 (7)
日曜だけピザ屋さんが来てくれてました。

2017-03-19 (8)
これが車の中に鎮座してます。
機関車かと思いましたよ…。

2017-03-19 (12)
土曜日も来てくれていたんですが、食べ歩きすぎるとアレなので我慢していたたこ焼きもいただきました。
美味しかったです。
JNCCってこういうのも楽しみの一つなんですよね。
昔はフードブースなんて無かったんですが、今ではどの会場でも食事が出来るので手軽に行くことができる様になりました。

2017-03-19 (5)
キッズ&トライが土曜に移動したためにファンクラスのスタートが少し早まりました。
その分ファンクラスのホッテストアワードがゆっくり出来て栄光を称え合う時間が取れるようになったのはとても良かったです。
特にスタート地点とポディウムが遠いと観客の移動も大変ですから。

ではスタートシーンだけですが、ファンクラスの各スタートをご覧ください。








プラザ阪下名物の丸太セクションはこんな感じでした。





2017-03-19 (9)
ファンクラスが終わるとそろそろコンプクラスの参加ライダーが着替えをし始めます。
学くんが今年も参戦!カメラを二個付けたり(しかも日本にまだ数台のカメラとか)してます。

2017-03-19 (10)
Kライズ&デコボコフレンズの渡會 修也選手は今年AA2の02番を付けての参戦です。

2017-03-19 (11)
ディフェンディングチャンピオンの小池田猛選手はハスクバーナにチェンジしての参戦です。
鈴木健二選手のAA1復帰もあって楽しいシーズンになりそうです。

では各クラスのスタートをご覧ください。


石戸谷蓮選手が素早いスタートを切ってます。
10秒が長い…(笑)






手前味噌ですが、ご近所の和田屋SRC所属の飯塚選手がホールショット取ってました。

次はコンプクラスの丸太セクションです。






越え方も色々で面白いですね。
奥の山は見た目より斜度があって大変だったようです。

2017-03-19 (13)
各クラスの表彰者たち。
リ ザルトはこちらをご覧ください。>>>

2017-03-19 (14)
AA2クラス優勝の渡會 修也選手。
おめでとうございます!

2017-03-19 (15)
Aクラスの入賞者たちです。
優勝と準優勝は上位クラスを食ってますから凄いですね。

2017-03-19 (16)
そんな激戦の中でKYTライダーの神馬 匠選手が6位入賞しました。
これからの活躍に期待しています!

こんな感じでJNCC開幕戦 サザンハリケーン大阪は終了しました。
次回は広島ですが、残念ながらエムシーギアは不参加予定です。
その次の鈴蘭で皆さんとお会い出来るのを楽しみにしております!

今週末は勝沼でお会いしましょう!

17we-1-xpk-course.jpg
先週はJNCC開幕戦でプラザ阪下にお邪魔しましたが、今週末は近場(100km超を近場というと距離感喪失症だと思われますが)の勝沼で行われるWEXイースト勝沼大会にお邪魔します。

レースについてはこちら(JNCCのサイト)>>>

コース図を見る限りでは先々週に行われたクロスカップとほぼ同じように見えるんですが、記憶とリンクしない道があったりするので間違いなのか新たなルートなのか分かりません。下見はしっかりした方が良いと思います。

それにしても勝沼はJNCC、WEX、JECエリア戦に加えて独自シリーズもあるので本当に盛り上がってます。
コースオーナーの青柳氏は自身もライダーで昔はブイブイ言わせてた猛者です。それもあってか天候によってはカットされるようなハードなセクションも用意されていますのでタイヤは新品を強く推奨します。
天候が良くても西斜面のために凍ったり霜が降りたコースはなかなか回復しません。

それと前夜からいらっしゃる場合はしっかり防寒対策をしてください。
結構寒くなるんですよね。

■近辺情報
 近場のお勧めお風呂は2箇所。

 ぶどうの丘天空の湯>>>
 コースから7kmほどです。

 ほったらかし温泉>>>
 コースから15kmほどあるんですが、日の出の1時間前から開いているという朝風呂推奨の温泉です。
 眺望の良さから露天風呂好きだったら是非一度は行っていただきたい温泉です。
 公式ツイッターもありますが、予想通りほったらかしです。(笑) 公式ツイッター>>>

 お風呂に入ったら食事はここで摂ることが多いです。
 ほうとう歩成>>>
 昇仙峡ほうとう味比べ真剣勝負という大会で3連覇したあと殿堂入りして章典外参加というのがなんかエンデューロっぽくありません?(笑)

今回もKYTヘルメットを始めとして様々なアイテムを持参しますのでお時間のある時に是非お越しください。

忘れ物が多かった大会でした。

2017-03-18 (4)
今年もエンデューロレースシーズンが始まります。
まずは大阪でキックオフのJNCC プラザ阪下大会に行ってまいりました。

レポートはまた別の機会にするとして、今週末も様々な場所でレースがあると思うのでアドバイスというか警告をしたいと思います。

レース会場でよくあるブースにお越しいただくのが忘れ物をした方です。
通常は満遍なく(苦笑)様々な物をご相談いただくんですが、シーズン初め特有の忘れ物が今回多かったのでいくつか御紹介します。

3.インナーウェア(ソックスやアンダーウェアの類)やグラブ
 洗ったまま忘れたようです。モトクロスウェアは結構目立つ荷物なので忘れないんですが、小物になるとうっかり忘れやすいので要注意です。

2.エアフィルター 
 これも洗ったまま忘れたとか、洗うのを忘れたというのが多いです。
 速乾性のフィルターオイルのご相談がありました。

1.ハイドレーションバッグのバッグ部分
 これは今回何故か同じ様なご相談が多くて驚きました。普段は中味のウォーターバッグを洗ったまま忘れる場合が多くて今年からそれも持参するようにしたんですが、今回はアウターバッグを忘れてしまった人が数名いらっしゃいました。冬を越えて洗った際にインナーにばかり気が入ってしまって外を忘れたようです。残念ですが外だけというのはラインナップにも無いので出来るだけ同じタイプのハイドレーションバッグを購入していただき、その中味は綺麗に保管して知人友人に転売するしかありませんねとアドバイスしました。日向は暖かいというより暑さすら感じる天候だったのでハイドレーションバッグなしでは危険すぎましたので。

シーズン初めは勝手が分からずに忘れ物をする方が多くいらっしゃいます。
出来ればチェックシートを作っておくくらいの余裕を持って準備をしてください。
それでも尚忘れたり現地に着いてから破損に気が付いたりした場合は私達出店業者がお手伝いさせていただきます。

もちろんそんな忘れ物の話だけじゃなくて、新製品やお勧め商品を手にとって見てみるだけも大歓迎です。
皆さんのオフロードライフがより豊になりますようお手伝いさせていただきます。

TUBLISS 取り扱いについて

昨日は成田MXPにてTUBLISSの現地納品&取り付けアドバイスしてきました。
TUBLISSは極々初期のモデルは取り付けを慎重にやらないと破損したりしたんですが、現行モデルになってから結構ラフに扱っても全然問題にならなくなりました。

マイナーチェンジでリムロック部分のナットも15mmというレア物から14mmというライダーなら普通に持っていそうなレンチサイズになりましたから、買い足す物はほとんどありません。

ただ私の取り付け経験からすると車用のタイヤワックスなどのシリコン系スプレーを本体に塗ってからタイヤに組むとその後のエア漏れが起こりにくくなるようです。滑りをよくすることで適正な位置に落ち着くのと、タイヤとの密着性を高めるのだと思います。

最後に取り扱いで注意しなければいけないのは実はタイヤ交換の時です。
無造作にレバーを差し込んでしまうとTUBLISSの中にレバーを入れてしまいインナーチューブを破損させてしまうんです。最初にレバーを入れる際にはじっくり中を見て、TUBLISSとタイヤの間にレバーを入れるようにしてください。その際にタイヤとTUBLISSが密着している場合があるのでスプーンタイプのレバーを使うと作業がしやすいです。

TUBLISSについてはこちらをご覧ください。>>>

パンクを気にせずエア圧を落せるだけじゃなくて、エアを落としてもトレッド面が歪みづらいのでしっかりしたグリップを発揮します。
尖った岩が多い場所では0.3kPa以下にするとタイヤカットでのパンクが起こり易くなるようですが、それ以外では安心して最強グリップを堪能出来ます。

2017-03-20.jpg

Index of all entries

Home


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top