Home

MC GEAR 店長日誌

※再掲  ブーツって不思議

  • Posted by: MC GEAR
  • 2020-11-19 Thu 16:25:15
  • 未分類
2015年12月に寄稿した日誌ですが、最近また思い出したので再掲します。
ブーツはどんどん進化していって柔らかいけどしっかり守る物が出て来ていますが、基本的にはライダーの好みはそういった機能性よりフィーリングだったりするのが難しいところです。なので他人のインプレを鵜呑みにしないで色々試してみて欲しいのが本音です。(投げているようですみません)

以下は以前の日誌です。

もうブーツ専門から足洗って10年も経つんですが、いまだにブーツに関しては色々不思議なことがあります。

大抵のメーカーはトレンドがあってそう大きなコンセプトの違いはないんですが、基本的には堅いけど動きやすい作りになってきています。フィット感を高めるアプローチがインナーブーティーであったり特殊ゲルであったりしますが、ライディングに通常必要とされる方向以外に足首が動かないようにするのは変わらず、それのためにヒンジを使ったり樹脂の組み合わせで規制したりします。

トライアル系は丈夫な足袋がいいと昔トライアルIASの選手に言われたことがあるくらい全体に柔らかくて動きのよいブーツが好まれます。スピードレンジの問題もあってモトクロスライダーは動きが良すぎると不安を感じるくらいなので正反対です。

そんな中で数名モトクロスIAでも柔らかいブーツがいいというライダーが居たりします。足首の動きが悪いと乗れないというんですよね。私の知っている限りでそれが顕著なのが鈴木健二選手。
彼は今まで色々なメーカーのブーツを履いてきていますが、どれもセカンドグレード以下の柔らかいブーツを好みます。ガエルネの時はED-PROという樹脂パーツの極端に少ないブーツを好んでました。確かトライアルブーツも試していたはずです。

健二君も投げる坂。助走が取れないのと木の根が出てていやらしいのぼりです。

Posted by 大西 浩一 on 2015年11月29日

同じ様に昨年までJNCCの会場にホンダのスタッフとして来てくれていた川島雄一郎選手も締め付けるのが嫌いでガエルネ時代は足首部分のストラップを外していました。(記憶がおぼろげだけど・笑)
どちらも小排気量を得意としたモトクロスライダーというのが関係しているのかも知れません。

同じ様に小柄な石井正美選手も柔らかいブーツが好きで長年ED-PROを愛用しているのは有名な話です。
以前石井選手にインタビューした際に、怪我をしないように固めるよりも怪我をしないように避けるライディングをするために柔らかいブーツを履くっておっしゃってました。理屈的にはそうなんですが、なかなか出来ないんですよね。

そういう観点から私のお勧めは柔らかさと軽さのバランスが良いガエルネのCYPHER-J(サイファー・ジェイ)です。
その上のFASTBACK (ファストバック)も良いのですが、サイファーに比べると若干重いのでエンデューロなどでは徐々に効いてきます。フィット感が良いブーツほど軽さを感じづらいのですが、実際には重さがあるので疲労感として出てきてしまうんだと思います。今年コンディションの悪い轍が深くて長いコースで随分その差を実感しました。

初心者に限らずセカンドグレードも候補に入れてみても良いと思いますよ。

WEX GAIA 行けそうです。(苦笑)

11月に入ってから関東も随分寒くなってきて布団が心地よい季節になってきました。

今週末に迫ったWEX サンクスギビングGAIAですが、天気予報ではそれほど寒くもなく、路面の凍結も無さそうなので予定通り出店をさせていただきます。当方所有のスタッドレスタイヤは10年選手なので凍結したら不参加も有り得たんです。(陳謝)

GAIAに行くのは久しぶりだなぁとスケジュール帳を確認したらコロナショックでの自粛明け6月14日にWEXで伺っているのでした。
今年はこの病気のせいで時間感覚も狂いまくってすっかり記憶から抜けお落ちていました。たぶん歳のせいでは無いです。(滝汗)

そんな感じで5か月ぶりのGAIAで皆様とお会いできるのを楽しみにしております。
公式発表では何とびっくりの436台エントリーだとか。来年はここでJNCCが出来るんじゃないですかね。でもファンクラスは兎も角コンプクラスには狭すぎますかね。

店長が元気にWEXシリーズを追いかけていた時は特に好きだったこのコース。
過去には深い沢渡りもあったりしたんですが、それよりもウッズのあみだくじがとても楽しかったのを覚えています。
参加者の皆さんはお時間があれば是非土曜にしっかりと下見をしてください。隠れた最速ラインなんかも見つけられるかも知れませんよ。

2020-06-14.jpg
パドック横のこのセクションはギャラリーも多くて嫌だったなぁ。(苦笑)

JEC SUGO 2DAYS ENDUROにお薦めアイテム

  • Posted by: MC GEAR
  • 2020-11-17 Tue 15:22:09
  • 未分類
今週末は全日本エンデューロ選手権最終戦です。
オンタイム制のエンデューロでの必須アイテムはカードホルダーですが、その他にも距離の長い菅生のような場所の場合は最低限の工具を持つと安心です。

そんな時に役立つのが地元トレックフィールドさんのウエストバッグやカードホルダーです。

カードホルダーはブルーのみ若干数ございますのでまだ間に合います。
必要な方はお早めに!

トレックフィールドさんの商品はこちらに掲載しております。>>>>>

キャプチャ

TUBLISS COREの補修部品について

  • Posted by: MC GEAR
  • 2020-11-16 Mon 23:51:11
  • タイヤ
パンクしないムースは良いけど、交換するための工具や道具が必要だし柔らかさの調整が細かく出来ない
そんな事からTUBLISSを選ぶ人が多いです。
店長も細かな空気圧の設定が出来る事からエムシーギアを始めた時に真っ先に取り扱いを始めたのがこのTUBLISS COREでした。

TUBLISSはスポ^-クタイプのリムからタイヤの柔らかさを設定するためのチューブを取り除く事が出来るアイテムです。



具体的な話はショップサイトでご確認いただくとして>>>>>

こんな秀逸なアイテムなのでリピーターや口コミで購入してくれる方もたくさんいらっしゃいます。
今回ご注意差し上げるのはそういったTUBLISS Coreを気に入って再度購入しようとする方に向けてです。

TUBLISSのページをご覧いただくと補修用の棚があるのに気づかれるでしょう。
この補修部品は壊しやすかったり定期的な交換をお薦めするものです。しかし以前からユーザーの方がこの補修パーツだけ購入してTUBLISS COREとして使用しようとする方がいらっしゃいます。理由はインストールガイドプレートはもうあるからというのが圧倒的でした。
しかしこの補修部品はあくまで補修部品なのでそれだけを組み立ててもパーツが足りずに使用出来ません。
具体的にはリムロック状のパーツが単体では出て来ませんので、補修パーツだけで組み上げようとすると重要なパーツが無くてどうしようもなくなります。

荷姿が大きな物ですので、誤発注の場合でも交換に相当な費用が掛かってしまいます。
インストールガイドプレートがダブるのを嫌う場合は、そのプレートをご友人に譲ってあげてください。通常のチューブタイプのタイヤ交換も楽にしてくれますし、特にリムロック(ビードストッパー)を2ケ以上装着する方にはびっくりするくらい楽にタイヤの装着が出来るようになるアイテムですのできっと喜ばれます。

補修部品が充実しすぎたための誤解ですが、それくらい長くお使いいただきたいという想いの表れですのでご容赦ください。

保護フィルムが貼ってあります。

最近モデルが増えた100%ゴーグルはユーザーも多くてスペアレンズもたくさん出ていきます。
特にミラーレンズをゴーグルと一緒にお買い求めいただく事が多いのも特徴です。

そんな100%ゴーグルはスペアレンズもしっかりとしたケースに入っていてしかも裏表に保護フィルムが貼ってあるくらい丁寧に梱包されています。
ですが、この保護フィルムがあまりに綺麗に貼られているので気が付かずに使ってしまう場合もあります。
なんか透明度が低いレンズだなって思ったら裏側の保護フィルムを剥がしたか確認してください。あとこの保護フィルムに傷状のしわが寄っている場合があります。新品なのに傷が入っていると思ったらまず保護フィルムを剥がしたか思い出してください。

ご面倒をお掛け致しますが宜しくお願い致します。


これからのシーズンは西日もきつくなるのでミラーレンズが好評です。
エンデューロの場合はミラーコーティングの傷つきが気になると思いますので、ティアオフを1枚貼り付けておくと良いでしょう。
ティアオフはエンデューロレースでは使用できないのでショップサイトでは販売していませんが、ご相談いただければ取り寄せ可能です。

100%ゴーグルについてはこちらをご覧ください。>>>>

11月22日はWEX GAIAにて出店予定です。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2020-11-11 Wed 23:55:24
  • 未分類
11月22日(日)に行われるWEXイースト最終戦 GAIA大会にてKYTヘルメット with エムシーギアで出店予定になっております。

GAIAは昔全日本モトクロスも開催されたモトクロスセクションの周りに作られたエンデューロセクションがとても良くて店長も大好きなコースなのです。
11月下旬なので防寒対策もしっかりしてお越しください。

90ミニッツはすでに定員に達して締め切っていますが、その他は11月16日が締め切り期日になっています。
詳しくはこちらをご覧ください。>>>>

img20200325212441638102.jpg

2020Muc-offエンデューロアカデミー in 成田MXパーク

  • Posted by: MC GEAR
  • 2020-11-10 Tue 23:30:14
  • 未分類

12月12日に成田MXPで行われる2020Muc-offエンデューロアカデミー in 成田MXパーク は現在受付中です。

講師はお馴染み鈴木健二校長とJNCCで無敵の速さを誇っている渡辺学選手、それに全日本トライアルスーパーAクラスの2020年2位(涙)の野崎史高選手です。
昨年の2月に行われた時は雪が降ってしまいましたが、そんな中だからこそのとても有意義なスクールでした。本当に勉強になりました。

今回はどんなコンディションでの開催になるかは分かりませんが、きっと何か大切なヒントを持って帰る事が出来るスクールになると思います。少なくとも何度か参加した店長はその都度目から鱗の練習方法を教えてもらいました。

詳しくはJEC-PROのサイトをご覧ください。>>>>
2019-02-09 (2)
2019年2月開催のアカデミー
この日は寒かったけど熱いスクールでした。この時教わった渡辺選手の練習方法はその後も頻繁に行っています。(その割に…というのは無しにしてください。汗)

Index of all entries

Home


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top