Home

MC GEAR 店長日誌

ゴールデンウィーク中の営業について

もう明日からゴールデンウィークって方も多い中で、今更ですが当店のGW営業についてです。

明日明後日はGAIAで出店&WEX参戦です。
5月1日(月曜)  通常営業
5月2日(火曜)  臨時休業
5月3日(水曜)  休業日 日野カントリーオフロードに行く予定です。
5月4日(木曜)  休業日 谷田部(ウイリー松浦さんのコース)に行く予定です。
5月5日(金曜)  休業日
5月6日(土曜)  休業日 成田MXPに居るかも知れません。(未定)
5月7日(日曜)  休業日
5月8日(月曜)  通常営業

この間もオンラインショップやメールでのご注文、お問い合わせも承っておりますが、発送や回答は5月8日からになる予定です。
ご了承ください。

TUBLISS CORE 入荷しました~!

  • Posted by: MC GEAR
  • 2017-04-27 Thu 23:44:24
  • タイヤ
先日クロスパーク勝沼で行われた東日本エンデューロ開幕戦は土曜の晩に降った雨でコンディションが最悪になってしまいルートのカットなどをギリギリまで検討したほどでした。

そんな時に全幅の信頼を寄せているのがこのTUBLISSです。
タイヤによってはエアを抜ききってしまっても走れるので泥でグリップが悪い時には最高です。
確かにムースはパンクしないので安心なのですが、空気圧の調整が出来ないのでコンディションが変わる場合には融通が利きません。TUBLISSはリム打ちでのパンクの心配が無いので遠慮なく空気を抜けます。インナーチューブでタイヤをリムに押し付けるためにリムスリップの心配もありません。
唯一タイヤカットでのパンクだけが心配ですが、それでも普通に走れますのでリタイヤの可能性が減ります。

半月ほど欠品していましたが本日再入荷して潤沢に在庫しております。
最近知名度も高くなったTUBLISSですが、未体験の人は是非!!

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

キャプチャ

今週末はGAIAにて出店です。

1_20170322025636285_20170425180359597.jpg

今週末の4月30日に長野県のワイルドクロスパークGAIAで行われるWEXイーストに出店させていただきます。
GAIAは自然の地形を利用したエンデューロセクションと全日本モトクロスも過去に行われたことのあるモトクロスセクションの組み合わせで行われるクロスカントリーレースです。
走り応えのあるコースはJNCCチャンピオンの小池田猛選手が作り上げてます。特にモトクロスコースは大幅に手を入れているようなので楽しみですね。

エムシーギアはいつもの通りの出店ですが、店長が120クラスにエントリーしていることもあり荷物が少々少なくなっています。
事前にご相談いただければご希望の商品をお持ちしますのでお気軽にお申し付けください。

また話題のKYTヘルメットも持参しますので是非お手にとって軽さを体感してください。
私がこれを使い始めてからもう4ヶ月になりますが、海外メーカーに有りがちなフィット感の悪さは全く感じられずにサイズも国産メーカーの物と同じ物を私は使っています。

最近このヘルメットに貼る事が出来るグラフィックも出始めるなど益々楽しみが増えてきました。
また会場でフィッティングしてお買い上げいただいた場合はフィッティング用のパッドは無料です。(元々のパッドと交換してお納めします)
もちろん試着も受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。

WEXイーストGAIA大会についてはこちらをご覧ください。>>>



KYTヘルメットについてはこちらをご覧ください。>>>

WEX-E シーサイドバレー大会の受付開始は明日から!

6_2017042422533516b.jpg
天空のクロスカントリーと称される素晴らしいロケーションが特徴の新潟県糸魚川市にあるシーサイドバレースキー場特設会場でのWEXイーストが5月28日に開催されます。

そのエントリー受付開始は4月25日(火曜)からです。

詳しくはJNCCのサイトをチェックしてください!>>>

ここのよいところは兎に角ゲレンデトップからの景色です。
レース中はなかなかそんな景観を楽しむ余裕が無いので是非前日の下見で堪能していただきたいほどです。
とは言っても歩いて全コース回るのはもちろん、頂上まで上がるのも一苦労なので土曜に行われる小池田猛選手の実戦的セクションスクールに参加してください。これは自分のマシンでコースの下見を兼ねて走ることが出来ます。その間に肝になるセクションで小池田選手のレクチャーを受けるわけです。しかもこれが無料だというんですからお得です。

また日本海に面した糸魚川市街は美味しい食べ物もいっぱいです。
ご家族で是非堪能してください。

そろそろ必要になる時期が…。

  • Posted by: MC GEAR
  • 2017-04-21 Fri 16:11:27
  • 工具
先週山梨県のクロスパーク勝沼に行って来たのですが、昼間は汗ばむほどの陽気でそろそろ扇風機が必要なのかなと思うほどでした。(私は夏生まれなのに暑がりで汗っかき)

人間もオーバーヒートするくらいですからマシンもそろそろ苦しい時期になってきていると思います。
特に最近巷を賑わせているハードエンデューロでは冷却水の管理が肝になったりします。
そこでお勧めなのがラジエーターのリザーバータンクです。

エンデューロレーサーの中にも元々装備されているものはありますが、KTMなどにはありません。
元々125cc系やファンが付いているマシンはオーバーヒートしづらい傾向にあるんですが、それでもエンデューロの場合は追いつかずに噴いてしまうこともあります。

11-0099.jpg
モーションプロのリザーバータンクでしたら必要な物は全部揃っていますのであとは取り付け位置を考えるだけです。
ホースの取り回しを2種類から選べるので取り付け位置の自由度が高いのも特徴です。

11-0099_alt2.jpg
このように上から入れて上から抜く事も、下から入れて上から抜くことも出来ます。

110009.jpg

リザーバータンクは噴き出た水を補充する他に噴き出た水蒸気を水に戻すという効果も課されています。
実際使用すると中を通る水蒸気でタンク全体が結構な温度になっていたりします。
自作で作られている方はそんな温度も考慮に入れないと痛い目にあいます。

モーションプロ クーラントリカバリーシステムについてはこちらをご覧ください。>>>

人気のハイドレーションバッグ

AC17071-1[1]AC17071-2[1]
最近レース会場でよく見かけるACERBISのハイドレーションバッグ「アクアドリンクバッグ」

ブラックボディーに配されたイエローラインがとても目立つので一目でわかります。
簡単な工具も収納出来るのでエンデューロはもちろんツーリングにもお勧めのハイドレーションバッグです。

AC17071-3[1]
一番の特徴はこのXパターンのショルダーストラップです。
タスキ掛けになっているので激しい運動でもズレづらくてライディングを妨げません。
ブレストガードと相性が良いのでズレで悩んでいる方に是非お勧めします。

詳しくはこちらをご覧ください。>>>

ちなみに内蔵する2LのハイドレーションパックはCAMELBAKのホースが流用可能です。すると豊富なアクセサリーが使用出来ますので自分好みにアップグレードも出来ます。私はチューブディレクターという形状を保持するホースに替えて使用しています。
director01[1]

トレックフィールドのカードホルダー

cardholder_tana.jpg
オンタイムエンデューロの場合タイムチェックカードを携行しなければなりません。
今週末の東日本エンデューロエリア戦に向けてか先日入荷したばかりのカードホルダーが飛ぶように売れております。

レース会場での受け渡しも可能ですが、このままだと予約をしていただかないと品切れするかも知れません。

それにしても今年の全日本エンデューロは公認クラスが大盛況ですね。
公認クラスのエントリー状況によっては承認クラスの受付をしないという事前通告もあってか今のところ全日本も東日本エリア戦でも承認クラスの開催は行われないことになっています。恐らく承認クラスから公認クラス(エンデューロナショナルクラス)にクラス替えをしているんでしょう。
その際にMFJのライセンスがエンジョイライセンスからエンデューロライセンスにする必要があります。承認Bにエントリーしていた方の場合はそれ以外にはレースでのシステムも特に変わることはありません。持ち時間がタイトになってコースが少し厳しくなるだけです。

今週末の勝沼での東日本エンデューロ選手権も大盛況のようです。
初めての方もベテランの方も皆さんよろしくお願い致します。

トレックフィールド タイムカードホルダーについてはこちらをご覧ください。>>>

Index of all entries

Home


JNCC/WEX


JEC


VAAM_CGC[1]
CGC



携帯版MC GEAR 店長日誌


mcf.jpg

savejapan.jpg

touhoku.jpg

Return to page top